接近する11月

17CIMG3462.jpg

ご近所散歩でっす。
服を着なくても、歩いている時に
寒そうにしていた記憶はない。

17CIMG3463.jpg

北の国から 来た犬種ですからね。
特にアグリの柔らかく細かく密集した
アンダーコートは熱を逃がしません。

そのせいか、
ニコは素直に服を着るけれど、
アグリは逃げる。人間は時々諦める。

17CIMG3450.jpg

↑ ニコがアグリを見守っているように見える。

寝るときは身体の代謝が落ちて
体温が少し下がるのか
暖かくして寝るようになる。

お互いの距離を縮める11月



楽しそうにハアハアしている

17IMG_5563.jpg

エッホ、エッホ

17IMG_5577.jpg

それぇ! 持って来るんだわ〜。

17KN3468.jpg

エッホ、エッホ

17IMG_5583.jpg

持って来たんだわ。
自分でもなぜだかわからないけれど、
投げたら持って来るんだわ。

17IMG_E5572.jpg

ニコはラテックスのサイさんを放さない。
走るのはほんの少しだけ。

ハアハアしているだけ?
楽しそうにしている?
・・どっちもある と思う。




元気に感謝

の〜んびりするのはむずかしいって昨日
思ったのですが、そうでもないか。

17IMG_5571.jpg

愛犬といると、
のんびりとか忙しいけれど充実したとか
時間についてあんまり考えなくなる。

17KN3476.jpg

それが、つまりのんびりということかな。


世界に1つだけのプライスレスシートもある。

17CIMG3478.jpg

日中、日を浴びて、
夜、寝床に就ければ大成功。

毎朝、
愛犬が飛んだりひっくり返ったり
挨拶してくれる。
でも元気でいられることは
当たり前だとは思っていない。
何か感謝しなくっちゃ、
という気持ちがある。



小春日和

「おねえたん、そのベッドわたしのよ」

17IMG_5445.jpg

「ここは、わたしの場所よ」

17IMG_5461.jpg

アグリはいろいろアピールをするが、
聞き入れてもらえない。

17IMG_5501.jpg

「あ、そこ、絶対気持ちいいんだわぁ」


室内でニコはこのベッドに乗らない。
でも、
小春日和の気持ちよさが加われば話は別。

17IMG_5510.jpg

温泉に浸かって、「あー〜」
身体の奥から声が出るような
気持ち良さ、殆ど蚊もいないしね。




今日の二コとアグリ

17IMG_5229.jpg

7歳のアグリが10歳のニコに甘えている。
7歳といえば人間換算では中年の部類だろう。

17IMG_5235.jpg

後足の間は骨っぽいだろうけど

17IMG_5236.jpg

いくつになっても触っていたいのかな。

17IMG_5238.jpg
photo by haha

見ているだけで幸せになれます。



寝ていても可愛い

ニコとアグリが並んで横になっていた。
間は僕が入れるほど空いていた。
アグリはニコの方を向いていなかった。
その幸せ空間に僕は入ろうとした。
それを察知したアグリが身体を反転させた。

17IMG_5207.jpg
     
17KN3207.jpg
     
17KN3205.jpg


↑ こうなった。

アグリは甘えん坊、ふれあいが大好き。
でもこの光景はめずらしい、あまりない。
なんとかカメラにおさめることができた。

何時もの光景でもなかなか映像にならないのも
たくさんある。そのひとつ。↓



ニコは寝ながら走っています。
蹴る瞬発力はけっこう強いです。
寝ぼけているというより
寝ながら走っている。
現実感の強いリアルな夢のようだ。

どこを走っているんだろうなあ。



swim 1000m

ご褒美

長い雨続きを耐えると
「晴れ」だけでご褒美になる。

17KN3216.jpg

山の頂上にようやく着いたような感じに近い。
普通の秋の天気なら
雨が「アンラッキー」くらいで
「晴れ」は当たり前で、ご褒美にならない。
車やロープウエイで楽して山頂に着いたような
感じで通り過ぎてしまう。

17KN3210.jpg

世の中複雑で読みづらくなっているけれど、
何かしてご褒美をもらうというところから
始まっているような気もしている。

17KN3213.jpg

晴天をご褒美と感じるなら、
「待つ」「耐える」というのも
「何かしている」のと同じになることも
あるのかもしれない。

17KN3218.jpg

超大型のまま上陸する台風に備えて
車を移動したり、
玄関ドアの前に土嚢を積んだり
植木鉢を避難させたりしましたが
家の近辺では被害はなかった。

17KN3220.jpg

運がいい、というご褒美、
気づかないご褒美、
ありがとうと言わなかったご褒美、
ニコとアグリからのご褒美、

たくさんもらっています。
もっと送り手に・・・、
と思う今日この頃。



昼の暗さ

雨が小雨にもならず続きます。
外を歩きたい。
ニコとアグリが「ガマンしている」
という空気がこっちに伝わってくる。

17IMG_5189.jpg

昨日、
人間が滑らないように1犬ずつ
家のまわり2区画程度の
短い散歩をした。
濡れるのは嫌みたいで、
特にニオイ嗅ぎもせず、
「短すぎる」という不満もなく帰った。

17IMG_5203.jpg

雨は水、多すぎるのも長すぎるのも困る。
もう一ついえば、
日中の暗さというのも
身体のリズムを壊すような気がしている。
雨読とはいっても眠くなる。
あ、それは俺だけか。

明日の午後からは天気は回復するみたいだ。
被害が少ないといいのだけれども・・・。






起き抜けのアイドリング

17CIMG3425.jpg

ご存じのとおり犬は良く眠ります。
僕も昼寝は欠かさない方です。
ただ違うな、と思うのは寝起きです。
起きてすぐは血行が悪いのがわかる。
ぼーっとするし、身体は動きづらい。

17CIMG3426.jpg

いやいや「起き抜けばかりじゃない」
という声も聞こえてきます。
とはいうものの、
犬の寝起きの良さに比べれば、
たいていの人の寝起きは悪い。

犬は、起きてすぐに
お尻をあげての腹側のストレッチ、
後足伸ばしてお尻をさげての腿のストレッチ、
お得意のブルブル体操をする。
犬も多少寝起き感は残っているのか、
血行の悪さを感じているのかもしれない。
進化的には人の方が先に
「安全地帯」の確保が出来きたので、
ぼーっとできる余裕ができたのか、
僕のような一部の人だけかもしれないけれど、
人には犬以上にアイドリングが必要なようです。




しょうがない

つい10日前30℃、ニコとアグリは
暑くてプールで泳いだばかり。
ダウンを着込むほどに寒くなってきた。
この間、殆ど雨。
雨続きですけれど、
散歩に行けないほど、インターバルなしに
止まない雨はこの20年記憶にない。
(犬と暮らす前の雨は全く忘れている。)
台風も控えていて、しばらく続くそうだ。

17KN3183.jpg

しょうがないか。



17IMG_E4890.jpg

晴れる日だってあるさ。




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター