運慶展

ウイークデーだし雨も降っているし
「空いているのではないか」
そう思って

17KN3159.jpg

以前からチャンスがあれば行ってみようと
思っていた上野の国立博物館の運慶展に
行ってみた。
大型ポスターの左側、無著菩薩立像
をTVで見て本物を見たいと思っていたのです。

鎌倉時代の人々が「本当に菩薩様はいる」
と思えるだけの
人間的リアリティーを求めたのか、
こめかみや、手の甲の血管まである。
表情が自然に動きそうな一瞬を
捉えたものなのか、宗教的な
超自然的なものというよりも
「今にも言葉を発しそうな菩薩様」
そんな印象を持った次第です。

17KN3164.jpg

鎌倉時代は
武士(農場主)による封建制がはじまり、
浄土真宗などの新しい宗教も生まれた。
運慶達も仏師というプロの中で力量を
見込まれ求めに応じて仕事をしている。

文物の輸入、その影響があっても、
日本が大陸や半島と違った歩みを
始めたのはこの頃からなのだろう。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

運慶展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
グーグル検索で無料で読めます。
少し難解だけど面白いです。
プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター