人には分からない匂い

動物の知覚で嗅覚が一番古くから発達している。
他のことが発達しすぎた人間は嗅覚が衰えていると言われている。
それでも、寝ている間でも起きているのは嗅覚だそうです。
そういえば、寝入っているとき煙で火事を知ったという話も聞く。
気付け薬がアンモニアやアルコールなどの「匂い」と言うことも関連しそうだ。

14CIMG9290.jpg

たとえば、目のセンサーが色とか明るさによって役割分担しているのに、
匂いはそれぞれに対応するセンサーの細胞に膨大な種類があるそうです。
見るものは比喩的な表現できるけれど、匂いはどうなんでしょう。
「バラの香り」とか、「草の匂い」とかいう言葉はあるけれど、
あんまり、抽象化してまとめることができないような気もします。

煎ったコーヒーの香りを嗅ぐと人は親切になる、
そんなことを調べている研究者もいる。

匂いはダイレクトに好き嫌いに直結する、
そんなことをいう研究者もいる。そうかも知れないと思っている。

14CIMG9303.jpg

梅雨ですが、
犬は外を歩くときは全部の知覚を働かせます。
人間もそうした方が良さそうですね。
スマホみたいな人工的な観念的世界を引きずって歩くと
「感じること」が、僕は、減るように思います。
今日はちょっと生意気でしたね。













今日の花
kyoutikutou14.jpg
キョウチクトウ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター