シーン2つ

翌日訪れた砂防ダムの滝では
2人の年配の男性が持参のベンチに座り
釣り糸を垂れている。
青と白の空、白の滝、足元を洗う豊な水。
ザーーーーーーーー。落水の音。
聞こえるように出す大きめの声。
大声は人を高揚させる。
(多分あそこに魚はいない。)
二コアグはそこで遊べないけれど、
(古くからの友)
印象に残るとてもいいシーンなのでした。




さて、どうする?

上流も捜すが適地はない。
再び戻る。
実はダム滝の下流に
泳げるところがある。
ただ、川面まで急坂のリスクがある。

15CIMG3996.jpg

二コとゆっくり、ゆっくり。
無事に降りられた。

二コは追いかけるターゲットそのものに執着する。
ゲットしたお気に入りは放さない。
僕が受け取ろうとすると5m位逃げる。
これまでこの連続だ。



コニーは人の手のひらに落とした。
アグリは人のそばで放す。
二コはリーブしないレトリバー、
持って逃げると諦めていた。

15CIMG4057.jpg

ところが、この日、この時は
二コがコニーのように手のひらに落とす。
えーっ、ビックリ。
そりゃもう、うれしくなります。
誠意には誠意で応える。
「もしも」の時はそうしようと決めていた。
(二コは誇り高い犬です。)
フェイントなしで、すぐに二コがとれる所に投げる。

15CIMG4005.jpg

すると二コは、また手のひらに持って来る。

この時だけかもしれない。

201508201.jpg

KEN94792.jpg

「持ってきたんだわ」
「じゃあ、いくよ」

僕には心に残るシーンなのでした。

1年のピークのような8月中旬、信州で。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター