何でもない日に乾杯

内からこのドアの前に立つと早く出たがる。

4141CIMG0185.jpg

外から帰ってこのドアの前に来ると内に入りたがる。
もっともそうじゃないと困るのですが、
いつもせかすのは愛犬たち。

12月に入りました。
来月の今日は元旦。
区切りはいつでもつけられる。
なんでもない日に乾杯。




今日の花
kirisimatutuji.jpg
キリシマツツジ
11月29日に咲いていました。



いいんじゃないですかね〜

4114CIMG01801.jpg

何でもない日はあっても、
何にもない日というのはあるんだろうか。

夕食に一杯の赤ワインで
何でもない日に乾杯する。

たった一杯で
ラブドッグソファで寝っころがりゃ
二コとアグリがもぐり込んでくる。

いいんじゃないですかね〜
そういう小さそうなことで。









今日の花
nazuna14.jpg
ナズナ


プライスレス!

141CIMG0165.jpg

犬は人間に守られているので、
幼いままでいられる。

例えば大人になってもおもちゃで遊ぶし、
捕らえられないと分かっていても獲物を狙う。

野生では不利なはずなのに耳が垂れていたり、
あどけない容姿で子どものように振る舞う。

凛々しいワンちゃん達もいるけれど、
またそういう性格のワンちゃんもいるけれど、
考えてみれば、その多様な容姿や性格は
人間社会に対応して来た結果なのだろう。

↑ 日だまりの中、二コとアグリは
いい雰囲気を家にもたらしてくれている。








今日の花
tirorianlump.jpg
チロリアンランプ


にこのて

4120141204.jpg

人間以外に
体温を下げるためという理由を除いて
口を開いて息をする動物はいない、
ってテレビ番組で見たけれど
ずいぶんと身近なところに例外がいた。

寝ている時の二コの手は可愛い。







今日の花
shukonnemesia.jpg
シュッコンネメシア


15分後に同じ神社で

「おとしゃん、こっちでしょ」

14KEN92479.jpg

二コも

14KEN92492.jpg

15分ぐらい後で出発した
アグリもリードする方向は同じ。

同じイチョウの落葉スポットで
14KEN92479n.jpg
二枚を合成してみた。

一週間ぐらい前からアグリのお腹に
かさぶたのような、ほくろのようなでっぱりができて、
気になっていて、分からないので

14CIMG0493.jpg

動物病院で診てもらった。
かさぶたのように取れて一件落着と相成りました。

アグリもダイエットにやや成功して
30.90Kg
おかしゃんが欠かさずに寒天を作ってくれているからね。
よかった、よかった。







今日の花
kanzakura14.jpg
カンザクラ



カグ

14CIMG0510.jpg

なんじゃこりゃ? 的なカグを組み立てた。
これまで特大のケージがあり、
その上に板を載せモノを置くのに便利だった。
ドッグベットの半分位のスペースを覆う目的です。
捜してはみたものの、丁度いい大きさも含め
そんな売り物はない。
作るしかなかった。

141CIMG0511.jpg

こういう作るカグは5こ目になる。
今回残材ゼロというのが自慢かも。

14CIMG0491.jpg

以前から家にあったカラーワックスを活用し
材料費、加工賃、新たに購入した塗料代で
15、000円。(税込み)

14CIMG0526.jpg

当面この上に加湿器を置くことにしている。

14KEN92549.jpg

でも、
なんじゃこりゃ?的なカグです。

1414CIMG0526.jpg

取りあえず、写真の背景には悪くなさそうです。







今日の花
mam14.jpg
キク


久しぶりのふたりお座り

おととい、15分差を合成したイチョウの落葉ポイント。

14KEN92525.jpg

4+4+2+2 本足で再び。
ふたりお座りは久しぶり。
自主的にやっているのに横顔を見せる。

14KEN92528.jpg

久しぶりだけれど以前と変わらない。

14KEN92531.jpg

イチョウの黄葉もそろそろおしまいのようです。
それにしても寒いっすね。







今日の花
sinbijuumu14.jpg
シンビジューウム



しっぽがあるからごまかせない

二コもアグリも黙っていますけれど、
一緒だとうれしいみたいです。

14KEN92532.jpg

散歩の距離を少しづつ延ばして
ひさしぶりの道を歩く二コのしっぽが正直です。
みんなと一緒というのもあるのかも知れない。

14KenKEN92523.jpg

他にいくらでも嗅ぐところはあるのに、
独自にということはあまりない。
4年半こうやってきていますから、
これが自然なのだろう。





今日の花
bluedesy14.jpg
ブルーデージー



関東晴れの夕暮れ

こういうのを「見える」というのだろうか。

14CIMG0211.jpg

風が強い冬の関東晴れ、
こんな日の夕暮れには、家からも
レース越しの電柱と電線が
にぎやかに重なった向こうに
富士山が「見える」。

14CIMG0209.jpg

「カグ」の塗料の匂いもなくなり
予定どおりにドッグベットを入れた。
ハウスだとすれば、外で伏せている。
「なんじゃ、こりゃ」ですね。
でも、そのうち役に立つと思っている。
自作だからですね。

このふたり、家人がキッチンに入るのを待っている。
暗くなってから夕飯までが長くなったね。








今日の花
tuwabuki14.jpg
ツワブキ


視点を変えて

いつも虚心坦懐、自分を客観視できるとは限らない。
感情というものはコントロールできるのだろうか?

コートの内側に
子犬を抱いていると思えば
人は優しい気持ちになれる。
ある作家が書いていたし、
僕もそー思っていた。
いつもそうなんだけれど、
現実は自分の想像を超える。
小さい犬を抱いたまま、
人の話を聞かずに、
怒鳴りまくっているオジサンを見た。
やれやれ。



すいません、話を変えます。

14KEN92562.jpg

いつもいる部屋をちょっと高い所から見てみる。
ここに自分は見えないけれど、
ラブドッグベットに寝っ転がっているのは想像できる。
幽体離脱じゃないけれど、
そんなふうにいつでも自分を自在に
客観視できる目を持っていたら
どんな人間だったんだろう。
多分そんなことができる人間はいない。

14KEN92570.jpg

おてんとう様に見られて、
二コは気持ち良さそうに伏せている。






今日の花
sinbi14.jpg
シンビジュウム




座高一のアグリ

昨日のブログ、
ちょっと高い所というのは
椅子の上から手を上げて撮ったもの。
アグリからすれば「何だ、何だ!」思うわけで、、

14KEN925621.jpg
↑ 再掲
その後

14KEN92574.jpg

食卓の椅子の上は初めてと思うけれど、
僕の足元でお座り。それを
もう一つの椅子から撮ったもの。
かわいいものはかわいいとしか言いようがない。
すいません。

14KEN92567.jpg

そのうち座高一のアグリと
食卓を囲むこともあるかも知れない。
その時は二コも一緒にね。

ちなみに人間の座高の測定は健康診断から除外されたそうです。
「健康上の反映が殆どないから」という理由だそうです。
確かに・・、逆に足の長さを測っているだけですからね。





今日の花
iberisu141.jpg
イベリス



速歩

14KEN92560.jpg

並足(なみあし)はウォーキング
速歩(はやあし)はトットットッ、という弾むリズム
駈足(かけあし)はトトット、トトットというリズム
襲歩(しゅうほ)は疾走、全力で走るとき、英語でギャロップ
馬の走り方はこう説明されている。
速歩と駈足の差は前後の足が共に
地面を離れる瞬間があるかどうかだろう。

今の二コは馬じゃないけれど並足で時折短く速歩を混ぜている。
↑ 速歩の瞬間。
ゆったり踊るワルツようなリズム。
保護者としてはこれ以上はしないように気をつけている。

14KEN92556.jpg

道路に突き出たデンチュウでござるの
掲示板は必ず読んでいます。





今日の花
margret141.jpg
マーガレット


今日も3時半頃の散歩

141KEN92593.jpg

行進するように歩く二コが家人をリードしています。
一緒の時は二コはマイペースで
アグリの方が二コを意識している。

14KEN92601.jpg

メタセコイヤとプラタナスの木がある広場。
どっちも大木で、そのせいか
どことなく異国情緒がある。

14KEN92580.jpg

家の小っちゃな庭に植わっているカエデの
枝の先端にだけ残っている紅葉。
そろそろ今年も見納めです。









今日の花
carankoe13.jpg
カランコエ


二頭立てトライアル

14CIMG0217.jpg

2ヵ月半ぶりの二頭立て。
ふたりが同じように歩いてくれる分にはOKです。
足元が確保されていれば、そして
勢いがついていなければ、止められます。
右と左に分かれて引っ張るのもOKです。
困るのは、ひとりが引っ張り
もうひとりが身体を横にして止まっているときです。
僕が足を前に出して踏ん張るところですが、
出そうとする足の置き場が邪魔されている。
結果、一瞬ですが、片足で踏ん張ることになる。
おっトットット。
なので、保護者は簡単に転ばないようにスクワットを頑張っています。
いや、ホントは「きちんとした訓練こそ」なんでしょう。
どうやらその「ホント」が来ないまま・・のようです。

14CIMG0221.jpg


投票所で

14KEN92613.jpg

おかあさんを待っています。
忠犬みたいだねぇ。







今日の花
sikuramen142.jpg
シクラメン



「交換しよう!」

テーブルの下に温水暖房機がある。
ガス屋さんから足元がほんのり暖かいと聞き設置した。
いやいや、どうして部屋中が下から暖まる。
強い温風が吹き出てくる。その吹き出し口を
鼻をくっつけんばかりに占用しているのが二コだ。
手足が冷たくなってきたので、
二コの場所で暖を取っていた。
すると、二コは一番大事にしている

14CIMG0265.jpg

モーモーちゃんを持って来て、
僕のあぐら膝の上にぽとんと落とした。
「大切なモーモーちゃんを持って来たんだからそこ退いてね」
ということらしい。

まぁ、
たまたまということかも知れないし、
勝手な思い込みということかも知れない。
でも、ホントにそうかも知れない。
犬が何を思っているかはわからない。
私たちは答えを求めすぎるのかも知れない。
わからないというのは
想像力の源で、
いろいろなことの原動力なのだろう。
全知の神を想像し、
立場をそっち側に置いてみれば、
つまらないような気もする。
ま、居ないと思いますけれど・・。
話が飛びました。
「わからない」というのは
犬と暮らす生活の魅力のひとつだ
と思っています。





今日の花
saineria41.jpg
サイネリア


諦めがいい

♪ 雨の日はしょうがない
とはいうものの、冷たい雨が降り続くというのは困る。
散歩に行くの朝方と夕方は特に困る。
先祖の狼も朝と夕に活発に動くそうです。

1441CIMG0390.jpg

昼間は寝ていても夕方は散歩の催促をする。
ドアを開けて、「雨だよ」と言う。
で、わかってくれるような、くれないような、・・・。
それでも、諦めがいいのも犬の長所ですね。

14CIMG0214.jpg

「犬死」なんてひどい言葉があるけれど、
「犬のような性格」と言ったら、
やっぱり怒られるのだろう。
いい性格だと思うのだけれど・・、
やっぱり、、、だめでしょうね。


過去600万年で現在の地球の海抜はかなり高いレベルだそうです。
たった2万1000年前は今より100m以上海抜が低かったそうです。
つまり氷河期が定期的に来ていたということらしい。
この1万年くらいの間の間氷期が安定しているのがめずらしいそうです。
   <今日のへぇー>から





今日の花
14KEN92586.jpg
ガーデンシクラメン



温室日光浴

関東は、冬の間ともかく晴れているだけでも恵まれている。

フング〜、
時々気持ち良さそうな声を上げながら寝そべっている。

14KEN92553.jpg

空っ風が強くても晴れていれば部屋の中は暖かい。
10時ころからしばらく温室日光浴。
なかなか良い時間のすごし方でうらやましい。

KEN92555.jpg

寝ているでもなく、まどろんでいる。

14KEN92584.jpg

うっとりするほど気持ちいいんだろうなぁ。
フング〜。






今日の花
14KEN92588.jpg
バーベナピンクパフェ


緩くなる

14KEN92538.jpg

↑ なんでもない写真ですけれど、
思い出す。

kage01.jpg

冬の散歩道、コニーと。

PC07002814.jpg

写している側も犬齢を重ねている。
若いコニーには今よりもきつめだったかも知れない。
2代目、3代目と緩くなる。
うちだけでもないような気もする。
「孫みたいになる」という意見もある。
どうなんでしょう?






今日の花
hototogisu14.jpg
ホトトギス



団子より花の犬

14KEN92619.jpg

犬は時に空が感動的になることを知っています。

14KEN92624.jpg

道草を忘れてしばし魅入る。



今日の花
14KEN92587.jpg
プリムラパティシエ
14KEN92591.jpg



体育の時間

たま〜にある体育の時間。

14KEN92645.jpg

やっぱりきっかけがないと走れないのよ。

14KEN92641.jpg

おとうさんが投げてくれたら、
思いっきり走って走って持ってくるの。
なんでそうなるの?
それはじぶんでもわからないんだわ。

14KEN92639.jpg

「もう、ふぇいんとはしない」
おとうさんは言っていたわ。
それはいいことなのよ。



14KEN92649.jpg

帰ったら「よく拭いて」だけだと
家人に怒られます。
「よく拭いて」風呂場で洗う。

哺乳類の4肢の骨格は4本足だろうと2本足だろうと
クジラまで含めて基本は同じにできているそうです。
進化というのは以前からあることを
使い回して進んでゆくらしい。
このところ、この辺のことに
興味を持っていて、本を大人買いして
追いつかないけれど読んでいる。
ヒマだからかなぁ。






今日の花
suisen14.jpg
スイセン




だいたいが二コのペース

一緒に散歩ですけれど、
別々にリードを持つと

14CIMG0268.jpg

二コがリードしアグリが追いかけるパターンになる。

14CIMG0269.jpg

他にも匂いポイントはありそうなものを
アグリは共有したがる。
それが終わると再び、↓

14CIMG0273.jpg

だいたいが二コのペースです。
二コがフリースを着ているのは寒がりだから。
コニーのお下がり。
でも迷彩色が似合う女の子なんです。
二コはふとんの中で安心して寝るけれど、
アグリはふとんの上で丸まっている。
昼間、抱いて寝るのは二コの方で、
アグリは夜明け近くになると
2階に上がり
もそもそふとんの中に入ってくる。









今日の花
sinbiju.jpg
シンビジューム


お互いにいい影響

今年の12月が特別なのか、
年のせいかわかりませんけれど、
寒すぎです。

14CIMG0230.jpg

体調の悪い日はワンちゃん達にもあるだろうに、ねぇ。
食べられないとか外に出たくないという日はまだない。
(↑ アグリは巨乳だね。)

14CIMG0267.jpg

二コに足の不安は抱えるものの、
体調は二コアグともにいい。
元気でいるうちは元気でいられることを
当然のように思いがちです。

14CIMG0224.jpg

「当然」はラッキーなのだろう。
人間だって散歩に付き合い、愛情をもらい食事も進む。
お互いにいい影響があればいいですね。






今日の花
chrisimasrose.jpg
クリスマスローズ
(ヘレボルス・ニゲル)


お下がりのウエアー

14KEN92658.jpg

今日も寒かったですね。




コニーのお下がりのウエアーですけれど、

14CIMG0814.jpg

7年経って今年から二コに着てもらってます。
だんだんにその頃のコニー↑ に年が近づいている。

14KEN92652.jpg

もともと寒がりですが、
かんてんママが頑張って
愛犬たちの体重をコントロールしている。
脂肪が少なくなり、ますます寒さがしみるのか
このウエアーを着るのに殆ど抵抗ない。
「かんてん」って寒天(さむぞら)。
寒そうな漢字はともかく
ダイエットには効果ありのようです。








今日の花
minisuisen_20141223181635901.jpg
ミニスイセン


愛犬からのクリスマスプレゼント

クリスマスに限らず人間が食事している時は
二コは椅子の後ろに控えている。
アグリは果物とかヨーグルトとか
くれそうな時雰囲気を察して後ろにいる。

14KEN92667.jpg

人間は年と共に甘くなる。






今日の花
yu-forubia.jpg
ユーフォルビアプリンセチア



師走スケッチ

家人が

14CIMG0253.jpg

「あら〜! アグリ〜」と言った瞬間 ↑

14CIMG0239.jpg






今日の花
sikura.jpg
シクラメン



ホットドッグ

いくら暖かいところが好きったってねぇ、

14CIMG0547.jpg

あまりに近すぎじゃござんせんか。
あっちっちな毛は真夏の砂浜のような熱を持つ。
極端に走りがちなホットドッグな二コ。

14CIMG0559.jpg

ちょいとした隙に温風器前をアグリに取られちまった。
でも「どけどけ」とは言いません。
ちょっとだけ我慢すると
いい雰囲気も得られる。
そんなことを、
知って知らずか知りませんけれど、
アグリだけには大人のようになる。

* 今日から9連休。




今日の花
gardenprimura.jpg
ガーデンプリムラ




お薦めします

この時期のお薦め、
それはふとん乾燥機です。
ふとんの中に入ると
ぬくぬくでふとんが軽いのがわかる。
気持ちよさのあまりに笑みがでます。
(気持ち悪くなるので想像しないで下さい。)
睡眠の質が大切だとはよく言われることです。
心身を休め、リセットする役割があるのはもちろん、
頭の中を整理して記憶するのも睡眠だそうです。
押し入れのどこかにしまったまま使っていない、
という方も多いと思います。引っ張り出して
健康法のひとつに加えてみたらいかがでしょうか。



9月の下旬に二コを抱えて公園から戻って以来、
はじめて病院以外の場所に車で出かけた。
二コアグ特に二コが一番好きなところ。

14CIMG0617.jpg

それは、We Love Dogs ! です。
ここでは、アグリがお姉さんたちに甘えても
「じゃま、じゃま、どいて」
大人の二コは見せません。

14CIMG0619.jpg

保護者っぽくないのもいい。

14CIMG0642.jpg

今日の昼ご飯は、ごちそうだったね。

14CIMG0650.jpg

僕もちょっと食してみたけれど、
うまいっす。

14CIMG0651.jpg

二コは大喜びでした。
We Love Dogs ! もお薦めします。


今日の花
gazania14.jpg
ガザニア



年末の一日

年末に大掃除なんかしなくてもいいと思うのです。
でもヒマだし、実のところ
家の掃除は嫌いじゃない。



最近、二コのオシッコの切れが悪いので
動物病院に診てもらいに
(役割分担)、家人だけで行ってもらう。
年末のせいか混み合っていたそうです。

14CIMG0656.jpg

何通りか原因が考えられるので
まずは抗生剤からということになった。
括約筋というインナーマッスルの
”不具合”も考えられるそうです。
恥ずかしいながらずぶんも
そうではないかと思うこともあった。
その頃から運動を習慣づけることで
ずいぶんと改善している。
ちょっと過保護かも知れないと思いつつも
大切な二コですからほっとけない。
身体のことは年末も年始もない。

二コの体重は27Kg 台。
これ位を維持するのが良さそうです。



けさの散歩 ↓

14KEN92677.jpg

リズムはゆっくり、ゆっくり。
二コにはそんな散歩が似合ってきたんだろうか。
それとも、意図的にゆっくり歩く人間に
合わせているだけなんだろうか。








今日の花
saineria141.jpg
サイネリア



A Hazy Shade Of Winter

雨上がり冬の散歩道。
なぜか、
サイモンとガーファンクルの「冬の散歩道」
を思い出しました。
冬の散歩道だからだろう。

14KEN92682.jpg

寒いというのはきびしいもの。
雨続きも暑すぎるのも参っちゃう。
丁度いい、春や秋が短いと感じる。
いや、
春夏秋冬、一年そのものが短い。
後2日。





今日の花
ga-bera.jpg
ガーベラ



月末のシャンプー

「年末だから」ではなくて
月末だからのシャンプー。
二コが先に終わるけれど、
ご褒美はアグリと一緒。
ドアの外で「ワンワン」せかす二コ。

14CIMG0668.jpg

↑ 快調にご褒美をかみ砕く二コ。

14CIMG0675.jpg

↑ すこし焦りながらも懸命なアグリ。

14CIMG0677.jpg

食べることに関しては二コに主導権がある。
けれど、
スターという人、あるいは力のある人というものは、
まわりの人たちによってつくられているように、
実のところ主導権はアグリにあるんじゃなかろうか。

肛門線絞り、耳穴洗浄では嫌がっている
一連のシャンプー手順ですけれど、
途中から”ご褒美”がイメージされると
積極的に受け入れるようです。


14KEN92691.jpg

年末の慌ただしさが年始を演出しているのかな。









今日の花
habota14.jpg
ハボタン


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター