去年よりひとつ歳をとった。

いつも
毎年こんな写真を撮っているような・・・。

CIMG0713.jpg

ブログを始め5年を重ねると、例年の今頃がすぐにわかる。
今年は昨年よりも2週間くらい早い。
咲いてからは天気が晴れない。
去年より犬も僕も1つ歳をとった。

CIMG0717.jpg

そんなふうに、何年かすると
曇っているときの写真でも記念になるんだろうなぁ。


ハナちゃんに会ったので、

CIMG0735.jpg

3頭のリードを持たせてもらった。
偶然同じ方向を向いてくれた。
「意図的」には多分無理だと思われます。








今日の花
CIMG0756.jpg
ハナズオウ


30周年

今年は僕にとっていろいろと節目の年に当たるようだ。
勤続35年で定年退職。
今日は30年目の結婚記念日。
開園直前のシンデレラ城がライトアップされていた。
成田に向かう途中、遠くに見えた光景を忘れていない。

「いろいろ至らないことばかりですが、ありがとうございました」
「これからもよろしくお願いします」 




この間、犬触れることをワンタッチと書きました。
でも、犬触れることもワンタッチですね。

CIMG3635.jpg

犬は犬にも触れたいし、

CIMG3619.jpg

人にも触れていたい。

犬に教えられる「ふれあい」。 
・・・ラブドッグ。









今日の花
CIMG0679.jpg
ラッパスイセン



菜種梅雨

CIMG3642.jpg

「雨の日はしょうがない。でも・・」
諦めるときの表情って、人よりも犬の方がわかりやすいと思う。
犬はいつまでも子どものようですけれど、
ガマンできるところは大人かも知れない。

CIMG3647.jpg

二コは家の中でできても、アグリはね・・。
それでも「雨に濡れるのは良くないこと」と思っているようです。


CIMG0772.jpg









今日の花
CIMG0674.jpg
シモクレン


4月第一週

CIMG0723.jpg

だいたい花は散ってしまったようだ。
今年は青空と桜をバックに記念写真は撮れないかも知れない。

CIMG0774.jpg

でも、気温が高すぎないので歩きやすい、
うちの愛犬たちは快調に歩き春を楽しんでおります。
(いいこともある)

4月の第一週、いろいろ環境が変わられた方も多いかと存じます。
僕は新宿駅で乗り換える電車を間違えないように気をつけています。
身体から脳に指令を出すタイプなもんで、はい、
4月、あまり考えずに「とりあえず身体を動かす」で乗り切るつもりです。
プレッシャーはないのですが、もしあれば、
心の深いところでプライドを保ちながらやっていければいいと思います。






今日の花
CIMG0676.jpg
ベニバナトキワマンサク





シンクロ

一緒に見て

CIMG0792.jpg

一緒に止める。

CIMG0793.jpg

二コの動きをアグリが真似ているだけなのか、
それとも合図があるのか。
二コとアグリだけがわかる何かがある。
そういうのを感じるというのも、2犬と暮らす楽しみの一つです。










今日の花
hanakaidou.jpg
ハナカイドウ





サクラの散る頃

よく見てみれば、
短いと言われる桜の開花から葉桜までの間にも細かい段階がある。

CIMG0808.jpg

「桜の花びらが散った後に「桜蕊降る」という季語がある」そうです。
「散った後も桜は美しい」ですね。

CIMG0800.jpg

ソメイヨシノの花が散っても

CIMG0849.jpg

桜にはこの半月ばかりの時間が写っている。

CIMG0813.jpg

葉のある季節へ移ったようだ。
これからまた半年余り桜の葉のあるこの土手にお世話になります。

CIMG0815.jpg












今日の花
CIMG0816.jpg
ローズマリー





黄色い春

新座市、志木市、朝霞市などを含む広い範囲は「新羅(しらぎ)郡」と呼ばれていた。
いつのころからか「新座(にいくら)郡」と呼ばれるようになった。
今では新座市(にいざし)が別にあるが、和光市に新倉(にいくら)の地名がある。
和光市内には白子(しらこ)という地名がある。
古代に新羅から渡ってきた人たちが住んでたという。
新羅が志楽木(しらく)、志良久(しらく)、白子と変わっていったとも言われる。

以上、昨日の朝日新聞地方欄から抜粋。

CIMG0822.jpg

昨日、嵐になる前に、出かけてみた。
赤い風船型のゲートがすぐに撤収される位の強風にもかかわらず、

CIMG0827.jpg

菜の花の香りがあたりに強く立ち込めていた。
僕は好きですね。

CIMG0830.jpg

春も本番になると地上はいろいろ色付き
冬とは異なって、空のモノトーンがそれを引き立ててくれる。
(もっとも関東では冬晴れが続く。あくまでイメージです)

外に出て歩くと、天気が曇りであろうと気分は晴れる。
「1日に2回くらいは外に出る」というのは、
人間にも同じ位必要なのかも知れない。

CIMG0837.jpg

CIMG0835.jpg
オオイヌノフグリとノゲシ










今日の花
CIMG0832.jpg
ノゲシ



寝ていればいいのに

CIMG0794.jpg

一日中外を歩いていることも出来るのに、
だいたい昼間も夜も寝ています。

ナマケモノは1日に葉っぱを数枚食するだけ。
あんまり動かないから他の動物にも見つからない。
体毛に苔が生えている、
生きているとは気づかないほどに気配がない。
「無駄なことをしない」を徹底するとナマケモノになる。

それに比べれば、犬は随分と活発だと思うけれど、
「浮き世のバカは起きて働く」
犬からみれば人はそう思えるんだろうなぁ。

CIMG0814.jpg









今日の花
CIMG0344.jpg
カーネーション



三回目の三頭山。一足す二頭で三頭山。

二人連れの方の写真を撮ったお返しに、
スリーショットを撮って頂いた。

23484.jpg

バックには富士山。
ここは東京都と山梨県の境にある三頭山。
三回目の三頭山。一足す二頭で三頭山。
平日のお休みの一日を活用してハイキング。

さっきのお二人連れの方、「ちょー、かわいい」を連発していたので、
フォーショットを撮ったところ、僕がビックリするほど喜んでくれていました。

二コとアグリを撫でようと手をだしていたのに、
近づいて行ったら驚いている人もいましたけれど、(瞬時にUターンする二コはエライ)
すれ違う人はだいたい笑顔を見せてくれていましたし、
会話を交わした人たちも犬好きの方ばかりでした。
犬が嫌いな人もたくさんいることを気に留めながら、
これからも レッツ ハイキング ウィズ ドッグズ。









今日の花
kibusi.jpg
キブシ
枝から垂れ下がってはいるのですが、枝の色が黒子のように目立たないので
それとは無関係に、白い尾のような花序が空中に垂れ下がっている。
そんな感じがする。
うまく云えないけれど、もしうまく云えたら童話的な世界が広がりそうな、
そんな幻想的な光景だった。



登るとき、引っ張ってくれます

P1050469.jpg

アグリが先頭で二コ、僕の順で縦列に進んで行く。
こうやって歩くのは僕の楽しみであるけれど、
二コとアグリもそうなんだろうと、僕は思い込んでいる。
引っ張ってくれているところをみると、
ある程度、冒険心、好奇心が満たされているじゃないか とね。

P1050465.jpg

登りは時々2頭立てで僕は楽ちんで登れます。でも、

P1050468.jpg

犬はいつも一生懸命ですから、
休ませながら登らないと”限界”を超えてしまうかも知れない。
休憩をこまめにとり、水も少しづつ上げるようにしてます。

P1050462.jpg

三頭山は都民の森の中にある。
全体に公園のように整備がしてあり、道に迷うことは考えにくい。
以前の時のように、道でない藪の中に入っていくことはなくなり、
道が分かれている時、「どうしましょ」立ち止まってくれる。
まるでガイド ドッグように。

あまり自信ないけれど、成長している?かも知れない。







今日の花
hasiridokoro.jpg
ハシドコロ




下りも引っ張る

「ゆっくり」「まて」「よし」
下りに入るとこのコマンドの繰り返し。
「いい子だね〜」なんて言う余裕はない。
「ゆっくり」は走ってはいけない位には分かっているかも知れない。
「まて」では言ってから3〜5歩してから、なんとなく止まってくれる。
「よし」は必要がない。動き始めた犬に合わせて僕が言ってるだけ。
こんな調子だけれども、
「おとなしくて、いい子ですね」と云ってくれる人もいるわけで、、、

P1050502.jpg

P1050503.jpg

命名「うよきょくせつの木」


sioji.jpg

樹皮がきれいなシオジの木の前で。

500mくらいのアップダウンはあるけれど、登りに1時間半、下りに2時間。
下りの方に時間をかけてゆっくり降りる。
だいたい目論見どおり。

山の中を歩くだけでもいいのに、しかも
愛犬が一緒、僕にはこの上もないことです。

〜つづく〜






今日の花
fukujusou2.jpg
フクジュソウ



三頭山ハイキング記4

P1050533.jpg

ブナの径を三頭大滝方面に降りると、数回渓流を横切る。
人間だってきれいな水が流れているとうれしいし、
顔を洗ったり、手で水をすくって飲みたくなる。(実際にはやらないけれど・・)
ましてや犬は大喜び、それは確かですね。
これはこのコースの魅力の一つです。
この水は

P1050539.jpg

三頭大滝で一気に落ちる。

P1050536.jpg

滝見の吊り橋が怖いと思っている二コと感じないアグリ。
だいたいアグリには「怖い」と思う感情そのものがほぼ欠落している。
どっちかといえば二コの方が普通じゃないかと思っている。
もう一度山頂からの富士山を見て

P1050490.jpg

今回のハイキング記を終えます。

P1050501.jpg









今日の花
doudan.jpg
ドウダンツツジ



「八重の桜」の下で

快晴の土曜日、風も強くない、絶好のお出かけ日和。
こんな日はどこもそれなりの人出が予想される。
犬連れとしては人が少ない方がいい。
で、考えた時間帯は朝の連ドラの時間に目的地に着いてしまうこと。
この時間から9時くらいまでは人はあまりいない。
早朝散歩にも重ならない。
お泊まりなら朝食から身支度をととのえる時間帯で、
チェックアウトまでの間。

CIMG1037.jpg

(↑ 2犬がそろって目線をくれて笑っているショットというのはなかなかないんです)
いいかも知れない、この時間帯。穴場的時間帯かも知れない。
夕方よりも人は少ないし、これからの季節ではまだ涼しいということもポイント。

CIMG1034.jpg
ヤエザクラ(カンザシ)

ソメイヨシノは花吹雪が華々しいけれど、
ポンポンのような「八重の桜」も好きですね。

CIMG105923.jpg

同じ色の道明寺を連想しませんでしょうか?









今日の花
ukon.jpg
ウコンザクラ




雲が眩しいほどに白かった

ピンク色の花は桜草で、「自生している」と案内されています。

CIMG0889.jpg

ここでは、この花をテーマにイベントが行われている。
そのイベントのケータリングカーや屋台よりも先に着く。
好天とみどりの独占状態でホントに申し訳ないくらいなんです。

CIMG0894.jpg

もし

CIMG1051.jpg

独占使用料金を払うとしたらいくらだろ?
そんなに早起きでもないけれど随分得した気分でした。

「退職したら青空がこんなに青いのかと思った」
という退職者の話を聞いたことがあります。
そこまでは思わないけれど、雲が眩しいほどに白かった。











今日の花
CIMG0887.jpg
サクラソウ




ブンブンボールが好きな二コと二コを追いかけるのが好きなアグリ

someiyosino.jpg
↑ ソメイヨシノです。
花びらが散っても立派な花、葉桜とは終わったイメージですけれど、
桜もけっこうがんばっている。この年になって気がついたことの一つです。



見える範囲には人も犬もいない。
ウグイスの声が聞こえる、そんな状況でした。

CIMG0898.jpg

二コが持ってアグリが追いかける。
これが僕としても落ち着くパターンです。

CIMG0902.jpg

CIMG3752.jpg

「取られて上げてもいいんだけれど、簡単じゃ面白く無い」(by 二コ)

CIMG3751.jpg

ヒモを持ってボールが顔に当たる感触を確かめている二コ。

アグリが家に来る前の頃、持ったヒモで遠心力を効かせ、
上に投げて自分で空中キャッチしたことがあったんだけれど、
あの技は1回限りのまぼろしだったんだろうか。↓

_32sai2as774.jpg

↑ 今のアグリよりも若いころの二コ。
今とでは勢いが少し違うような気がしている。

二コが1頭で家にいた頃、過去のブログを捜してみて改めて思いました。
nico and ...
.. and aguri で暮らして、仲がよくてホントに良かったです。









今日の花
suiba.jpg
スイバ



日陰があって日向がある

いもむしになって、身体をひねりながら

CIMG30910.jpg

へそ天にひっくり返る。

CIMG0916.jpg

外では、寝返りしてひっくり返るよりこのパターンが多い。
うちのアグリはそうです。

CIMG1028.jpg

晴れた日には木陰ができる。
くつろぐ時は木の下がいいですね。
これは人も犬も同じ。

CIMG3778.jpg

日陰があって日向がある。
晴れの方がいいのはそういうこともあるんじゃないかな。
曇りの日はメリハリが少ないですからね。












今日の花
CIMG431159.jpg
フジノハナ



ごほうび

動物病院で狂犬病予防注射、フィラリア血液検査
血液検査、触診などの健康診断をしてきました。

CIMG1130.jpg

朝は特に明るい待合室で

CIMG1133.jpg

一番乗りは待ち時間が節約できるので楽ですね。

ニコ  体重 30.85kg
アグリ 体重 31.30kg
相変わらず両犬とも筋肉質だそうです。歯もきれい。
血液検査の結果は後日。

帰れば、ごほうびの

CIMG1139.jpg

棒たらのおやつ。
食べ方にも違いがある。

僕らのご褒美は、なあんたって
「あんたらが健康でいてくれること」だね。

健康であるためにはどんなに注意しても「運」も必要なんだ。











今日の花
CIMG1148.jpg
ブルーベリー 


二子玉川公園開園の日

過日二子玉川に行ってきました。

CIMG3801.jpg

屏風みたいなものがガレリアに立っていて、なかなかきれいな色彩だった。

C380221.jpg

わかりやすいハッピーな感じには
ラブがいた方がいいのではないか、と余計なことを思った次第です。

旧清水邸書院が復元されている日本庭園がある、
二子玉川公園の開園式がありましてちょいと覗いてきました。

CIMG3814.jpg

金箔だそうです。










今日の花
CIMG1162.jpg
ビンカ



モデル犬 二コ

わが家でも敷地内にある電柱にからんでいたモッコウバラが咲きました。

CIMG3918.jpg

こうくりゃ二コアグと記念写真が欲しい、というわけで

CIMG3922.jpg

たいていの場合、二コが笑ってくれる。

CIMG3910.jpg

こういうわんこ、なかなかいないと思うのですが、どうなんでしょう。
コニーもよく笑ってくれていたけれど、二コはその再来かなぁ〜。






今日の花
CIMG1150.jpg
モッコウバラ


ややセルフポートレート、冷たい雨

セルフポートレートって
セルフタイマーを使って撮ることばかりじゃなさそうです。

CIMG1174.jpg

↑ こんなのも、

CIMG1172.jpg

↑ こんなのも、ややセルフポートレート。
一部でも自分が写っているという意味ではセルフポートレートだもんね。

自分撮りってレンズをこっちに向けなくても、出来る。
ふだん自分が見ている光景は
こんな感じで自分の身体が見えていることが多くないですか。
逆に自分の身体が見えていない視覚が続いたら、それはそれで嫌だと思います。
人間も大きい不透明なエリカラ着けて暮らしてみたらわかるかも知れない。
今までそんなこと考えたことなかったけれど。。。
・・ちょっと変か。

CIMG1167.jpg

冷たい雨が降り続いています。

久しぶりに Bob Dylan の Self Portrait を聞きながら。













今日の花
nagami.jpg
ナガミヒナゲシ



雨が降ってる日曜日

まだ冷たい雨が降っていますね。
こんな日は

CIMG3732.jpg

室内で運動します。たいていは「ぷろれすごっこ」です。
追いかけたり、追いかけられたり、ぶつかったり、声を出す。
また、暗黙の合図でどっちかが走り出して追いかける。
そういうことをくりかえします。
ま、気分まで晴れますよ。
でも、大人の人間の方は真似しないでくださいね。
犬は「どっちが悪だ」とか面倒なことはいわないで、
「ごっこ」で止める自制心を持ってます。

CIMG3859.jpg

仰向けになるとタルタルが下(上)にさがり見える歯。
芸能人じゃないけれど白い歯がきれい。(おや〜ばか)

ともかく、

CIMG0865.jpg

日差しが欲しい日曜日の午前でした。








今日の花
kirisima.jpg
キリシマツツジ


ヒマなのかなぁ〜

CIMG122110.jpg

「サザエさん」が連載された1950年頃、
サラリーマンの定年は55歳、平均寿命は58歳。
波平さんは54歳で、あと1年で定年、その後3年で平均寿命に達する。
今は定年は60歳で、平均寿命は79歳。
定年は5年しか延びてないのに、寿命は20年以上延びている。
何歳で寿命を迎えようと、生きている限り健康なまま人生を過ごしたい。
まだ自分の健康状況が良好なせいだとは思うけれど、そんなことを考えて、
そういうことを書いてある「健康長寿本」を最近読んでいます。
ヒマなのかなぁ〜。ま、そうなんだろうね。

食事と運動とストレスがキーワードらしいです。

CIMG1214.jpg

っていうことは、犬にとっても運動は大切っていうことです。
外を歩くっていうことは、人間以上にストレス解消になっていると僕は思います。
ことさらに、犬と人の「健康長寿」のために歩いているわけじゃないけれど、
犬と歩くのは楽しいっすね。それで十分ですけれどね。

1050443.jpg

↑ わからないけれど犬もいろいろ外で感じているんじゃないかなぁ〜。









今日の花
CIMG1217.jpg
ナガミヒナゲシ、ツツジ、ニコノハナ




森林公園へ

これからの季節、犬が歩くには暑い日が増えます。
考えてみれば、
「晴れていて、花が咲いて」はあっても、
そういう日は犬には暑い日になっていく。

CIMG1244.jpg

森林公園、開園時刻 9:30 に入りました。
メンテナンスの作業をしている人しか見かけない時間帯です。
下調べはせず、「この時期何か咲いているだろう」と出かけた次第です。
森を抜けたところで、みどりをバックにポピーの色彩が飛び込んできます。
昆虫みたいに引き寄せられて行きます。

CIMG1265.jpg

↑ 青空と新緑とポピーと我が愛犬。
僕には天国みたいな風景です。

CIMG1272.jpg

暑くなく、晴れていて、花がたくさん咲いている
人出が少なく、歩くのに最適な平日のお休み、なんか申し訳ないっすね。

〜つづく〜













今日の花
CIMG1248.jpg
ポピー


森林公園 チューリップ畑で

CIMG1312.jpg

↓ 春はルピナス、秋はコリウスを見せてくれていた場所ですけれど、

P5230130.jpg
(↑ 二コが1歳半の時、花壇の中には入っていません。望遠で撮って遠近感を潰しています)
現在、春はチューリップ畑に変わって来ています。

CIMG1283.jpg

CIMG1295.jpg

僕が中学の修学旅行に行ったとき、担任の先生から
「プロの人が撮るいいものがあるのだから、写真なんか撮ることはない」、
そんなことを聞いたような覚えがある。思い込みかも知れないけれど・・・。
確かに作品のような写真は撮れないけれど、やっぱり
その時の記憶の糸口になっているということも大事なことですね。
「シャッターを押した瞬間から対象を見ていない」という指摘もあるけれど、
トータルに考えて、僕はこれからも写真を撮っていたいと思います。

CIMG13000.jpg











今日の花
CIMG1278.jpg
ヤマツツジ
森林公園の園路沿いいたるところに咲いていました。


モッコウバラ

CIMG1350.jpg

道路を広く使えるように敷地内に電柱が立っています。
東電からすれば敷地の占用料を払うのか、道路の占用料を払うのかの違いがあるだけ。
敷地内に電線から鳥のフンが落ちてきたりするけれど、
始めっからそうなっていたんで特に問題はないです。
モッコウバラが絡まってくれ、花が咲いているとこれはあっていいんじゃないか、
そんな気もします。植物って大したもんです。








今日の花
matubagiku.jpg
リビングストンデージー


幽霊になって自分を見る

CIMG4017.jpg

↑ 家人から見た僕の後ろ姿です。

もし自分を後や上から見ることができたら、つまりそれだけ客観視できたら、
どうなんでしょう。
「このおじさん、いいな、ラブと一緒に歩いて羨ましいな」
そう思ったとしたらそう思っている自分は? 幽霊なのか?

そのおじさんからふだんは

CIMG1191.jpg

↑ のように見えている。 

えーと、愚考します。
「ひとごとのように言うなよ」とは言うけれど、
自分を客観的に見られたら、けっこうプレッシャーに強くなれると僕は思います。
心の奥の方でそういう見方ができればストレスに負けないとね。

CIMG4018.jpg












今日の花
CIMG1287.jpg
チューリップ




連休初日

CIMG1368.jpg

「「楽しくなければいけない」そうでなければ「不幸」」
そう思うのは不幸かも知れない。
「楽しく」というのが強迫的な観念になっていたらそれも楽しくない。

CIMG1376.jpg

お天気のいい連休初日、家にいるのも悪くはない。
「もったいない」とはあまり思わないですね。








今日の花
ja-manairisu.jpg
ジャーマンアイリス


夕陽のワンワン

「二コしゃんはね、投げてくれるボールを見ないで走り出すの」
「見切り発車っていうらしいんだわ」

CIMG1398.jpg

「アグリはちゃ〜んとボールを見て走るんの」
「だから走る速さはかなわなくてもゲットできるのよ」

CIMG1394.jpg

「二コしゃんの行き当たりばったりなところは、おとしゃんにそっくりなんだわ」

CIMG1393.jpg

「二コしゃん、このボールはアグリがゲットしたんだってば!」
「それじゃ、また、おとこのこに間違えられるわよ!」










今日の花
choujisou.jpg
チョウジソウ


がんばれ! アグリ

四角いプールにコーナーは4つある。
その4つのうち2つにはステップがついていて後脚を着けて上にあがれるようになっている。
アグリはどのコーナーでもステップがついていると思っている。
あるいは、ステップがなくても「あがれるはず」の場所と思っている。

CIMG4154.jpg

↑ 人間に例えれば、腕を伸ばしたまま足は反動はつけずに上げている状態。
30Kg超の身体でブヒブヒやってます。

CIMG4149.jpg

親バカなんでしょうけれど、たいしたもんです。
上陸しようとする気持ちで自ら引っ張りあげています。
なんとか上にあがり、恒例の水気飛ばしの身体ブルブルまでこぎ着けてました。

P1050571.jpg

↑ 「見る前に跳べ」跳んでから見ろ。
遊びのために労を惜しまず。
父も見習わなくっちゃ。    (「今日のメモ」より)











今日の花
CIMG1373.jpg
ナデシコ




ふれあいは大切ですね

「ふれあい」という言葉、よく自治体で何となく使われています。
犬はほんものの「ふれあい」が好きです。

CIMG42330.jpg

犬と犬でも、犬と人でもどこかしら触れあっていると安心するみたいです。
そういう僕も副交感神経が活発になっているのを感じています。

今日、二コの再検査で動物病院へ行ってきました。
血液の再検査でもALTの値が大きいので、
お腹の毛を剃られ超音波検査までしてきました。

CIMG42437.jpg

超音波検査でわかるのは、
相対的に内部の堅いところと柔らかいの差、ということらしい。
その限りでは特に異常は認められないので、
経過観察ということになりました。
はねのけるだけの力は十分にあるのに診察台の上で大人しくしていた、
二コはえらい、と僕は思っています。
アグリも同じ診察室に入っておとなしく見ていました。
はい、仲良しなんです。

ふれあいは大切ですね。








今日の花
CIMG446215.jpg
八重咲きのクレマチス




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター