崖線にて

川があると水が土を削るのだろうか
たいていちょっと離れた所に
崖線も平行してある。

多摩川では国分寺崖線があるように
柳瀬川では両側に崖線がある。
平野部にいくと川は運んできた
土砂をはき出し、蛇行して海に注ぐ。
縄文時代は海が近かったのだろう、
埼玉でも貝塚遺跡が発掘される。

16KEN97872.jpg

崖の高さはわずか15m程度、
5分も歩けば

16KEN97879.jpg

上の畑と道路に行き着く。
川の辺りは海抜15m程度、
意外と埼玉平野部の標高は低い。
昔は水利からして低い土地の方が
価値は上、大切な土地だったという。
水道と鉄道は土地の価値を変えた。
山手が威張り始めたのは
明治から大正の頃で
そんなに古い話ではない。



16KEN97885.jpg
カンナとヒマワリ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター