年齢を重ねるということ

最近、池谷さんの著書を感心して読んでいる。
世界の科学雑誌の研究成果を紹介しながらの本は「へえー」が多く面白い。
一例を紹介させて頂ければと思います。

「幸福感」について米ストーニーブルック大のストーン博士が、
米国民35万人にインタビューした結果を発表している。
男女を問わず、さまざまな年齢、家族構成の方におこなって
統計的にも偏りがないようにしている。
その結果によれば、20歳くらいまで高かった幸福感は20代に一気に落ち込み、
50代前半まで続き、そこから徐々に上がってゆくというU字カーブを描く。
ストレスや不安は若い程強く、「悲しみ」は年齢を問わずほぼ一定になっている。
男女の差も、家族構成も統計的には無視できるという。

自分のことに置き換えても、そうじゃないかと肯ける。
「ガマンしていればいいことあるよ」と言うことかも知れない。
この調査では、85歳に幸福感のピークがあるそうだ。
「ホントかよ」とも思うけれど「信じてみたい」ですな。

CIMG6970.jpg

アグリは三歳半、体力的にはピークかも知れない。
でも、「幸福感」はまだまだこれからだやね。












今日の花
CIMG543814.jpg
マツヨイグサ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター