「行きつけ」と「新しいところ」

携帯電話って使用者がいつ、どこにいたか、という記録が電話会社にはある。
米ノースイースタン大のバラバシ博士はこの使用履歴を5万人、3ヶ月調べた。
その結果によれば、「ある人が今、何処にいるか」ということに関して、
かなり不規則な生活をしている人でも、80%の確率で2カ所に絞れる。
ふつうの人なら93%の確率で2カ所に絞れるそうです。
僕たちは「自由」に動けるのに、
思っている以上にパターンにはまっているのが現状のようだ。

ましてや、犬連れの我々は「犬が喜ぶ」というフィルターを付けているので
お休みの日でも、行けるところはそんなにはない。
つまり「ワンパターン」になりがち。
新しいところの情報には「期待どおりでない」というリスクがある。

実際のところ、ワンちゃんはリピーターであることを、むしろ喜んでいる。
「○○姉さんは歓迎してくれる」「○○のお庭で○○ちゃんと遊べる」というようにね。

野生の動物は生存するすることが第一で、テリトリーを決めて暮らすことが多い。
動物にはリスクや競争は生きていくために少ないほうがいい。
そのための一つの知恵なんだろうか。
そんな野生のときの記憶がワンちゃんにはまだ色濃く残っているということかな。
人間の行動もリスクを減らすためにパターンにはまりやすいのかも知れない。
と針小棒大に邪推しています

最近の脳の測定機では、安全側にパターンにはまっている時に働く脳部位と、
冒険的に動く時に働く脳部位は違っていることがわかっているそうです。

「行きつけ」と「新しい」ということを、「情報の活用」と「情報の収集」という
ことにまで広げてみると、この辺のバランスの取り方は奥が深そうです。
(もちろんお金のこともありますけれど・・)


CIM3994.jpg

南アルプスの川のプールの後に寄ってみた
小淵沢のアウトレットそばにある アトリエ・ド・アガサ で

MG3991.jpg

初めて行ってみたところですが、もう一回行ってみようと思っている。











今日の花
CIMG4085_2013082921145116f.jpg
ソバ
CIMG4087.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター