2つの金メダル

人に守られて幼くなったと言われる犬。
捕まえられそうにない鳥を追いかけたり、オモチャで遊んだり、・・
野性味が抑えられ容姿もあどけなく、
「人と暮らして「犬」になった」といってもいい。

14CIMG9671.jpg

親バカで えこひいき 、アホになって言える。
犬と暮らすどこの家でも「世界で一番」がいる。
うちの場合、1/100秒まで同タイムの2つの金メダルということになります。

かわいい













今日の花
14CIMG7006.jpg
シバザクラ



昼間もゆっくり休みたい

明るいところではオオカミの視力は人の1/10くらい。
動く物には敏感に反応することで狩をしているが効率が悪い。
もともと夜行性といわれているけれど、実際は半夜行性。
朝方と夕方に活動のピークを合わせて狩をしてきた。
犬も野生時代のオオカミの名残があるらしく、昼間は良く寝ていますね。
夕方になると散歩をせがむ愛犬は健康なんでしょうね。

CIMG6993.jpg

恐竜がかっぽしていた頃に発生した哺乳類は
怖がって暮らしてきたせいか夜行性から進化してきている。
明るいところでよく見える目をもつ人類は進化のたまもの。

2月の土日は雪が続いて、今回の土曜日曜は雨が続いて、
家にいることが多い。

しばらく「今日の花」は休止します。


鼻で夢中になって読む手紙

犬目線で見る「散歩中に気になるもの」

14CIMG6944.jpg

例えば、鳥、ほかの犬、落ちている食べ物、仲間の匂い、飼い主。
気になる匂いやものを見つけると、嗅ぐのは犬の本能。
匂いをかいで好奇心が満たされるとき、
匂いとか場所の記憶もつくられるのかな。
鼻息を荒くして時にはもの凄く執着する。
匂いに関しては人間以上に頭脳をフル回転させているのがわかる。

14CIMG6998.jpg

アグリが二コの後追いをしているケースが多いけれど、
二コとアグリの好みはだいたい一致している。

14CIMG7003.jpg

今日も来てくれてありがとうございます。
早く暖かくなって花の写真が撮れるようになるのが希望です。



鼻を舐めるのはなぜ? 口元で読む犬の表情

鼻を舐めるのはなぜ?
犬に限らずいつも鼻が湿っている動物は多い。
これは風向きをとらえて匂いの方向を確認して、
匂いを吸着させるためだと云われています。
つまり脳の中で自分の唾液の匂いを差し引くことができるっていうことかな。
やっぱり犬の嗅覚はそれを認識する脳も含めてすごいと思う。

14CIMG7101.jpg

写真を撮っている時は気がつかないけれど、
写真を見返してみるとアグリがペロペロしていることが多い。

口元で読む犬の表情
人は「目の微妙な動き」を始めとした顔のちょっとした動きで、
感情まで伝わってしまうことがある。(そうでないこともある。)
表情筋といわれる顔の筋肉が発達しているので細かい感情が表情にでるのかな。
犬はこの表情筋が人ほどには発達していないらしい。
ただ、口元はものを噛むための咬筋が発達している。そのため
犬は口回りの表情が豊かに出る、と云われている。その表情は、

14CIMG7100.jpg

人と同じで口元が緩んでいるときは、
「緊張の逆」つまりリラックスしていると見ていいのでしょう。
「二コ、アグリ、こっちを見て」と呼んだ僕と奥さんに
二コは笑顔で答えてくれた。
そうとしか、僕には見えません。

14CIMG7094.jpg

寒い日に比べれば暖かく、暖かい日に比べれば寒い
それでも春の柔らかい日差しがありがたい、そんな1日でした。
随分と久しぶりに航空公園に行って見ました。




目と目で通じ合えたら

144CIMG7107.jpg

日本で一番先に飛行場ができた場所にある公園。所沢航空記念公園。
昔、航空自衛隊に所属していた輸送機の前で記念撮影。

14CIMG7104.jpg

二コはニコニコ、アグリはペロリと鼻を舐めつつ立ち上がり、
昨日のブログの内容を一枚の写真にまとめたようになっています。

14CIMG7105.jpg

「ま〜て」でどれくらい待つのかは、
愛犬次第、特にアグリの動きで決まります。

目を見開いて、笑顔のように口を開く。
コニーもそういう表情を見せてくれましたけれど、
ニコニコ、二代目はその名の通り二コが継いでくれています。
心の内面が表情に出ているとしたら、とてもうれしい。




14CIMG7109.jpg

「フェンスがちゃちいぞぉ!」


アグリの腹見せ興業

「犬が仰向けになっているのは争いを避けたいから」
と犬の本には解説されている。
「敵意はないよ。仲良くしよう」
「私が劣位です。どうかご勘弁を!」
「降参! 遊びは終わりにしよう」
というような翻訳がなされている。本当にそうだろうか?
アグリの場合、疑問が残る。

14CIMG7076.jpg

「ちょっとぉ、お腹みせてあげているんだからね、レディーなのよ」
「礼儀正しく、匂いを確かめなさいよぉ、わかっているの!」
そんな感じだろうか。いつでも下から飛び上がる準備はできている。
腹見せ興業っていうところでしょうか。
「アグリのサービス」のように見えてしょうがない。

14CIMG7083.jpg

犬の心理もわからないけれど、(もちろん人も)
犬としても、この体勢で上から吠えるわけにはいかないのだろう。
そうであれば、アグリに主導権があるのかも知れない。

14CIMG7085.jpg

アグリは場外にいる二コが気になって仕方ない。
そそくさと退散したのでしたけれど、
「営業活動」よりも、「早く出たかった」ようだった。




ありがとうね

この間の雪で枝折れしたクスノキを食む二コとアグリ。

14CIMG7179.jpg

に見えますけれど、フルーチェちゃんとアグリです。
似ているとそれだけで「同じクラスの子だ」といった具合に
身内のような意識が生まれてしまいます。

14CIMG7165.jpg

アグリは人にも犬にも「腹見せ興業」をします。
フルちゃんは僕を覚えていてくれたのか、お腹を見せてくれた。

14CIMG7148.jpg

アグリには走ってもらいたかった。ありがとうね。

14CIMG7169.jpg

フルちゃんと二コ、特に横顔がよく似ています。
二コは走らないように、うちの奥さんがリードをキープ。
それじゃかわいそうと二コを連れてちょっと歩くと、

14CIMG7173.jpg

自分の楽しみよりも二コのことが気になるようだ。
アグリの行動はわかりやすい。

みんなありがとうね。


今日も来てくれてありがとうございます。
6ヵ月後を「残暑」というなら、今はさしずめ「残寒」でしょうか。
お身体をいたわって下さい。


ニッコニコの二コ

「笑うからうれしい」なのか「うれしいから笑う」なのか。
♪「泣くのは嫌だ笑っちゃえ、進め〜ひょっこりひょうたん島・・」
という歌詞がありました。この場合は「笑うからうれしい」の方かな。


最近の愛犬と車で出かけた2つのことからの雑感。

14444CIMG7100.jpg

車で行った先がこの数ヶ月のように病院でなく、
以前のように散歩できるところだった。
二コはうれしいから笑う。
そうは言っても、「多少なりとも自分の気持ちを込めているかな」
と思うところもあった。

14CIMG7190.jpg

二コは目を見開いて口角筋を使って笑っている。

14CIMG7187.jpg

最近思いつく、たった2つの例ですけれど、
「雨の日は天気が悪い」くらいの確率で
「二コはうれしいから笑う」といっていい、と思っています。
僕には、腹から笑って見える。
これから何度でも見たいニッコニコの二コです。











今日の花
pannji-43.jpg
パンジー





腹を割った仲

14CIMG9703.jpg

犬どおし

14CIMG9707.jpg

人には入り込めない

14CIMG9692.jpg

何かがある

14CIMG9711.jpg

お題は「腹を割った仲」でした。

14CIMG9701.jpg

フンガァ〜〜













今日の花
no-su32.jpg
ノースポール


隙間がない

空気は真冬。光は春。
土手を歩く人が増えてきています。
土の感触と川の空気があるから避ける時はたいてい川側になる。

14CIMG7238.jpg

「降りたい」願望をわかりつつ抑える。
「抑えなければいけない」ことを二コとアグリもわかっているようだ。(少しは)

143CIMG7234.jpg

2犬の間に隙間はない。











今日の花
noborogiku144.jpg
ノボロギク




3月11日 原発事故に思う

14CIMG7257.jpg

3月11日。

14CIMG7254.jpg



現実から出発しないという立場も場合によってはあるだろう。
けれども、それはしばしば多くの「べき論」のように、
「ごもっとも」ということで終わってしまいがちだ。

〜原発の安全性を誰が担うのか〜

素人と玄人。お客様と供給者。コンシューマーとサプライヤー、それに監督官庁に分け、
この図式の上に仕組みを構築してきている。
これからも、この図式上の仕組みをどう強化するか、
この点ばかりが議論されているように、僕には思える。

これは監督する行政一般のやり方である。
法治行政であり、根拠になる法律→基準、手続きを持って「公平」に進める。
法律は国会で、議員は選挙によって成り立つルールによっている。

新聞やテレビを見ている限りでは、電力会社以外の一般人、「お上」たる官庁、
メディア関連の人たちが東電に腹を立てて、それに終始している感は否めない。
その通りである。けれど、この図式のままでより安全な方向に向かうのであろうか。
いささか疑問である。

おそらく、原発のことをよく知っているのは、学者でもなければ役人でもなく、
現場で働く人たちだったんだろうと思う。
以前あった「保安院」は経済産業省の普通の役所であって、
メディアの対象であったときの印象は薄い。
よく知っている人がそうでない人から指示を受け、結果責任も負う。
役所と電力会社の関係はそんな風になっているように思えた。

現場で「こうした方が安全は高まる」と考えても、
「それまで安全と言って来たことがウソなのか」と言われ、
相当なコストも要するだろうから「詰んでしまう」という面がなかったか。
論理的整合は大切だけれども、論理は全てを網羅できない。
かならずその外側がある。

「お上」として「あーしろ」「こーしろ」というものも必要であるけれど、
また、専門家の見識も大切だけれど、
電力会社に基準を示すだけで安全が確保できるだろうか。

実際にはお話にもならない程度の「安全」に神話まで付いていた。
役所はプロの電力会社のノウハウはない。
「教えろ」といいながら監督してきてもどうなんだろう。
電力会社だってメーカーのノウハウなしでは出来ない、と想像してしまう。
もの申すだけじゃダメなんじゃないか。そういう部分も残しながら、
電力会社がダメになったとき、役所の中に直接サポートできる専門的な部署がある。
安全対策のノウハウがあって、ただ電力会社とは立場が違うという部署。
そんな具体的な仕組みが必要じゃないだろうか。
コストがかかっても必要じゃないだろうか。

もっとも原発を全て廃止できれば大したもんだと思うけれど、
現実はどうなんだろう。
起きてしまった「現実」から望ましい姿になるまで40〜50年はかかる。
観念的な安全から現実的な安全性を増すこと。
完璧な安全神話よりしたたかな安全の確保が必要なのではないか。
廃炉を目指している福島第一原発、作業に40年。
その間に再び大津波が来ないことを祈りつつ。












今日の花
kiku140310.jpg
ウメ



びん沼公園

14CIMG7264.jpg

定年退職後は嘱託として勤務しているので、
平日のお休みがある。ありがたいことです。
過日、びん沼公園へ初めて行ってみた。

14CIMG7260.jpg

初めてのところは犬にはたいへん刺激になるようで、
ふたり並んだツーショットは難しい。

この辺りは荒川に繋がっているような繋がっていないような、
川のような形の沼だったり、判然としない。
埼玉県といえば内陸というイメージですけれど、
この公園のあるところは標高で10mもない低地のようです。
近くの縄文住居の跡地には貝塚があることから、その頃は海岸があったようです。

14CIMG7265.jpg

アグリは降りるときもグイグイひっぱるので、

14CIMG9788.jpg

足腰を踏ん張りますし、リードを持つ手にも力が入ります。

14CIMG7268.jpg

30分くらいで引き上げます。












今日の花
hotokenoza14.jpg
ホトケノザ



できるだけ滑らない床

二コの足の為には家をどうしたら効果的でしょうか?
「ワンちゃんの関節じん帯のためには、段差よりも滑らないことが大切」
病院での回答でした。
人間のバリアフリー対策では段差の解消がメインですが、
犬の場合、確かにそう思うところがあります。
犬が足を滑らせている瞬間を観察すると、
滑っているとき関節を固定させている。
その時、固定させるためにじん帯にかなり負担がかかっている。
犬になり代われるわけでないけれど、そう見える。
外でボールを追いかけてブレーキ、砂煙を上げて止まる時も負担が大きそうだ。
「片方の膝関節じん帯を傷めた犬の30%位はもう片方も傷める。」
病院での説明です。
実際にそうなっている子の例も知っている。
走るのが大好きだった二コだけにかわいそうだけれど、
出来るだけの注意はしておく必要がありそうです。
それでも結果は予測できない。

14CIMG7247.jpg

わが家のタイルカーペット、増殖中です。












今日の花
hanakannzasi14.jpg
ハナカンザシ



暗黙の了解

例えばポールが立っている場合。
別々の方向に行ってしまえば、リードを束ねている人間はポールにぶつかる。
「おとしゃんが困るから」とわかっているかのように、
どちらか一つの方向に向かう。
当たり前のように思っていたけれど、そんなに当たり前じゃぁないかも知れない。

14CIMG7281.jpg

(二コの背中の尻尾よりのところ、毛を剃ったのがわかりづらくなりました。)

例えばどっちかが大小をするとき、
もう片方の二コかアグリはそばで控えるように待っています。
「お互い様」とわかっているかのように、
人間が処理を終えて合図を出すまではそうしています。
当たり前のように思っていたけれど、そんなに当たり前じゃぁないかも知れない。

CIMG7284.jpg

今日も「二コとアグリ」に来てくれてありがとうございます。
人でも言葉がなくても通じ合うことはありますよね。











今日の花
14CIMG7279.jpg
ナノハナ




今日の笑顔

人に見てもらうなら笑顔の方がいいと思っています。

14CIMG7292.jpg

けれど、いつも笑っているわけではありません。
このところ車で何処かへ行って散歩すると
二コのニコニコが見られる傾向があったので、

14CIMG7309.jpg

秋ヶ瀬公園で散歩。

14CIMG9796.jpg

しばらく見ないうちにゾウさんはピンク色になっていた。

14CIMG9793.jpg

今日の笑顔一番。
ちょいと連れ出してきた甲斐があるっていうもんだねぇ。













今日の花
himeodori.jpg
ヒメオドリコソウ





We Love Dogs ! に

14CIMG7372.jpg

やっと来た春らしいお天気。
2ヵ月ぶりに再開の We LoveDogs に

14CIMG7356.jpg

喜んでくれる人と、おいしい食事
引き寄せられます、人も犬も。

14CIMG7366.jpg

「二コ!、うれしいね」
14CIMG7388.jpg


















今日の花
jinchouge.jpg
ジンチョウゲ


年下の男の子

「アクア君は男の子なんだわぁ」

14CIMG7380.jpg

「しかも年下なんだわぁ」     

14CIMG7381.jpg

「どうしたもんでしょう? 迷うんだわぁー」 

14CIMG7382.jpg

* 結局ここまでで、腹見せ興業までは進展しませんでした。
アグリもいろいろ考えているみたいです。












今日の花
christmasrose.jpg
クリスマスローズ





笑顔に乾杯

関東地方には春一番が吹き荒れました。

14CIMG7409.jpg

(アグリの耳は風に泳いでいるけれど二コの耳は寝ている、なんでだろ。)
柳瀬川の、家からすれば上流にある金山公園に行った。
昨年だったら歩いて行ってましたけれど、車で出かけた。

144CIMG7417.jpg

14CIMG7426.jpg


畑の乾いた土が風の矢印を示すようにぐるぐる舞い、口の中はジャリジャリ。
スギ花粉症で鼻はムズムズ、目はかいい。
でも、

14CIMG7429.jpg

よろこんでくれますから・・・。
この顔を見ていると僕はとても幸せな気持ちになれます。






14CIMG7420.jpg

今日も「二コとアグリ」に来てくれてありがとうございます。
毎年のことですけれど、3月の中旬からは
こんな日と寒い日とが続いて下旬にソメイヨシノの開花を迎える。
サクラだけでなくいろいろな生き物の時計が動き出す。
「春眠暁を覚えず」とはいうものの、
起きたら「まぶしいな」と刺激を受けるのがリズムに乗るコツだそうです。










今日の花
14CIMG7411.jpg
オオイヌノフグリ



お薦めします

14CIMG9822.jpg

自分には、どうもこんな習慣があるようだ。

14CIMG9833.jpg

2頭の犬と暮らしているせいか、

14CIMG9838.jpg

片方の犬だけを見ることがない。
たいていは2犬で一緒という具合で見ている。
写真も圧倒的にペアで撮っている。
二コが入院したり退院後の養生期間こそ別々でしたけれど、
僕にはそれは臨時的なことだった。

ある犬と暮らす人は
「2頭いると特に友達を捜さなくてもいいから、いいですね。」

アグリはもうすぐ4歳になるけれど、
その殆どが二コと一緒です。
多頭飼いは犬にもいいと思います。
事情が許すならお薦めします。













今日の花
roubai14.jpg
ロウバイ
お隣のロウバイですけれど一月から、
今年は長く咲いています。



この雨を境に一気に春本番

14CIMG7392.jpg

もうすぐこの土手はピンク色に染まる。
ピンク色のウエアーを着て、
右に左に交互に動かす尻尾で「もうすぐですよー」と練り歩く。

週末から天気は一気に春の様相です。













今日の花
tubaki14.jpg
ツバキ



The Time They Are A-Changin'

野生動物はすぐにおとなにならなくてはいけない。
遺伝上のことか環境上のことかわかりませんけれど、
人と暮らすようになった犬は幼い。
(人と暮らせなくなった犬はとても悲しい。)
いつまでもいたずらはするし、(これは逆に「野生の証明」ですね)
オモチャで遊ぶ。
捕まえられないとわかっても飛びたってくれるだけでとおもしろいと思うのか、
以前は二コもアグリも鳥を追いかけまわしていました。

14CIMG7432.jpg

明日のことについてわかっていることが2つある。
1つは明日のことは予測できないこと。
もう1つは「明日は今日とは違っている」こと。


どこに書いてあったか、思い出せないけれど
ドラッカーさんの著書にそのようなことが書いてあったような気がしています。
特に幼いと思っているアグリでしたけれど、もう鳩を追いかけることはない。
「おっとなーだね」
行きつ戻りつ徐々に変わる。
今朝のアグリを見てボブ・ディランの「時代は変わる」を思い出した。












今日の花
14CIMG7436.jpg
ソメイヨシノ


ただいま〜

二コとアグリが急に窓の向こうを見られるオットマンの上に乗りました。

14321CIMG7305.jpg

ここでクイズです。
2犬は何を見たのでしょうか?
①猫  ②お母さんが乗っている車 ③他の犬

143321CIMG7306.jpg

以前、キャスターの付いた不安定なオットマンの上に二コは乗らなかった。
アグリが二コに影響を与えることもある。
答えは②。
犬が帰るにしても、人が帰るにしても、
ドッグファミリーの「ただいま〜」は熱烈だ。












今日の花
okamesakur.jpg
オカメザクラ



すでに始まっている桜の春

14CIMG7516.jpg

今朝の神社、オカメサクラの下で。

「二コちゃんの足よくなったの、よかったわね。どっちが二コちゃん?」
と声をかけてくださる方がいます。
「ご心配をおかけしました。30分位歩くだけならいいそうです」

14CIMG7451.jpg

手術の為に毛を剃って皮膚の赤っぽさが見えていたところも毛が生えて、
殆どわからなくなるまで元に戻ってきている。
「足の回復と同じだね」と思ったら楽観的すぎるだろう。

「ある」ことは当たり前のように思っていて、
「ない」ことには気付かない。
「部分的にでも今ある」ことがなかったらどうなのだろう。
順調でなかったこと、というのは想像し難い。

花が咲き始めた今年の春は待ちわびた春でもあった。












今日の花
hiasinsu_20140323174252051.jpg
ヒアシンス



4歳

アグリは4歳になりました。

14CIMG9873.jpg

メッセージもデコレーションもあってケーキはいいです。
こう見えて甘くないんです。

143CIMG9897.jpg

二コも一緒にお祝いに参加する。
二コの顔を拡大します。

14322CIMG9897.jpg

目線は2つのケーキにいっている。
二兎を追ってもゲットできるのは一つだけ。
「悩まなくってもいいんだよ。」

14CIMG7456.jpg

主役はアグリ

14CIMG9889.jpg

アグリ! 4歳おめでとう!












今日の花
otometubaki.jpg
オトメツバキ



愛しているよー

「二コ!」と呼べばニコニコしている?ってなことはない。
だいたいは ↓ なもんです。

14CIMG7277.jpg

ま、いろいろ含めて

1414IMG_1762.jpg

愛してるよー。












今日の花
himarayayukinosita_20140325203242679.jpg
ヒマラヤユキノシタ



下町散策

昨日、上野から浅草を経て両国まで歩いた。

14CIMG7537.jpg
上野駅。
去年「あまちゃん」のロケシーンがあったなぁ、そんなことを思い出した。

14CIMG7543.jpg

浅草通りを歩いて行くと、合羽橋商店街がある。
テレビで知ってましたけれど、来たのは初めて。

14CIMG7552.jpg


14CIMG7551.jpg

ここまでで約5000歩。
この日には東京の桜の開花宣言がなされたようでした。


それはそれとして、

14CIMG7319.jpg

二コとアグリ。












今日の花
yukiyanagi.jpg
ユキヤナギ



下町散策2

浅草で集合し、両国方面に歩いて行きます。

14CIMG7563.jpg

江戸通り沿いには玩具会社が多くあります。

torigoejinja.jpg

鳥越神社の狛犬さん。

14CIMG7593.jpg

吉良邸の跡地に塀の雰囲気だけを残した小さな公園。

14CIMG7590.jpg

回向院にある動物供養の納骨堂。

14CIMG7601.jpg

両国駅にある大衆酒場。
ここでお開きとなります。

88歳の大先輩の話を伺いました。
なんと、最後の兵隊だったそうです。
昨年だか一昨年の青梅マラソンの何かに参加したという話も聞きました。
今も月に一度は何かのイベントに参加しているそうです。
すごい人はたくさんいるけれど、すごいですね。



それはそれとして、

14CIMG7353.jpg

二コとアグリです。












今日の花
kanenonaru.jpg
カネノナルキ


女同士

映画「スターウォーズ」で
レイア姫はルークを無意識に兄のように感じるシーンがあった。
(ような気がしている。僕は思い込みの王者なので・・・。)
脳内無意識で血縁者に対して反応している部分あるそうです。
映画のことは実際にありうることらしい。

14CIMG7658.jpg

二コはアグリの大叔母にあたる。
人間で意識に登らないようなことは犬にも無意識にあるかも知れない。
二コとアグリは他人(犬)ではないことをどこかでわかっているかも知れない。
もし、血のつながりのない他人(犬)どおしだったら、
あるいは異性の組み合わせ、女の子同士じゃなかったら、つまり今と違っていたら
犬どおしの接し方は「違うんだろうなぁ」、でも「今のままがいい」と思う。

14CIMG7657.jpg

今日も来てくれてありがとうございます。
女の人同士ってどうしてあんなにお喋りが続くんだろう。
実はうちの二コとアグリも・・・??












今日の花
kanhizakura.jpg
カンヒザクラ


春爛漫

3月の始め頃は「今日の花」がなくて苦労してました。
暖房がいらなくなると、一気に花の春を迎えます。
僅かでも日の暖かさを求めて

14CIMG93.jpg

↑ のようになっていたのを忘れてしまいます。

14CIMG7639.jpg

まぶしい光には目を細めて

14CIMG7625.jpg

春爛漫。

14CIMG7644.jpg

犬は7回目と4回目の春をよろこんでいます。












今日の花
14CIMG7628.jpg
コブシ


記念の一コマ

昨日と同じ写真の拡大です。

CIMG147644.jpg

アグリは二コより一歩下がったところでお座りをしています。
まあ、たまたまです。
よくみると、二コの後足を踏んづけています。
二コはそういうことを許すというよりもよろこんでいる。
アグリはたいていのことでは二コに遠慮しつつも、
対等な友達のように接することも多い。 僕は、
うちのことしかわからない親バカですけれど、いい関係だと思ってます。
たまたま撮った写真、なんとなくもそんなことが出ているような・・、
わがドッグファミリー 記念の一コマです。


14CIMG7650.jpg

園内の雑木林と野火止用水が、ここが”武蔵野”であることをアピールしてます。

CIMG147647.jpg

来週の月曜(4/6)が小学校の、火曜(4/7)が中学校の入学式のところが多いそうです。
その時まで、桜には散らずにがんばってもらいたいものです。

14CIMG7701.jpg

近所の中学校の校門前で。












今日の花
puramu.jpg
プラム


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター