積極的なニコ

hanamizuki15.jpg
↑ ご近所の見事なハナミズキ



昨日のニュースで
ヒトと犬:「見つめ」「触れ合い」深まる絆
という話題が上がっていた。

 犬と飼い主は、アイコンタクトや触れ合いで、お互いの親近感を高めているとの分析を、麻布大や自治医科大などのチームが17日付の米科学誌サイエンスに発表した。こうした行為で関連ホルモンが多く分泌されるようになった。この現象がマウスやヒトの母子間で起こることは実験で明らかになっているが、異種間での確認は初めてという。

実験の概要は

チームは30組の犬と飼い主を30分間部屋で遊ばせ、尿に含まれるオキシトシンの濃度変化を調べた。その結果、長時間見つめ合ったペアはオキシトシン値がともに上がり、特に飼い主は約3倍に急増することが分かった。
 一方で、話したり触ったりを飼い主に禁じた実験では、犬のオキシトシン値は上がらなかった。このため、ヒトでは犬の「まなざし」、犬では飼い主との「触れ合い」が親近感を高めるのに重要な要素になっていることをうかがわせた。

というもので

同様の実験をヒトに慣れたシンリンオオカミと飼い主11組で行ったところ、オオカミはじゃれついても視線を合わせず、それぞれのオキシトシン値は変わらなかった。

麻布大の菊水健史(たけふみ)教授(動物行動学)は「一方のオキシトシンが増えると、相手の愛情表現を促す行動を取り合う好循環が生まれる。犬にはヒトと同様の寛容な気質があり、人間と『絆』を形成できる特異な動物ではないか」と話す。


毎日新聞Webからの抜粋です。

人間の愛情ホルモンともいわれる
オキシトシンが犬にも増加しているとは知りませんでした。



ところで、

15KEN93581.jpg

我が家の営業部長はアグリです。
が、
グループでお喋りしている女子中学生に
積極的に愛想を振りまくのは二コでした。
二コとアグリでその女の子たちとすれ違う時、
近づくときも、横を通るときも
離れていくときも二コは
「早く呼んでよ」
と言わんばかりに自らアイコンタクトをしていました。
それは実に積極的な二コなのでした。
「かわいい」
という声も聞こえました。

15KEN93574.jpg

引っ込み思案で怖がりだな
と思うことも多いのですが、
「いいぞ、二コ」
とうれしくなるのでした。

ukonsakura15.jpg
ウコンザクラ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター