寒さに感謝

健康モノのテレビ番組が増えてきた。
しにせはNHKの「ガッテン」。
気がついたときは見ている。
以前、
座禅やヨガなどと取り入れアメリカで生まれた
めい想法マインドフルネスについて紹介していた。
脳の深いところにある海馬などを活性化する効果
など、詳しくはネットにあります。
前から眠りにくい時は、
なんとなく吐く息を意識して聞く
と云うこともしたりしていたので、
僕は呼吸に注目する方法に印象が残った。
ところで、

16P1080652.jpg

犬と寝ると、犬の呼吸がよくわかります。
映画「ET」のようにシンクロできそうな・・
微妙にずれて呼吸を合わせるのは無理です。
少なくとも合わせて寝るのは無理です。
シンクロするのは無理でもニコアグに
こうも近づける寒さに感謝しています。

ニコアグはどう思っているのかなぁ。


16KEN99067.jpg

今日の日の入りは16時28分。
冬至の頃より早い。



16aburotin1.jpg
アブチロン



忙(ぼう)の反対は「ぼーっ」。

16P1080655.jpg

「忙しい」というのは心を亡うと書く。
だから忙し過ぎるのは問題ありです。

16CIMG2342.jpg

この子達が忙しいのは夕飯と
僕の帰宅が重なった時かな。
一応確かめたら即座にご飯に向かう。
食べる方が優先なんだろうけれど、
出迎えと云うところに心を感じる。

16P1080656.jpg

ボーッとするというのは、
意識のギアがニュートラル状態。

忙(ぼう)の反対は「ぼーっ」。
うまい!
(誰か座布団持って来ておくれ!)



16aburotiny.jpg
アブロチン
16abutinry.jpg



暖かい装飾光は落ち着く

16CIMG2358.jpg

12月1日から立教大学の正門前で
クリスマスのイルミネーションが始まった。
正門から正面に教会もある正統派、
白や青が目立たない装飾光も落ち着く。
三日月と金星も夜空にくっきり。

16CIMG2356.jpg

守衛さんにお断りして少しだけ敷地内に
入りニコとアグリにモデルをお願いする。

16CIMG2351.jpg

12月は始まったばかりですが、
一気に年末、年始のリズムに入った。

16CIMG2352.jpg

ニコとアグリは家人と帰路に着き、
僕はこの後ここのプールで
スローですが続けて40分くらい泳ぐ。
土日限定でこの夏から始めている。
爽快な気分になれるので
くせになっている。




ボディーランゲージ

16KEN99107.jpg

河原は広いのだから
それぞれ別の所が気になるというのが
まぁ、自然だと思うのですが、
同じ所が気になるみたいです。

どちらかが鼻息をたてて
ニオイを吸い始めると残った方が
「どれどれ」って来る。
「読書」だけでなく、
互いに感想を交わしているのだろう。

16KEN99109.jpg

身体のために1分間くらい
走ってもらいたい、
と思うのですが、
「おいで」というより
僕が走ると彼女達も走る。

どこかで
「マネをするのは親愛の印」
というようなことを読んだ。
人と人の間のことですが、
人を犬の間にもいえるとしたら
自己流でそう解釈すれば、
「いい仲間だ」とも思える。

16KEN99113.jpg

ニコに後光。





16KEN99116.jpg
サンゴモミジ



日の出の頃

今日の日の出は6時38分となっている。
それより1時間ほど前に散歩に行く。

16P1080787.jpg

↑ 顔を隠しているのではなく、
 ヘッドランプを調整している。

さすがにこの時間は真っ暗、
それでも東の空は西の空より明るい。

16P1080788.jpg

早朝というより夜、
畑からみる夜空は広く星がきれい。
寝静まった住宅地を静かに歩く
ということはわかっているのか、
いつもの巡回コースを音無の構えで
パトロール。1日は始まる。


日の出の頃には電車に乗って
別人のような自分になっている。
でもね、「しなくちゃ」リズムも
定年前に比べて随分ゆるくなっている。




16KEN99118.jpg
メグスリノキ



今朝の追いかけっこ

フルタイム勤務ではないので
同僚と調整して火曜日を休みとしている。
土日もお休み、いいリズム。
ウイークデーの方がなんにしても
空いて犬連れにも都合がいい。
いつもの河原だってウイークデーの方が
空いている。

今朝30秒の追いかけっこを2回した。
1回目
16KEN99126.jpg

16KEN99127.jpg

16KEN99128.jpg

16KEN99130.jpg

「おしまい」というと
本当に止める。
父としては「殊勝な心がけじゃ」ですが、
実のところその言葉を待っていたのか
無茶はしないと心がけているようだ。

2回目
16KEN99141.jpg

16KEN99142.jpg

16KEN99143.jpg

16KEN99145.jpg

追いかけているのがニコです。
9歳を超えてなお6歳のアグリより速い。

泳ぐことはがむしゃら犬かきの
アグリの方が速く、
そのことがわかったニコは
もう競うようには泳がない。
ニコの方が水平できれいな泳ぎ
でも、プライドが許さないようだ。

スタミナはともかく瞬時の
スピードはニコ、
そのことがニコを元気づけている。

合計1分の短い間ですが、
かけっこしている姿を見られるのは
飼い主としてしあわせなこと。




嫌な予感がはずれてほっとする

昨夜、このブログを書いた後、
トイレに向かってソファを降り歩き出した時、
ニコの足の運びが変だった。
「もしや関節異常の再発?」
嫌な予感が頭をよぎる。
走ったのが良くなかったのか、
だとしたら自分のせいだ。
・・・気になる。
ニコはそのままソファに戻り
僕も2階に戻り横になったけれど、
夢なのか妄想なのか、
意識はそこをまわっている。
不安のまままだ暗い朝を迎える。

明かりをつけると
アグリはいつものように飛びつき挨拶。
ニコは・・・・


頭を斜めにして小走りしてこっちに来る。
あーーー、よかった
嫌な夢が夢だとわかると、ほっとするように
嫌な予感がはずれると安堵する。


16P1080770.jpg

事実としては
夜何秒か変な歩き方をした。
翌朝には回復している。
ということだけ。
変な歩き方の原因はわからない。
もう走らせないという選択も
あるだろうけれど、それも問題あり。
しばらく慎重に経過観察ということにした。

16P1080804.jpg

ニコとアグリも長く
元気でいられますように。

新年の神様への願い事は決まっています。

年々切実になってきている。



パッシブ(受身)ソーラー(太陽光熱)

16P1080792.jpg

冷たい風が吹き荒れていても
暖かい日差しが差し込む時間の
丸ベッドの上は

16P1080796.jpg

気持ちいいだろう。
しかも、2犬はなかよしだ。

16P1080799.jpg

みんながそうしようと思っても
なかなかできない「のんびり」って
こういうことかな。

おい、船頭さん。
舟を上手の方へやっておくれ。
(落語 あくび指南より)

きっと「これでいいのだ」と思っている
と僕は思う。



犬と犬のふれあい

16P1080825.jpg

冬が寒いのは仕方ないとしても
緯度の高いところのように暗かったら
気持ちに影響があるに違いない。
そこにはいろいろと工夫があっただろう。
クリスマスもそうなのかもしれない。

16P1080826.jpg

まあるいふとんでまあるくなって
背中でお互いに体温のプレゼント。
どんな交信があるのだろう。

昼間は短くなっても
ガラス越しの太陽は暖かい。


12月のなんでもない1日から

16CIMG2367.jpg

犬は何もしなくても可愛い。

16CIMG2368.jpg

頭上にクッキーがのっかていても可愛いのです。

16P1080821.jpg

走らない師走。
アグリの寝息を聞きながらアップしています。



スローライフ

16KEN99217.jpg

白いフリースのフードに黒くひっついている
センダングサの種。ひとつひとつ
手で取っていくハメになる。
車から降りて真っ先に雑草の中に
首を突っ込み用を足す。
この時期はいろんな種が運び屋さんを
待っている。

16KEN99210.jpg

アグリはボール投げを催促する。

16KEN99222.jpg

いつものパターン、いつもの公園。
忙しい12月のウイークデー昼間の公園。
16ヘクタールに数人、のんびりしている。
犬もジョギングペース、ゆっくり走る。
のんびり、ゆっくり、スローライフ。
保護者とリズムが合ってきたかな。


16KEN99189.jpg
カンザクラ



君の名は。

久しぶりの映画館。
「君の名は。」を観た。

20161213image1.jpg

主人公は多感な青年期の男女なので
僕には「どうかな」とも思ったけれど
感動する映画だった。
時間も空間も身体ごと入れ替わる。
「会いたい」という気持ちをベースに、
矛盾と謎を追うように物語は素早く展開する。
時間を戻り、2通りにストーリーがある。
救いがあるストーリーが展開され終わる。

背景の絵がきれいで、今の東京をアニメで
美しく描いている。
「そうにも見えるのか」
「今見ているものが原風景になるのか」
The Times They Are a-Changin'
時代の流れも新しさも感じた。
動きや構図、視点にも新鮮さがある。

16KEN99170.jpg

君の名は?

最近人の名前を忘れっぽくてね。
今さら聞けないしね〜。
ごまかしているけれど、
困っちょります。



そのまんまアグリ

16KEN99224.jpg

ニコはこの服を着るのが当然と
ジッとして着せてくれるのを待つ。
アグリは意思表示として嫌ですよ、
と中途半端に逃げる。
ご飯にサプリをいっしょにあげていますが、
粒をポトンとお皿から落とすのはアグリ。
再度飲み込むはめになるのですが、
アグリ、自分の好き嫌いは
はっきりしている。
思うままにふるまう自由犬。
コマンドはわからなくてもそのままで
保護者はあまり困らない。
アグリは得な性格だね。
ニコの方が周りを気にしている。



「これでいいのだ!」

「これでいいのだ!」感覚は
「まあ、うまくいっている」ときの感じ。
「いっしょにいる」感もある。

16KEN99181.jpg

そんな時、
内面世界では調和もとれ、
流れに身をまかせても時間は
優雅に過ぎている。
「これでいいのだ!」と思いながら
いけたら、いいのだ。

16KEN99179.jpg

君たちが天才バカボンと
重なったわけではないけれど、
「これでいいのだ!」には
とても大切な視点をがある。
声に出すともっといいのだ。


未明の散歩で

寒風が強く、
まだ夜のような朝、
濃紺より暗い空に
低く浮かぶ満月はオレンジ色、
照らされる雲は暗い白、
畑もまた霜柱で白い。

ニコとアグリの散歩、
人気のない畑道を歩いていて
「どうしてなんだろう?」
って思った。ネットで調べる
「レイリー散乱」とか「ミー散乱」とか
知らないことがぞろぞろでてくる。

日没後間もなく東から上がってくる
満月は夜明け前に西に沈む。
風が強く乾燥した空気なので月は明るい。

20161216k.jpg

月の高度が低い時はオレンジ色っぽく、
高度が高くなると白っぽい黄色になっている。
太陽の朝焼け、夕焼けと同じ原理だそうだ。
青っぽい光の成分は大気圏を横に通過すると
散乱しきってしまうので
オレンジ色っぽい色が強調される。

そんな月夜の空は黒っぽいが濃紺だ。
月のない晴れた夜空は黒っぽい黒色。
晴天が青空になるのと同じ原理で。
青っぽくなるのだそうだ。

月夜に浮かぶ雲も暗く白い。
雲の水滴が光りの波長と殆ど等しいと
全ての波長の光が散乱して白くなるのだ
そうだ。

わからないけれど、「へえ〜」とは思う。



立ったり座ったり

16KEN99233.jpg

人間は座っている方が楽ですが、
さて犬はどうなんでしょう。
シャンプーをする時アグリはお座りで
ニコは立ったまま。とはいっても
お尻を湯船の縁に付け支えている。
他の時も、
ニコが自主的にお座りすることは
殆どないけど、アグリは時々している。

16KEN99235.jpg

もっとも伏せている時間が1番長い。
休みの日など僕と一緒に寝ていても、
例えば、遠くの宅配便の車の音で
瞬時に跳ね起きて走って玄関に行く。
この寝起きの良さは、
寝たふりをしているだけじゃないか、
と思うくらいです。
目をつぶっても聴覚などは
起きたままの野生時代の名残だろうか。



16KEN99231.jpg
寒くなりました。

あ、そうそう。
人間は座っていても30分に
1度は立った方がいいのだそうで、
耳石には自律神経が通っていて
立ち上がることで自律神経を刺激する。
この間「ガッテン」でやっていた。
職場では周りを巻き込んで実践中です。




12月18日

KEN99239.jpg

霜柱も立ち気温は低かったはず。
けれど、風がないと、
あまり寒いとは感じない。
寒いという環境にも慣れてしまう。

16KEN99244.jpg

ビデオに録っておいた「アバター」をみた。
映画館でも見たから2回目だけれど
細かいことは殆ど憶えていない。
膝にアグリがいて、家人のそばにはニコがいる。
ランチを挟んで3時間半。
これから散歩に行って
プールに行って戻ったら
サッカーをみる。そんな1日。

16KEN99241.jpg
朝の冬空に渡り鳥の斜め編隊が行く。


今日の雑感

昨日のサッカーは見応えのある試合だった。
力の差は歴然とあったけれど、
そのことを超え
一生懸命にやる姿を見ることが出来た。
そうなるとイメージで増幅された
力の差は消えていくような気がした。

16CIMG2372.jpg

時々「やったー」の声にニコとアグリは
しばらく離れて思い思いの姿でいる。

16CIMG2371.jpg

ニコはストレッチをしながら寝ている。
アグリはこんなに身体が柔らかくない。

性格も違うし体質も違う。
生まれ、環境、本人の自覚
というふうに分けたら
どうなんでしょうね。
やっぱり犬は「生まれ」という
ウエイトが大きいのだろうか。

・・・・
人は自分を超えられるし、
人は人を超えてきた。
この辺が人間のすごいところだし
やっかいなところでもあるんじゃないだろうか。


生活のリズム

年末に大掃除する必要はない。
と思うけれど、
毎年なんかやっている。
きりがないので適当に切り上げる。
3時過ぎれば散歩が優先。
家人は所用で出かけている。

16KEN99264.jpg

明日は冬至だけれど、
日の入りはもう遅くなってきている。

16KEN99266.jpg

今日は歩道橋を渡って

16KEN99268.jpg

5分(ふん)段丘を登る。
ネックウオーマーを外すくらい
暖かい午後だった。

16KEN99272.jpg

ニコの服もいらなかったね。

16KEN99274.jpg

ウイークデーの休みはありがたい。
もう身体ごと生活のリズムになっている。
「能率がいい」「その方が楽」とかは
いったん手にすると離せないもの。

それでも、今のところ年末の掃除も
生活のリズムになっている。

繰り返しながら変化がある、僕には
そんな生活のリズムがありがたい。


昨日の朝散歩

16KEN99249.jpg

小走りして振り返って撮っている。
犬も歩くより速い程度の小走り。

16KEN99254.jpg

いつも楽しいことを期待するアグリ。

16KEN99255.jpg

ニコの人間換算年齢は僕とほぼ同じ。
お互いに元気でいようね。

16KEN99257.jpg

16KEN992591.jpg

アグリの方が重くなっている。
小顔なのでその分身体も大きく見える。

そういうことはないのだけれど、
ラブ2頭連れの自分を遠くから見られたら
その本人はかっこ悪くても
犬との関係はいいように見えるのじゃないか、
・・・うぬぼれですね。


冬至は過ぎたけれど

〜家人が撮ってくれた写真から〜

16P1080882.jpg

僕が起きて来るのを待つ体勢。
飛びつきは「指導」の対象ということは・・
我が家ではない。
「あー、よしよし。おはよ」

起きたら散歩、帰ったらご飯。
順番は決まっている。

ニコに服を着せ、自分も着て・・
コースも含めてルーチンになっている。

P108086616.jpg

わかりにくいので
フォトショップにお出ましを頂くと、

16P1080866.jpg

っな感じ。もう1枚。

16P108086716.jpg



16P1080867.jpg

こんな感じかな。
LEDの街灯で随分明るくなった。

この時間見かけるのは
新聞屋さんと早朝出勤の人くらい。

ちょっと前までは
東の空が西の空よりほんのり明るかった。
今は「明けやらぬ朝」というより
ストレートに「夜」という感じ。

冬至は過ぎたけれど、日の出の時間は
これから10日あまりの間は今より遅くなる。



暖かいと楽ですね

16CIMG2378.jpg

夜に降った雨もあがり、
日中は本当に暖かい1日だった。
デッキの木製フェンスから
日差しを浴びて湯気がシュワーと上がる。

デッキの上では
ニコがアグリの・・・

16CIMG2377.jpg

君たちは一体何年一緒にいるの?

ホームセンターに寄った帰りに

161223image11.jpg

川越いもと狭山茶の江戸屋弘東園に寄る。
見たとおり立派なお家で歴史を感じます。
感じのいい所で、お芋もおいしいので
我が家ではよく行く。
三芳町には大きな農家が多く、
いも街道沿いには
そこで販売も頑張っている所もある。
行くのが楽しみの1つになっている。

161223image14.jpg
シルクスイートのいもアイス
すぐ後にスプーンをもう一つ持ってきてくれた。

161223image13.jpg

レトロな木製の看板は
こういう所にあるから趣もある。

ものにはそれにふさわしい場所
というものもあるんだろう、と思う。



記憶は連想

16P1080876.jpg

「な〜に、なんかあやしい」

16P1080878.jpg

「そばにいってニオイをつけるんだわ」

冬タイヤに履きかえてノーマルタイヤを
ラックにしまった。
ギンギラギンのカバーでは目立ちすぎなので
黒の寒冷紗でカバーしている。
奥にあるのはこの夏の浸水騒ぎで
市に要望した土のう袋。

ご近所の自家用車は「床上浸水」で
買い換えを余儀なくされた。
うちはあと数センチだった。

16KEN98213.jpg

新車にして3ヵ月ではきつすぎる。
危なかったのでした。

こんな具合に
頭の中も年末モードになってきた。

今年、水泳を始めたのはいつだっけ?
新車に乗り換えたのはいつだっけ?
記憶はどんどん曖昧になるようにできている。
そうでないと困ることもある。
ちょっと知りたくなるときもあるわけで、
ブログはこういう時には便利、
芋づる式に記憶の中の情景も出てくる。

クリスマスイブ、メリークリスマス。
今夜の水泳はお休み。



泳ぎ納め

クリスマスの日も夕方になると
ミッション系の立教大学でも行事は
終わっているようだ。
学生さんも見当たらず閑散としていた。

16CIMG2385.jpg

16CIMG2386.jpg

16CIMG2387.jpg

16CIMG2388.jpg

いつもの土日の方が賑やかで
クリスマスは静かに過ごすのかな。

今年最後の市民開放のプールで
泳ぎ納め。

16CIMG2389.jpg
プール棟
まだ新しい10コースの50mプールを
横25mの方向に泳ぐ。
ものすごく遅いけれど、30往復する。
途中で何往復目がわからなくなるので
だいたい30往復です。

帰りは真っ暗け。

16CIMG2390.jpg

運動が得意という事は全くないし、
お気楽といえばその通りですが、
筋肉や骨が喜んでいるような
爽快感は運動でしか得られない。
そんな気が大いにしている。

16CIMG2381.jpg

↑ クリスマスの朝



豪快なあくび

16KEN99284.jpg

お座りで赤い服がズンと下がり
マフラー巻いているみたいになっている。

16KEN99289.jpg

プラタナスの木とかメタセコイヤの木は
どんどん高くなる。
その高木のためのスペースがある。
それはそれで得難いもの。
このままどこまでも大きくなってもらいたい。

16KEN99283.jpg

ニコは口は大きく開き、
口を閉じるとき「キーン」
と喉の奥から音がする。
目から涙が出るほど
豪快なあくびなのです。





hotokenoza16.jpg
ホトケノザ



ダメオヤジ雑感

16P1080898.jpg

いつもだと雨天中止なのですが、
今日は気温も高くなるとの予報、
この際年末大掃除の一環だとばかりに
毎月のシャンプーをする。

タオルドライであとは暖房で乾かすけれど、
毛の元の方は濡れている。

16P1080901.jpg

ダメオヤジになって寝っ転がっていると
アグリが足元で「ズボンドライ」
後から来たニコは「シャツドライ」
手が暖かったので「ハンドドライ」もしている。

母の方で動きがあると
「もしかして何か食べるものをくれる」
と期待してソファを離れる。

16P1080909.jpg

ニコが先にもどると
足の間に入り込み、
遅れたアグリは狭いスペースに
かろうじて身体を横にする。

まことのあいでも、
それぞれにメリットもあるだろう。
あまり人に好かれないじじいは
人より犬が好きかもしれない、と思っている。
度が過ぎると危険・・かも。



いろいろあるのがいいみたい

明日から元旦をはさんで6連休。
ニコとアグリと6連休。
仕事から離れた人達は
「忙しくしてます」って言う。

16P1080875.jpg

落語に出てくる横丁のご隠居さんは
憧れの的という話しを聞いたことがある。

16P1080873.jpg

時間を持っている人に憧れたんだろうか。
江戸時代の平均寿命で言ったら
統計的には僕なんかはいない確率の方が高い。

16P1080881.jpg

忙しくして人様のお役に立つ。
それもいいけれど、それしかないわけじゃない。
軟弱っぽいけれど、いろいろあっていい。

いろいろいるのが現実だしね。



ローグ・ワン STAR WARS STORY

ローグ・ワン STAR WARS STORY 。
スターウォーズはこれまで映画館で見てきているので
「今回も映画館で」ということと
「4DXデジタルシアター」ってなんじゃい
ということで6連休の初日は朝から映画館へ。
うちは田舎みたいな所ですが、
映画館だけは歩いて10分位にあるのです。

united12im.jpg

3Dの映画で、
マッサージチェアが前後左右上下に動く。
いろんな風も吹けば、雨やミストで少し濡れる。
スクリーンの脇から舞台のように煙がでたりで
映画がアトラクション化している。
なかなか楽しい。

「NHK世界ふれあい街歩き」のように
視聴者の目がカメラのようになって
映画が主人公からみた環境みたいに
動き回るように展開したら、
こうした効果はもっと凄いものになるのではないか。
将来そうした映画が出てこないかなと、
密かに期待している。

image20161229.jpg
iPhoneのカメラはかなりよく撮れる。

部屋の中で大型犬と一緒に暮らすこと
だって、昔は殆どなかった。
だから長いスパンで見れば
新しいこと。

新しいことは次々にでてくる。
でも全部が残るわけではない。
殆どは消えてゆくけれど、
「これはいい」「これは便利だ」
といったものが残るのだろう。
それでもどんどん変わっていく。

とりあえずでも「へえ〜」、
肯定してみたい気もする。
でも変なのが多すぎますからね。


短いかけっこ

16KEN99347.jpg

リードをオフにしても走らない。
何かの拍子に軽く犬走り。
走っていると楽しそうなんだけれど、
あまり走らない。

KEN99350.jpg

「ニコは無理をしてはいけない」
ニコアグリも無意識の内に
わかっているのかもしれない。

16KEN99345.jpg

「はい、おしまい」と言うと
それを待っていたかのように止める。
今だけの貴重な20秒。
いい子になったのだ、と思うことにする。


16KEN99375.jpg

元旦のイブイブ。



ガンタンイブ

人の時間には区切りがついている。
朝が来て1日は始まり、
月曜が来て一週間は始まり
1日で月は始まり、一月で1年は始まる。
周年もあり、時間は区切りそのもの。
こういう身体の外の時間は
正確に刻んでいる。

幼少期の時間は思い起こすと今よりかなり長い。
入学式などのイベントが多くあったせいなのか。
それまでの人生が短いと新たな1年が長く感じる。
つまり、4歳の子の次の1年は1/4だけれど、
60歳になると1/60だから短い、という説もある。
最近、僕は
脳も含めた身体の時間は代謝が遅くなる等、
誰しも少しずつ遅くなる。
体内時計がおそくなるので外の時間が速く感じる。
という説にガッテンしている。

ってなわけで、
区切りの日も沈みガンタンイブ。

16KEN99323.jpg

いろいろな事はあったし、これからもある。

16KEN99326.jpg

時間を割いて
拙ブログを見てくださり
ありがとうございました。

16KEN99337.jpg

To be continued


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター