あごのせは親愛の情?

16CIMG6266.jpg

ニコは自然にあごのせをする。
なんの上かというと、

16CIMG6262.jpg

僕の背中の上です。
ちょっと前は

16CIMG6251.jpg

ニコとアグリが並んで伏せていて
その間に丁度いい隙間があった。
外は風強く寒くても
陽が当たる部屋の中はさほどでない。
ニコとアグリを「両手に花」。
脳内はオキシトシンであふれている。

16CIMG0870.jpg

ニコはアグリにもあごのせをする。
アグリも僕もニコに対して
同じような気持ちになるんだろうか。


風呂上がりのガム

月に一度のシャンプー。
すると決めたらあとはルーティン。

16CIMG6235.jpg

何も考えることはない。
犬からみても同じで、浴室で
始めに入るニコは壁に向き、
後から入るアグリは湯船に向く。

16CIMG6241.jpg

先に出たニコはアグリが
出るまでワンワン。
殆どのことが
ルーティン化されている。

16CIMG6240.jpg

話は飛躍する。
歩いたり呼吸することは無意識に
できるよう自動化されている。

16CIMG6246.jpg

意識的には、
外からの刺激を受け欲求が生まれ
それが行動になりその結果
脳内で「満足」という報酬を得る
というようなことに
集中する必要がある。
生きるためにそうなってきている、
と思う。

16CIMG6237.jpg

シャンプーというルーティンには
それでも終わりに
満足という報酬がある。

人間へのご褒美は
「あ、かわいい」です・・ね。




3月3日

20160303niko.jpg

ニコはよく「男の子?」と言われる。
保護者は「そんなことないよ」と
思う。でもどちらかがお内裏様なら
やっぱり・・ニコです。



16CIMG6291.jpg

今日のように暖かい日に
率先して出るのはニコ。

16CIMG6295.jpg

アグリは家の中でくつろぐ
ことが多い。

16CIMG6296.jpg

とは言っても
ニコの引力に引き寄せられていく。

これは僕も同じかなぁ。




年功序列のえこひいき

16CIMG6301.jpg

度胸のよさ、猪突猛進さでは
アグリのほうが一枚上手。
ニコが2年前に足の手術をしてから
動きではもうアグリには敵わない。

16CIMG6315.jpg

アグリがニコを誘っても
ニコは自重している。

16CIMG6309.jpg

動きでは敵わない。
でもそれだけじゃない。

16CIMG6318.jpg

「おもちゃ、ほれほれ」ゲームに
切り替えてアグリの注意をそらす。

16CIMG6307.jpg

貫禄とか威厳は渡さない。
常にバランスは大事ですが、
こういう側面って必要かもしれない。
年上のニコがアグリより
上に立って欲しい。
ドッグファミリーは
年功序列のえこひいきでいい、
僕はそう思っている。




変わらない付き合い方

16CIMG6286.jpg

この間の工事でテレビの画面で
簡単に You Tube を
見られるようになった。

16CIMG6026_20160307195806d03.jpg

最近は見慣れた光景ばかりなので
動画をあまり撮らなくなったけど、
アグリを迎えたばかりの頃は
よく撮っていた。

ひとりっ子で安定していたのが、
おちびちゃんが来て迷惑だったのかな。
そう思っていたけれど、
改めてその頃の動画をみると、
ニコもけっこう嬉しそうに
していたのがわかった。


今↑も約6年前 ↓も基本的に同じです。




折り合いをつける

16KEN96279.jpg
↑ 3月1日 寒い

16KEN96298.jpg
↑ 3月6日 暖かい

寒い日と暖かい日が交互に来て
花粉量は増えています。

注意しても花粉症にはなるし、
体調の管理は難しい。
人の中には変な人もいる。
何事もままならぬことが多い。

なんとか折り合いをつけていく。

もしかしたら、そのことは
「勉強ができる」
より大事なのかもしれない。



コミュニケーション

16KEN96299.jpg

パソコンやスマホで連絡しあっていると
確かに記録が残るので便利です。
ただ、聴くことも
相手の表情を見て声を出すことも減る。
顔の表情を読むのは人間の得意技。
目と指先と脳の一部だけで
ことが足りてしまうと
おそらく何かが衰えてしまう。

16CIMG6297.jpg

吠えるコニーに「いけない」
と制したとき
小さく「ワン」と
くすぶるように吠えたこと。

ニコとアグリが「ギョウー」と
声と溜息の中間の音をたてること。

こんな時は
犬語がわかったように感じる。
人がニッコリ「ありがとね」と言えば
犬たちに伝わっているように感じる。



以前も課題があったけれど、常に
新たな課題もでてくるもんです。





暖かいと楽、暑いと苦

16CIMG0923.jpg

今日はゴールデンウイーク並の暖かさだった。
春らしさを拾いに運動公園に行った。

16CIMG0922.jpg

ここのナノハナは3月中旬以降がピーク。
ちょっと早かったけれど、

16CIMG0929.jpg

コブシの花が季節の変化を教えてくれる。

常夏の国ハワイ、南国の楽園。
というように
イメージのパラダイスは南にある。
それだけ厳しかった冬の暮らし。
冬があるから桜に浮かれ、
夏があるから紅葉にひかれる。

季節があっという間に過ぎ去る。
2〜3年前の同じ月に拙ブログを
みることがある。すると本当に、
「ついこの間」なのです。

ニュースになった
時空のゆがみ、なんていうものは
まるでわからない。
けれど、時間が暴走し始めていると
感じる今日この頃。話してみると
どうやら同じ年代の共通認識みたいだ。


アグリファンクラブ

16CIMG0934.jpg

ニコとアグリが嬉しそうなら
これ以上はない。
しかも青空に花まで付いてきた。

16CIMG6346.jpg

ニコがアグリを見ている。
ひとりの方がお気楽でいい、
っていうことは多分ない。

アグリファンクラブの会長は
ニコかもしれない。


himeodorikosou16.jpg
ヒメオドリコソウ



お気に入りの場所

たとえば体育館のまん中に
1つぽつんと椅子と机があって
座っても落ち着きませんね。
はじっこで自分のエリアが
守られているっていう感じが
落ち着く。

16CIMG6368.jpg

これは犬も同じようです。
ベッドにおおきならぶいぬさん
を入れたら、
囲われるサイズが身体にフィット
したみたいでアグリはますます
気に入ったようです。

16CIMG6350.jpg

ニコに比べて身体の硬いアグリが
珍しくヘソ天になっている。

16CIMG6357.jpg

白いボア状のものは枕で
オモチャではない。
暗黙の内に分かっているようです。

16CIMG6365.jpg

ニコはソファの上でコーナーに。
上の方がエライんだろうか?


もう5年


16CIMG0920.jpg



あの日も金曜日だった。
今日と同じように寒い夜だった。
職場に泊まり込んでいたけど、
僕は結局何もできていなかった。
「あの日」はやっぱり特別な日。
もう5年が経つ。
大災害はいずれ突然
やってくるにしても
まだまだ備えが足りない。
少しでもあとの方がいい。
その程度には時代の進歩は
あると思っている。




ooinuno16.jpg
オオイヌノフグリ


2016 春

近所の神社でオカメザクラが咲いていた。

okamezakura16.jpg

真冬並の気温でも

16CIMG0953.jpg

春ですね。

キーワードは「時間が必要」

日曜日と今日にかけて
山中湖に一泊した。
特に目的というものはないけれど、
山中湖の温水プールwoofで泳ぐ
のはニコアグが喜ぶだろうと
思っていた。
そう、思っていたのです。

16CIMG6408.jpg

「あちゃー」
ニコが嫌がっている。

16CIMG6405.jpg

アグリだって飛び込むほどの
元気はない。
この時、正直なところ
あれほど水泳が好きだったのに
「もう泳がないのか
がっくりこんだった。

16KEN96338.jpg

アグリは近くに投げたおもちゃを
取りに行ってくれていた。
でも、去年までの
「うれしくてしょうがない」
感じはない。

ニコはプールサイドの柱の陰に
伏せったまま動かない。

ところが20〜30分位した頃、
ニコがかんでいたおもちゃを
近くの水に投げアグリを抑えると
静かに自分から泳いで取りに行った。

16KEN96345.jpg

一度壁を乗り越えると
昨年と同じように
お尻が水面に出る水平な姿勢で
僕からみると「かっこいい」泳ぎだ。

16CIMG6414.jpg

なかよく泳いでいる
もうすぐ6歳と8歳。

16KEN96365.jpg

とてもうれしい。

記憶が蘇って「そういえば・・」
と身体が動くまで時間が必要な
ようです。
その時間のせいか、
躊躇していたアグリも
飛び込みをするようになった。

↓ 3ショットをみてくださいね。

16KEN96387.jpg

16KEN96388.jpg

16KEN96389.jpg

このときだけわずかな雲間から
陽が射していた。

な〜んちゃって
はい、バカ親です。


泳ぐ前は雪の上

16CIMG6433.jpg

人間のおかあさんが片手で投げて
片手で撮った写真です。
↑ ↓

16CIMG6434.jpg

お腹から落ちているので
「痛くないかい」と
思うけれど、ともかく
持って来るのが好き。
生後2ヵ月くらいで自分からやる。

自分のためだけでなく、
渡す相手が喜ぶから楽しい。
そんな風にインプットされているのか。
犬は社会的動物で、
その社会に人間も入っている。
そんな風に思う今日この頃。



ちょっと前に戻ります。

16KEN96304.jpg

↑ ホテルのフロントに寄った時
予報通りとはいえ
寒いったらありゃしない。

2日前に降った雪が残っている。

16KEN963091.jpg

woof のドッグランにも残雪。

16KEN96320.jpg

一年の内でラブは
冬は雪、夏は水が好き。
その両方が一度に
楽しめるのだから、
ただ寒いだけより雪があったのは
ラッキーだった。

16KEN96334.jpg

↑ 無視されるアグリ

16CIMG6387.jpg

こんな顔だけでも
甲斐に来た甲斐があった、
というもんだ。

16CIMG6403.jpg

これからプールに向かうの図
でした。



楽なお出かけ

蓼科では自分達でしなければ
誰も何もしてくれない。
たまには、楽なお出かけが
あっていいかぁ。

16CIMG0973.jpg

昨年に続いて山中湖の
カーロ・フォレスタ・エルフォ
に泊まった。

16CIMG6492.jpg

ニコもアグリも走って泳いで
シャンプーまでされてお疲れ気味。
僕はちょっと遅いいつもの昼寝。

16CIMG6487.jpg

チェックインは早めにして
あとはだらだら、予定通り。

たっぷり時間をかけた夕食は

201603161.jpg

部屋まで給仕してくれる。

201603162.jpg

今月はアグリの誕生日があると
話したら、

16CIMG6544.jpg

さーっと作ってくれた。
よかったねぇ〜、アグリ!



チェックイン前
16CIMG0963.jpg
湖畔を歩いて
16CIMG0967.jpg
記念撮影。
この日の天気ではさすがに
富士山は見えませんでした。



雪が降れば

最近の天気予報は良く当たる。

16CIMG1016.jpg

早朝から雪が降っている。
朝方だけでなく「一日中雪」と
予報も変わった。

16CIMG6576.jpg

「こりゃあ、
速やかに帰るしかないかな」

16CIMG6571.jpg

朝食を全部平らげて
部屋に戻り、
ニコとアグリの顔を見れば

16CIMG6583.jpg

そうもいかない。
お宿のドッグランで

16CIMG6579.jpg

オニ役で追いかけるのはニコ。

16CIMG6584.jpg

走ったり歩いたり、
別々になったり、また

16KEN96418.jpg

雪上鬼ごっこをしたり、
犬は唄のとおり、雪を喜んでいた。

16CIMG6595.jpg

今回、スタッドレスタイヤと長靴と
山用のレインウエアーが大活躍。
バックは泊まった宿。

こんな爺についてきてくれるのは
ニコとアグリだけだよ。
いつもありがとね。


ホーム&アウェイ

16KEN96434.jpg

↑ 山中湖から戻った翌日
いつもの神社で
アウェイがないとホームもないんだろうか?
アウェイでたくさんの
他のワンちゃんたちと会っていると
そのことに慣れてきて反応も自然に
なってきている。
その点ホームではどうもいまいち。

16KEN96444.jpg

無理することはないけれど、
時々はアウェイに行かなくちゃね。



春本番

16KEN96445.jpg

↑ 今日の夕方
明日が春分の日ですが、
すでに昼間の時間の方が長くなっている。

もうすぐピンク色に染まる。
この時期地面にもいろいろな花が
咲き始めている。
いよいよ春本番を迎える。


バティーちゃん

1612KEN96466.jpg

時々このブログに出てくるバティーちゃん
に家の前で会った。
決して自由とはいえない足だけれど
走って僕の方に向かって来てくれる。

今日はガレージを抜けてデッキまで
駆け上がって
挨拶に来てくれたのだった。
(↑の写真は↓の写真の一部)

16KEN96466.jpg

とても純粋なものに出会えた。
そんな気持ちになったのでした。

男の子の可愛さって
また別なものがありますね。




時の移ろい

16KEN96450.jpg

昨日はお彼岸の中日でした。
入谷七福神の1つになっているお寺まで
義父母のお墓参りに行って来た。

16KEN96451.jpg

以前、義父母と一緒に
お参りしたこともある同じお墓です。
墓石に戒名が2つ増えている。
刻まれた文字に触れ、
そのあと、手を合わせる。
「すいませんでした」
「ありがとうございました」



いつもの散歩コース

16KEN96457.jpg

スロープを降りる方向の
左手に

kobusi16.jpg
コブシの花




サクラサク

16KEN96479.jpg

昨日、靖国神社のソメイヨシノが
咲いたので東京の開花宣言となった。

柳瀬川沿いの桜並木のうち1本が
昨日から咲き始めている。
ソメイヨシノは挿し木で増えるので
DNAは全て同じと言われている。
なぜ、この1本だけが早いのか?
おそらく下水の関係で地中が
他の木より暖かいためだろう、と
ふんでいる。

16KEN96481.jpg

まだ朝夕は寒いですね。

スギ花粉の最ピークは
ソメイヨシノの開花と重なる。

花粉症にならない人がうらやましい
今日この頃。


花は咲く

16CIMG1051.jpg

「ま〜て」と言うと
そっぽを向き、

16CIMG1046.jpg

こっちを向くのは
「さあさあ、一緒に歩きましょ」
とこっちに歩いて来る時。
最近はそうなっている。

16CIMG1064.jpg

金山公園付近を散歩した。
僕が小さい頃よくご飯の上に
のっかていた桜でんぶのような
鮮やかすぎるモモの花

16CIMG1063.jpg

わかりやすい犬の意思表示。


16CIMG1044.jpg
クサボケ、レンギョウ、モモノハナ
この時期みどりより花が目立つ。


16CIMG1056.jpg
↑ ↓ モモノハナ
16CIMG1040.jpg


アグリは6歳に

今日3月24日はアグリの誕生日です。

16CIMG1027.jpg

うちの子としてブリーダーさんから
引き取り家人が抱いて車に乗って
「好きになるのに1秒もいらない」
どこかで聞いたコピーですが、
まさしくそんな感じだった。

16CIMG1019.jpg

鼻と口のでっぱりが短く、少し
童顔なところもあるけれど、
もう6歳。

16CIMG1024.jpg

観察してみると、

16CIMG6672.jpg

アグリが自由に振る舞っているように
みえて、実はニコの応援団長として
動いているように思えることが多い。

「このまま、このまま」
と思うアグリの誕生日なのです。


161CIMG6667.jpg  CIMG6664.jpg



春の光

暑さ寒さも彼岸までとはいうけれど
埼玉はまだ寒い日が続いてます。

それでも日は高く、もう少しガマン
すれば楽な日も来ると予感させられる。

16CIMG6623.jpg

↑ アグリはどうやって寝ようか
考え中。

16CIMG6632.jpg

ニコが横にごろんとなって
ちょうどいい場所が出来たようだ。

16CIMG6630.jpg

ニコの親からみれば
ニコもアグリも同じ一族になる。
春本番の光の中、
しあわせだよね、アグリ。



toudaigusa16.jpg
トウダイグサ


菜の花畑で

16KEN96501.jpg

50mほど向こうに広がる
ナノハナ畑。黄色が眩しい。

16KEN96507.jpg

においを確かめ記憶を
たぐり寄せているのだろうか。

16KEN96509.jpg

人間は視覚についてはともかく嗅覚に
関することについては記憶を含めて
犬にかないません。

16KEN96503.jpg

土と空気と水と日光で
独特のにおい(物質)が出来る。
植物の生命もまた不思議なものです。

16KEN96513.jpg

今日の最高気温は12℃。

16KEN96517.jpg

機会があったら今年中にもう一度
桜といっしょに見てみたい。

同じ場所で定点観測的に撮ると
花は時間を教えてくれる。



歌手の矢沢さんは
「時間よ、止まれ」と唄った。
それって現実にあてはめると、
新たな記憶がつくれなくなる
ことなんだろう。
その人の頭の中の時間は
そこで止まってしまう。
いや〜、それはつらいです。

加齢と共に忘れっぽくなる。
と同時に時間の経過を速く感じる。
何か関連があるのかもしれない。

「言った」「言わない」で
喧嘩になることもある。
ウエアラブルな
ドライブレコーダーのようなものを
身につけたらどうなんだろう?
ギスギスすること請け合いですね。

記憶力を自慢するのも
どうかと思うし、
忘れっぽさを気にし過ぎるのも
どうなんだろう。
「忘れたことにしよう」
「忘れたふり」
っていうのもある。

今日も訪問ありがとうございます。
「適当」がいいんでしょうね。


コブシの木の下で

16KEN96519.jpg

武蔵野市もあるけれど、
武蔵野とは、
武蔵の野を意味する。
武蔵は埼玉、東京、神奈川にまたがる
広い国。
だだっぴろい野原が広がっていた。
木を倒すなどの開拓して、
クヌギ、コナラなど雑木林の落ち葉との
循環も取り入れ、用水を引いたりして
田畑を作って人は暮らしてきた。

この公園の一画には野火止用水がある。

16_3264217.jpg

川越街道もあるけれど、
それより古い鎌倉街道もある。
古刹の平林寺もある。
そんな史蹟を巡って大勢の人が
ハイキングをしている。

知らない所を歩くのは
脳にとても良い刺激になるそうです。

musukari16.jpg
ムスカリ

16KEN96522.jpg
ソメイヨシノ



桜の木の下で

16CIMG1069.jpg

わかりづらいけれど、花が目立つ木が
1本だけあります。

たまたまその木の下で3日間
定点観測をした。

16KEN96528.jpg
3月26日

16KEN96491.jpg
3月27日

16CIMG1071.jpg
今日3月28日

今年は
パーッと咲き、パーッと散る
イメージではないようです。
予報では今週末あたりが満開。
明日からパーッと咲くんでしょうね。

16CIMG1073.jpg






shokassai16.jpg
ショカッサイ



一億総○○って何?

今日も4日連続で定点に行った。

16CIMG1097.jpg

三寒四温ならぬ三勤四休、
あるいは三勤交代。
朝の通勤の時、犬が玄関まで
切なそうに見送ってくれたり、
帰ってくると狂喜乱舞で
迎えてくれたりしてくれる。
そういうのもいいなと思う。

16CIMG1102.jpg

我ながら「自分勝手なもんだ」と
思う。

ワークシェアという考え方もある。
様々な働き方があっていい。ただ、
「一億総活躍」というのは
「一億総玉砕」というスローガンを
連想させる。
いくら敬うべき先祖であっても
すべてがいいわけではない。
「ならぬものはならぬ」
という言葉を思い出す。
先祖かえりするにしても
かえる先祖が違っている。
僕はそんな風にも感じている。

「みんなが働きやすい社会」で
いいんじゃねーかーっ。

16CIMG1103.jpg

サクラはつぼみが混ざっている

16CIMG1105.jpg

今日くらいが好きです。




hananira161.jpg
ハナニラ





うららかな春の午後

ソファでふとんを被ったまま
降りて体温調整中なニコ。

16CIMG6658.jpg

うららかな春の午後のひととき。
のどかな雰囲気をつくってくれます。
犬じゃなかったらつまり人間だったら
どうなんでしょうねー。
いや〜、自分で自分のことを
見ているだけです。

16CIMG1066.jpg

上半身を伏して手すりをつかみ
土手の階段を上る人がいる。
外に出て何かを感じればそれだけでも
何か晴れた気持ちになれる。

16CIMG1067.jpg

動けぬ人も居る。
仕方ないとはいっても、
具体にイメージすると重い。

biora16.jpg
ビオラ


違いがわかる男

16CIMG1083.jpg

鏡に映る姿と写真に写る姿は
左右対称で、鏡を見慣れていると
写真の姿は他人から見える姿なのに
ちょっと変な感じがする。

1616CIMG1083.jpg
↑ ガラスに映った画像を
左右反転させたもの
ふだんはこの向きに見えている。
人間の顔は左右対称ではないことも
あるので鏡と写真の違いは
わかりやすいけれど、
犬の顔は左右対称に近い。
それでも、僕は「違いがわかる」
思う。我ながらちょっと変かも。

16IMG_20160331_070333.jpg
今朝の大國魂神社
16IMG_20160331_070226.jpg




yukiyanagi161.jpg
ユキヤナギ



プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター