犬は「わん」とも思わない

いつものように同じソファで寝る2犬。

CIMG2663.jpg

足蹴にされて、見くびられていると思うのは人間だけだろうか、
サルはどうなんだろうか、ともかく犬は「わん」とも思わないようだ。

メンツとか、上とか下とかにこだわらず
相手を怖がらず侮らず、人として大切に接することが出来れば・・と思う。
でも、なかなかそうならないんだなぁー、人間社会って奴は。

CIMG01321.jpg










今日の花
heruborusu.jpg
ヘレボルス



ヒマでも一日経つのは速い。速いものは速い。

風は強いけれど、日向ぼっこをしている二コを見て、
出ようかどうしようか考えているアグリ。

CIMG0186.jpg

殆ど何にもしないでいても1日が過ぎていくのは速い。

CIMG0191.jpg

ボールの奪い合いという「ごっこ」。
人間でいえばキャッチボールのようなもの?
けっこう思い出に残っていたりする。









今日の花
CIMG018214.jpg

CIMG0185.jpg
ガーベラ


ひなまつり

3月3日、ひなまつり

CIMG2606.jpg

おんなの子には花と人形が合う。

CIMG2725.jpg

うちのおんなの子も好きなものでお祝い。

CIMG2756.jpg

デコレーションされていなくてはケーキじゃないかも知れない。
お祝いした気持ちは飾りたい気持ちに繋がっていくように思うのですが、、、
どうでしょうね。


ところで今日は

P1050259.jpg

方面に日帰りで行ってきました。
二コとアグリはスーパーボールのように弾んでいました。









今日の花
chu-rippu.jpg
チューリップ



めげないアグリ、楽しむアグリ

雪遊びをしようと訪れたのはハイジの里。
前日に20〜30cm位積雪があったそうで、
入り口付近ではスノータイヤでも空回りして進まない。
ハイジの人が除雪してくれて何とかたどり着いた。

二コもアグリも(喜ぶ)の二乗

CIMG2940.jpg

新雪だと分かりやすいのだけれど、
前脚と後脚の間隔が2m近くになっている。
特に後脚はうさぎのように中程にある関節まで使って沈むのを避けている。
それにしても元気一杯、気持ちいいくらい速い。

時々、アグリは

P1050272.jpg

潜雪し二コに乗っかられたり、

P1050276.jpg

「まいった」も「ごっこ」にするアグリ。

本気で走ったら二コにかなわないけれど、
アグリはめげないし、逆にいろいろ楽しんでいる。
アグリには見習いたい位いい性格が備わっている。
そのことは二コもわかっている。
だから、二コもアグリが好きなんです。










今日の花
kodemari.jpg
コデマリ

モノより思い出(犬ゾリ)

散歩後の足拭きもシャンプーも順番は決まっている。
始めは二コ。

CIMG3064.jpg

次はアグリ。     ↓

CIMG3057.jpg

さしたる意味もなくなってきている、ような気もしている。

CIMG2985.jpg

「私もちょっとやってみる」
「おー」

P1050370.jpg

見守るようにして

P1050372.jpg

伴走する我が愛犬たち。
・・面白いね。

これは犬ゾリです。新しい犬ゾリ遊びです。

・・・・・・・・・・・・・・

「モノより思い出」
そんな昔のCMコピーを思い出しちゃいました。
子どもじゃなくても、いくつになっても思い出は作れる。
僕はそのつもりでいます。








今日の花
boke.jpg
ボケ



早く帰るのもスローライフ

日帰りは昼を過ぎたら帰るようにしている。

CIMG3201.jpg
↑ ワサビがあった小川。「だめ」といっても入ると思っていた。
浅いのは知っていた。深かったらきっと泳いでいただろうなぁ〜。
二コも入っていた。

関越が渋滞する前に帰る。

CIMG02229.jpg

早く帰るのもスローライフ。

P1050408.jpg
↑ 新雪に軌跡を残す愛犬たち。

P1050405.jpg

犬たちは車に乗ると、ほどなく眠る。

P1050345.jpg

運転手は寝るわけにいかない。
帰りのドライブは休憩を入れながらだと楽です。

少し楽なくらいな方がいい。
楽しみなんだからね。
昔は楽(らく)と楽(たのしい)は同じ漢字だけれど違うと言っていた。
「今はそんなこたぁないよ」と思う。・・少しは大人になったのかなぁ。








今日の花
sakurakagetu.jpg
サクラカゲツ


犬のリゾートⅣ

「花粉症かい?」
「今日はひどい。目を出して洗いたい。」
っな今日でした。


日曜日の午前中、

CIMG3139.jpg
↑ ナイスキャッチ

P1050413.jpg
ハイジのゴールデンのモモちゃんと
いい所に住んでいるね〜。

P1050306.jpg
↑ 雪に沈みにくいだろうと持って来たボール。
一月前の軽井沢の経験がたまたま生かされています。

P1050391.jpg
↑ 二コに追いつかれアグリが舌を巻いています。

P1050325.jpg
↑ 御誂え向きのポーズをとってくれるアグリ。

日曜日の午前中は今日で区切りにします。
長々とどうも・・でした。
雪の上でホントにうれしそうでした。








今日の花
ri-ga-begonia.jpg
リーガーベゴニア



3月8日 家人の写真から

アグリはひとりで人間と遊んだことがあっただろうか?
一度、アグリだけを連れて秩父のお遍路に行ったことがあるのみで、

CIMG3305.jpg

いつも二コはそばにいる。
今日はドロセアちゃんもいっしょでさらに

CIMG3299.jpg

楽しかったようですね。
お姉さんたちも一緒でよかったですね。

CIMG3312.jpg








今日の花
yellowspring.jpg
イエロースプリング


ヒマな1日

ちょっとびっくりするほどの季節の変化。
初夏の陽気でしたね。

CIMG022454.jpg

ヒマだったんで(だいたいはヒマなんです)
花粉症のくしゃみを連発しながら、
以前、造作した時の残材を使って

CIMG024556.jpg

お土産を買ったときにちょいとのせるのにいいかもと、
荷物スペースに棚を造ってみた。
犬連れで行くと何かと荷物が増える。
その対策のつもり。
ま、邪魔なら捨ててしまうまでですけれど・・。

ケージに入れていくのが常識的とは思いますけれど、
出かけるとき、犬たちは2列目にいます。
そうすると「いっしょに行く」という感じがあって、
そのことに僕たちが慣れてしまっている。









今日の花
CIMG0221247.jpg
ナズナ



膝上の愛犬たち

Stormy Sunday
午前は初夏のような、午後は早春の嵐。
このまま、Stormy Monday に繋がりそうな勢いです。

CIMG032249.jpg

膝上の愛犬たち
目線を同じにすると改めて感じるんです。
やっぱり「家族」だな、って。

CIMG0240.jpg
コサギ










今日の花
CIMG0232.jpg
ヒメオドリコソウ

3月11日 原発事故に思う

今日の花
CIMG2404.jpg
カラー







現実から出発しないという立場も場合によってはあるだろう。
けれども、それはしばしば多くの「べき論」のように、
「ごもっとも」ということで終わってしまいがちだ。

原発の安全性を誰が担うのか

素人と玄人。お客様と供給者。コンシューマーとサプライヤー、それに監督官庁に分け、
この図式の上に仕組みを構築してきている。
これからも、この図式上の仕組みをどう強化するか、
この点ばかりが議論されているように、僕には思える。

これは監督する行政一般のやり方である。
法治行政であり、根拠になる法律→基準、手続きを持って「公平」に進める。
法律は国会で、議員は選挙によって成り立つルールによっている。

新聞やテレビを見ている限りでは、電力会社以外の一般人、「お上」たる官庁、
メディア関連の人たちが東電に腹を立てて、それに終始している感は否めない。
その通りである。けれど、この図式のままでより安全な方向に向かうのであろうか。
いささか疑問である。

おそらく、原発のことをよく知っているのは、学者でもなければ役人でもなく、
現場で働く人たちだったんだろうと思う。
以前あった「保安院」は経済産業省の普通の役所であって、
メディアの対象であったときの印象は薄い。
よく知っている人がそうでない人から指示を受け、結果責任も負う。
そんな風になっているように思えた。

現場で「こうした方が安全は高まる」と考えても、
「それまで安全と言って来たことがウソなのか」と言われ、
相当なコストも要するだろうから「詰んでしまう」という面がなかったか。
論理的整合は大切だけれども、論理が全てを網羅できるのだろうか。

「お上」として「あーしろ」「こーしろ」というものも必要であるけれど、
また、専門家の見識も大切だけれど、
電力会社に基準を示すだけで安全が確保できるだろうか。

実際にはお話にもならない程度の「安全」に神話まで付いていた。
役所はプロの電力会社のノウハウはない。
「教えろ」といいながら監督してきてもどうなんだろう。
電力会社だってメーカーのノウハウなしでは出来ない、と想像してしまう。
もの申すだけじゃダメなんじゃないか。そういう部分も残しながら、
電力会社がダメになったとき、役所の中に直接サポートできる専門的な部署がある。
安全対策のノウハウがあって、ただ電力会社とは立場が違うという部署。
そんな具体的な仕組みが必要じゃないだろうか。
コストがかかっても必要じゃないだろうか。

もっとも原発を全て廃止できれば大したもんだと思うけれど、
現実はどうなんだろう。
起きてしまった「現実」から望ましい姿になるまで40〜50年はかかる。
観念的な安全から現実的な安全性を増すこと、
完璧な安全神話よりしたたかな安全の確保を。
廃炉を目指している福島第一原発、作業に40年、
その間に再び大津波が来ないことを祈りつつ。




わかる

犬と暮らしていると、いろいろなことに ついつい擬人化してしまう。
この時もそんな瞬間の一コマだった。

CIMG0274.jpg

↑ 僕たちも繕いをする母の姿は見て育って来た。
(喋らなくても)、気持ちはその時と同じじゃないかなぁ。






今日の花
himarayayukinosita.jpg
ヒマラヤユキノシタ


犬を撫でると?

思い過ごしだろうか?

CIMG0262.jpg

真ん中を僕のために空けておいてくれるっていうのは。

「犬を撫でると人間の副交感神経が活発になる」
この仮説、誰か実験してくれないかなぁ。
多分あっていると思う。プラス
「犬の副交感神経も活発になる」
というのも当たっているような気がしている。








今日の花
CIMG0251.jpg
シクラメン






3月中旬、ゴール寸前

3月も中旬に入った。
35年も続くとは思わなかった現組織のサラリーマン人生も一つの区切り。
まだ働くけれど、一応の定年。
定まった年になったわけで、人によっては第二の人生という。
ま、僕にとっては1.5の人生といったところかな。
実際に直面するといろいろ思うところはありますけれど、

CIMG0238.jpg

今より
↑ 一緒に居られる時間が少し増えそうなことだけは喜んでいます。





今日の花
CIMG0237.jpg
サザンカ


犬は文化的?

”ラブラドール”で売っていたラブラドールのクッションのような置物。
もう10年位健在です。
一度玩具か食べ物と認識とすれば
咥えて振り回してガリガリやって形を変える作業に入る。
このクッションのような置物はベッドとかソファと同じ類と思っているようです。

CIMG3351.jpg

それは

kiss01.jpgコニーも同じだった。

考えてみれば、
「形をかえてもいい物」と「そうでないもの」を区別している。
犬ってけっこう文化的なのかも知れない。







今日の花
okamesakura.jpg
オカメザクラ




やわらかな日差しの中で


あんまり静かなので、
ね〜
いいですね〜、やわらかな日差し

CIMG0364.jpg

春の日に同化したくなる

*手を振ると2秒後に撮ってくれるカメラ、なかなか便利です。
便利といえば、

CIMG0349.jpg

渋谷の工事が終わって、今日、東上線が横浜市営地下鉄まで繋がった。
乗り換えなし、心理的には随分と近く感じる。
あ、横浜がです。








今日の花
CIMG0330.jpg
ハクモクレン




ひさしぶりのすみれちゃん

みんな少しづつおとなになっていく。
すみれちゃんとアグリはよく絡み合っていたんだけれど、
あまり久しぶりだったせいか、今日は
追いかけっこのようなことはしなかった。

CIMG0441.jpg

ぼくのことは覚えていてくれたようだった。

CIMG0446.jpg

春のグランドを探っているようなすみれちゃんとアグリ。

CIMG0442.jpg

変わらないのはボールをゲットして嬉しそうにしている二コ。
いや、、、いいんだよ。。。そのままで。。。。




雪が融けたら( )になる。

( )の中には何が入るか?
(水)と答え、(春)と聴く。
ちょっと、「まいったな」という気がしたのを覚えています。

四季は自然のリズム。
少しずつ変わっていくのが、急激に変わりました。
タンポポも咲きはじめ、上野公園では花見が始まっているそうです。
土手の上のソメイヨシノも花芽が1日で随分膨らんできました。









今日の花
CIMG0429.jpg
ハナニラ
どこにも咲いていますけれど、可憐できれいです。
今日、栄緑道で見つけました。


妙音沢

新しく木道が出来たと新座市のホームページに載っていた。

CIMG3411.jpg

ここは妙音沢、環境省の平成の名水100選にも選ばれている。

CIMG3408.jpg

右側のアグリはあくびをしたいのか、暑いのか、笑っているのか
ちょっと不思議な口の開け方、とは毎日見ている飼い主の感想。

CIMG0418.jpg

そのままの白木が輝いているのも今のうちかな。
毎分1トンの水量の湧水。これが、
都会とは言えないまでも市街地の一角にある、ということ。
大切にしたいと思う今日この頃です。

CIMG3432.jpg

二コはアグリを、アグリはこっちを、見ている。


案内によると、
もうすぐカタクリやイチリンソウが咲くらしい。







今日の花
CIMG0390.jpg
オオイヌノフグリ


いい時間です。

手を振ると2秒後に撮ってくれるカメラ。
人に撮ってもらうのと違う。何がって、
カメラのむこうに人がいないからね、
自分が架空の自分に向かって手を振っているような、
妙な気分ではある。

CIMG0353.jpg

犬に触ることをワンタッチというなら
↑ はワンタッチなのか? ツータッチなのか? ワンワンタッチなのか?
ともかく、ちょいと留守番の
いい時間です。








今日の花
CIMG0391.jpg
ユキヤナギ




曇りの天気、いっときだけの夕方の照明の中で

春分の日なのに初夏のような一日でした。

CIMG0478.jpg

笑っていると思いたい気もするけれど、多分暑いんでしょうね。
次の瞬間、一斉に、

CIMG0480.jpg

僕も後ろをよく見てみたけれど、
人も犬も猫も、特に注目するような対象は見当たらない。
僕の目が悪くなって来ているだけなのかな。

曇りの天気、いっときだけの夕方の照明の中で。
・・・
「なんなんだろうな」
疑問は残る。







今日の花
CIMG0477.jpg
ナノハナ


春雑感

おはようございます。

CIMG0343.jpg

毎日朝は来るけれど、一日は朝から始まる。
毎年春は来るけれど、一年は春から始まる。
春の朝、始まりの割には眠たさも残っている。
眩しくてちょうどいい。

会うは別れの始まり。
春は厳しくもある。







今日の花
CIMG0331.jpg
サクラソウ
近頃はなの色では二コかアグリか分からなくなってきた。



犬たちの影響

僕はスクワットと腕立て伏せをだいたい毎日やっている。
人にはよく続きますねと言われることもある。
山に登りたいからとか言ってますけれど、

CIMG3384.jpg

実際、筋力の必要性を日々感じている次第です。

僕の年齢の重ね方は、これまでも、これからも
かなり犬たちから影響を受けて来たし、受けるんだろうなぁ〜。
それでいい。




今日の花
kobusi.jpg
コブシ


早いサクラの開花

桜の咲く頃、目が桜にいっている間に、
いろいろな植物たちが動き始めている。

CIMG0498.jpg

「はなちゃん、おはよう」

CIMG0517.jpg

草が青々してきている。
「バティーちゃん、おはよう」
犬たちが嬉しそうにしている。
それを見ている3人の飼い主のおじさんたちも喜んでいる。
みなさん、犬が好きです。

夕方、

CIMG0542.jpg

満開前でも散り始めているサクラもある。
早かったり遅かったり、いろいろあって一律ではないけれど
全体としては満開直前といったところだろうか。

今年は早いっすね。










今日の花
CIMG0538.jpg
ソメイヨシノ




アグリ3歳

早いものでアグリは3歳になりました。

CIMG052237.jpg

二コもお祝いに同席。
二コの誕生日にはアグリが同席する予定。
我が家では年に2回の誕生日がある。

CIMG0526.jpg

祝って上げられることが何よりでございます。

3年前 ↓

_4188704.jpg

そのまんまであるよーな気がしている。








今日の花
hiasinsu.jpg
ヒアシンス






水鳥はいつもきれい

名前はレトリーブ(回収)であっても、
ま、君たちに捕まる鳥はいまい。
それでも気を付けないと、デッキからジャ〜ンプ。
泥だらけになって嬉しそうにしているアグリ、付き合う二コ。
そんな悪夢に遭遇することになるんだろう。

CIMG0589.jpg

CIMG0590.jpg

そういえば、カモたち水鳥は泥にまみれることはない。
いつもきれいなままで感心してしまう。
犬は時々洗わないとだめですからね。

CIMG0600.jpg

多分、去年より2週間位早く咲いているユキヤナギをバックに。
僕には白い泡波が愛犬たちの気分のようにも見えた。
左側二コの笑顔が特に。







今日の花
CIMG0546.jpg
ボケ



変化している

花と一緒に犬の写真を撮っておくと、あっという間に古くなる。
こう見えてサラリーマンやっているので、
平日の昼間は原則的に犬と離れて暮らしている。
日曜に撮った写真が火曜日くらいで「古くねぇ?」という感じになる。

CIMG0561.jpg

もうソメイヨシノの蕾はない、くらいに変化している。

愛犬たちも写真を撮っている僕も、
行きつ、戻りつしているようだけれど
なにか違うリズムで変化しているんだろうな。

CIMG0594.jpg
コサギ







今日の花
CIMG0568.jpg
ショカッサイ



Dogs love you.

思うのだけれど、
「人間が犬を愛している」だけじゃない。
Dogs love you. 
「犬が人間を愛している」のも事実じゃなかろうか。

CIMG0602.jpg

どう確かめたらいいのか、その方法は、わからないけれど
僕は確信している。

CIMG0579.jpg








今日の花
CIMG3325.jpg
バラ


ありがとう

6人いる定年退職者のために素敵な送別会を開いて頂きました。
あと1日あるけれど、

CIMG0654.jpg

いいチームで一緒に仕事ができてよかったです。
これ以上のことはありません。
本当にありがとうございました。






今日の花
CIMG3594.jpg
ソウベツノハナ


とまどう

「ありがとうございました」
声に出すと感情をコントロールできない。
朝っぱらから、夜お酒を飲むまでの間、
そんな「まいった」状態が続いた最終日だった。
なんとかごまかしてきましたけれど、(どうだったか?)
自分でもホントに意外でした。
35年は重たいということなのかな。
しばし、とまどう。




CIMG3529.jpg

相変わらず、僕がお風呂に入ると洗面所で待機している。
お風呂に入るまでは「かったるい」けれど、
出るとこんなおまけが付いてくる。
身も心もリフレッシュ。








今日の花
CIMG0680.jpg
スノードロップ



先輩

先輩! 
その骨だけになった骨、もうよろしんじゃないでしょうか。
くらさい!

↓ 手を重ね、アグリはお願いする。
その手の上に手を載せ "NO" 、二コは言う。

CIMG0709.jpg

ホントは二コにとってもうどうでもよくなっている骨。
・・・・・
ふざけっこするときは、先輩であろうとお構いなし。
でも本音がでる食べ物に関しては、先輩後輩がきちんとある。
僕らもご褒美は先輩の二コからと決めている。
そうであっても、
その一線だけは越えないのがちょっと不思議な感じがしている。
アグリの自主規制なんだろうか。
暗黙のルールがある。









今日の花
CIMG0788.jpg
コチョウラン
大先輩から頂きました。


CIMG0790.jpg



プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター