国立科学博物館へ行ってみた

NHKスペシャルで放映していた
「生命大躍進」の特別展が
国立科学博物館で行われている。
幸い雨だし、新学期が始まっている。
気になる展示だし、行ってみた。

anomakari.jpg
カンブリア紀の代表選手アノマロカリス

15CIMG0178.jpg
ダンクルオルテウスに
食べられそうなウミサソリ。
古生代の海の
インパクトのある実物大模型です。

15CIMG0201.jpg
哺乳類の遠い祖先といわれる
単弓類のデメトロドン

常設展の日本館もちょっとのぞく。

15CIMG0224.jpg
白い漆喰のような天井は美しい。

やっぱり犬のことが気になる。

15CIMG0220.jpg
ということをふむふむと読む。

15CIMG0218.jpg

縄文時代の生活に
犬と暮らす様子が展示されている。


「地球上に生命が誕生して約40億年。
これまでにさまざまな生物が現れた。
その多様な姿かたちをつくり出したのは、
生命の設計図・DNA。
自らをコピーして
次の世代へ引き継ぎながらも
ときには柔軟に変化し、
新しいものを生み出す。
DNAによって
生み出された生命のうち、
あるものは繁栄を極め、
やがて衰退し、
あるものは
絶滅の危機に
直面しながら、突如、
進化の大躍進を
果たした。
そうして生命のリレーは、
現在まで途切れることなく続いている。
私たちヒトも、
そのランナーの一員だ。」

NHKスペシャルの本から引用

しかし、
ヒトほどDNAに支配されることが
少ない生物はいないだろう。
ヒトもまたDNAに形作られる。
だが、
未熟な状態で生まれるので「環境」
特に幼年期の「環境」に影響される。
いろいろあるだろうけれど、
自分で自分を超えることさえありうる。
そこがすごい。
ヒトは
進化してきた生命の一員であるけれど、
特異な一員のようです。


sennitikou15.jpg
センニチコウ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター