坂の上

坂の上には雲もあるけれど、

15KEN94001.jpg

一月半もすればオープンするプールもある。

15KEN94004.jpg

さらに登ると

15CIMG1064.jpg

「純粋坂」もある。
走らない代わりに
10数㍍の高低差しかないけれど、
多少の足の筋力維持になるかと
坂道を散歩コースにしている。
穏やかな負荷がいいのかも知れない。

どうなんでしょうね。





sirotaegiku15.jpg
シロタエギク

11hotarurou115.jpg
ホタルフクロウ






背中を向けたソファ

15CIMG2765.jpg

♪ 壁際に寝返りううて
いるのは二コだけではない。

15CIMG2768.jpg

ソファもかれこれ ひと月近く窓に向いている。
ソファの背中ってのけぞっているのです。
頭を後ろにするとちと苦しい。
知ってましたか?
何の役にも立ちませんけど・・。





犬と花の写真

15CIMG1107.jpg

5月の天候のためか、今年の
アジサイの花は早いですね。

「ま〜て」集合をブレークするのは
アグリの役目になっている。
次の一歩のタイミングを考えている。
二コが笑う瞬間を撮れていることが多い。

15CIMG1037.jpg

花と一緒の写真は、
日ごとに変わるものだな、と
改めて確認させてくれる。

15CIMG1040.jpg

そろそろ「梅雨入り」
刺すように寒く蒸すように暑い。
つまり
湿気が少ない冬と湿気が多い夏。

「逆だったらよかったのに」
そう思ってきた。

ま、むだでしたね。





年号について雑念

15CIMG1086.jpg

昭和27年生まれは平成27年に63歳になる。
昭和28年生まれは平成28年に63歳になる。
昭和が63年余りもあったということです。
ところで、
日本史さえも西暦表記になっている。
ホントはもう年号について煩わしいと思っている。
役所は年号を使うけれど、
だんだんに特殊な文化という感じが強くなってくる。
石碑を見ても何年前か調べなければわからなくなる。

15CIMG1089.jpg

二コは2007年生まれ、
アグリは2010年生まれ。
戦中派の父でさえ
「1921年生まれだ」と云っていた。
年号は調べれば分かる程度に使えばいい。
自然にそうなっていくような気がしている。




にこにこしない二コ

「人間はいつも犬がニコニコしていればいい」
と思っているらしい。
そうはいかないのよ〜。

15CIMG1122.jpg

いつものように大に向かって
後ろ足で引っ掻いていただけ。

15CIMG1121.jpg

たまたま乾いた土があって
派手に巻き上がったのよ。
それだけ。
ええ、たしかに
袋を手にしてしゃがんでいたわ。
なんだか、わたしに不機嫌なの。

156CIMG1121.jpg

わかんないけれど、
ニコニコした気分じゃないのよ。



「いいんだよ」
どんな姿も肯定してしまいます。


 

pinkpafe15.jpg
バーベナ ピンクパフェ




父帰る

昨日から「山小屋」で修繕や整備の作業に
メンバーの6人とプロの大工さんで
蓼科に行っていました。

帰って来たときの様子を
家人が撮ってくれた。




151CIMG2925.jpg 151CIMG2928.jpg
なんだかけはいがするのよ。それっ
151CIMG2929.jpg 151CIMG2931.jpg
やっぱりお父さんだ!
デッキからくる?玄関から?
151CIMG2935.jpg 15CIMG2936.jpg
どっちだかわかんないだわ〜
151CIMG2939.jpg 151CIMG2944.jpg
犬が跳ばないようにしゃがんで
151CIMG2945.jpg 151CIMG2947.jpg
挨拶を終えて入ります。


喜んでくれる二コとアグリ、
記録してくれた家人に感謝します。



昨日の夕方散歩から

時々肝心な時に忘れるけれど、
毎日のご近所散歩では
特に撮りたいものはないのでは・
と思いつつも、
ポケットにカメラを入れている。

何もなく通り過ぎる砂利敷の駐車場
現に何台か駐車していて、
車が踏みつぶしていく砂利敷き。
そこが、

15KEN94038.jpg

一面の黄色い小花に覆われている。
しつこいけれど駐車場の砂利敷きです。
ポケットからカメラの出番です。

151KEN94040.jpg

心のシャッターは忘れるけれど、
写真は記憶の助けになっている。



15KEN94041.jpg
↑ 花の名前は知りません。



151tatiaoi.jpg
タチアオイ


定点観測

151CIMG1058.jpg

再掲になります。
畑の中にあるアジサイの前が
撮りやすい。

151CIMG1107.jpg

画像の中に日付を入れてます。

15CIMG1129.jpg

ポイントは坂道コースの近く。

15KEN94044.jpg

アジサイは雨のイメージ。

15CIMG1142.jpg

関東甲信越地方は8日に梅雨入り。

アグリは深く考えているみたい。
自分で「よし」のタイミングを
図っているんじゃないかな〜。



20分位の散歩から

15KEN94034.jpg

殆どこの河原に降りなくなった。
でも、二コにとってみれば、
ここはホームグランドのような所。
降りたくてしかたない。
あくびはしていても。

15KEN94033.jpg

夕方の散歩以降はなんとなく
たそがれ傾向になってきた二コ。
例えば、
僕が入浴中二コは洗面所にいる。
そこまではこれまでどおり。
出ても暗い洗面所にひとり残る。
呼んでもなかなか来ない。
天気が良くて地面が乾いた時に降りてみようかな。

15CIMG1140.jpg

近所のプールでも剪定中。
6月の上旬ってそうだったっけな。

15CIMG1146.jpg

インパチェンスは花期が長い。




下り坂こそ楽しい

アグリの肘の経過もまあ良さそうなので、
ソファを部屋向きに変えた。

151CIMG2949.jpg

ソファとの段差を少なくするために
考えて暫定的にふとんを敷いた。

15CIMG2960.jpg

言葉は変だけれど暫定的な万年床。

15CIMG2962.jpg

↑この時二コとアグリが幸せそうに
うっとりしていたらいいな、と
思いつつも実際には迷惑そうな顔を
しているだろうなと想像していた。
ま、その通りです。




最近、
生後23000日を越え63歳になった。
頭の頂上はザビエル風になってきた。
軽いボケが始まっている、と言われている。
確かにいろいろ忘れっぽくなっている。
「もともとこんなものじゃ」
とも思っているけれど、
客観的にはどうなんだか・・。
人生、笑って過ごせば、
下り坂こそ楽しい・・・はず。



複雑な乙女心か

まだ夏至前ですが、
今頃の日の出が一番早い。
ほぼ4時半頃の日の出だ。
いったんは目が覚める。
5時過ぎだったら起きて散歩。

二コはだんだん複雑になっている。
散歩は大喜びなはずだけれど、
わざと知らん顔している。
心理的か、身体的か、
両方か、どちらでもないか。
ともかく「どうしたの」顔。
昨日はアグリだけで行ったら
早朝から近所迷惑な大声で叫ぶ。
「ほら、おいで」
で落着した。
今朝は部屋の隅でじっとしている。
いきなり首輪をかけた。
その時の二コのうれしそうな顔。

15CIMG1141.jpg

軽やかにデッキに向かっていく。
帰ってきたら雨。
通勤時の雨はどうでもいい。
うまい具合に散歩ができて良かった。



今朝の散歩から

15CIMG1150.jpg

人間には赤と青と緑に反応する目の細胞がある。
犬には赤と青だけと言われている。
黄色と青の識別ができるとか
諸説ありますが実際のところ分からない。
暗い所動く物の識別は人より優れている。

15CIMG1152.jpg

同じ高さで前を見ている。
同じものに反応する。
少年時代にこんなようなことが
あったような、なかったような
映画「スタンバイミー」の
ワンシーンを思い出す。



ajisai15.jpg
アジサイ






ひまあり

15KEN94052.jpg

アジサイ前の定点観測は続きます。
青い方は咲き始めて3週間。
花に見えるのは飾りでその中に
本物の花があるそうです。

15KEN94054.jpg

名前を呼ぶとこんな風に返してくれます。
画像を見ているだけであくびがうつる。

15KEN94049.jpg

雨が続き気分も晴れないこの時期、
春に桜が欠かせないように
アジサイの花は情緒や風情ですね。




あっ、えっ!
himawari151.jpg
ヒマワリ
今「ヒマあり」って打っちゃいました。
むー、確かに。





サクサクと草を踏む音

15KEN94069.jpg

河原に降りたのは久しぶり。
耳が(も)悪い僕でもはっきり
草を踏む音が聞こえる。
地面ではなく草を踏む音。
ちょっとサクサクしている。
これまで気がつかなかった。

harushagiku15.jpg
ハルシャギク


15KEN94071.jpg

同じ場所で5年前

15_7031058.jpg

絆が深まった5年間でした。
これからも・・。




二コ、病院へ

肘のことでアグリばかりが
動物病院へ行っていた。
二コの血液検査の結果も
良くなかった。
お待たせしました。
二コを診てもらう。
いや、二コは待っていません。

15CIMG2989.jpg

アグリが病院へ行くお見送りだけで
二コは十分でした。

15CIMG2983.jpg

採血をするだけなのに
まあ、そういうこと
わからないだろうけれど
完全にびびりまくりぶー。

15CIMG2986.jpg

尻尾をまるめ、
不安のままに下を向く。
分かり易いね。
「GPTより白血球数のほうが気になる」
なので一月後に再度検査となった。
「アスリートのような筋肉は落ちて来ましたね」
いろいろと診てくれている。
人間にはいない かかりつけ医が
愛犬にはいる。
二コは時々診てもらった方が
いいかも知れない。


僕は2月から4ヵ月間皮膚科の病院に通っている。
顔を除く頭皮から足の先まで、湿疹に困っていた。
何かのアレルギーなのか、
アトピー性皮膚炎のようになっていた。
今回は次回のことを言われなかった。
油断大敵ですが、後遺症もなくほぼ治っている。
平日にお休みはありがたい。
平日の10時半頃って空いているかも。
金持ちじゃ全然ないけれど、
適当なヒマはある。



15KEN94098.jpg
ヒマワリ



ホームセンターは好きかも知れない

夏休み郷里に帰って高校の
同級生に「○○はどこ?」
と尋ねたら「さあ」とひと呼吸、
「パチンコかホームセンターにいるよ」
と答えてくれた。
群馬に帰った職場の人の話。

確かにホームセンターにいると
時間が経つのがはやい。

15_20150607_113136.jpg

この間山小屋へ行って修繕やら整備をした。
僕が担当したのは外部の階段整備。
少しでも安全にするために手すりを新設した。

土のう袋、杭、枕木等で階段も再整備した。

15_20150607_113011.jpg

夢中になっていた。
がっちりして好評だった。
実は二コとアグリを強く意識していたのでした。

15KEN94095.jpg

愛犬の負傷がありデッキから
出入りすることが多くなった。
サンダル等を収納するものが欲しくなり、
集成材を使って造ってみた。
残材ゼロはちょっと自慢。
カラーボックスなら
プリント合板でお安い既製品がある。
今回手作りは材木だけで6000円もしている。

15CIMG2978.jpg

余っている塗料などを適当に塗って
屋外用に仕立てた。
こういう素人作業、
けっこう好きかも知れない。

15KEN94096.jpg

アンモニア臭対策に
EM菌を使ってみた。
まだ確証はないけれど、
今のところまあまあのようです。


15CIMG3018.jpg
↑ 1時間前の二コ



はずむ二コ

15KEN94109.jpg

この日この時の二コは
ふわふわとひょいひょいと
リズムに乗って歩いています。

得意げに走ったホームグランド。
この場所の記憶がそうさせるのかな

151KEN94106.jpg

軽やかに小刻みにステップを踏んで歩いていた。





osiroi15.jpg
オシロイバナ


さくらんぼ

15CIMG3025.jpg

が届きました。

15CIMG3026.jpg

1パックだったサクランボが

15CIMG3027.jpg

2パックになり、
二コの期待がふくらみ
アグリは動きに集中している。

15CIMG3028.jpg

もう、ぎりぎり。↑

食べました。





ごめんね。
おいしかったよ。




15KEN94114.jpg
バラ


アグリのシッポ

15CIMG2999.jpg

たった2ヵ月くらいですが、
愛犬たちは玄関からの
出入りはしていない。

習慣です。狭い車の脇を抜け

15CIMG3030.jpg

ギボウシの花を躊躇なく

15gibousi151.jpg

ぱくついて(二コだけ)

15KEN94056.jpg

こっちから入る。
二コのしっぽは長いけれど、
ぶっといのはアグリ。

オッターテイル
カワウソに似た尾の形のこと。
根元が太くて丸く、先は細い。
下面に毛が厚く生えている。

いつも上にして身体が動くほど
振るので太くなったのかな。




15KEN94064.jpg
ノコギリソウ




適当に許されてる

少し疲れると
身体から「寝ろ」と指示がある。
外は雨。
少しでも暑いと愛犬たちは
フローリングやアルミ板の上で寝る。
流れ込んできた寒気で今日は涼しい。

15CIMG3052.jpg

おかげでそばにいてくれたようだ。
「晴れたわよ」
家人の声に起こされる。
一家総出の散歩。

15KEN94143.jpg

時々は晴れてもらいですね。
明日は夏至。↑ 午後6時頃、
日の入りまでまだ1時間ある。

15KEN94149.jpg
ギボウシは花から種へ

15KEN94147.jpg
どちらも二コには山菜。
躊躇ない。
「コレ!」なあんて言われても
適当に許されてることも知っている


aj15isai.jpg
アジサイ



定点観測終了

15KEN94077.jpg

15KEN94085.jpg

15KEN94116.jpg

15KEN94117.jpg

15KEN94120.jpg

飽きるということは犬にもあるようです。
「つまんないわね〜」
だんだんに不機嫌になっている。
この定点観測は終わりにします。

15KEN94074.jpg

15KEN94075.jpg

自転車で立ちこぎで登る
にはきびしい坂。
時々走って登る人もいる。
車の交通が少ない時を選んで
車が来た時は止まってやり過ごす。
そんなリズムに慣れてきた。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

空っぽだけれど
垂れるだけなら目指せるかな。

15KEN94078.jpg
ガクアジサイ



無我のシャンプー

15CIMG3066.jpg

「シャンプーをする」と言ったから
殆ど無意識で、よく言えば無我の境地で
愛犬たちを洗っている。
家人が耳の洗浄と肛門線絞りをし
浴室の中で僕がシャンプーとリンスと
だいたいのドライをし、
洗面所で家人がタオルドライをする。
抜け毛の処理やらの後始末も無意識の内。
息をしているようなもの。
殆ど何も考えていない。

愛犬たちも同じようなもので
一連の動作が
ワンセットのプログラム
になっているようだ。

15CIMG3068.jpg

考えてみれば、良くも悪くも
積み重ねてきている日常は
そんな風にできている。

特に退屈だとも思っていない。



mukuge15.jpg
ムクゲ



仕事中です

15CIMG1171.jpg

かなり短いリードを使っている。
でも、
もっともっと短い距離で仕事をしている
盲導犬がいる。

15CIMG2969.jpg

15CIMG2970.jpg

15CIMG2973.jpg

ハンディキャップを背負った
方々の目になって仕事をしている。

同じ犬種だけれど、
ふだんは忘れている。
たまに盲導犬の姿をみると、
真摯な仕事ぶりに感動する。
しっぽを大きく振ってガイドしている
のを見たこともある。



asumisou15.jpg
カスミソウ


網戸の張り替え

115CIMG2992.jpg

網戸を張り替えた。
我が家の網戸は出入り自由が優先する。
こういう風にね。


15CIMG3015.jpg

下端がほつれないように接着剤で網を補強した。
手がべたべたになる。


15CIMG3016.jpg

除光液の威力ってすごいです。
身体に良くないでしょうね。








kikyou15.jpg
キキョウ



ごく当たり前の日常の記録

15CIMG1173.jpg

毎日のことだから記録するまでもない。
そうかも知れないけれど、そうでもない。

15CIMG1184.jpg

長い歳月の中では
ごく普通のことさえ忘れてしまう。

15CIMG1174.jpg

散歩から帰る時なんて
毎日のことです。

15CIMG1175.jpg

それでも写真に残して置く意味はあると思う。

今日は38.4度の熱が出て
お医者さんに診てもらった。
今は平熱に戻っている。
ありがたいものです。



今週末

金曜日から今日までに
5回医院に通い点滴を受けていました。

IMG_20150628_081032.jpg

家では殆ど寝ていた。
変な夢なんだか妄想なんだかをみた。

階段を降りていった僕は2階にいるアグリに気づき
慌てて途中まで戻った。
2階から4段下の踊り場にアグリは滑って転んだ。
「アグリ、痛くないの」
「いたいのよ、いぬのようなねこのようなとにかくひじがいたいのよ」
アグリが喋ったということの矛盾を処理できないで覚醒してしまう。

そのつづき。
場面は変わり、散歩でのこと。
「あたしはおとうさんにほめられるとうれしいけれど、おとうさんもうれしそうよ」
今度はうれしくなり起きてしまう。

15CIMG1120.jpg

5回目の点滴の際に先生から
「最後ですから良く味わって下さい」
と言われなんだか戻って来たという感じ。
本当にありがたいです。





ゴロゴロしている犬と暮らす生活

我が家には畳はない。
その代わりどこにでも
ゴロンゴロンできるように
ソファやら敷物やらドッグベッドは3つある。
いたるところゴロゴロできる。

15KEN94059.jpg

↑ のように

15KEN94060.jpg

あるいは ↑ のように
アルミボードの上で冷やしたり
目的どおりの場合もある。

しかし、

15CIMG2994.jpg

カーペットをめくり上げて
フローリングも好きみたいだし、

15KEN94058.jpg

すぽっとスポットに入り込むのも好きなようだ。
仰向けもあればうつ伏せもある。
頭が下がっていることも上がっていることもある。
気持ちいいときに鼻を鳴らすときも鳴らさないときもある。
寝方ひとつとってもいろいろある。

ゴロゴロしている犬と暮らす生活。
いいと思うよ〜。



草刈り中

15KEN94171.jpg

新しい建設重機で草刈りをしてくれてます。
放置しておくといずれ木が生え治水機能が
弱体化するので特に堤防は手入れが必要。
なので堤防の頂部に植栽する例は殆どない。

15KEN94173.jpg

多分アグリがこの重機を見たのは初めて。
一緒に遊びたがっていた。

15KEN94174.jpg

「あ〜あ、行っちゃった」
「・・・」


二コは慰める立場にいません。
家の掃除機には何かと見なして
わんわん攻撃しているのですから。






gurajourasu15.jpg
グラジョウラス
gurra15.jpg




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター