今日の二コ

14CIMG0287.jpg

膝を傷めて4日経つ。
どんなもんだか、
いつもお世話になっている動物病院に診てもらう。
痛みは引いているようだけれど、膝をかばって歩いている。
ということは「痛さを感じている」。

触診では二人の先生の意見が若干違う。
急に手遅れということにはならないだろう。
消炎鎮痛剤をもらい、また診てもらうことにした。

14CIMG9943.jpg

「二コしゃん、とんだ災難だわね」

14CIMG9944.jpg



ベストはない。だから、
ベストでなかったといって悔やむことはない。
その時々の状況にベターであったか。

分からない時に、答えを出すのは無理というもの。
曖昧な時でも一度口に出すと、その事実は後に影響を与える。
言葉にできる理由よりも直感のほうが頼りになる場合もある。





今日の花
apple14.jpg
リンゴ




静かに動いても楽しいのだよ、二コ!

犬は多少のことは気にしないで元気に振る舞う。
実はうちの二コもそうなんです。
できるだけゆっくり静かに歩いてもらうために、
二コとアグリは別々に散歩をしている。
・・・なんだか昨年と同じことになっている。

14CIMG9947.jpg
↑ 今日のアグリ

NHKの競馬中継で馬の後ろ足を注目して見ていた。
馬は走るときも歩くときも後足の膝をあまり動かさない。
ということに気がつきました。
ネットで調べると、
ネコ科の動物は後膝関節をよく動かしている。

二コが低く走る姿は
比喩的にいえば、ネコ科のチータのようだった。

アグリは姿勢を高くしたままがむしゃらに走り、
膝をあまり動かさない走り方をする。

二コの走りに惚れ惚れして、
僕は「すごい、すごい」と細い目を細めていた。
もしかしたらそんなことが伝わったのか、
ダッシュして走ることに喜びを感じていたようだった。

何が原因で関節を傷めやすくなっているのかわからない。
犬の年齢表によれば犬の7歳は人の54歳。
そろそろ定年退職の準備。
先輩としてひとこと。
静かに動いてもけっこう楽しいのだよ、二コ!








今日の花
yamagobou14.jpg
ヤマゴボウ



別々の散歩

14CIMG9974.jpg
↑ アグリ

アグリとの散歩から帰って来ると
家にいた二コは「ワンワン」不満をぶつける。
二コとの散歩から帰ってくると
アグリは「今度は私の番よ」と催促する。(^o^)(>_<)

14CIMG9965.jpg
↑二コ

二コとの散歩は短いゆっくり散歩にしています。
でもすごくうれしいみたいです。
外の空気を吸うと気が晴れるのかな。
これは人間でも同じですね。

14CIMG9967.jpg
↑ 二コ

二コだけ、アグリだけで出る方が保護者には楽ですが、
朝と夕、計4回でるのはちょっと・・、
でも仕方ないところです。
それぞれ個別に愛犬と人の会話ができる。
それもまたよし。





今日の花
himeodo.jpg
ヒメオドリコソウ



どうして蚊柱の蚊に刺されないのか?

河原は秋真っ盛り。

14CIMG9981.jpg

毎年書いているような気もするけれど、
蚊に刺されることもなくなってくる11月が好きです。

14CIMG9971.jpg

デング熱も騒がれなくなり代々木公園も開いている。

14CIMG0300.jpg

黒いところに点々と白く見えるのは、

14CIMG0299.jpg

蚊柱です。
当然避けていますけれど、蚊は刺しません。
蚊柱の蚊には口もなければ消化器も退化している種が大部分。
1日から数日の寿命で生殖のために成虫になり飛んでいるそうです。
遺伝子の突然変異でいろいろ生まれて、
今にしてこうした生態が残っているのだから
"進化”といっていいのだろう。

14CIMG9968_2014110420183919a.jpg

さっき、「蚊柱の蚊はなぜ刺さないのか」
というのをネットで調べて書いた。
「どうしてなんだろう?」と思っても
ふだんは三歩歩けば忘れちゃうけれどたまたま覚えていた。

これだけネットが便利な世の中、
答えよりも疑問の方が大切かも知れない。
理由や答えを求めるのはなぜだろう。
ひとつの答えで「知っている」よりも
「わからない」で「自分なりに考えている」ほうが強いと僕は思う。
先を読むより「面白いと思う心」が勝っていたらいいのだけれど、
・・・そうでもない自分がいる。







今日の花
kibanakosumo.jpg
キバナコスモス




「好きだよ」と言うと好きになる

14CIMG0291.jpg

「おーお、アグリが手を上にあげて可愛いんじゃないかい」
と写真を撮ったら、
二コはもっとアピールする手の使い方をしていた。

こうやって「可愛い可愛い」と書いていると、
ますます「可愛い」と思ってしまうんだよね。

はるか昔、中学生だったり高校生の頃、
「○○さん(くん)好き」
なあんて日記かなにかに書いたら
もっと好きになったことありません?

今解説すれば、90%位好意がある自分と
書いたという行為の矛盾を埋めるためにも
「そうだ。好きなんだ」という思いが200%位に
膨れあがるような気がしているんですけれど・・。
あ、違いますか。こりゃまた失礼しました。

でも、言葉の力ってすごいです。








今日の花
hatuyukisou41.jpg
ハツユキソウ


二コの近況

1441CIMG9984.jpg

二コはコニーの送ってくれた救急車として我々を救ってくれ、
速く走る姿で僕を驚かせ、喜ばせてくれた。
アグリの保護者としてしっかり役割を果たしている。

14KEN92310.jpg

朝、起床後1階に降りて行って、二コが
テーブルの上を物色していたりするとうれしくなる。
人間のガムはまずかったみたいです。
マイペースな二コで、時々張り切ってしまいます。
なかなか思ったようにいきませんが、
「ゆっくり、ゆっくり」とお願いしています。

また動物病院で見た目の診断してもらうつもりです。






今日の花
kiku14.jpg
キク


日が短くなりましたね

ようやく日の出を迎えようとしている明け方、
屋根の上にオレンジ色の円形看板、一瞬そう見えた。
満月が西方に沈んでいくとことだった。
太陽も月も上がったり沈んだりするときは
光が地球の空気層を水平方向に通過する。
そのせいか赤っぽく見える気がする。

14CIMG9983.jpg

河原から河岸段丘を上る。

14CIMG0312.jpg

あっという間に上りきる。

14CIMG0316.jpg

崖線の上の路は花で縁取られている。
日が沈む時間は短い。
一斉にワンちゃん達の散歩は始まり終わる。

今日の主演女優はアグリでした。








今日の花
tougarasi.jpg
トウガラシ



走るアグリ

14CIMG0022.jpg

心身ともに健康であるために、
人にとって(も犬にとっても)
食べることと同じ位必要なことは
身体を動かすことと睡眠だろう。
たいていの本にそう書いてある。
人が動くと書いて「働く」ですけれど、
机上で働くことより現場の方が印象深い。
出来るだけ現場に行くようにしていた。
もっといえば、
「遊んだ思い出でも自分が動いていない」
というのも僕にはあまりない。


雨が降っていない限り朝夕の散歩は欠かさない。
けれど、4歳アグリには歩くだけではもの足りないのだろう。
1日のうち1回は家の中で「やめなさい」と言われるような
メチャメチャ走りをする。

14CIMG0017.jpg

二コほどではないかも知れないけれど、
アグリだって思いっきり走りたい。

14CIMG0024.jpg

しっぽをブンブン振り回して

14CIMG0021.jpg

近づいて来ると自然に減速して

14CIMG0025.jpg

ボールを持ってきてくれる。

ボールを持って来るのは
リトリバーなのだから当たり前、
・・でもないんだなぁ〜、うちの場合。









今日の花
kouteidaria14.jpg
コウテイダリア
41koutei.jpg



鼻を突っ込むアグリ

10年余り使った空気清浄機、
我が家では2犬いるのでちょっと効きが悪い。
大きいものに新調してみた。

14CIMG0336.jpg

機器は静かです。
犬がそばでブルブルすると
ホコリセンサーで少し音がする位動く。
ときどきニオイセンサーも感知して動く。
冷蔵庫やエアコンや照明の省エネ技術など
10年も経てばだいたいのものは進歩している。
進歩しないのは・・、愚痴は言うまいぞ。
フィルターも10年もつそうだけれど、
覚えているわけがない。

14CIMG0330_201411091617009de.jpg
あんまり関心がない二コ

14CIMG0339.jpg
「なんですか〜」のアグリ

年の差でこうなのかとも思うけれど、
そうとも限らない。
ビニールのクシャクシャする音ですっ飛んでいくのは二コ。
「食べ物に関連する」と思えば労をいとわない。
事実、徒労に終わることが殆どです。



話は変わって自分のことです。

哺乳類には、進化の過程が反映して
古い脳と新しい脳があるという。
人類史の中でどう言語が生まれてきたのか。
この辺の話は尽きないのですが、
素人向けの本、とくにNHKの本が面白い。
「へえ〜」
驚いていたいです。






今日の花
14mam41.jpg
キク



「何事も無く」といのは願いでもあるけれど・・

11月の酉の日に大國魂神社の境内での酉の市を通って帰る。
酉の日、酉の市は大鷲(おおとり)神社の祭礼。

IMG_20141110_174451.jpg

縁起物の熊手が手拍子で景気をつけて売られています。

IMG_20141110_174703.jpg

IMG_141110_174723.jpg

IMG_141110_174852.jpg

まだ1ヵ月と20日余り残してますが、
今年もすっ飛んでいくんでしょうか。
「何事も無く」というのは願いでもあるのですが・・。









今日の花
bararose.jpg
カルフォルニアローズ



動物病院で

1オクターブ半高く、虫が鳴くように悲しげに
デクレッシェンドで
「フフフフフフゥ」「フフフフフフゥ」
「フフフフフフゥ」「・・・・・」。
動物病院の体重計付診察台で横になり
触診を受けている二コの声です。
先生は下向いて笑った顔を隠している。
もう一人の先生も触診をしてくれた。
すでに歩き方も見てくれている。

消炎鎮痛剤を終えて3日は経過している。
薬の効用で痛くないということはないはず。
このタイミングで「どんなもんだか」
診てもらいたかった。

関節鏡で直接見ない限り
はっきりしたことは言えないけれど、
膝関節靱帯の部分断絶の可能性は低い。
と診断してくれました。

崩れるように倒れ込んだ10月28日。
その時の状況を思い起こせば
本当に良かった。
「安静にしていたのが良かった」
先生から言ってもらえた。
「アグリちゃんだったら安静にできないかも・・」
何を聞いてもニコニコしちゃいますね。
たとえこれが「ひとまず」のことであったとしても。

14CIMG9991.jpg

二コは減量にも成功して28.5Kg。
これからもいろいろ気をつけながらの
暮らし方になります。
人生も犬生も下る時こそ気をつけなくっちゃ。
「どうしようもないこと」はあるにしてもね。
できるだけ。・・できるだけ。
あ、自分にも言っているんです。

14CIMG9992.jpg

近頃、二コとアグリをよく間違える。
二コの目のまわりの色が薄くなってきたせいか、
似てきている。
こっちの目が(も)悪くなっているだけかなぁ。








今日の花
bluesalibia14.jpg
ブルーサルビア


ラブリーアグリー

14CIMG0061.jpg

ちょっとしたブレイクであっても、
会ったときのワンちゃん達の歓迎ぶりは熱烈です。
「なんで一人にさせたのよ」
という気持ちもあるかも知れないけれど、
「喜んでくれている」としか思えない。
ま、喋らないですからね。

アグリだけ、二コだけと散歩する方が
人間との意志の交流が多いような気もしている。
ま、これも確かめようがないです。
考えて見れば、「交流」は感じることしかできない。
「感じる」ということが「交流」ということ。
言葉で交流している人間関係だって、
フィーリングの積み重ねのような気がしている。
どうなんでしょうか。



こわいけどかわいい
14CIMG0079.jpg

女の子が腰の引けたまま
「触っていいですか」
「いいよ」
「こわいけどかわいい」
アグリは「こわいけど・・」の表情を作っているのかい?


14CIMG0083.jpg
「isn' she lovely isn' she Aguri」
と心の中で。
はい、身内に甘いんです。







今日の花
sazanka41.jpg
サザンカ


10万800回

ヒマなので(だいたいいつもです)
1日に何回心臓が鼓動するか電卓を叩いた。
1分に70回として1日に70*60*24=100,800回
1年に36,792,000回
男の平均寿命80年で2,943,3360,000回
約30億回心臓は鼓動している計算だ。

この回を円に換えてみると、
1日に10万800円稼いで80年で約30億円
ということになる。

「だからどうした」
と言われても困るのですが、
30億円とはすごい金額ですな、改めて。



14CIMG0087.jpg
別メニューでの二コの短い散歩。
街区を一周すると「帰るんでしょ」と戻ります。
解ってくれているようだ。
「ありがとう」なのだ。





今日の花
karu-nagardegirls.jpg
カルーナ”ガーデンガールズ”



男役なのかも知れない

14CIMG0350.jpg

まだ少し残っているヨーグルトの容器は二コのもの。
1日に1個しかでないのでアグリはあきらめている。
たとえ2つあるものでも、二コが選んでからの残り物と
アグリは決めている。

14CIMG0351.jpg

日が当たるわずかな時間、一番の特等席は二コが選んで
アグリは残った場所で暖まっている。
お尻が落ちていても特に不満は言いません。
アグリは僕には遠慮しないのだけれどね。

14CIMG0353.jpg

後ろに見える鼻の赤い”ラブ”さん、
掃除機をかけているとき、なぜか
二コにベッドと一緒にマウンティングを
されることになっちょります。

441CIMG0350.jpg

男役なのかも知れない。
男役って人気ありますからね。
うちでも人気あるんです。







今日の花
kinsenka_20141114201645246.jpg
キンセンカ



かくれんぼより追いかけっこ

14CIMG0097.jpg

例年刈り取りはしていない対岸の河川敷に
今年は草を刈り、比較的大きい石をどけて
何やら地縄張りなのかテープで囲っている。
何か工作するようです。
いつもどおり誰もいない、アグリと歩く。

14CIMG0104_20141115172451db9.jpg

クンクン立ち止まり10mくらい離れてから
小走りで追いつくパターン。

昔々、コニーにも同じようなパターン
の散歩をしたことがある。
僕はうまいこと物陰に隠れたんです。
その時のコニーは方向も定まらないまま
パニックになって走っていました。
笑っている場合じゃないのでした。
その時、反省も込めて
冗談のようなフェイントのようなことを
してはいけないんだな、と思いました。

真摯に付き合い心で触れあう。
なかなか人と人では出来ないけれど、
犬は人のいいところを
引き出してくれるような気がします。







今日の花
teko.jpg
コウテイダリア
kote.jpg



違いも同じ?

14CIMG0089.jpg

くっついたり離れたり寝るときの
二コアグはいろいろです。

14CIMG0090.jpg

アグリが二コにくっつくことがあるけれど、
二コがアグリを触りながら寝るということは
殆どない。
先輩後輩の関係はきちんと保たれている。
後輩が先輩を慕っているように見えるけれど、
実は先輩が後輩を愛おしく思っているからなのかな。

2犬いるので、
性格も行動も違っていて
影響を受けるところと
そうでもないところがあるのが面白い。

14CIMG0032.jpg

ふとんの中が好きな二コと、
ふとんの上に行くと
大きく鼻から息を出しながら
「フグー」
一発小さな汽笛のような合図をだし
寝始めるアグリ。

「さあ、寝ようかな−」というとき
二コもアグリも深い呼吸をするところは同じ。

内で見れば「違い」にみえても
外から見れば「同じ」にみえるのかも知れない。

同じラブだしイエローだし大きさは同じだし・・。





今日の花
sutokkukissme.jpg
ストック


いろいろあるのがいいみたい

14CIMG0107.jpg

この季節になると落ち葉がでます。
アスファルトの道路と塀で囲まれた市街地では
落ち葉をゴミと思っている人も多い。
土の地面がたくさんあれば土に帰っていく。

右岸の堤防の上にはわずかに土が残っている。
アスファルト舗装は便利ですけれど
芝生の上を歩くのが好き。

susuki14.jpg

「人は一度手にした利便性を手離なさない」
どっかで聞いたことがある。
今どきことさらに「利便性」を強調することはないけれど、
それだけが進歩でもないだろう。

「地球上の生物には親がいる」という。
それをたどれば一個の生命になるのだろうか。
生命とは不可思議なものです。
「親と子は似ていても同じではない」という。
何十億年という時間の中で突然変異も含めて、
単細胞から人間まで進化したとすりゃ、
こりゃあ、自分も大事にしなきゃならんね。

支離滅裂ですけれど、今日の雑念でした。




今日の花
habotan14.jpg
ハボタン



しっぽでわかる

ちょっと途中まで

14KEN92342.jpg

一緒に散歩。
犬はうれしいとかたのしいとか言いません。
14KEN92343.jpg

しっぽをぶんぶんする4本足の動物って
他に知りません。
自然界で生き延びるにはあまり必要性はないと思います。
顔の表情でわからなくても、しっぽでわかる。
人間に知らせてくれるためにあるんでしょうか。
もしそうだとするなら、
人と犬が一緒に暮らしてきた長い歴史が
あるからだと思えてきます。
4本足の動物にはたいていしっぽはあるけれど、
気持ちが外にでるわんちゃんのしっぽは
人間と一緒に暮らすためにあるように思えてならない。

二コは神社まで、アグリはいつもの河川敷まで。
先に家に帰っている二コ、
ワンとは吠えるけれどそれだけです。







今日の花
koutei14.jpg
コウテイダリア


夢付シャックリ睡眠

CIMG0383.jpg

自分から"寝袋”に入ってくれるアグリ。

14KEN92339.jpg

保守的な二コは寒がりなのに入ろうとはしない。

14CIMG0385.jpg

ところで、犬は睡眠中に夢をみているときに
手足を動かしながらヒクヒク音をたてながら
呼吸をしていることがあります。

あのヒックヒックしているのは
シャックリという説があります。
横隔膜のけいれんで
急激な吸気と声門が閉じる音で、ヒックヒックする。
呼気の時にはシャックリは止まっている。
「大丈夫だよ」身体をさすると、
だいたい夢付シャックリ睡眠は小休止する。

夢の中で走っているんだろうか。
手も足も動いている。
一体どこで走っているんだい?









今日の花
p-jurian.jpg
プリムラジュリアン



二コにはナイショだよ。

14CIMG065.jpg

「おとしゃんが投げるなら持って来るわよ」
アグリはボール遊びに付き合うという感じです。
二コには運動不足もいけないけれど、
関節に負担がかかってはもっといけない。
むずかしいところですが、一緒に暮らしている
アグリはどうしても運動不足になりがちです。

141KEN92360.jpg

たまには体育の時間も作ってあげなくっちゃ。
二コにはナイショだよ。







今日の花
panji-.jpg
パンジー


2014年紅葉狩り

14CIMG0402.jpg

家の中限定ですがアグリほど、
じーっとアイコンタクトをする犬はめずらしい。
人間の目の奥まで覗いている。
手前味噌もいいところですけれど、
そう思ってしまう。

14CIMG0410.jpg

ヤマボウシの紅葉は終わりかけ、
メグスリノキはまだこれから。
天気がいいだけで、
特に何処に行かなくてもいいや。









今日の花
saineria_20141121201625a1c.jpg
サイネリア



シャンプーの前後

「二コしゃん!」

th_KEN92375.jpg

「なぁんだ、アグリじゃないの」
「あんた、二回目の散歩? ずるいんだわ」

th_KEN92378.jpg

「なんだか、いやなムードなんだわ」

th_KEN92379.jpg

「そんなにいいことなら、おとしゃんもおかしゃんも
 やってみたらわかるんだわよー」
「へんな臭いなんだわ」

th_KEN92393.jpg

「こっちのほうが何倍もいい臭いなんだわ」
「鼻がひん曲がるなんて、「えー」驚いちゃうんだわ」
「これさえ終われば、あとはいいのよ」

th_KEN92396.jpg

「アグリのお尻絞りが終わるまでお風呂で待つの」

14CIMG0420.jpg

「アグリのタオルドライが終わればガムタイム」
「入るまではめんどーだけど、出たあとは気持ちいいの」
「人間も同じだっておとしゃんが言ってたんだわ」








今日の花
umoukeitou.jpg
ウモウケイトウ



ラブはいやし犬

th_KEN92433.jpg

「アグリちゃんだったの、
 痩せていたから分からなかった」

我が子のことながらちょっとばかりうれしい。
もっとも、ラブはダイエットする気なんて
さらさらないんです。
おやつを目の前にして顔をそむけたら、
悲しくて仕方ない位の一大事の時だろう。
ラブはいやし犬。








今日の花
susuki141.jpg
ススキ


動く

th_KEN92404.jpg

はじっこから首だけをちょこんと出して
覗いている。
二コが好んでやっている姿勢。
コニーもよくこんなふうにしていました。

th_KEN92405.jpg

何か動いているものがあれば
目を開けていられる。
なーんにも動いていなければ、
動いていてもつまんなければ寝てしまう。
自分が動けば見るものは動く。
その気になれば、
犬の睡眠時間と同じだけ人も寝ることはできる。
でも起きた時「つまんない」と思ってしまう。

「浮き世のバカは起きて働く」とはいうけれど、
長い人類の歴史で狩猟採集にしても農耕牧畜にしても
人はアクティブ、動いて来たことも関係するのかなぁ。
どうもそういうふうに人の脳も身体も出来ているらしい。

無駄でも動くこと自体に意味はある。
な〜んちゃって、どうなんだろう。
計画してもやってみなくちゃ分からない
ことだらけのような気がしている。
答えもたくさんあると思っている。
結果がすべてではないと思っている。






今日の花
p-marakoides.jpg
プリムラマラコイデス



散歩は頭の体操

二コの散歩は距離的には短くしている。
その代わり自由時間は確保している。
どうして臭覚を効かせるのが楽しみなんだろう。
他のワンちゃんのお手紙だけでなく、
花の香りも、根元の匂いも、
葉っぱも何でもかんでも嗅ぎまくる。
同じ道を帰ると再度嗅ぐことは少ない。

人間の視覚と同じ位に
犬の嗅覚は大切なものかも知れない。
フルに嗅覚を働かせている時は
鼻息がかなり聞こえます。
真剣なことがわかります。
記憶としてもきっちり整理されているんじゃなかろうか。
散歩は頭の体操でもあると思う。
犬にとっても人にとっても。

14CIMG0146_2014112519330639d.jpg

キッチン付近にいる二コ。
毎日見る光景です。
ものすごく当たり前なので、
その光景を写真にしていないことがある。

今日も訪問ありがとうございます。
記録と記念は一致するわけでもない。







今日の花
spraymam.jpg
スプレーマム


ラブソファ

14CIMG0111.jpg

このソファ今ではすっかりラブドッグソファになっています。
しかし、コニーが上に乗ることを禁じていた時があります。
彼もそれが分かっていた。
人間が来るとソファから降りて
「僕、乗っていませんよ」
とさかんにアピールしていました。
でもね、ソファの上にしこたま毛が残っているのでした。
犬のつく嘘のなんとかわいいこと!
禁止令はどこかへすっ飛んで行った。

ラブソファの始まりは

14201411261.jpg

1997年、17年半前です。

201411267.jpg


以来ラブソファ

14CIMG0112.jpg

17年は長いけれど、重ねてみれば

14CIMG013211.jpg

みんないい子です。







今日の花
margret.jpg
マーガレット



習慣

th_KEN92419.jpg

二コもアグリもリードをつけて人を先導するタイプ。
任せておけばだいたいこの神社は通過する。

th_KEN92423.jpg

人間だって何にも考えずに歩けば決まったコースになりがち。
振り返ってみれば、朝起床してから夜就寝するまで
自動的とまでは言わないまでもだいたいは習慣で動いている。
いちいち考えていたら疲れちゃいます。

th_KEN92429.jpg

とはいっても、
このブログが自動的に書けるわけでもないっすけれどね。

人の脳には進化の過程で古い脳と新しい脳があると言われる。
将棋のプロは古い脳を使い自動的ともいえる”読み”が出来る。
将棋プロの脳の血流を調べてそういうことが言えそうだ、
ということを本で知った。で、
息をしたり歩いたりすることは殆ど意識しないように、
生活のベースっていうものは、オートマチックなものに
いわば無意識なものに支えられている。
そうじゃなければ考えたり、意識することも
出来ないと思う。

今日も訪問ありがとうございます。
犬と暮らすと人は習慣の部分が増えますね。





今日の花
gardensikura.jpg
ガーデンシクラメン



それがいい

14KEN92367.jpg

二コには1犬だけで2年余りを
暮らした経験がある。
アグリだけで長く過ごしたことは殆どない。

アグリだけを連れて秩父を回ったことがある。
僕がトイレに行く時、アグリを少し離れたベンチに繋いだ。
トイレからでてきたらアグリがベンチを連れてトイレの前で待っていた。
それからは分離不安症じゃないか、と思えるくらい
ひっつき虫でした。

もし人間の子だったら
親が不安になるくらいのあまちゃん。
けれど、いいんです、愛犬は。

実は犬は冷静であって、
そう思うのは人間のひとりがよりかも知れない。
対象が人間だったら好きになればなるほど
大変だっていう面があるでしょ。
愛犬にはそれがないっていうことがある。
好きになってそれが一種の安らぎになっている。
それがいいんじゃないかな、愛犬は。






今日の花
poinsetua.jpg
ポインセチュア



見る前に跳べ

月曜日にもうひと雨降ったら冬になる
と予報されています。
秋から冬への季節の変わり目の雨ってあまり印象がないのだけれど、
今年は雨の日が多い。

14KEN92442.jpg

去年の今頃も二コとアグリは別々散歩だった。
写真だと呼べば答えてくれるアグリに見えますけれど、
それなりにチャンスを待って撮っています。

14KEN92458.jpg

二コはアグリの次に散歩する。
雨上がりの4時半。

冬が好きって言う人は少ないと思いますけれど、
犬は冬が好きというイメージです。
そいつは唄のせいじゃないかな。
実際、部屋の中でぬくぬくしている所を見ると
暑さ寒さよりも、
外に出て刺激を得たいという
勢いみたいなもののほうが勝っている。
いったん出てしまうとアウトドア派の血が騒ぐ。
ということかな。
犬達は命令されなくても
見る前に跳ぶのでした。





今日の花
rantana14.jpg
ランタナ



家で5コ目の「作るカグ」

41CIMG0168.jpg

休みの日、予報では今日一日晴れとなっていた。
↑ ヤマボウシの紅葉、そろそろ終わりに近づいています。

41CIMG0443.jpg

手抜きして、カットして買った板を塗っています。

41CIMG0449.jpg

一日曇りの天気で、ちょっと目論見はハズレ。
お見せるのも恥ずかしいようなカグです。
ヒマなときに組み立てようっと。
ま、いつもヒマなんですけれどね。
でもヒマっていいっすね。

41CIMG0172.jpg

メグスリノキの紅葉はこれからです。









今日の花
enzeltrunpet.jpg
エンジェルトランペット



プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター