ハンナちゃんのお庭で遊ぶ

お菓子な茶店ちゃいぶさん
ハンナちゃんのお庭でご厚意に甘え遊ばさせてもらっています。

1CIMG4138.jpg

アグリはちょっとかわっている。
投げる人のすぐソバにいて、
ボールが投げられていることを確認してから走り出す。

2CIMG4121.jpg

たいてい最後尾を走っている。

3CIMG4141.jpg

それでも、落下点を見極めているから、
あわてている二コがつかみ損なっているボールをゲットできる確率が高い。

4CIMG4136.jpg

アグリもハンナちゃんも「これは遊び」と思っているだろう。
二コは違う。
いとしいボールをゲットするための神聖な儀式くらいに思っているんじゃないかな。
この「持って来い」の真剣さばっかりは小さいときから変わらない。
その証拠 ↓

_coB242108.jpg

この時は止まれずに、僕の方に突っ込んできましたっけ。











今日の花
murasakibarengiku.jpg
ムラサキバレンギク


雨の日と深呼吸

家にいても山小屋にいてもそうなんだけれど、
雨が降ってたりすると犬はほぼヒマです。
犬ってヒマだと寝ているでしょ。
これって伝染しますよね。あ、失礼。


niCIG4171.jpg

↓ こんな顔をみていると、何度でも寝られます。
(寝る前に勉強すると、起きた時によく覚えられたり、考えが整理されたりするそうです。
いろいろ実験したりして近年の研究成果だそうです。)(・・今さら・・・。)

niCIG4174.jpg

犬は寝返りもうちますけれど、寝場所も変えます。

th_CIMG6571.jpg

違いはそんなところでしょうか。
あ、寝ている間ヒックヒックしながら走るマネも人間はしませんね。
えーとそれから、犬の足の上で人が寝ることはできません。

朝から続いた雨も4時頃にあがった。
一番近くの観光地は白樺湖。そこで散歩です。

naCIG7439.jpg

湖畔で深呼吸。

naCIG4185.jpg











今日の花
shumeigiku.jpg
シュウメイギク



夏の休日の朝

夏の休日の朝


登場:主人、二コ、アグリ
埼玉県某市、畑と住宅地が混在する典型的な郊外
街並み俯瞰(夏の休日の朝)
ほぼ横から射す光、一軒家。視点は内部の2階に移る。

CIMG4465_2013090320461286f.jpg

主人  (本人はまだ若いつもりの何処にでもいる中高年)ドタドタ降りる
アグリ 主人を追い越して降りて行く

CIMG4466_20130903204611e43.jpg

二コ  アグリに向かって「ゥワン」、階段下でお腹を見せ主人を待つ
主人  二コのお腹をさすりながら、
    「ヨシヨシ、イーコダネー、イーコダネー」
二コ  体勢を整えて、主人の肩に手をのせようとする。
 瞬間アグリが廊下から戻り、二コと主人の間を裂く。    
二コ  「ゥワン」

uCIMG4470ph.jpg

主人  二コとアグリの頭をなで、居間に入りカーテンを開き、ケータイと
    カメラを持ち、玄関で麦わら帽子を被る。散歩用のナイロンバッグを
    身につけ、リードが付いているカラーを二コ、アグリの順に首に掛け、
    玄関ドアを開ける。
 視点は「外から玄関ドア」に切り替え
    二コとアグリが同時に飛び出て、ひっぱられる主人
    
「夏の休日の朝」のタイトルでフェードアウト



恥ずかしいながら、だいたい夏の休日の朝はこんな風に始まる。











今日の花
CIMG4477.jpg
オシロイバナ


やっぱり行ってよかった、犬が喜び人も喜ぶ蓼科。

蓼科に行くと毎回のように何度も行くところもある。
それはそれで、

♪いいぬはよろこび で、

CIM4250.jpg

しっぽがピーン。

CMG4262.jpg

♪ひいともよろこび


初めて行ってみたところもある。

IMG4332.jpg

お店のメニューには
「お子様は遠慮願っている」といったようなことが書いてあった。
でも、実際にはお子様連れの家族ご一行もいたし、
お子様用のメニューもある。矛盾しているようだけれど、

CIG4322.jpg

ま、子ども連れでリピートするのは・・しづらいだろう。
お店もいろいろ苦心しているんでしょうね。
犬はOKなんです。



少し離れてカメラを向ければ、
背伸びをするようにこっちを見てくれている。
ただそれだけなのに、僕はうれしいですね。とても。

CMG4292.jpg

僕の好きな木洩れ日で二コとアグリを撮り、
これにて8月の蓼科記はお開きと致します。

いつも、皆様の訪問を感謝致しております。

CIMG4417.jpg

おまけ









今日の花
noazami.jpg
ノアザミ



シニア犬大好き

「カワイイ」、女性は直感的によく使いますよね。
「ナンデ?」の説明はヤボっていうもんです。
男性はあまり言わない。
むしろ「カッコイイ」のほうが多いですね。

2013090506.jpg

子犬は無条件にカワイイですね。
パピーライセンスなんて言葉もあります。
親だけでなくて他の成犬が見ても
カワイイ「ライセンス」ということなんでしょうか。
集団で暮らす哺乳類はそんな風にできているんでしょうか。
哺乳類や鳥類のように子育てする類というふうに範囲を広げると
親子関係に限定されるかも知れない。
種の生存のためなんだろうか。
人についていえば、人以外のパピーまで「カワイイ」を広げている。
さらに、
多くの若い女性は服やモノにまで「カワイイ」の対象を拡大している。
(これは違う意味かも知れないけれど言葉の音は同じ)
生存ということからは離れていますね。

テレビで知ったヨーロッパと日本の犬事情を比べると、
日本では「カワイイ」子犬にバイアス(偏重)がかかっていると思えます。
子犬期の成長の速さ、短さを思えば、
成犬、老犬のときのほうが何十倍も長い。
パピーに無条件で「カワイイ」と感じることは大切なきっかけだと思う。
けれど、シニア犬には、たとえそれが自分のうちの犬でなくても、
風格とか誇りが備わっています。

coniCIG4624.jpg

「カワイイ」も「カッコイイ」も
理由は説明できない直感的な言葉だとは思いますけれど、
シニア犬には「カワイイ」に「カッコイイ」がプラスされる、
と僕は感じている。
コニーにはもっと長くシニアの時代があって欲しかった。

coCIMG4695.jpg

人と人の出会いには「また今度」はないんだと思いつつ、
生きてゆかなければならないのかも知れない。
人と犬の出会いにも「また今度」はない。
一期一会、人生は戻れない。
それでもなお、「人生も世界もまあ、そんなに悪くはないかな」
コニーに感謝しつつ、命日に思う。
忘れがたいということはつまり好きということなんでしょうか。












今日の花
CIMG77712.jpg
ユリの香りに家中が包まれています。


迷ったら出かける

6年前、コニーが橋を渡ってから2日後に二コが生まれた。
今日はその真ん中の日。
コニーにお花をくださる方もいらっしゃる。
二コの誕生日を祝ってくださる方もいてくださる。
ありがとうございます。

さて、9月です。
気象庁では秋の長雨宣言はしませんけれど、
実は梅雨の時に匹敵するだけ雨の日が多い月だそうです。

霧のような雨。
川に入れば濡れるのは同じ。

th_P1060499.jpg

多摩川の上流に初めて行ってみました。
金曜日だし、霧雨でも雨は雨。
狙いどおり空いていました。

th_P1060459.jpg

吊り橋の上から拍手してくれる人もいました。
ぺこりんと頭を下げ何だか、舞台に立っているみたいでした。

留守宅を訪ねて来てくれた人がいらっしゃった。
普段はヒマなんで、ボーっと家にいることが多いんですけれど、
たまたま出かけていました。どうも、どうもすいません。


シンクロナイズドスイミング



アグリは2つのオモチャをゲットし、
その後、二コに渡して帰って来た。
今日は特に仲良く泳いでいた。
何度も何回も一緒に泳ぐとそうなるのかなぁ。
ひょっとして「いい感じ」に拍手してもらえたのかなぁ。
親バカ、ちょっといい気になっていますね。








今日の花
CIMG44c94.jpg
コニーの花

はや6歳

このブログは二コがわが家にやって来た頃から始まっている。

_coA201397.jpg

この子もはや6歳。
今日は誕生日。
誕生日にデコレーションケーキ。
記念日を飾るのにこれ以上のアイテムを僕は知らない。

niCIMG4500.jpg

お祝いのケーキ。
アグリはどこにいる?

CIMbirG4498.jpg

記念撮影の主人をはっきりさせるためにしばし廊下で待ってもらう。

CIM2G4509.jpg

食べるときは一緒。
「待て」の大合唱が響くわが家にて。





↓ まだ自分の身体の大きさが分からない二コ。

_coA211431.jpg

パピー時代はホントに急ぎ足で過ぎてゆく。
あんまり短いので忘れかけている。
誕生日のこの機会にこれからしばらくの間、
このブログにパピーの二コに登場してもらうつもりです。












今日の花
sarusuberi.jpg
サルスベリ



2013年9月8日から2020年7月24日へ

二コが大好きなお姉さんに会える We Love Dogs !

CIMG8009.jpg

行くごとに二コの喜び方は増すばかりで、

CIMG4533.jpg

こればかりはアグリも間に入るのを遠慮したかのようだった。


今日は、
2020年に東京オリンピック招致ができて盛り上がりました。

CIMG8023.jpg

2013年9月8日はこんな風だったけれど、
2020年7月24日もみんなで元気に迎えたいね。





二コがパピーの頃 第2弾

nico25052.jpg











今日の花
nobudou.jpg
ノブドウ




仲がいい二コとアグリ

別に何をしようとしているわけでない。
アグリからすればアゴをのせる丁度いい枕があっただけで、
そこに二コがいつものようにいただけなんでしょう。

nikoaguG7755.jpg

僕には「許しを請うアグリとそれをよしとする二コ」に見えてしまう。
二コが手を重ねているところはそんなことを語っている、とね。
本当のところ、犬の気持ちはわからない。
でも、二コとアグリは仲がいいということは確か。
決して、べたべたしているでなく時に離れ時に触れあう、
そういう波長がよく合うようだ。








二コがパピーの頃 第3弾

_cA201395.jpg











今日の花
dokuseri.jpg
ドクセリ


溺愛

ペットと暮らしていいと思うのは、
安心して溺愛できることではないか、と僕は思っています。

CIMGill77750.jpg

相手が人間でこうなるとやはり、何ていうんですか、面倒です。
二コとアグリがたまたま鼻をつけ合わせて寝ていた。
何秒かで離れるのは分かっている。
ストップ。
ダメ親父が2犬をムギュッと抱いた(押さえた)瞬間です。





二コのパピーの頃 第4弾

_coB031703.jpg










今日の花
torukokikyou2.jpg
トルコキキョウ 


濡れても、雨でも

ワンちゃんと川の中に入る時は
水着を着るか、長靴を履くか、何となくそんな風に決めていた。
GパンもTシャツも濡れてはいけないもの、って固定的に考えていた。
とある方のブログをみていて「そーか」「そーだよな」考え直しました。

CIMG7912.jpg

ズブズブ入って行って後で着替えれば何の支障もないです。

CItama7911.jpg

それに、雨が降っても傘がいらないんです。

CIMG7924.jpg

雨の日は、人が少ないので、ふだん犬は入れない店内にご厚意で・・。

それなりに冒険脳を使うと意外に楽しいかも知れない。
〜自分に言い聞かせています。〜







二コのパピーの頃 第5弾

_coB161859.jpg











今日の花
hakuchosou.jpg
ハクチョウソウ



今の居間

もちろんいつもこうじゃない。

CIMGna4490.jpg

片方の足を乗せられながらも、アグリの肉球を嗅ぎながら寝ている。

嗅覚って、好きと嫌いがすぐにでる感覚なんじゃないかな。
コーヒーの煎った香りとか、パンを焼いた匂いはいいし、
顔をしかめざるを得ない臭いもある。
視覚や聴覚のように自分が判断するというよりも、
自動的に反応しているという感じでしょうか。
また、寝ていても臭いの感覚は寝てないらしい。

CIMGna4488.jpg

二コはアグリの肉球の臭いは嫌いではないらしい。
聞き慣れたBGMのようなものかな。
アグリが家に来て3年半。
今の居間。

起きているときもお互いの臭いを確認していることがある。
臭いから入る情報には体調とか気分まで含まれているのかも知れない。
この辺も人間以上です。










二コのパピーの頃 第6回

_coB031678.jpg

来て間もない頃、玄関ドアからでてみた。
まだ、足の爪を切っていないかも知れない。
何でも驚きだよね〜。











今日の花
ba-benapinkupafe.jpg
バーベナ ピンクパフェ




結婚して半分位は犬と暮らしている

いつもの神社氷川神社だけれど、熊野神社も同じ敷地内にある。
他にも、稲荷神社と伊勢神宮と書いてある小さな建物もある。

CIMG3942_20130913213205f9f.jpg

そういえば、結婚式場の神前って何の神様だったんだろ?
ちょっと気になっているような、あまり気にならないような・・。
結婚してから30年は経過しているけれど、
そのうちの半分くらいは犬と暮らしていることになる。


つまらない話でした。

アグリがドアをノックしているので・・失礼します。











二コのパピーの頃 第7回

_coB031699.jpg












今日の花
tamasudare_20130913213208eb9.jpg
タマスダレ



ゲームにはルールが必要

相撲でいえば、水入り。動かない。

CIMG45555.jpg

パシャ! あれ、光っちゃった。
かまわず「二コ!、アグリ!」呼んでみる。

CIMG4560.jpg

この遊び、主導権は二コにある。
アグリもそのことはわかっている。
一つの水飲みで薄い牛乳を分け合って飲むときもそうですが、
たいていのことは二コに主導権がある。
アグリは二コを押しのけていくことはしない。

体力というよりも心理的なものなんだろうか。
それでいてアグリは全然萎縮していない。
二コが譲るか奪うか、判断したら終わりとなっている。
ゲームにはルールが必要だ。
それがわかっているアグリもなかなかです。







二コのパピーの頃 第8回

_coB1718931.jpg

明日でこのシリーズは終わりです。











今日の花
CIMG4567.jpg
ススキ



コニーが送ってきてくれた救急車

CIMG8038.jpg

成犬の食事は一日二回って教わった、っていうか一日一回でもいいってね。

CIMG8036.jpg

諸説ありますが、このところわが家では一日三回としています。
食事は(も)うちの奥さんが担当しています。

CIMG8028.jpg

基本ドッグフードですが、時々変化をつけて楽しんでいます。
特に二コは焦って食べているので損をしているんじゃないかな。
「もう少し味わった方が犬生楽しいよ」
「犬食いでも大食いできないんだからね」









二コのパピーの頃 最終回

_C012325_20130915200035f76.jpg

撮ってすぐに見るカメラの液晶モニター、
その時感じたのと同じで、
6年弱経った今でもやっぱりそう思うんです。
・・
「コニーが送ってきてくれた救急車」ってね。









今日の花
torukokikyou3.jpg
トルコキキョウ




もうこれだけでいい

台風一過の夕焼け、
富士山のシルエットもいつになく鮮やかだった。

CIMG460023.jpg

幸い、うちの近所では大きな被害もなく通り過ぎていった。



CIMG443604.jpg

最近呼んだ本の受け売りですが、
よく犬は色盲だとか言われることがあるけれど、
ちゃ〜んと色は見えているようです。
ただ、人間のように「赤」「緑」「青」のセンサーではなくて
「青」「オレンジ」の2種類のセンサーなので感じられる色の範囲は狭い。
暗いところ、動く物に働くセンサーは人よりも優れている。
ということらしいです。

当てずっぽうで犬の目から見た夕焼けを想像してみると、

CIMGuso443604.jpg

犬にインタビューできないので、近眼だとか遠視だとか含めて
わかりません。たぶん誰もわからない。



CIMG4597.jpg

ただいま〜!
朝起きたとき「おはよう」、外から帰って来たとき「ただいま」、
ちょっとのブレイクでも再会するとこんなに喜んでくれる。
たとえ顔の表情が人ほど微妙でなくても、
シッポも含めて身体全体で表してくれる。
「もう、これだけでいい」と僕は思ってしまう。












今日の花
CIMG4580.jpg
ヒガンバナ





思いは伝わると思いたい

あー、今日はいい天気だった。
ここまで夏を耐えればしばらくは何とかなりそうですね。

CIMG4587ni.jpg

待ってていてくれよ〜、と思って「まて」って言うのと
ただ「まて」って言うのでは、違うだろうか。
僕は、違ってくるじゃないかと思っている。
何となく、そういう場合が多いんじゃないかと思ってます。

思いは伝わると思いたい。
ただそれだけです。



CIMG4563agu.jpg

過日、歩いていて目に止まった。

CIMG3935_20130917202420b00.jpg

アグリはまだサロンに行ったことがありません。











今日の花
CIMG4592.jpg
ヒョウタンのうしろはドッグラン


自分のことよりも相手のこと

犬写真もやっぱり顔が正面であってもらいたい。
おやつでこっちを見てもらうことは何年もやっていない。
タイミングで写真を撮っているけれど、
それでも2犬そろって笑顔というのは滅多にない。
2犬そろって後姿っていうのも難しいです。

CIMG4n462.jpg

そもそも、「難しい」とは自分の思い通りじゃないからです。
ま、身勝手ですね。すいませんね。

犬はこんなことでは腹を立てません。
犬は自分のことよりも相手のことが気になります。
友好的なのか敵対的なのか。

もっと言えば、食べられるのか食べるのか。
そのために逃げるのか、追いかけるのか。
長い進化の過程で動物はそうやって生きてきたんだろう。

ともかく、「相手を気にして生きる」が基本だった。
人間だけが変わっていて、自分を気にするようになってきた。

自分の考えに固執しているとロクなことないですけれど、
犬と歩いている時あんまり自分のことって考えないもんで、
つれづれに思うまま。







久しぶりにケンくんに会った。

CIMG4576.jpg

↑ 自己中ではなく他己中というところでしょうか。
うちの「あまちゃん」








今日の花
gosikikarasi.jpg
ゴシキトウガラシ

満月の中秋の名月なう

今夜は満月の中秋の名月です。

moon130919nn.jpg

↑ コンデジ手持ちで撮ったついさっきの月
その時デッキには

CIMG4613.jpg

肉眼でアグリは見えないほど暗かったけれど、ベンチの上にいる。
二コとアグリは何を考えているんだか、見つめ合っていました。


・・秋です。

今度の連休には二コとアグリは家で奥さんに任せて、
山に登る予定です。ワクワクしてます。


全然脈絡ないですけれど、
「ヒトにはヒトのビオフェルミン」ってテレビCMありますよね。
あれ聞くたんびに
「犬にもヒトのビオフェルミン」がばれっちゃったかな、
と思うのはうちだけでしょうか?
たまーになんで、今のところ支障ないんですけれど・・・はい










今日の花
yabukarasi.jpg
ヤブカラシ


自分で撮る意味

例えば、同じ東京スカイツリーを撮った写真でも、
自分が撮った写真だとその場にいた自分自身を思い出し、
生々しい記憶が実感として感じられる。
いくら鮮明ないい写真でも他人が撮ったスカイツリーは
これを現場で見た自分はいないのですから
自分自身の記憶は思い出せない。

で、思うんですよ。

CIMG4467.jpg

下手な写真であっても、
特に日常的な写真は自分で撮ったことに意味があるんじゃないかってね。

CIMG4468.jpg

毎日繰り返されていることの写真って意外に少ない。
あ、もちろん写真は下手であるより上手な方がいいです。
うまく撮れる人は羨ましいです。












今日の花
supureimamu.jpg
スプレーマム




山は賑わっていました

八ヶ岳の阿弥陀岳と赤岳に登って来た。
美濃戸口の山小屋に一泊し、
昨日は殆ど休まず、早朝から夕方まで歩いていました。
印象に残ったのは、
阿弥陀岳山頂で空に叫ぶ女性の声です。
「76歳万歳!」

P1060614.jpg

すごいですね。
いくら自慢してもいいんじゃないでしょうか。

P1060632.jpg

このときはもうバテバテの「へろへろもへじ」状態。


行きも帰りも高速は超渋滞、普通なら3時間位のところ
行きは6時間、帰りは7時間、これには「まいった」。





今朝の二コアグ

CIMGma4638.jpg










今日の花
CIMG4642.jpg
マンジュシャゲ


心配混じりではあるけれど、大丈夫だよ。

CIMG8192.jpg

一昨日の9時間余りの山歩きと7時間余りの渋滞運転で昨日は疲れていた。
いや疲れていたの僕だけで、二コとアグリは付き合ってくれている。
涼しいし、ならばと、夕方には二コとアグリが喜ぶ所へ行ってみた。

13CIMG4664.jpg

低い姿勢で疾走する二コの姿も久しぶりに見られた。
相変わらず「カッケーなー」
ところが・・
帰宅後の夜、二コは左後足を付かないでピョコタン歩いている。
一時的なしびれか?
だったら時々ある。
それにしては長い時間治らない。
一晩様子も看て、明日判断しよう。
・・・・
大分回復しているけれど、ちょっと正常じゃない。

もう少し様子見することにした。
しばらくの間、短い散歩位にして無理は禁物。
「急な運動で筋肉痛になった位で回復しておくれ」
心配混じりではあるけれど、
原因ははっきりしている。「大丈夫だよ」。

13CIMG4687.jpg
↑ アグリ
仕方ない、二コとアグリは別々に散歩。
今日の夕方には歩く気まんまんの二コだった。
まだ、本調子ではないけれど・・・。
心配と「大丈夫」の間で揺れ動く今日この頃でした。




P1060572.jpg

行者小屋の手前、稜線から朝日が射してきた。
山は横岳。
9月22日 A.M.7:30 頃
すでに1時間半は歩いている。















今日の花
torikabuto.jpg
トリカブト
猛毒と聞いてますが、山道のあっちこっちふつうに咲いている。




君たちのおかげですよ

二コが先にデッキで日向ぼっこをしてアグリは後からが多い。
つまりアグリは二コの後を追っかけるのが普通になっている。
3歳半になっても変わらないパターンになっている。けれど、

13CIMG4689.jpg

この時は違った。
後から来たニコに見られて困ったかのようなアグリ。

13CIMG4692.jpg

幸福っていうのは要するに安心感だと思う。
未来的な予感も関係が深いと思う。
一方で刹那的な楽というものある。
高齢者が幸福感を得やすいというのも分かる気がする。

13CIMG4693.jpg

何でもない日ですが、幸せを感じている自分がいる。
「君たちのおかげですよ」


二コの後足は今一歩本調子ではないけれど、
よく観察しなければわからないほどには回復中です。




P1060577.jpg

行者小屋から見た八ヶ岳連峰
9月22日 A.M. 7:40頃

P1060574.jpg

↑ 赤岳

この日この辺の山に登るつもりで一応の計画はあったけれど、
どっちからどこまで行こうかは未定のまま。
行きがかり上、1人で山に登っている。
自由と孤立のバーターではあるけれど、新鮮だった。








今日の花
torukokikyou.jpg
トルコキキョウ



最大の富

毎日のように繰り返す風景、外では

13CIMG4617.jpg

13CIMG4622.jpg

うちでは

13CIMG4645.jpg

「最大の富は、わずかなものに満足できる心である」
そーかなー。
それほど「わずか」ではないけれど、満足かといえば満足。
富と比べるのは変な気がするけれど、
「感」とか「情」で付き合う犬。
その辺は人間以上かも知れない。


二コの後足は良くなったように見える。






P1060588.jpg
9月22日 A.M.8:20  横岳をみる

P1060597.jpg
同日   A.M.8:50 阿弥陀岳をみる

P1060621.jpg
同日   A.M.10:15 中岳から赤岳をみる












今日の花
rindou.jpg
リンドウ



行動と感情

4歳の子に「そのボールで遊んではダメ」と厳しく言うのと、
「そのボールで遊ばないでね」と優しく言うのではどう違うか?
優しく言われた子の方がそのボールが嫌いになるそうだ。
厳しく言われたときは単純だけれど、
優しく言われた場合にはその子の自由意志が入り込む余地があるので、
「私がそのボールで遊ばないのは嫌いだから」と感情を変えるのだそうです。
行動と感情の自己矛盾を回避するように、自覚のないまま感情を訂正する。

日記に「好きだ」と書いたらもっと好きになったことってないですか。
感情って行動に左右されるらしいです。
そんな気もします。



13CIMG8221.jpg

わたしは犬。名前はアグリ。
主人がわからんこと言っているようですが、気にしないで下さい。

13CIMG8202.jpg

だいたい、感情とか行動とかを気にしたことはない。
こうやって2歳半年上の二コしゃんと遊んでいれば楽しいし、

2013G8171.jpg

「ま〜て」と言われれば、
「しょうがない」と「退屈だなあ」の間で揺れ動くだけ。
人間は複雑でわからないんだわ。




P1060551.jpg
9月21日 P.M.2:40 頃

P1060624.jpg
9月22日 A.M.10:30頃

長らく山の記録にお付き合い頂き、ありがとうございました。






今日の花
po-churaka1.jpg
ポーチュラカ


今日はいい天気

13CIMG4696.jpg

肉球まわりの毛のカット、二コはすでに終わっている。
なのに二コはアグリの進行具合を見守っている。

CIMG4697.jpg

別にどこに居てもいいのに、
お互いの気配を感じやすい距離のところに居る。

二コの足に負担がかからないように、別々に散歩をした。
アグリは二コを追いかけてそばに行きたがっている。
それはアグリを担当した僕にはっきりわかるものだった。

複数の犬と暮らす場合、人間と犬の関わりと犬どおしの関わりがある。
あ、人間どおしの関わりもありますけれど、それはともかく、
犬と犬の関わりがいいと、それだけで
人間は今日の天気のような気持ちで居られる。

出かけても出かけなくてもいい天気はありがたい。











今日の花
foxfaces.jpg
フォックスフェイセス


♪ 今日もいい天気

東京都と埼玉県の境にある清瀬市の金山公園、
冬になると二コとアグリでよく歩いて行く所です。

CIMG4734_2013092920290885a.jpg

三脚と一眼カメラを携えたおじさん達がたくさん居ます。
その多くは真新しい。
新しい道具を試しに来ている人が多いようだ。

13CIMG8270.jpg

水鳥がそばで見られる。カモーん。

CIMG4738.jpg

車で10分。県外への散歩でした。












今日の花
CIMG4714_20130929202912b25.jpg
パンパスグラス




コスモスはもう少しだった

CIMG4728.jpg

見頃は10月の中旬ごろかな。
秋桜とは書くけれど、桜のように一斉に咲くものでもなさそうです。

20134736.jpg

引っ張られています。
引っ張らなくなったらまた寂しいもんでしょうね。

13CIMG4739.jpg

二コとアグリは急遽、供血依頼を受け
取りあえず血液の適性検査をのために動物病院に行った。
「何か協力できる」というのはうれしいものです。












今日の花
13CIMG4730.jpg
コスモス


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター