太古の海岸線で

古い話で恐縮です。
多摩川の「タマちゃん」ではないかというゴマフアザラシが
荒川を上ってきてニュースになったことがあります。
埼玉県は東京都より内陸部にあるから標高は低くないと
思いがちですが、そうでもないのです。
特に荒川沿いの中・下流の標高は津波を気にするほど低い。
地形の平坦な所は大昔、干潟のように海に堆積して平になったらしく、
小高くなっているところが陸地で
そういうところには貝塚が見られるらしい。

14KEN91867.jpg
↑ 太古の海岸線で

丘は水に不自由することが多く、また水田も作りにくいため
洪水になったり津波に襲われても低い土地に住んでいた。
水道が普及するまでは、低い土地のほうが暮らしやすかった。
明治になって外人が横浜の山手に住み始めると「○○丘」は、
いいイメージになってきたけれど、
昔から農業をしている人に聞けば「丘」よりも「谷」の方が価値がある。
今さらだけれど、水道はすごい。

話を今に戻す。

14KEN91870.jpg

この河岸段丘には湧水があり、柳瀬川に注ぐ。

14KEN91869.jpg

湧水の溜まり水の脇の細い通路を
ほぼ一列縦隊で抜けて行く。
後ろの二コはどう歩けばいいのか気にしている。










今日の花
sennitiko.jpg
センニチコウ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター