散る桜に思う

16IMG_20160405_111738.jpg

毎年咲く。とはいっても
散った桜が咲くわけでない。
動物も植物も細胞分裂によって
全体を維持している。

人間の場合、
脳神経細胞と心筋細胞は
ほとんど増えることなく一生もの。
分裂がはやい小腸の中の細胞は1日もの。
それら分裂にもリミットがある
といわれている。
植物の細胞は
細胞分裂に限界があるのか?
挿し木で増やせることからも
細胞分裂の限界はないという。
樹木の寿命は細胞分裂以外の要因と
いわれている。

16IMG_20160405_111557.jpg

花という単位からみれば短い寿命でも
樹木全体の寿命は短くはない。
人の細胞が分裂出来なくなったとき
あるいは再生しない細胞が減っていくとき
それも寿命だという。
人に寿命がなかったら、それはそれで
大変なことになっているだろう。

16KEN96598.jpg

パーッと咲き、パーッと散る。
花の命の舞いは派手だけれど、

16KEN96601.jpg

長く生きていこうね。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター