朝散歩

18KN4917.jpg

竹間沢こぶしの里。
日の出が早くなって
朝散歩が快適になってきた。
6時台でこの明るさ。
人間のウォーキングは多くても
犬連れ散歩は少ない。

18KN4919.jpg

2犬の写真は多く撮っているけれど
わずかですがどれも同じではない。
説明できない、その時その場の
空気みたいなものの違いは感じている。

同じでも違いがあるし、
違いにも同じがある。




18KN4923.jpg

崖の下端では湧水が溜まり水になっている。
黄色の花が映って写真はだめですが、
現場ではきれいだった。




18KN4922.jpg
ヤグルマソウ



パートナー的な犬

今日は風が強く夕方散歩はまだしていない。
時間になると両犬とも僕を注目する。
特にアグリは
「まだですかー」ってピタピタと
付いて離れない。
ニコはわんわん吠えだした。



18_DSC0792.jpg

日曜日に行った公園で。
やっぱり外が楽しいんだね。

18_DSC0786.jpg

外に出るとなぜかラテックスの
おもちゃに執着するニコ。

18_DSC0789.jpg

「外でゲットしたら離さない」
そんな遺伝子があるのか、
生まれつきの習性のようです。

18_DSC0791.jpg

レトリバーの名前からすれば
当たり前かもしれないけれど
アグリはすぐにリーブする。
犬の場合持って生まれた生得的なものは
あまり変わらないような気がする。
アグリは言うことを聞くという
タイプではなく、
自分の行動の基準は自分の意志、
そういう面が強い。
それがアグリの生得的な
性格なのかもしれない。

しつけという点からすれば
問題ありですが、
特に問題児ということもなく
パートナー的な犬だと思っている。
ま、大甘な親ですけれど・・。


18IMG_8042.jpg

右奥からノワちゃん、アグリ、
フルーチェちゃん、ニコ




18_DSC0770.jpg
自生地でわずかに咲いていた
伝統のサクラソウ




だらだらとゆるゆると

サンデー毎日になって10日
まだ「なんか変だなぁ」
ペースがつかめないでいる。

18KN4928.jpg

変わらないのはこの子達との散歩。
朝夕合計で1時間余り歩くので
なにがしか健康のためにはなっている。
あ、人と犬両方に、です。

18_DSC0837.jpg

上2枚の写真は朝散歩朝食後の
お休みタイム。

18KN4909.jpg

歳を取るのは犬も同じで
リードをオフにしても一緒に歩くのみ。
「これでいいのだ」というより
「これがいいのだ」と思う今日この頃。

18KN4934.jpg

だらだらとゆるゆると
気が抜けているのは
保護者ばかりではなさそうだ。

18KN4930.jpg

こうして犬と歩いていることで
自分のだらだらゆるゆるが
多少緩和されているのかもしれない。




18KN4933.jpg

その昔クレヨンで描いたチューリップって
こんな色だったかな?
ピンク色のクレヨンはあったっけ?
記憶は曖昧なのがふつう、だと思う。
「たしか○○だった」の
「たしか」はその通りかもしれないけど
あてにならないことも多い。
本当は、クレヨンでチューリップを
描いたのかどうかも怪しいのに
幼稚園で描いた、と記憶を
作っているのかもしれない。


18_DSC0381.jpg
アルハンブラ宮殿





人生はおもしろくなければいけない
という脅迫観念みたいなのがないと
もっと自由になれるよーな気がしている。






彼女達のサービス精神

18_DSC0796.jpg

所沢市中富、多聞院にあるクマガイソウ。
扇形の葉が特徴的です。
NHKのローカルニュースで放送していた。
所沢は隣の市。ニコとアグリも乗せてGO。
人気スポットになっているようで
一眼を持った人が次々に押し寄せていた。

18_DSC0804.jpg

境内の入口は狛犬ですが、
本殿の両脇は狛寅がお守りしている。
多聞院隣の三富富岡総鎮守神明社も
立派な神社なので、
クマガイソウが咲いているうちに
訪れてみたらいかがでしょうか。

18_DSC0821.jpg

同じ所沢市にある航空公園に
足をのばし今夕の散歩。

18_DSC0828.jpg

18_DSC0830.jpg

もこもことしたクスノキの葉の塊が
傾き始めた日の光ではっきりしている。

18_DSC0835.jpg

人間はただ歩いているだけですが、
彼女達のにおい探索の様子は
無我夢中で没頭してる感じがする。
きっと頭の中は感覚系だけでなく
記憶や推論などの回路が
フル活動しているのだろう。
「歩く頭の体操」
外に出たい気持ちは人以上なのだろう。

18IMG_8056.jpg

カメラ目線になるのは
彼女達のサービス精神なのかな。






ikarisou18.jpg
イカリソウ(同じ境内にて)





18_DSC0389.jpg
グエルパーク
18_DSC0385.jpg

18_DSC0397.jpg
カサ・ビセンス




2018年八重桜の下で

18_DSC0759.jpg

八重桜を見に桜草公園に行く。
桜餅の色なので味まで感じる。

18_DSC076118.jpg

18_DSC0763.jpg

毎年同じですが、
今の延長が続くとは限らない。
来年も必ず見ることができる
というものでもない。
どこかにそんな気持ちがある。

_DSC0766.jpg

薄い色も濃い色も
どっちも桜餅の色。

18_DSC0772.jpg

モデルさんたちはちょっと
飽きてきて顔をそらしたり
こっちに歩き始めるという
自らのはっきりした意思表示を
見せてくれた。

18_DSC0774.jpg

ソメイヨシノの開花の頃よりも
緑が鮮やかになってきている。
遅く咲く八重桜には
また別の雰囲気がある。



18_DSC0315.jpg
サンマルコ寺院
18_DSC0311.jpg



swim 1600m



受け入れる

18KN4897.jpg

桜の花心まで落ち
花見散歩はエンドになった。

18KN4896.jpg

いつもの散歩コースが
ふつうの姿に戻った。

18KN4902.jpg

たまにはちょっと走ってごらん、と
すこしけしかけると、1回だけ走る。
2回は走らない。
自分の身体と相談しながらという
ライフスタイルはいいと思うよ。

18KN4900.jpg

ニコの場合、ゆっくりとは走れない。
低い姿勢のまま
後足が前足より前に出る走り方をする。
瞬間的には速く、
アグリを抜いて前を走っている。

3ヵ月で速い子は10歳半でも速い。

人間の場合そうでもない。
人間は自分も他人も超えようとする。
犬はそんなことは眼中にない。

人の場合「それでいいのだ」、
「どこかで受け入れる」というのも
必要な能力なのかもしれない。
とはいっても、僕は
「超えようとする」も「受け入れる」も
「受け流す」もある人がいいと思っている。




18KN4889.jpg
ハナミズキ



犬は人間の鏡

18KN4844.jpg

今年の春は晴天が続く。

18KN4867.jpg

「はい、待って」
「えー、またー」
そうだよねー。

18KN4870.jpg

あまりのらないこともあるよねー。
っていうか、
こっち側のしぐさがそのまま犬に
伝わっているような気がする。
そういえば
テレビ体操を見ながらしていると
犬も参加するし、
犬を追いかければ逃げるし
人間は逃げれば追いかける。
人が犬を見ているよりも
犬は人をよく観察している。


18KN4874.jpg
シバザクラ



解放されると解放感はなくなる

18KN4846.jpg

曜日の感覚がなくなる新感覚。
今日は○曜日って意識する必要がない。
土日に仕事がなければ
通勤生活では金曜の終了にちょっとした
解放感があったけれど、もう全部解放だ。
だから「解放感」はないのかな。
世の奥様方はそれがストレスになるそうだ。
八方うまくいくわけでもない。
困ったものです。

18KN4849.jpg

犬はどう思っているのか
わかりません。
でも、朝の挨拶ですごく喜んでくれるし
「散歩行こうか」というと
喜々として一緒に行ってくれる。

18KN4845.jpg

今の自分から愛犬をとったら
何が残るのだろうか。
・・・・
頼っているのは人間の方だね。


18KN4848.jpg
ハナズオウ


18KN4847.jpg
ハナニラ





花の道

18IMG_E7990.jpg

桜が咲き始めてから今日まで
暖かく、晴天の日が続きます。
雨が降ったり風が吹いたり
もっと寒い日もあったと思うけれど、
今年は恵まれた。

18CIMG4295.jpg

枝垂れ桜を見に上流まで出かけましたが
咲いていなく残念でした。
けれど桜のトンネルから花吹雪が舞って
「あー、いいなー」
フィナーレには共感するものがある。

18CIMG4300.jpg

何度モデルをしても
「これでいい?」
って思っているのかな。
「いいこだね」の声しか
ないのですけれどね。



犬も「花びらがたくさん」には
「へー」と思っています。

18IMG_7997.jpg

「もう桜もおしまいだね」
なあんていいながら、花吹雪に
「いいぞー」って思う。

18IMG_7987.jpg




コニーは3851日で犬生を終えた。
ニコが生まれて今日で3860日、
すでにコニーを超えている。
はやいものです。

蛇足ながら私の人生は
24,000日余りになっております。




murasakikeman18.jpg
ムラサキケマン



朝の散歩は気持ちいい

18KN4842.jpg

サクラが花を咲かせている間に
枝だけだったケヤキにも若葉。
最近新たに建てる住宅では
維持管理に手間暇がかかる緑を
排除する傾向が強い。
都市の新たな緑は
街路樹がメインになっている。

18KN4833.jpg

朝の5時から6時くらいは
深呼吸したくなる空気。

18KN4835.jpg

人が少ないので
犬と気持ち良く散歩できる。

18KN4839.jpg

2週間前はまだ草が生え始めたばかりで
ソメイヨシノはまだまだだった。
それが、今はもう
お花見のフィナーレを迎えようとしている。
時に怖いけれど、自然はちゃーんと
花見のステージを用意してくれたりもする。

4月1日、
新しい年度が始まった
・・みたいです。





18_DSC0297.jpg
ミラノ大聖堂
18_DSC0301.jpg




swim 1600m





プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター