ゴールデンタイム

17KN0698.jpg

赤い鳥居があるのは
お稲荷さんも一緒に祀られているから。
「赤いきつね」はそこから来ているのか。
昨年来、
神社の木々を整理してきているので
直接朝日を浴びることになり
まばゆいばかりの赤が強烈。
これが歴史的な背景を持っている
僕らが見慣れた様式的な何かでなかったら、
「かなり前衛的なゲート」だろうな。

17KN0702.jpg

うちの生きた狛犬さんは
「あ」でもなく「うん」でもない。

「ありがと」の意味がわかっているのか
「はい、ありがと」
だけでモデルをしてくれる。
ありがたい。

17KN0704.jpg

朝5時台は散歩のゴールデンタイム。
ゴールデンウイークだ。
年末年始ほどではないけれど、
何処かへ出かけ人も少ないのか
通勤時間の電車も空いていた。
朝5時台は人が少ないゴールデンタイム。



17KN0710.jpg
マーガレット


竹間沢こぶしの里

17KN0633.jpg

国道にかかる歩道橋の勾配は視線を下にすると
それほど急勾配ではない。
スロープでも階段でもどっちもOK。
「どっちで行く?」
会話しているように見える。

17KN0640.jpg

普通に歩いたら2〜3分で登れてしまう段丘です。
写真のモデルをお願いしながらゆっくり
が我が家のペース。

17KN0642.jpg

まだ蚊がいなく、蜘蛛の巣がない。
1年の内で快適な陽気というのはそうはない。


17KN0645.jpg

「まむしに注意」の看板はなくなった。
5月の下旬には地元ボランティアの協力で
ホタルが見られる。

17KN0651.jpg

上に登るとかなり遠くまで
平坦な地形で畑が続く。
道路脇では農家の人達が
花を育てている。
お話しを聞くと咲く花を楽しみに
している様子がよくわかった。

ホタルにしても花にしても
改めて、
いろいろな人のおかげなんだなぁと思う。
それと、やっている人も楽しまなければ
続けられないのではないかとも思うのでした。


17KN0653.jpg
シバザクラ
17KN0652.jpg



放任的な散歩

5時過ぎになると、休みの日でも
もう明るくて目が醒めてしまう。
階段を降りて行くと
下で寝転がったニコが尻尾で
バン、バンとゆっくり床で音を立てる。
温度に敏感なニコは
ふとんの中から這い出て来ているのだ。
ガラス戸の向こうでお座りして見ている
アグリは急いで奥のドアからやって来て、
一緒に抱擁の挨拶をしてくれる。
挨拶で気持ちの交流が始まる。

17KN0688.jpg

休みの日には橋で新聞読んでる人も
ラジオを聞いている人もいる。
でも昼や夕よりは人は少ない。

17KN0679.jpg

開店前のお店、
さすがに5時台では誰もいない。

17KN0681.jpg

散歩コースをニコに任せ、
道草もにおい嗅ぎも適当にして
放任的に歩いてた今朝の散歩。

ゆっくりペースになるのですが、
「帰ったらご飯」も気になるらしく、
家の近くになると
道草もにおい嗅ぎも減ってくる。


17KN0694.jpg
↑ヒルザキツキミソウ↓
hiruzakitu17.jpg



ニコのスキップ

17KN0659.jpg

ニコは一家総出の散歩が
とてもうれしいらしく、
スキップを踏むように弾んで先頭を行く。
10mくらい先で後を待つけれど、
3mくらいに近づくとまた軽やかに歩き出す。

17KN0660.jpg

左右の後足が交互に内股気味に弾む。
対してアグリは弾むことはなく、
一歩一歩踏みしめると
グイグイと引っ張るように歩く。
体重はアグリが31.5Kg位なのに対して
ニコは28.5Kg位でリードを持つと
体重以上にアグリの引っ張りは強い。

ニコは1度、膝関節を痛め手術している。
完治といえる時間は十分に過ぎている。
でも何処かにガラスのような
脆さがあるのではないかと感じている。
案外心配性なのです。

IMG_2229.jpg

モッコウバラのトンネルを前に。



akatume17.jpg
アカツメグサ



犬の心理は高度

17KN0601.jpg

なりゆきなのか仲がいいのか
互いに空気のようなもの。

17KN0603.jpg

基本は平等ですが、
僕はニコを意識的にたてている。
ニコはもうさほど強い存在ではないからだ。
アグリもそのことに不満はないようだ。
というか、
アグリもニコをたてている。

なんとなくそういうドッグファミリーです。


hahako17.jpg
ハハコグサ

犬の心理は高度ですね。



地上に降りた花

17KN0620.jpg

風が強くウコン桜も散り始めた。
草も1日経つと伸びて広がるのがわかる。

17KN0622.jpg

見上げれば新緑が優勢ですが、
地上の花もきれいです。
これもまた期間限定。

17KN0608.jpg

ソメイヨシノの花柄が風に飛ぶこともなく
道の両脇に落ちている。
微生物が分解して何かの役に立つんだろう。

4月も終盤、ゴールデンウイークは
いい季節なので特に出かけなくても
ま、いいかぁ。(←意味はない)


kara-17.jpg
カラー




何かで飾るとしたらやっぱり

17KN0599.jpg

モッコウバラが咲き
ベニカナメが新葉を出し始めた。

ベニカナメは病気にやられていたので
根っこから伸びている1本の棒状態まで
剪定したのですが、しぶとく盛り返してきた。
モッコウバラもベニカナメも元気よく
これからの季節、剪定が必要になる。

17KN0573.jpg

ソメイヨシノは咲き終わっても
菜の花は頑張って咲いている。

17KN0563.jpg

モッコウバラで敷地内の電柱が隠れている。


人間は花の蜜を吸うわけでないのに
なんで花に魅せられるのだろう。
何かで飾るとしたらやっぱり花だしね。


地震が多く地質的に岩がもろいこと、
気温や雨など気象の状態から
日本は森になりやすく、
比べると土の層も厚い方らしい。
衛星写真を見ると山も多いせいか
全体として日本はなかなか緑が多い。




17KN0568.jpg
ナノハナ



性格がかなり違う

IMG_2157.jpg

姉さん、うるさいからやめなさいよ!

IMG_2161.jpg

お父さん、
知らない人を入れちゃダメだってば。

IMG_2160.jpg

アグリ! あんたも真似しなさいよ。

IMG_2169.jpg

だから姉さん!
近所迷惑だからやめなさいってば。



22年目になるカーテンも疲れてきたので
リビングルームのを新調することにした。
採寸をしに来た会社のお姉さんに
ニコは縄張りをアピールしている。

ご近所の皆様、
ご迷惑をかけ、すいませんでした。




17KN0579.jpg
ウコンザクラ



家のセンターはここ

CIMG3118.jpg

ふとんを引きずりながら
ソファから降りて寝るニコと
隙間に落ち着くアグリ。
ラブ犬さんはいつも同じ姿勢。
リビングルームで寝たり起きたり。
彼女たちからすればほぼベッドルーム。

犬と一緒に寝られる幸せ。
僕は疲れてもここなら心地良く
幸せな気持ちで寝られる。
ここは我が家のセンターです。





17KN0384.jpg
シバザクラ



再検査に

17KN0511.jpg

血液検査の結果が送られて来た。
アグリは問題なしという結果。
ニコは肝臓の状態を示す値で
再検査になった。

17KN0513.jpg

アグリは7歳になっているので
何か出てきてもおかしくはないが、
健康な身体を保っているようだ。

ニコは数値が悪い所もあるけれど、
昨年と同箇所の同様の数値で、
うんこは昨年よりもいい状態で、
特にどこか調子悪いようには見えない。
でも素人判断は怖い。
日をみて再検査に動物病院に行く。



悲観的と楽天的と両方が僕にもある。
気分に任せていると悲観的な部分が
大きくなり、
楽天的になるためには意志が必要だ。
そんな気がしている。
身体は自然のことなので
いつ何が起こるのかはわからない。

犬は悲観も特に楽観もせず
いつも生きることに一生懸命だ。
見習っていきたい。




血液検査結果からかなりはみ出てしまった。




tulip17.jpg
チューリップ


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター