暗黙のルール

なんとなく、ピクニックという言葉の響きには
家族一緒に、編み上げた四角い籐カゴを腕にぶら下げて、芝生にシートを敷いて、
カゴの中から出てくるのはサンドイッチというイメージが僕にはある。
なんでだろ?
日本中がまだ「豊か」ということに縁遠かった自分の子どもの頃の、
豊かなアメリカへの憧れがピクニックという言葉にはあるような気がしている。
その頃に見聞きした何かにそんな映像イメージがあるんだろうか。

CIM4015.jpg

過日、ポピーやチューリップが咲いていた森林公園をピクニック。

CIG4032.jpg

ピクニックでお楽しみの昼食時間。
リュックサックからビニールに包んだ”ぼうタラ”を取り出して並べる。
こういう時、アグリは二コが選んだあとに残り物をもらうことになっている。
↑ そんな暗黙のルールが両犬の表情に現れた一瞬です。(右がニコ)

CIMG3987.jpg









今日の花
CMG1218.jpg
ハルジョオン



汽笛のように

いつかどこかで人は死ぬ。
その時に消えてゆくのはその人だけでなく、
その人が大切にしてきた思い出も消えてゆく。
(つまり客体としても主体としても消えてゆく。)
雪の降る夜の遠くの汽笛「ヴォォーー」という控えめな叫びのように悲しく。

040321.jpg

↑ 僕が生きている限り大切にしたいコニーの思い出のひとつです。
そして、「虹の橋では愛犬が待っている」そう信じたくなる。
悲しすぎるからね。







今日の花
CIMG4216.jpg
ハゴロモジャスミン



草食系女子

CIMG4294.jpg

二コとアグリが尻尾を立てて走っていればそれでいい。

CIMG1557.jpg

タンポポの綿毛が飛んだ後の茎、

CIMG1556.jpg

綿毛があると食べられないのに、茎だけだと食べている。
そんなところまで互いに見習っている草食系女子。

CIMG1559.jpg

今日いい天気だったので、
いつも便利に使っているデッキに油を塗ってました。
少しでも長持ちしてもらいたいですからね。
だいたい1年に1度、だいたい今頃の時期に塗ってます。









今日の花
CIMG4204.jpg
カザグルマ


久しぶりのドッグラン

パピーの子って動きに無駄があって可愛い。
前進するのに上下動は少ない方がいいのに、スキップするように跳ねて進みます。

CIMG1593.jpg

英国系のゴールデン、エルフ君まだ4ヵ月だそうです。
手足の肉球面が大きい。大きくなるんだろうなぁ。

CIMG1591.jpg

↓ 二コはパピーの頃から椅子の下が好き。

CIMG4373.jpg

(足が内股でかっこ悪、なので片方の足だけにしました。)

CIMG4387.jpg

↑ アグリはパピーの頃から甘え上手。
人にも犬にもお腹を見せて近づき可愛がってもらうのが好き。

CIMG4346.jpg

ずいぶんと久しぶりだった

CIMG1608.jpg

ポンタくん

CIMG1612.jpg

風羽太くん

CIMG1601.jpg

またね









今日の花
CIMG1442.jpg
コデマリ


水子貝塚公園

CMG16220.jpg

富士見市の海抜は8〜20mだそうです。
縄文時代中期のころすぐ下は海だったそうで、
畑の中から貝塚やら住居跡が見つかって、いろいろあって、
今は一部が公園になっている。

↑ うちの狛犬さん、口の開け方「あ」「うん」はあっているようだけど、*
アグリの「あ」さんが正面でなく「うん」を向いているのが惜しい。

CIMG4392.jpg

中が薄ぼんやり明るいので覗いてみると、

CIM1619.jpg

こんな昔から犬と暮らしていたんだと、そっちの方が気になった次第です。

竪穴式住居のモデルハウスがある公園の芝生の中に
貝殻をイメージさせる舗装がところどころにありまして、

CIMG1629.jpg

今度は「あ」も「うん」もこっちを向いてくれ、めでたく収まりました。

* 一般に一対の狛犬さんの正面右手が「あ」さんで口が開き、
 同じく左手が「うん」さんで口は結ばれている。









今日の花
CIMG1213.jpg
ラベンダー



劇みたいなポーズになってしまった

犬の鬼ごっこに参加してみた。
この時二コはすでにボールをゲットした後なので、
それを確保するためかアグリに「ごっこ」を一任したようだ。

CIMG4407.jpg

アグリは楽勝で人の顔を確かめながら付いてくる。

CIMG4410.jpg

「友情」を演出するために手を広げているのではない。
「おいで」と言った時に反射的に劇みたいなポーズになってしまった。
ちと恥ずかしい。
ブログに残しておきたいので記録しておきます。

CIMG4400.jpg

この後、二コも参加して「かけっこ」。
家人曰く、二コは速すぎてカメラで追えない。
30Kgの大型犬が猛烈なスピードで抜けて行く姿は、
何度見てもほれぼれする。

CIMG1686.jpg












今日の花
juunihitoe.jpg
ジュウニヒトエ


五月晴れでも

その昔、ゴールデンウイークとは言わず飛び石連休でした。
土曜日は半ドンであっても休みでなかったし、5月4日は祝日でもなかった。
休みと仕事が飛び石でした。
ムードは連休でも、飛び石で職場に行ってましたね。
世間にはいろんな厳しい仕事があるんで、
一概に言えないけれどカレンダーはそうなっていました。

CIMG4475.jpg

晴耕雨読という言葉どおり、
本は雨が降った時や夜になってからの家の中、
あるいは電車の中の時間を利用して読むことが多い。でも、
五月晴れの昼間、愛犬をお腹に乗せて読むのも悪くない。
「もったいない」とも思いません。
時々、犬が寝返りをしようとして肘をたてると
「ウッ!」となりますけれどね。













今日の花
CIMG1723.jpg
カルミア
つぼみは色も形も金平糖のようで、
CIMG1722.jpg
花も砂糖菓子のよう。





雑草の初夏

ソメイヨシノが新緑から深緑になり、
土手の植物も低いものから徐々に
イネ科などの背丈の高いものが優勢になってきている。
写真からも、1年のリズムはだいたい植物でもわかる。
気楽なことを言ってますけれど、
草刈りが一段落すれば、それを始めた頃の所はもう新たに生えてきている。
自然を相手にする農家の方は本当に大変だと思います。
ごくろうさまです。

CIMG1761.jpg

1万年位前に野生の状態から自ら人間に近づいて
一緒に暮らすようになった唯一の動物といわれている犬。
お互いにいろんなものをもらって生きて来ているんだろうなぁ。
たとえば、ラブ。









今日の花
okizarisu.jpg
オキザリス




健全な追いかけっこ

「2頭いるといいですね。遊び相手を捜さなくてもいいから。」
そう言われて、率直に「ほんと、そうだよなぁ」と思いました。

CIMG1739.jpg

二コがボールを持つと、衛星のように離れることをゲームにしてしまう。
地球が動いても二コは同極どおしの磁石のように離れる。

CIMG1741.jpg

ボールがなければ健全に追いかけっこを楽しんでいる。

CIMG1742.jpg

「アグリ!、捕まえたんだわ」

CIMG1744.jpg

↑ 草汁アグリ

2頭が元気でいるのは幸せです。
このことは僕にとっても決してオマケのようなことではないのです。
のろけ みたいですいませんでした。










今日の花
si-ra.jpg
シーラ



頼むから逃げておくれ

川に沿って河岸段丘なんだろうか、崖線がある。
その多くは私有地であるけれど、
一部公の緑地として解放されている。

CIMG1566.jpg

登り初めて約2分で上に着く、
上とは言っても平らな畑が広がっているだけです。

登って下って約5分。
湧水もありこれからの季節、
わが家では涼しさもあるのでよく散歩コースに入れています。

この頃の暖かさのせいか、ハエがでてきました。
ぶ〜〜ん、カパッ。
アグリが飛んでいるハエを食っちまった。
出始めのハエは鈍いのか・・・「頼むから逃げておくれ」。












今日の花
odamaki.jpg
オダマキ


アグリを足蹴にする二コ

CIMG1773.jpg

「足蹴にする」って書くから威張っているように感じるけれど、
触れあっている場所が足の裏だということだけのようです。
あれほど寝起きのいい犬が感じていないとは考えにくい。
しっかり感じて安心してまどろんでいるんだろうなぁ。

僕がアグリと触れあっていると、二コが怒って寄って来た。
「ま、そう怒らないで、一緒に”ふれあい”でいこうよ」

犬と暮らしていない人から見たら「不健全」に映るだろうけれど、
あ、一緒に暮らしている人も「異常」と思うかもしれないけれど、


CIMG4498.jpg

この時に得られる「安らぎ感」「癒され感」は説明しづらい。
きっと、犬どおしの触れあいで犬が感じているのと似ているんだろうな。











今日の花
totinoki.jpg
トチノキ




父のお墓へ

雨は夜明け前に止み、
5月の晴天はこんなにも眩しいのかと改めて感心してしまう。
上信越道から見える山の緑に、
ミズキやトチノキの白や、藤の紫の花が目立つ。

CIMG1815.jpg

↑ 横川SA

母の日だったけれど、
CIMG1636.jpg

父の法事(墓前祭)で信州へ。
犬なしで動くのは楽(らく)でも、その分楽しさは減る。

CIMG1820.jpg

同じ名字の人たちの古墳のような共同納骨堂があり、
年に一度墓前で神道の儀式が行われる。
信州の人たちにお世話になりっぱなしです。


CIMG1835.jpg
↑ 今日夕方の二コとアグリ












今日の花
kuretimasu1.jpg
クレマチス


つかずはなれず

二コはアグリのように水でバシャバシャしたり、

CIMG4529.jpg

CIMG4530.jpg

ベンチの上に乗って隙間から外を見たり、

CIMG4549.jpg

干しているふとんの上に乗ったりしないけれど、

CIMG4544.jpg

デッキの上ではの〜んびりしていたい。
それぞれのすごし方に異存はないようです。











今日の花
CIMG4545.jpg
ヤマボウシ



写真は だるまさんころんだ

「この犬ラブラドール?」
「そうよー」
「2番目に好き」

CIMG1876.jpg

「じゃあ、1番目はー?」
「ゴールデン」
「ね、名前なんていうの?」「あ、書いてある」(なぜかローマ字が読める)
「アグリ、二コ」「あ、グリコだ」

CIMG1877.jpg

小さい子って面白い(うちの奥さん(談))

写真は だるまさんころんだ  鬼役は2犬。
鬼の割にはヘラヘラしている。







今日の花
ba-berapinkup.jpg
バーベナ(ピンクパフェ)


55歳からのハローライフ

夏至は6月21日だそうですけれど、
日の入りが1番遅いのは6月13日くらいで、これから
約1ヶ月くらいかけて遅くなり、東京地方で19時1分位になるそうです。
この時分梅雨入りするまでの間、植物が1番育つんだろうか。
雑草も育つ、農家の方はエンドレスで大変です。

CIMG1848.jpg

晴れれば暑く、うちの奥さんはアグリがトロ舟で水遊びをしたがっているのが
よくわかり、そういう時、事情がない限り基本、希望は叶えて上げている。

CIMG1863.jpg




村上龍さんの「55歳からのハローライフ」

CIMG4611.jpg

「作家ってすごいな」感心して一気に読みました。
登場する主人公の何分の一かは今の自分と重なる。
比喩とか暗示ではなく、短い文章で読者にグイグイ迫ってくる。
同じ村上でも、春樹さんと対照的だと僕は思っています。











今日の花
karasunoendo.jpg
カラスノエンドウ


ヤマボウシと二コとアグリ

ヤマボウシの花は直近の下からは見づらい。

CIMG4626.gif

↑ 家人が二階から撮ってくれたもの。
「む〜〜、アグリも入れてこれに勝る角度はない」

CIMG4630n.gif

もう一枚はイラストっぽくしてみた。
緑に白は好きな色の組み合わせです。







今日の花
CIMG4619.jpg
ヤマボウシ
CIMG4619n.jpg




訪問ありがとうございました。

May You Stay Forever Young

歩いている犬を前から撮ってある写真は珍しいかもしれない。

CIMG1878.jpg

1000回以上一緒にだいたいカメラ持参で散歩していて
二コとアグリが並んで歩いているのを前から撮ってあるのはとても少ない。

繰り返す日常の光景が意外と記録されていないことがある。
今は当たり前のことでも、

CIMG1885.jpg

5年10年後は同じじゃない。
「いつまでも若く」と祈る。










今日の花
CIMG1881.jpg
バラ



時の移ろい

昨日から今日にかけて山小屋に行って来た。

32年前、山小屋を一緒に造ろうと呼びかけて、以来続いている会。
写っている以外に自分も含めて同年代の4人の男子メンバーがいる。

P1050584.jpg

もし自分に「らしさ」みたいなことがあるとすれば、
この「山小屋」だろうと誇りに思っている。
あと10年したら、解体して解散することにしている。

時間の経過というものはそういうもんだろう。




今日のニコアグ。
P1050587.jpg











今日の花
krose.jpg
カルフォルニアローズ



本犬、真剣です

オランダで行われている大規模な温室栽培の農業、
温度など500以上の項目をITで制御する。
今日19時半からNHKで放送していた。
「「スマートアグリ」だってさ」
タイトルだけで笑っちゃいました。

CIMG4727r.jpg

僕がトイレに入るたんびにアグリはドアの前で用心棒。
僕が風呂に入る度に洗面所で伏せている。

CIMG4721r.jpg

スマートというよりもストーカーなアグリ。
でも、
真剣であることを笑うことはできない。
ただひた向きなだけで、何か伝わってくる。
単純だけれども自分にも純粋さがどこかにあって欲しいな。
犬はそんな気持ちにさせてくれる。
そういう所から出る共感の笑みだと僕は思う。








今日の花
marubashari.jpg
マルバシャリンバイ



楽生(らくしょう)

楽生(らくしょう)を
「楽して生きよう」と読むか「楽しく生きよう」と読むか
ザッツ イズ ア クエスション

CIMG1948.jpg

前者は消極的な怠惰なイメージがあり、
後者には積極的なチャレンジ的な意味を感じる。

CIMG4775.jpg

鳥を撮ってその手にアグリがいて、
それを二コを連れた家人が撮っている。

easy も enjoy も「楽」という漢字が当てられているだけ。
僕はどっちもいいと思います。

らくしょうで生きたい。








今日の花
CIMG1903r.jpg
カンパニュラ




笑顔は最高!

うれしいから笑うのか、笑うからうれしいのか。
こんな実験があるそうです。
同じ漫画でも、
箸を横にして咥えて読むのと、口をつぼめて縦に咥えて読むのでは
口角が上がる横にして読む方が面白いと感じる度合いが高い、そうです。

CIMG1954.jpg

暑くなってハアハアしているだけとは僕は思えない。
特に二コはモデルのように笑顔で答えてくれる。

CIMG1955.jpg

いやいや、アグリもなかなかです。
笑顔は最高! なんです。
「かっわいいね〜」
つられて笑えば幸せ気分。

〜失礼しました〜









今日の花
yukka.jpg
ユッカ





今日の出来事

「おかあさん! 今日も暑いんですけれど・・・」

CIMG4820.jpg

「いつものを おねがいしまっす」

CIMG4823.jpg

一目散に入るのはアグリ

CIMG4831.jpg

一番を譲って入る二コ
それでもアグリは入っていたい。

CIMG4837.jpg

二コもアグリのように自由でありたいよね。

CIMG4841.jpg

このあと、アグリは二コに一喝された。

CIMG4850.jpg

以上、写真も話もうちの奥さんから











今日の花
poriji.jpg
ポリジ


こんな車が欲しい

変だと思うのですが、
自分の家を宿と見立てれば近くを廻るのも旅ということに・・
ならないですね。・・・やっぱり。

CIMG1915.jpg

いくらなんでも、車で15分位じゃね、気分が日常のまんまです。
ある程度遠くの宿に泊まらないと旅行にならないです。

CIMG1908.jpg

二コとアグリがいるのでどうしても車で移動が前提になる。

犬も動物です。なわばりは決めてその中で行動する習性はあると思う。
「うちの犬は社交性が少なくて」と思いがちですけれど、
考えてみれば社交性が少ないのが本来なのかも知れない。
なので犬と旅行するとどうしてもリピーターになりがちです。

CIMG1941.jpg
↑ ご近所系の東福寺で

近い将来、車の運転がアイサイトみたいなものとカーナビが進歩して
ある程度の自動運転まで進んでくれれば随分と楽になると思うんです。
どうなんでしょうね、そんなふうに進んでくれるといいんですけれど。
あと、2列目のシートは背もたれだけにもアレンジできて、
3列目のシートはなくて荷物スペースというのがいい。
犬とはケージで動くのが原則でも、
それだと「いっしょに移動している」という感じが減ってしまう。
後を振り向くと犬がいる、ということに慣れすぎてしまっているかも知れない。
それと、スライドドアで大きさはほどほどで燃費がいいというのがいい。
どこのメーカーもまだまだそんな車を量産してくれないだろうけれど・・。
勝手な気ままな希望(たわごと)でした。

CIMG1945.jpg













今日の花
hiruzakitukimisou.jpg
ヒルザキツキミソウ



脚側歩行?

宮沢賢治さんの写真のように腕を後ろにして歩くと、脚側歩行をしてくれます。

CIMG2077.jpg

普段は勝手気ままに動いていて、振り回されているので、

CIMG2055.jpg

ちょっとコンパニオンドッグ(ちゃんとしつけされた家庭犬)と
歩いているのではないかと、錯覚します。

でもね、どっちでも適当でいいんじゃない、と思っているんです。













今日の花
CIMG2075.jpg
ゼニアオイ



脚側小走り

昨日、TV「世界一受けたい授業」で「驚きのスロージョギング」というのを見た。

歩くよりもゆっくりで良いので両足が一瞬でも宙に浮くように走る。
汗をかかなくて着替えもしないでも、1分単位でもいい。

といった具合で見ていてちょっといいかも知れないと思った。
問題はあまりに遅いので”かっこ悪”なところです。で、

CIMG2089.jpg
↑ 自分撮り
カメラはバッグにしまい、二コとアグリにお付き合い願いました。
犬もちょっと小走りになり、脚側にいる。
昨日のTVの解説では歩くことの2倍の効果があるそうです。
人間にとってそうなら、犬にとってもいいかもしれない。
ともかく、
つきあってくれてありがとうね。

CIMG19n5n.jpg
いや〜、それほどでも・・。





今日の花
cheriise-ji.jpg
チェリーセージ


どうしようもなく好きなもの

CIMG2015.jpg

犬は外にいる間はボール中毒です。
外から帰って家に入るともうどうでもいいようです。
車の中に入ってももうどうでもよくなるようです。

CIMG2018n.jpg

外では、ボールちゃん を孤独に愛している。
アグリとお母さんがそばに行ってもどう距離を保とうか、
そんなことばっかりで身体が動く。

このこだわりは僕らにも、多分アグリにもわからない。
ものすごくおいしそうなものでも取引しない。
わからなくても、説明できなくても大切なものっていうのはある。
僕にとってそういうものってあるんだろうか。
ある意味うらやましい。










今日の花
CIMG2023.jpg
シロツメグサ



画像のアップができない状態です。

理由はわからないけれど、画像のアップロードが出来ない状態です。
しょうがないですね。
勝手に直ってくれることを祈っています。
では。

アップできました

CIMG2126.jpg

理由はわかりません。アップできました。
本日いただいたおもちゃです。
ありがとうございました。



まだ不調で、「今日の花」はアップできません。


続、画像のアップができない状態です。

FC2のコミュニケーションで、
「管理用のアドレスが古いままだと画像のアップができない」
みたいなことが書いてあった。もうちんぷんかんぷん。
「もう年だから」と言うと「ああ、そうかい。じゃあ、ぼけてもね」と
しゃれにも何にもならないお年頃です。
フェイスブックだのツイッターだのスマホだの、もう乗り遅れています。
IDだのいろいろやってうるうちに、繋がらなくなってしまうこともたびたび。
そのままほったらかしています。
だいたい電話で教えてくれないしね。諦めがいいほうなんでね。
でも、今回は
http://admin.blog.fc2.com/control.php
からアクセスしたら、わけはわかりませんけれど、直りました。

お騒がせいたしました。

CIMG2129.jpg

二コとアグリと超スロージョギング。
犬も超小走りになるので、すこーしハアハアしています。
これはいいかも。







今日の花
blackberry.jpg
ブラックベリー


ヒマジンのイマジン

二コが先に水浴びをしている。
それを板塀の向こうからアグリが見ている。
すでに、譲るつもりになっている二コ。

CIMG2039.jpg

その時の2枚の写真。

CIMG2096.jpg

アグリは「水に入れて」とアピールする。
「やっぱり子どもだね。」
「ね! 二コさん!」











今日の花
dokudami.jpg
ドクダミ



バラの花の前で

CIMG2118.jpg

毎年バラの季節にここで写真を撮っている。 ↑ 今年

↓ 去年

P10200349.jpg

↓ おととし

_62059029.jpg


その前の年
まだ、散歩が始まっていない。



アグリが来た頃、性格は変わらないままだ、と思う。












今日の花
CIMG2119.jpg
タチアオイ


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター