本年もよろしくお願い致します

17KEN99379.jpg

富士山は見えるのですが、
電線と電柱と鉄塔が巨大メッシュのように
立ちはだかっている。なので、

16KEN99379.jpg

そのフェンスを退けてお山も
ニコアグの間に移動して頂きました。

2017年1月1日。
穏やかで申し分のない天気でした。

sinnnen1si.jpg

近くの神社は初詣で長蛇の列。


image3.jpg

我が家の場合、
寝っ転がっているのは正月に限らないのです。

皆様に良い年でありますように。



ニコニコのニコ

17KEN99386.jpg

ここに来るとニコニコしているニコ

2017ju.jpg

テニスボールでもキープしてうれしそうですが、

201701win.jpg

去年の同じオモチャは繕いきれず、

201700231.jpg

新しくなったフニャフニャマガモさんは

201701as.jpg

予想どおり、お気に入りになった。

201701ad.jpg

後にいるニコはうれしくてしかたないようだ。
アグリは何をみているのか?

17KEN99400_20170102194016eb5.jpg

撮影に強力してくれたのでした。



17KEN99397.jpg

ニコは外に出た時に執着するオモチャがある。
当犬が走り回ることが出来なくなっても
「あたしにはあたしの楽しみがあるの」
って思ってくれたら
「それもいいか」って
車で出かける意味もあると納得できる。


201701yji.jpg

今日も穏やかでいいお正月でした。





いつもどおりのお正月

170103sakura.jpg

鼻穴にも日差しが入っているニコ。
「お母さん持っているんでしょ」
「早くカバンから出してよ〜」

17010316.jpg

同じフニャフニャでもマガモさんの
プライオリティーはガーンと上がる。
アグリはレトリバー犬、ボールを待っている。



ずーっとやっているのです。
どうしてなのか、わかりません。
でもニコは大好き。
「好き」の理由はわからないもの。

17KEN99434.jpg

三が日はとても穏やかでいい天気でした。
紅白も見たし、駅伝中継も時々見た。

17KEN99439.jpg

毎日出かけてはいるけれど、
埼玉の近場から離れないお正月。

17KEN99431.jpg

彼女たちがいなかったら
もっと自由だろうけれど、
「どっちがいい」と比ぶべくもない。



通勤経路のニコとアグリ

今日の日の出は6時52分で1年で1番遅い頃。
これからは朝も夕も日は延びていく。

17KEN99418.jpg

寒いですけれど・・・。

17KEN99417.jpg

ここは駅に向かう最短ルート。
この日1月3日はすいてますが、ふだんは
通勤や通学の歩行者と自転車がぶつかりそうに
なりながら黙々と進む
一間(いっけん)幅の道です。

17KEN99410.jpg

聞きかじりですが、動物は歩きながら
脳内に地図のようなものができるそうです。
車に乗っている時は途中省略で
地図の範囲に入るとハイになる。
目的地付近は飛び地のような地図なのかな。

17KEN99413.jpg

毎朝↑の道を右に曲がって駅に向かう。
明日ここで、この写真を思い浮かべて
ニンマリしている自分が想像できてしまう。
ちょっと気持ちわりーですけれど・・・。



今でしょう

im1701051.jpg

幸いなことに日差しが入る。
気持ちいい所はピンポイント。

ima1701054.jpg

冬の日は短いけれど日照時間は長い。

image21702.jpg

今日のことしか考えられなければ、人間も
もうちょっと幸せになりやすいのにね。



時間の概念って人間がつくり出したもの。
「これまで・今・これから」
記憶や予測は犬にもあるけれど、
「今」のウエイトは人よりも重いだろう。





ボーッとする

17P1080949.jpg

これは自分だけの欠点だと思ってきた。
起きてからしばらくだけでなく、
学校の授業中など集中しなければいけない時
寝ているわけでなく、
他のことを考えているでもなく、
ぼんやりしてしていることが多かった。
今でもそういう傾向は強い。

17P1080947.jpg

集中力と追いかけっこをしているように
「ぼんやり」がついてくる。
これまで、僕はこの「ぼんやり」を
意識の上で否定的にとらえてきた。
でも、多かれ少なかれ、
好むと好まざるを問わず
集中と散漫は心の中をさまようように
デザインされているのではないか。
クラッチを踏まなければギアチェンジが
できないように、
「ぼんやり」のクラッチがあるのではないか。
起きている時の意識はそんなふうに
出来ているんじゃないか。
そう考えると「自分だけじゃない」と
思えるような気がする。

17P1080951.jpg

脳内のエンジンは死ぬまで切れないので
寝ている時はさしずめニュートラルなのかな。

寝起きがやたらいいこの子たちのエンジンは
オートマチック、「ドライブモード」
ブレーキペダルを離しアクセルを踏むと
すぐさま動く。

i17010132.jpg

居直りという心情とは無縁に
「ぼんやり」している自分を肯定できたら
・・・難しいけれど・・・、
そういう心境になれたら・・と思う。



ウォータードッグガーデン

17CIMG2416.jpg

ウォータードッグガーデン
小さくてもセンスがいいお店なので
何度かお邪魔している。

17CIMG2430.jpg

ニコは省エネボタンを押している。

17CIMG2420.jpg

鏡の中の自分には全然興味がない。
それが不思議。

17CIMG2425.jpg

お店のご主人に服をあててもらっている。

17CIMG2435.jpg

ニコもアグリも9号サイズ。
暖かそうで
お店では1番大きいのだそうだ。
着古したらもっといい感じになるかな。
試着のまま買い求めた。

2017010709.jpg

環境が変化してもこの子達の様子は
家にいるときとあまり変わらない。

doggod2017.jpg

木製の切り文字も買ってみた。
並び替えれば DOG は GOD 。
レジの脇には GODって置いてあった。


ご主人から革タグ付きのお散歩バッグを
お正月プレゼントして頂く。ラッキー。

im201701076.jpg

人と犬の間には愛がある。
とても深い。


昔からバカだったの

もともとの関東地方はシイやカシ等の
常緑広葉樹で覆われていた。
武蔵野の雑木林は平地にあっても
山林(やま)といわれ
落葉広葉樹を堆肥や炭にするため
クヌギやコナラ等の木々を萌芽更新し
農業や生活に役立てるためにあった。

17CIMG2442.jpg

なつかしい冬の風景をバックに
買ってきたばかりの服を着たアグリ。

i201701077.jpg

今年で10歳と7歳。

17CIMG2453.jpg

犬は「昔は今より・・・」とは思いません。
「昨日より今日」そう思って、
(黙って思うだけなら迷惑かかりません)
ワクワクして生けたらいいね。

17CIMG2451.jpg

おじさん、
昔からバカだったんだよ。

あっ、わかってた。
そうだよね。



雨上がり散歩

KEN99447.jpg

今日の雨上がりは予報より遅くなり
昼過ぎの散歩になった。

ニコは室内で用足しが普通にできる。
アグリはデッキで用足しをするのが
習慣になっている。
泳ぐのは大好きでも、雨に濡れるのは大嫌い。
なので、雨が降るとガマンしてしまう。

17KEN99449.jpg

外出する度に、
「お散歩ですか?」と聞く。
自分だけトイレに行くのも悪い気がする。

「晴れて歩くのは気持ちいいんだわ〜」

17KEN99451.jpg

眩しい雨上がりの夕日
3時間のインターバルで散歩に出る必要は
ないだろうけれど、
リセットの散歩をする。

今日の日の入りは16時46分。
12月の初旬に比べて20分位延びている。



恵まれた1日

新雪の四阿(あずまや)と四阿山をバックに

17KEN99560.jpg

最高のコンディションで。




ニコとアグリがうれしいこと、
保護者にはこれ以上のことはない。



ニコが弾けた

人もそうだけれど、
犬もまた感情が動く力になっている。

17KEN99471.jpg

ニコにはもうボールを投げない。
外でもお気に入りのボールを咥えたら
殆どその場から動かないでいる。

17KEN99478.jpg

そんなニコが雪原を見たら、喜ぶ喜ぶ。
慎重居士ぶりは吹っ飛んでいった。
雪遊び前半はアグリと同じ位走っていた。

17KEN99485.jpg

アグリはアグリでお得意のポーズ。
雪の変化する柔らさ、濡れる冷たさ。
体で感じ楽しんでいた。

17KEN99492.jpg

「ニコしゃんもやってみたら」


↑ 追いかけているのはニコ

今日の夜では回復してきているけれど、
ニコは昨日の夜から筋肉痛なのだろうか?
要経過観察。
静かにしている。させている?



最高の幸せ

今日ニコと家の周りを少しだけ散歩すると、
いつものようにグイグイ引っ張っている。
足の筋肉痛らしきものはほぼ消えたようだ。

17KEN99509.jpg

この日天気は最高、雪も最高、
人影も見えない。
楽しい記憶はより鮮明に残したいので
たった1日の何時間かのことを数回の分けて
ブログにしています。

17KEN99510.jpg

すたこらと一足先に登ったアグリ。
次の瞬間の予測は・・「来るぞ」。

17KEN99511.jpg

コンデジを望遠にして、大当たり。

17KEN99526.jpg

ニコとアグリがこうしている姿を
見ることができるのは、滅多になく、
僕たちにとって最高の幸せです。



動画にすると、
ニコが渡してアグリを追いかけている
のがはっきりわかる。
やっぱりお姉さんです。

17KEN99515.jpg

浅間山をまん中に、
なんとなく横向きの
ドッグファミリー記念写真。
撮ってくれたのは

17KEN99517.jpg

軽井沢に住んでいる家人の妹さん。
腰痛をおして付き合ってくれたのでした。
ありがとうございました。


浅間山をバックに

今日の時点でニコの足の具合は
普段どおりに回復している。

柔らかい雪なので関節には
過大な負担はないのではないか。
何より雪の上で喜ぶ姿を見たかった。

17P1090012.jpg

痛そうな所を冷やしているうちに
時間の経過もあり良くなった。
結果的には
回復したから「想定の範囲内」。

ED193A29-E90E-4FFF-8794-388999517335.jpg

緊張する時間はゆっくり進むけれど、
楽しい時間はすぐに過ぎる。

171KEN99530.jpg

アグリにも

171KEN99531.jpg

ニコにも

17KEN99539.jpg

すぐに過ぎた時間でも
「楽しかったねぇ」、
という感情といっしょの記憶が
残ってくれたと思う。



おまけ
17_5148564.jpg
アグリ1歳の春



大相撲観戦

17KIMG0066.jpg

両国国技館で大相撲をみた。
2時頃から6時頃まで長時間になるので
途中寝てしまうのでは・・と思った。

17KIMG0125.jpg

実際テレビ観戦していると
取り組み間の時間が長く、
スポーツの時代劇という感じもする。

17KIMG0089.jpg

場内にいると様々な刺激もある。
例えば、クライマックスの取り組みに向けて
呼び出しの人や行司の服が豪華になっていく。
といった細かいことが面白い。
取り組みの間の時間は丁度いい。
時が過ぎるのを速く感じた。

17KIMG0124.jpg

1度は見ておきたかった。


大成功

朝起きて、夜布団に入れば大成功。
所さんの名言の一部です。
そう考えると、人生の成功者って何だ?
と思えてくる。
実際には過去も未来もあるけれど、
気持ちを軽くして「今日1日」って思えたら
犬の気持ちに近づけるのかもしれない。

16KEN99569.jpg

朝起きて、昼は犬と寝っ転がり
夕方ちょっと散歩して

17KEN99571.jpg

帰ってくれば、↑ っな姿を見られて、
大成功!。

ふんわりとした空気

17CIMG2406.jpg

日差しが入り

17CIMG2405.jpg

2犬でひとつの
ふんわりとした空気に包まれて

17CIMG2399.jpg

この中に入りたいと

20170116ne.jpg

入れてもらった。
ニコもアグリも気持ちいいのが
皮膚から伝わってくる。





サンゴモミジ

17KEN99575.jpg

朝起きてのそのそ降りて行くと
ニコとアグリが大歓迎してくれる。
今朝の散歩は
ヘッドランプがいらない7時頃。

17KEN99576.jpg

犬に服を着せるのは飼い主の満足と
みている人もいるようですが、
肩とか腰の辺りが暖かい。
服が嫌いなアグリもポーズだけで
あったかいんだから〜 
は分かってきたようだ。


毎年やっている
サンゴモミジの枝を刈り取り。

17CIMG2471.jpg

お隣さんから「竜宮城みたいだね」
「サンゴモミジっていうんです」

17CIMG2472.jpg

玄関にさしておけば
梅雨の頃まで赤いまま。

17CIMG2494.jpg

おもしろいと思うから面白い。
新発見です。


踏ん張るという拒否権

17CIMG2483.jpg

ニコは時々「こっちは行かない」
と意思表示する。
僕が強引に行くこともあるけれど、
だいたいは否定されてない方に行く。
ニコの行きたい方とは限らないけれど、
行きたくない方とは別の方向に行く。
ややこしい。
ここはニコが行きたくないと言わなかった場所。

17CIMG2478.jpg

行きたいというより、行くんでしょ
というやや受身の発想かもしれない。
行きたくなければ拒否する。
そうしてみると、ニコの筋肉痛の
ようなものは完全になくなったようだ。

17CIMG2487.jpg

マルチングされたような落ち葉の絨毯
を犬と歩く。いいんだなぁ、これが。




ベースは省エネ

17CIMG2467.jpg

犬だって風邪をひくだろうし、
ちょっとだるいな、
と感じることもあるだろう。

17CIMG2461.jpg

だいたいは横になりながら身体を整えている。
でも、楽しそうなことには目の色を変え
素っ飛んでくる。

17CIMG6146.jpg

↑ その昔、空に向かって漕げのコニーと
それを見ているコニーを空想して
イラスト化してみたもの。

今はニコとアグリがしそうですが、
仰向けになり両手を揃えて上下に動かすのは
コニーだけの特技のようだ。
・・・なつかしい。


思い出すこと

ウソの記憶をつくる実験はたくさんあり、
記憶は不確かなものだという。

17goodnews17.jpg

思い出すこと、それは
記録を見て再現するというより
むしろ物語を紡ぐことに似ている。
だから不正確でも意味があるので、
写真などの記録はそのことを
誘発してくれるものだ。

17CIMG2468.jpg

記憶は今と未来のためにあるはずなんだよ。



2犬のリーダー?

17KEN99583.jpg

橋を降りた所にガードパイプが ↑ のように並んでいる。
意味もなく左右に通過するゲームをしています。

17KEN99585.jpg

どうせ歩くなら「変化を」といったところ。

17KEN99604.jpg

夕方も付き合ってくれた。
だんだん「そういうもんだ」と
思ってくれているようだ。
リードはたるんだまま付いてくる。
「群れ」だからかな、僕も含めて。


201701image5.jpg

ニコの目にちょっと気になることがあるので
動物病院にニコを連れて行った。
結果は経過観察。

人にも犬にも病院はありがたく
しかし不安なところですね。


北風が強い冬らしい天気でした。
暗くなってからプールで泳いできた。
始めは1人だけだったけれど
帰る時には8人いた。
ご苦労さんです。

今年も、なんとなく
水泳は続けようと思っている。
動機の1つは2犬のリーダー?
でいたいと思うから、2つ目は
山に登る体力を保ちたいから。

年を取るというくだってくるエスカレーター、
そいつはだんだん速くなっている、
を登るような感じに近いのかもしれない。




諦めがいい?

17KEN99610.jpg

リードを放したから、走る
ということはこのところない。

服を着ているのがニコ、
何か合図か、目配せか
理由があるのかないのか
突如として走り出す。

↑ の距離をあっという間に追いつく。
アグリが鈍ということは多分ない。
ニコのダッシュが凄いのだ。
筋肉痛のようなのが嫌なので
1回だけにして「やめ〜」。
素直に従うところが年齢なのだろう。

17KEN99618.jpg

見ているのは工事トラック。

17KEN99617.jpg

特に車が動いたわけでないけれど、
今日はカメラ目線が嫌だったようだ。
僕も犬と一緒で割合と諦めいいのかな。


17KEN99622.jpg
ウメ


今日も超スローで1500m泳いだ。
5時で僕だけ、5時半で3人。
監視員さんが3人。
ありがたい。


すみれちゃん!

病と闘っていたすみれちゃんが
虹の橋を渡って行った。

17_9233335.jpg

犬は愛の姿そのもの。
心が痛みます。


お別れ

17CIMG2585.jpg

すみれちゃんのお別れに一家で来てくれた。

17CIMG2588.jpg

アグリより年上だけれど、ニコより若い。
・・・でも、
すみれちゃんはお父さんお母さんの
深い愛情に包まれて幸せだったと思う。
きついとお察しします。
ご自愛下さい。


suisen17.jpg
スイセン



寅さん記念館

昨日、柴又へ行った。
これまで出不精だったので初めてになる。

170124-1.jpg

寅さん記念館に大船撮影所から移設された
映画セットなどがある。

170124-2.jpg

セットだから生活臭はないが、
視覚的にはそこまで伝わってくる。
やっぱり大したもんです。

170124-3.jpg

明治の頃、金町から帝釈天まで
人力の鉄道が走っていた。
帝釈天は、「寅さん」より前から
賑わっていたということらしい。

1701240-4.jpg

僕にはリアルな過去なので、
懐かしさという情感も刺激される。
いくら過去であっても、
江戸時代は想像の世界であって
そういう刺激はない。
体験してきたということには
いろいろなノイズも含まれている。
見ているとそれらがインデックスになって
(例えばタイルの流し)
記憶が奥から引っ張り出される感じがする。




柴又帝釈天付近

17CIMG2577.jpg

行ってみて損をしたということはあまりない。

17CIMG2573.jpg

会ってみて損をしたということもあまりない。

17CIMG2538.jpg

行かなきゃわからない。
会わなきゃわからない。
入る前に億劫に感じるお風呂みたいなもの。
風呂上がりに損をしたと
思うことがないのと同じで
だいたい行ったり会ったりして損はない。

17CIMG2547.jpg

帝釈天の裏手側にある大正から昭和にかけて
彫られた法華経説話に基づく彫刻が凄い。

17CIMG2543.jpg

彫刻の前に金網でなく
鑑賞者の後にガラスで囲われて
ギャラリーとして見やすくできている。

17CIMG2567.jpg

日本庭園の𨗉蹊園(すいけいえん)も
合わせて鑑賞することができる。

17CIMG2563.jpg

樹齢1500年日本一の南天の床柱
だそうです。

自分のボキャブラリーが増えたような
ちょっと得した気分。


keiouzakura17.jpg
啓翁桜(ケイオウザクラ)


冬の幸せ感

このブログの写真には家人撮影のものを
それとなく使っている。
スマホのカメラはよく撮れるようだ。

2017012701.jpg

ところでテーブルの下にある
温水温風器はかなり強力なパワーで
その吹き出し口の風は熱い。
まん前に陣取るニコのお腹は
「ばっかじゃないの、こんなになって」
と言うくらい熱くなっている。

2017012703.jpg

暑い日にクーラーで涼むより
寒い日に暖を採る方が
互いの距離も近く幸せ感がある。

冬もいい季節だと思えば「耐える季節」
という感じから脱皮できるかもしれない。



201701272.jpg
ガーベラ


小走りイメージに切り替えて

17KEN99631.jpg

ニコがヒョイヒョイヒョイと小走り。
以前のように速く走るイメージは頭の中に
あるのだろうけれど、それをすると
筋肉痛のようなものが襲ってくる。
身体から注意されているのだろう。

17KEN99624.jpg

無理をすると身体からしっぺ返し。
じつはこの私も身にしみてわかっている。
身体を動かさないしっぺ返しもある。

ニコの頭をヒョイヒョイ小走りイメージ
のゆっくりモードに切り替えて、
これから先も健康長寿でいてもらいたい。
動くのはそのためにもいいみたいだ。


sazanka17.jpg
サザンカ


犬が読む人の気持ち

17CIMG2593.jpg

よくわからないけれど実験によれば
チンパンジーよりも犬の方が人の気持ちを
読めるという結果があるそうだ。

一瞬でも人がうれしそう、それがわかる?
褒められると犬は喜び何かができるようになる。
それはそうだと思っている。
でも、

17CIMG2595.jpg

「あ、父さん喜んでいる」
っな具合に犬は人の気持ちを読んでいる。
喜ばせようとしていることもある
と、僕は思う。

もうすぐ犬と暮らし始めて20年。
犬びいきです、はい。


fuji170126.jpg
家から見える富士山


休日散歩

17KEN99637.jpg

バックの中から魔法の何かを出してくれる?
後を気にしながら母について行きます。

17KEN99644.jpg

この日ニコも服を着ていない。
もう若くはないのだから・・、
だんだん守りに入ってきている、
自分のことながらそんな感じがする。

17KEN99643.jpg

ニコは既にボールを持っているのに
アグリの持って来いに付き合っている。

17KEN99642.jpg

ハアハアする運動、ちょっと苦しい位が、
すごくうれしそうに見える。
うれしいよ、
って見せてくれるような気もする。


今日も訪問ありがとうございます。

まだ昼の暖かさが部屋に残っているけれど、
外は北風が強く気温は急速に下がっている。
風邪などをひかないように気を付けてください。


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター