わんわんわん11月1日

上段、左から右、中段も左から右、同様に下段も左から右という順序です。

CIMG9954.jpg CIMG9955.jpg CIMG9956.jpg
CIMG9957.jpg CIMG9958.jpg CIMG9959.jpg
CIMG9960.jpg CIMG9961.jpg CIMG9962.jpg

「二コ、おはよ」

ソファカバーを掘り上げて中に入る。
毛布の方が入り易いだろうにね。
暑い季節はやらないのだから、寒さ対策?
だったら毛布でいいんじゃない?
適当な暗さと暖かさ、囲われている安心感?
ともかく、夜の間はカバーの意味がなくなる。



シリーズ 秋の夕暮れ ③

P1040098.jpg









今日の花
P1040089.jpg
ヒャクニチソウ
まだ頑張って咲いていました。



もっと理解できてもっと信頼してくれたら・・

何処へということもなく、歩いて、ただいっしょに歩いて
僕が二コアグをもっと理解できて、
彼女たちが僕をもっと信頼してくれたら・・。

P1040092.jpg





昨日のNHKの
「地球でイチバン ペットが幸せな街~ドイツ・ベルリン~」
をみた。

ペットに対する社会全体の意識、もっと根本的な市民社会の成熟度が違う。
犬税、一頭目が1000円、二頭目が1500円/月。
日本もすてたもんじゃない、とはいうけれど
犬があれだけ幸せに暮らせる社会は、
他のレベルが高くなければできまい。
明治以降、日本は他国のいいところを積極的に取り入れてきたのだから、
もう一度謙虚に学び直してもいい、と僕は考えるのだけどどうだろう?





シリーズ 秋の夕暮れ ④

P1040114.jpg









今日の花
P1040099.jpg
ランタナ





うれしい休息時間

今、どんよりしていた空が急に明るくなってきました。

P1040132.jpg

なんでもない日、

P1040131.jpg

とりあえず、なんにもしない。
うれしい休息時間。
二コとアグリのおかげです。









今日の花
P1040090.jpg
バラ




見る前に跳べ

CIMG99721.jpg

CIMG9976.jpg

犬の場合、思った時はすでに行動しているのではなかろうか。
脳科学者の実験によれば、
人間の場合、意志決定をしてから行動しているように思ってしまうが、
どうも、そう簡単に言えないそうだ。



P1040144.jpg

昨日寄り道して東京駅を見てきた。

P1040160.jpg

白い鳩のレリーフはあるけれど、
本物の鳩が来ないようにネットがあり、
・・でも、まあ、仕方ないか。

P1040164.jpg

明治から大正にかけて、辰野金吾の時代は
装飾性や記念性がわかりやすく、それが時代精神を現していたと
僕は思う。

真後ろに見える。

P1040163.jpg

行幸通り沿いの現代建築
装飾性や記念性は感じられない、それが時代精神を表しているのか?
それとも時代精神がなくなったのか?
かなり抽象的なレベルで、「昔の丸ビル建築群の面影を残しています」とか
建築造型的に何か言えるんだろうけどね。
”中央停車場”に比べたら引っかかるところがなく
どうしても目がすべってしまう。















今日の花
shoujousou.jpg
ショウジョウソウ





犬と移動するのにちょーどいい車

うちの車、だいたい8年くらい乗っている。

P1030853.jpg

2列目のシートに人を乗せたのは1回だけ。
座席を立てたまま買ったときのビニールがついている。
床に断熱材を敷いてクッションを組み合わせ、2列目に二コアグがいる。
決して人に薦められるスタイルではないとは思っているけれど、
スライドドアとか、後の荷物スペースとか、
犬と移動するのに、うちにはちょーどいい。
けれども、残念ながらメーカーはもう製造していない。









今日の花
amejisutoseji.jpg
アメジストセージ






誤解かも知れないけれど

ほんのちょっと離れただけでも

CIMG9735.jpg

目で僕を追いかけています。
まるでSP(エスピー)のように注意深く異変がないか確認しているかのように。
「お〜、僕を必要としてくれる」
誤解かも知れないけれど、うれしい誤解のままにしておきたい。








今日の花
karankoe.jpg
カランコエ



寝ていても可愛い

いろいろなことを覚えていたいなら、
寝る前に詰め込んでおくのがいいらしい。
睡眠には記憶を固定化させて情報を整理する作用があるらしい。
経験というものが蓄積されるのは寝ている間だろうか。

ところで、犬ってよく寝ますよね。
時々、犬は夢を見ているとしか思えない動作をすることがあります。
喋らないのでほんとのところは分かりませんけど、
ほぼ夢を見ているとみて間違いないと思っています。

CIMG9676.jpg

知らない犬だと警戒するのに、
仲のいい犬同士や飼い主さんとはふれあいながら寝ることを好む。
人間の場合、兄弟、姉妹だとこんなふうにならない。
成犬になっても ↑ 。
子どもと保護者の関係に近いのかな。

「うちの子、寝ていても可愛いんです」(バカですいません)










今日の花
keitou.jpg
ケイトウ



犬と歩くということ

人類が狩猟から農耕へ切り替えたことで、
それまでの10倍の人数をまかなえることになった。
土地に定着して暮らすようになった。
でも、僕は狩猟の方が自由で面白そうな気がする。

人に近づいてきたオオカミが
「犬」の原型(イブ)になったのが約1万年前と言われている。
農耕を始めたのもその頃らしい。
狩猟も併せてしていたのだろうから、犬も
農耕で少しだけ余裕がでてきた人類と一緒に動いていたのかもしれない。

P1030810.jpg

犬と一緒に行動するのは、なにか農耕というより狩猟という感じがする。
ただ歩いているだけなのに、なぜか飽きない。
この不思議な感じは、僕らのご先祖様たちも持っていらしたのかな。

〜犬は歩いても棒に当たらない〜
〜犬と歩くと棒に当たる〜




今日の花
gazania.jpg
ガザニア



コンビ? トリオ?

10月7日に二コと行った都民の森、
あいにく雨が止まなかったので、途中で引き返して来た。
今度は是非二コとアグリでお山の上まで行ってみたいと予定していた。
今日午前中に、都民の森でお山に登って降りてきた。

P1040291.jpg

犬のマナーに関する注意看板はあります。

P1040211.jpg

道は普通の登山道に比べて(東京都が管理しているだけに)いい。

P1040214.jpg

地図も持って行ったけれど、入り口売店にある
無料のパンフレットが一番詳しく正確。

P1040218.jpg

三頭山という名前どおり三つのピークがあり、
三つ目の三頭山から見えたのが、

P1040220.jpg

とても姿のいい富士山。
まわりに人は6人くらいいたけれど、
構わず「わー」、声が出てしまった。
五百円札裏面よりいいんじゃないか。


アグリを守ろうと谷側を歩く二コ。
僕とアグリの間にいる二コ。
今日の二コとアグリの山歩きはそんな感じだった。
何の問題もなかったと思う。
なかなかいいコンビになってきた。
もしかしたらトリオ?
また行こうな!









今日の花(紅葉)
P1040278.jpg
イロハモミジ




アグリの保護者はふたりいる

リードを片手にカメラをもう一つの手にして写真を撮る。
転ばないように足元も気にしている。
撮れる写真は意図的というよりもたまたま撮れているという感じに近い。

P1040196.jpg

並んで歩いている二コアグ、二コは谷側にいる。
(腰のくびれがはっきりしているのが二コ。)

P1040197.jpg

縦列のときは、二コは僕のそばにいる。

P1040198.jpg

並列と縦列の中間のとき、二コは谷側を歩く。

P1040199.jpg

アグリのリードはたいてい張り詰めている。
二コのリードはゆるくなっている。
アグリの保護者は二コと僕、ふたりいる。

Y字型になっているリードは、何かの拍子に僕からリードが離れても、
二コとアグリは離れないので、
多分その方が安全だろうと思ったんだけれど、どうなんだろう。
結果的には一度もそうならなかった。













今日の花
P1040301.jpg
ハボタン






下りはゆっくり

今日は11月11日、ワンワン、ワンワン。
2犬飼いの日、つまらない冗談はこれ位にして山歩きの記を続けます。

山で出会った人に、
「登りはいいけど下るのは大変だね」と声をかけられた。
「はい、そうなんですよ」僕は答えていた。
登りはそれなりに犬も疲れるようで、

P1040191.jpg

人間は引っ張ってもらうので楽ちんです。

P1040216.jpg

一方、下りの犬のペースは走るように速い。
なので、自分の歩くペースを意図的にゆっくり、ゆっくり遅くする。
人間が速く歩くともっと引っ張ろうとするので、
どうせ引っ張るなら、ゆっくりの方が多少余裕ができる。

P1040227.jpg

何でも一生懸命なのが犬の信条、
「ゆっくり」というコマンドはうちの子たちには難しいようだ。
「待て」「よ〜し」の繰り返しになってしまう。

P1040248.jpg

リードを短く持って脚側で歩いてもらう、という方法もありです。
いずれにしても人間の足の踏んばりも大切。(スクワット、スクワット)
こうやって書いていると、また山歩きを遊山をしたくなってきた。



だんだんに天気は回復して、

P1040253.jpg

朴木(ほおのき)のブラウン色になった大きな葉がハラハラと
やがてフィナーレを迎えるところだった。







今日の花
P1040296.jpg
ビオラ





年に一度の森のお祭り

10月7日に来た時、二コはこの吊り橋にビビっていた。
今回、二コとアグリを連れて来た。どうなるか?

P1040271.jpg

↑ 案の定、二コは前回と同じく腰を落とし尻尾を丸め怖がっている。
アグリはスキップを踏むように歩いている。
アグリは嫌がることはあっても、怖がることはない。
どんな人やワンちゃんに会っても、
へそ天になれば、和やかになるとインプットしている。
高所がなんで怖いのか、わからないまま成犬になっている。
僕からすれば、それが怖くもある。



雨の日に紅葉を楽しむのが上級者で、晴天の時に楽しむのは初級者だと
ラジオで聞いた。だんだんにその初級者向きの天気になってきた。

P1040262.jpg

紅葉を透過してくるカラフルなライト。
やがてモノトーンの雪と氷の世界を迎える前、
ひとときだけ、年に一度の森のお祭り。

P1040279.jpg

撒かれたばかりのウッドチップの大滝への道。
すでに山道は終わっている。












今日の花
CIMG0025.jpg
ポインセチア
CIMG0028.jpg
うちの奥さんがブログで「生まれたてのヒナ鳥」みたいと言っていた。
たしかに、・・ツバメのヒナを思い出した。



あまえんぼーな成犬

アグリは一言でいえば「あまえんぼー」

CIMG0003.jpg

それを感じているのは二コも同じ、だよな。

P1030822.jpg

来春、アグリは3歳になる。
ず〜〜っとおとなにならないような気がしている。

P1030821.jpg

すでにアグリは、アグリを迎えたときの二コの年齢月齢は超えている。
二コはアグリを迎えてから変化したと思う。
アグリには二コがいないことは想定できない。







今日の花
cha.jpg
チャノキ



二コの表情

犬の表情筋は人に比べて少ない。
人の表情筋はたくさんあってもあまり使わない人がたくさんいる。(特に男)

CIMG0116.jpg

その少ない表情筋を使って草っぱらでボールを確保したとき、
二コは口角をあげて実にうれしそうな顔をする。
何がそんなにうれしいのか分からないけれど、
「二コ、うれしいね」と
思わず声をかけてしまう。(ボールを回収するのは諦めている。)

CIMG0117.jpg

二コもほふく前進するけれど、アグリもする。
↑ の光景は割合よく見かける。

2年半戻れば

_61380721.jpg

保護者のような表情が読み取れるような気がする。
二コもアグリもこの時とあまり変わっていないかもしれない。
そう思うと分かりやすい面が多い。
だいたい、僕は思い込みやすい性格なんで、
はい、これも思い込みかも。










今日の花
P1040302.jpg
キンギョソウ


カメラは

カメラはレンズとフィルムだ、と思ってきた。
大きいレンズと広くて大きい受光面の大きいカメラがエライ。
それに重たい三脚をつけたらスゴイのだとね。
価値観を写真の質や作意の反映におけば、多分それはそれで正解なんだろうけど、
「いつかは」と思ったのも事実だけれど、
2犬連れにとってはちょっとね、・・あんまり現実的とはいえない。
人がモノをどう見ているのか、最近読んだ本によれば脳の中での後処理がすごいらしい。

CIMG0184.jpg

↑ 普通にオートで撮ったもの。

CIMG0187.jpg

↑ ちょっとアングルは違うけれど同じ光でコンデジのHDRを使ったもの。
僕の目にはもう少し暗いけれどだいたいこんな感じで見えている。

CIMG0188.jpg

よくわからないけれど、露出を変えて何枚か撮ってそれを合成しているらしい。
黒い犬と白い犬が並んで撮った写真は白飛びしたり黒つぶれしやすいけれど、
どうなんでしょう、いくらか改善できるような気もします。
約1年前に買ったんですけど、今では1万円台前半。








今日の花
CIMG0178.jpg
コウテイダリア




小春日和

CIMG9581.jpg

インディアンサマー。
しつこい蚊がいなくなり、本格的な寒気団がやってくる前の
やわらかい11月の日差しの中、まどろむ二コとアグリ。

これに勝るものを、ぼくはそれほど多く思いつけない。












今日の花
isogiku.jpg
イソギク




今朝の散歩から

CIMGsa0132.jpg

↑ 桜の紅葉。
花ほど目立たないけれど散ってゆく姿に、なぜか「いいぞ」と思ってしまう。

ところで、
電車の広告に紅葉がきれいになる3条件として、
① 夜の寒さ
② 日中の日差し
③ 湿気
が必要と記載があった。

CIMqG0216.jpg

今朝の桜の紅葉は色が濃かった。


CIMG0217.jpg

二コとアグリと歩くのはリズムを刻むことであり、
身体もそうだけれど、頭も使っている。
歩くリズムは、考えたくない時も何か考えてみたい時も助けになる。
犬と歩いていて退屈だなぁ、と僕は感じないのだけど、どうなんでしょう。







今日の花
winterkosu.jpg
ウインターコスモス



近いうち

CIMG0127.jpg

時々見かける練習風景から最近の吹奏楽部は女子が圧倒的に多いのがわかる。
大きな公園でみる大学生と思われるマーチングバンドも圧倒的に女子。
二コもアグリも女子。

ただ、ほかワンちゃんに出会いアグリが子どものようにふるまうと、
二コは母や姉のようにやさしくでなく、未熟なアニキのように吠える。
これが僕の困り事の大きな部分を占めている。
でも、近いうちにいい子になります。
その近いうちはいつ?
近いうちに近づいているんかい?
はい、そのように努力はしております。

CIMG0227.jpg

サッカーゴールをどける野球部員を熱心に見ていました。
「あの鉄パイプの枠とネットがどうなるのか」
きっと興味があったんでしょうね。
「ただ、そこに置いておくだけなんだよ」










今日の花
CIMG0223.jpg
コスモス



嫌じゃないからお座りをする

CIMG0247.jpg

天気晴朗なれど風強し。
日本海海戦でまずお天気のことをいう理由はなんだったんだろう。
白穂を振り乱して踊るススキは、そんなに悲しいものではない。

CIMG0242.jpg

犬は「おすわり」に一応従います。

CIMG0244.jpg

嫌なら従いません。
アグリは未だに
「伏せ」がわからないのか、わかろうとしないのか、ともかくしない。
その代わり、他の人やワンちゃんが来るとへそを見せて仰向けになる。
おそらく、嫌じゃないからお座りをする、それだけです。














今日の花
jurian1.jpg
ジュリアン




ふれあい橋で

天気のいい休日

CIMG0261.jpg

特に新しいことも面白いこともないのが普通ですが、
こうして一緒に歩ける時間がとても大切なのであります。








今日の花
CIMG0234.jpg
ガーデンシクラメン



Labdog Nico and Aguri

CIMG0206.jpg

夜寝るときは離れているけれど、昼間は何処か触れあって寝ている時が多い。
やがて寝返りをうつように離れる。
深い眠りにつくまでの間お互いを感じながらうつらうつらしているんだろうか。
これはこれで安心していられるのだろう。

Labdog Nico and Aguri
どの飼い主さんもそうだと思うけれど、
自分の飼っている犬種には特別な思いがありますよね。
もちろん多犬種の多頭飼いの人もたくさんいらしゃいますけれど、
僕の場合、イエローラブのコニーが居たからそれ以外はあまり考えられなかった。
けれども、今では個としての二コとアグリが欠くことができないので、
例えば、二コが明日の朝ゴールデンに変身していても二コだと分かればOKです。
ちょっと変だけれど、、、いや大分変だけれど。。。。。














今日の花
CIMG0304.jpg
クィーンカランコエ


似ているのは損な役回りといったところかな

CIMG0366.jpg

犬は飼い主に似てくるというのは幾分か真実が含まれているかも知れない。
二コとアグリのどっちが僕に似ているのか。
多分、二コの方だろう。
長男と「長女」の違いはあるけれど、
「上になってしまった」というところからくるものに何か共感する。
損な役回りといったところかなと思う。
目のまわりの色が濃いところも僕と似ている。

CIMG0378.jpg

もちろんどっちも可愛い。









今日の花
margaret.jpg
マーガレット





寒くなってもいいことはある

CIMG0c252.jpg

開店前の川沿いにあるショッピングセンターの駐車場
モノクロにすると
アグリのような二コ、二コのようなアグリ
もっと似てくる。


今日は一日冷雨、朝と夕方だけ止んでくれた。
ここぞとばかりに多くの人が犬散歩にでていました。

CIMG0120.jpg

あとはだいたい ↑ のようになっていまして、
はい、ダメ親父も「ツードッグナイト」とか言って
晴れていないと眠くなる、とか言って昼間から一緒に横になっていました。

寒くなってもいいことはある。










今日の花
CIMG0230.jpg
キク





シッポを振りながら

ボールを持たない限り、他のワンちゃんがいない限り
ノープロブレムな二コ、その気なら脚側歩行も出来る(エヘン)。

CIMG0521.jpg

若干問題ありなのがアグリで「ゆっくり」歩くことは出来ないと思っていた。
ところがぎっちょんちょん、5〜6段ゆっくり降りて僕の顔をみる。

CIMG0523.jpg

わざとゆっくり降りているのだけれど、それに合わせている。
「え、えらいぞ!」
↑ 今日、秩父31番札所、観音院296段の石段で
うちの奥さんが撮影したもの

CIMG0379.jpg









今日の花
CIMG0267.jpg
ポインセチアと真っ赤な真っ赤なトナカイさん

この間、お祝いに胡蝶蘭を買いまして・・
ラッピングをお願いしている間にお花屋さんの商品を撮らさせてもらいました。



秩父札所 30〜34番

秩父34ヶ所観音霊場札所巡りは30番から34番までで
50kmを超える道のりがある。
全体で100kmと言われている中で半分以上を占める。
つまり札所間が離れている。
車で行く場合、駐車場に戻るため
例えば18km離れていれば36km歩く必要がある。
いろいろ愚考してみたけれど、ドライブで廻ることにした。

P1040467.jpg
↑ 30番法雲寺



P1040449.jpg
↑ 31番観音院



P1040435.jpg
↑ 32番法性寺



P1040389.jpg
↑ 33番菊水寺



P1040380.jpg
↑ 34番水潜寺


ひとまず、僕は1番から29番までを歩きで、
30番からはドライブで、
34番までのお寺を巡らさせて頂いたことになる。

幸いなことなのかもしれませんけど、お寺の方にも参拝者の方にも
犬を連れて行って嫌な顔をされることなく、
むしろ親しみを持って接していただいたと思っております。

ありがとうございました。
秩父はとてもいいところです。












今日の花
CIMG0229.jpg
キク





飯能市立あけぼの子供の森公園

飯能市立あけぼの子供の森公園では
アケボノ杉の紅葉が夕日に映え、
ムーミン屋敷を中心にしたアニメのような建物が
たくさんの子どもと大人を引きつけていた。

P1040498.jpg

秩父の帰り渋滞に巻き込まれながらも行ってみた。

CIMG0572.jpg

↑ ムーミン屋敷をバックに

P1040512.jpg

↑ 半地下室から見た二コとアグリ

P1040520.jpg

↑ だいたい内部の上の方はこんな感じです。
 奇跡的に人が見えない瞬間があった。

P1040482.jpg

↑ 子ども劇場をバックに

CIMG0556.jpg

↑ 森の家をバックに
アグリはもう座るのが「いや」になっている。

CIMG0562.jpg

↑ 見晴らし橋 
アグリが覗いています。

CIMG0570.jpg

↑ 水あび小屋をバックに

この日秩父お遍路と合わせて一体何回モデルとして付き合ってくれたんだろう。
特にこの公園では親子連れを中心に混んでいて、駐車場は満車状態だったし、
なかなか大変な時に行ってしまったと思っています。
おやつなしでも よく頑張ってくれました。
なかなか、いい子じゃないか。(じがじーさん)










今日の花
kochouran.jpg
コチョウラン




法性寺の山門で

2犬並んで記念写真

P1040431.jpg CIMG0494.jpg
↑ まるで林家ぺー・パー子のよう。
P1040432.jpg CIMG0495.jpg
「おかしゃん」を目で追いかけるアグリとしっかりモデルの二コ。
表にでてきたおかしゃんを確認し、もう座っていられないアグリ。

これでもアグリはモデルのように動かない二コを気にしている。
もし二コがいなかったら、
不安気味になって、おそらく僕たちから10秒も離れていないだろう。
何となくですけれど、これはこれで2犬の性格がでていると思う。

まあ、それだけのことですけれど・・・。
ところで、煙草を止めておいてよかった。(早くも4年経つ)






今日の花
daimonnjisou.jpg
ダイモンジソウ
(観音院のそばにあるお蕎麦屋さんで花名を教えてもらった)


初冬雑感

CIMG0585.jpg

本格的な冬に突入する前はこんなに鮮やかなのに、

CIMG0588.jpg

寒くなると雪で覆われなくても色彩が減ってくるような気がしています。

落ち葉はゴミとしてだしますけれど、ゴミじゃない。
帰っていく土が失われているだけだ。
落ち葉焚きで焼き芋を食べたり、ただ焚き火を見ているだけでもいい。
いろいろ失ってきているものがありますね。

CIMG0420.jpg

犬と暮らす。
僕はそれまでこんなに多くのものを得られるとは思っていなかった。
ホント。







今日の花
jacobasabo.jpg
ジャコバサボテン



聞いてみたいことはたくさんある

CIMG0140.jpg

土や草の上を歩くのはいい。
土は呼吸をしている、生きている。
ぬかるんだり水たまりがあったり、固くなったり、ほこりになったり・・。
人間は道を舗装して便利に暮らしているけれど、犬はどう思っているんでしょうね。
ときどき犬も土の感触を楽しんでいるような気がする。
思い込みなんでしょうね。
いろいろ聞いてみたいことはたくさんある。





今日の花
nioisakura.jpg
ニオイサクラ



犬は安心すると、それまでのことは忘れる(ことにしている)。

「二コ」「アグリ」
ムーミン屋敷の屋外階段からまわりを気にしながら、
それでも聞こえるように声をかけた。

P1040516.jpg

二コもアグリもきちんと反応してくれた。
でも上から声がするとは思わず普通に地上を捜す。
男の人が歩いていたので、とりあえずそっちの方へ引っ張ったりする。
もし、このアングルで自分が見えたら幽体離脱?
急ぎ降りて行く。
犬は安心すると、それまでのことは忘れる(ことにしている)。










今日の花
purekutoransasu.jpg
プレクトランサス



プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター