今朝の散歩から

_9014063.jpg

上空に冷たい空気が入ってきているらしく、朝からモクモクと雲がでている。

以前のフィルムの一眼レフからデジタル化されて、
殆ど紙にしないし単価も安くなり気楽になって、
写真を撮っているというより空気を撮っているような、
まあ、ちょっと雑に撮ってますね。
久しぶりにフォーサーズの一眼レフ(僕には十分)を持って散歩。
多分撮れた写真でいったらコンデジと大差ない。

_9014043.jpg

犬はウラトコバイパスの向こうにシロクマ君を発見したようです。

_9014047.jpg

水中のシロクマ君、確かにアピール力ありですね。







今日の花
CIMG8053.jpg
テッポウユリ



うれしい誤算と普通の誤算

CIMG8460.jpg

車で出かけるときはだいたいいいことがあると思っている。
ウインカーのチカチカ音がしたり、減速したりすると、
犬の目覚ましが鳴るようだ。「うれしーんだわー、ワン」

天気も余り好くないし、もしかしたら空いているかもと川に出かけた。
ちょっと見通しが甘かった。
「ラブが2犬泳ぎますけど、いいですか」
3組くらいの人に訊いてから放した。

P1010939.jpg

泳ぐのはアグリに任せて、「一緒には泳がないのかなぁ」と思っていたので、

P1010941.jpg

うれしい誤算だった。

夕方の散歩でにわか雨、びしょ濡れになったのは普通の誤算だった。





今日の花
_9014071.jpg
ガーデンシクラメン
どうやら夏越しできそうな雰囲気になってきた。
ちょっとうれしいかも。




別々の2組の若いカップルが川にいた。

若い女性がタオルを身体にまいて着替えていた。
えっ!  ちょっとビックリした。
男子のようにタオル巻いて着替えちゃうの?
ワンピースのような洋服に着替えていたのでもう帰るのかなと思った。
そのまま川に入って行ったので、もう訳が分からない。

もう1組のカップルのこれまた若い女性がタオル巻いて着替えている。
もう、わけがわからん。

たしかに海の家のような施設はない。
でも車の中でうまくやれば出来なくもないと思う。

いろいろなタイプの人が増えてきているようだ。
電車の中で化粧している人もいるしなぁ。
特段人に迷惑をかけているわけでないしな。
ちょっとおろろいた。いや、いいんですけどね。


何処かでサボルつもりです。すいませんね。

今日から新学期が始まるところが多い。

CIMG8044.jpg



_8264012.jpg
  ↓ 2日間のヒマワリの変化(8/30→9/1)
_9014018.jpg


学校の正門前ニチニチソウの花壇で

P1010883.jpg

9月になって急に季節が動き出した。

「秋に夏休みがあればいいんだけどな」などとは申しません。
来年には持ち越せない有給休暇をどうしようか。
還暦がいいのはこう思える時です。
ゴマをするつもりもさらさらない。
何処かでサボルつもりです。すいませんね。




今日の花
CIMG18050.jpg
トレニア




今秋の抱負

うちから15分位歩いたところに深い緑の斜面地があり、
ところどころに湧水がある。
朝歩くと蜘蛛の巣が顔にあたる。蚊もいる。
「マムシ注意」なんて書いてある看板もある。

たまにはいいんじゃないか、と出かけてみた。

_9014027.jpg

高低差はせいぜい15m位だから5階建の建物位。

_9014035.jpg

ちょっと歩けばすぐに"頂上”。

_9014036.jpg

土には水が溜まったり乾いたりぬかるんだり、呼吸している感じがある。
実際、土ではさまざまな微生物が呼吸をしている。
あまり贅沢を言わない犬だけど、土の方を喜んでいる。
昨年もここで写真を撮ったときもニコニコしていた。
犬と一緒に、
その15mの高低差の何倍も何十倍も登って降りてみたい。
天気に恵まれた人の少ないウィークデーしかも有給休暇が取れる日。
そんなラッキーな秋の日が来てくれれば犬と一緒に登ってみたいもんだ。

まあ、単なる願い事、思い事、なかなかそう簡単に問屋は卸してくれまい。





今日の花
_9014021.jpg
カンナ


一緒に歩いていて、ふと思う

コニーの死から5年がたった。
今日は命日。
二コはコニーが送ってくれた救急車。
だから、あさってで二コは5歳になる。

P1010027.jpg

↑ コニー3歳半の時。
今の二コとアグリのちょうど間の年頃。

PC240009.jpg

いい思い出しか残らない。
「何か悪いところを思い起こせ」と言われたとしてももう無理なんですよ。

↑ 同じ散歩コースを歩くこともある。
バックは12年前、2000年、今もこの時のままの風景だ。
一緒に歩いていて、ふと思う。

僕らはコニーを育てたけど、コニーからいろいろ教わった。
多分ことばにできる意識的な部分より無意識の部分の方が大きい。
癒されたり慰められたりも含めてたくさん影響を受けている。
二コとアグリと暮らしている今の状況は、
コニーがいなければ少なからず違っていたんだろうなぁ。


とね。





今日の花
CIMG8575.jpg
アリガトウ



秋だ、犬だ、かけっこだ

走るのは二コの方がやや速い。
ボールを投げて先に追いつくのは二コ。

_9014081.jpg

けれどアグリが面白いなと思うのは、そのまま先に帰って来ることだ。
アグリはボールでなくて二コと走ることを楽しんでいるだけ。
ボールをゲットした二コがアグリを追いかけているかっこになっている。

CIMG84362.jpg

秋だ、犬だ、かけっこだ。

CIMG8450.jpg







今日の花
_9014069.jpg
ハツユキソウ



元気に5歳、ありがたいことです。

はや5歳になりまして

CIMG8600.jpg

うち半分はアグリの保護者として

CIMG8637.jpg

元気に暮らしています。

CIMG8665.jpg

〜ありがたいことです〜


うちに来たばかりの頃は ↓

こんな頃もあったんです。





今日の花
F1000c003.jpg
トルコキキョウ



may you stay forever young

CIMG8697.jpg

6時過ぎ、まだ蒸し暑いけれど日没が随分と早くなってきた。

さすがにこの時間になると、マーチングバンドの練習も終わり誰もいなくなる。

CIMG8703.jpg

ボールを投げながら歩く。

CIMG8708.jpg

↑ 写真ではわかりにくいけれど、
5歳になったばかりの二コ、まだまだ低く速い。
地響きがする力強さは二コが誇りとするところだろう。
見ているだけで、まるで運動会で我が子を自慢する父母のような心境になる。

CIMG8726.jpg

forever young , forever young
may you stay forever young


明日は朝から仕事で、ざんねんむねん。






今日の花
CIMG8696.jpg
ルドベキア



少し秋っぽくなって蚊が元気に、そんな気がする

CIMG8767.jpg

昨日と同じアングルで富士山を見ることができた。
夕方暑いとは言ってもそれでも少しは秋の気配がしてきている。
なんだか蚊も元気になってきたみたいで、やたら喰われる。かいい。

森を歩こう。
ふだんはアグリが少し先を歩いているけれど、
森のある区間だけは二コがアグリの先を行く。
きっと、二コにとって嫌な、不安な予感がしたに違いない。
これは、家人と共通の認識であった。
時々いつもと違うことがあるのがおもしろい。

P1010973.jpg

「おすわり」ということは両犬とも知っている。
二コはモデルさんのようによく分かっている。
アグリは甘えることができればそちらが優先のようだ。

た〜だ、二コは

CIMG8780.jpg

ボール持ったら最後、時間が経って自分から妥協するまで、きかん坊だ。

CIMG8773.jpg

静かな日曜の夕暮れだった。

(仕事はうまくいった、よかったよかった。)






今日の花
CIMG8739.jpg
ネムノキ



夕闇がつつむ

P1010989.jpg

よく見ると二コとアグリがいます。
ぼけぼけ写真を暗くしたものです。

P1010985.jpg

これからの季節は暗くなくても気温は下がっていることを
希望します。

CIMG8784.jpg




今日の花
P1010942.jpg
トラノオ


〜今日も訪問ありがとうございました。〜



「寒いけど春」「暑いけど秋」

およそ8月の初旬ほど暑い時期はなく、2月の初旬ほど寒い時期もない。
しかし、暦の上では、「立春」であり「立秋」である。
これは旧暦になぞらえても同じといわれている。
厳しく暗い冬、へとへとになる夏を
ことさらに味わいたくない中世以降の知恵だろう。

CIMG8747.jpg

この年になるまで「変だ」と思ってきた。
「残暑」の方が長いし、暑いしね。
その点は犬も同じだろう。

CIMG8801.jpg

「寒いけど春」「暑いけど秋」
この季節感の方がお得なのかも知れない。
よくわからないけど・・・。







今日の花
CIMG8731.jpg
ランタナ



続きを読む

犬のプレゼント

犬を撫でたり、声をかけたりします。
犬からは足元でお腹を見せたり、スリスリしたりします。
犬どおしでは鬼ごっこしたり、付かず離れずだったりします。
もっともダメだったりもするし、いろいろあります。

CIMG8594.jpg

↑ こうやって無意識に手を触れていたりするのをみると、うれしいもんです。
 
〜Bob Dylan の新譜 Tempest を聞きながら〜


P1010964.jpg
二子玉川を「にこたま」という人もたくさんいる。






今日の花
kuzu.jpg
クズ




labdog

CIMG7111.jpg

人に会うのはお風呂に入るのに似ている。
会うまではおっくうだけども会って損したと思うことはまれだ。
眠たい時はおっくうだけど、お風呂に入ったあと損したとは思わない。
このところシャワーで済ましているけれど、
殆どの場合 ↑ のようになる。
大型犬と暮らすときは洗面所をもう少し大きくしておくべき。
もっとも、ここまで予測できればそれはすごいと思う。



トイレのドア前です。

CIMG8765.jpg

外開きのドアを少し押せば飛び起きて歓迎してくれます。
自分から人に近づいていった唯一の動物といわれる犬。
labdog という言い方をするようになって12年位経つけれど、
僕はいまだに気に入ってます。








今日の花
momijirukousou.jpg
モミジルコウ



ときどき思い出したくなる

CIMG8485.jpg

2週間前の川での二コ。
改めて写真を見ていて思った。
追憶っていうんでしょうか、何か繋がっているとね。
うれしそうにしている。それだけで

P4190035.jpg

コニーを思い出した。
コニーも水のなかでよくうれしそうな顔をしていた。
↑ 5歳のコニー、今の二コと同じ年。
つまり10年半前ということになる。

CIMG8415.jpg

52と25 
別に比較しているわけでない。
ときどき思い出したくなる、そういうことってあるんです。
そういう時、僕は気持ちのままにしています。










今日の花
sennitikou.jpg
センニチコウ




ふにょふにょなリラックスタイム

CIMG85211.jpg

写真中程の物体は僕の右腕です。
僕はよく右腕に右耳をのせて寝る。犬はアゴをのせて眠る。
↑ 2犬1人でクーラーの下で寝っ転がっていた時の一コマ。

朝の散歩から帰って一通りすることを終えて
ふにょふにょなリラックスタイム。








今日の花
P1030009.jpg
ポーチュラカ


夕方の車山高原観光

山が劇的に見えるのは日が上るときと日が沈む時間だろう。
山肌を深い陰影で現し、空に突き出すシルエットは高く、
山々の長い影で囲まれるダイナミックな空間に魅了される。
山雑誌の写真の多くは朝と夕に集中する。
ただ、その光景をみるには山に泊まる必要がある。

山小屋に着き昼寝、夕方起きて、車山肩までビーナスラインでドライブ。
少しずるいけど、そういう朝や夕方を味わえる場所なんです。

P1030102.jpg

雲間から注ぐ光が、銀色の斜面、ススキの波を真横から照らす。

P1030129.jpg

雲間から幾筋も射す光の束はカーテンのようでもあり、
天使の梯子とも光茫ともいう。

CIMG8997n.jpg

「お告げ」でもをしそうな我が愛犬たち。

CIMG8991.jpg

ほぼ平らな道、これでも標高1820mあるんです。

P1030117.jpg

昨日の夕方はこんな所で観光していました。






今日の花
CIMG8406.jpg
キバナコスモス



いつの間にか「犬がうれしければいい」ということになっている

狂喜乱舞とはこのことをいうのではないか、と思わせる。
この場所に近づくだけで、特に二コは狂う。
自分でもどうしようもないくらいなのだろう、
人間ではこれほど直接的にうれしさを表現することはない。(多分)
これはアグリにも伝染するので、車の中はひっちゃかめっちゃかだ。

CIMG8875.jpg

二コは走るのも速いうえにフライングスタートだ。
アグリはボールを投げる人を見てからついでにボールに向かう。
いや、二コに向かって走る。
当然二コがボールをゲットする。
ボールを持った二コを確認したら僕に向かって先に帰って来る。

P1030170.jpg

そのことの繰り返しに過ぎないのだけど、そりゃうれしそうだからね。

P1030082.jpg

「また行こう」わが家では
いつの間にか「犬がうれしければいい」ということになっている。

P1030174.jpg

すぐにクールダウンもできる。







今日の花
P1030048.jpg
ホソバノキリンソウ



再び車山高原午後5時過ぎから

再び車山高原午後5時過ぎから

P1030113.jpg

天使の梯子

P1030106.jpg

P1030138.jpg

コロボックルヒュッテ前で

CIMG9004.jpg

ウィンドブレーカーが重宝する気温だった。

CIMG8999.jpg

だいたい、こんなかっこで写真を撮ってます。
なので、ときどき不意打ちを食らうことになる。
でもまあ、てきとーにわかって待ってくれている。






今日の花
P1030057.jpg
サラシナショウマ


コニーを見るアグリ

CIMG9070.jpg

いつもの河原、いつもの橋の照明、季節は秋だった。
その昔、写真を下敷きにしてコニーのイラストを描いた。
割合と分かりやすいキャラクターだったので描きやすかった。
めぐりめぐってアグリが見ているように見える。

「あなたのお兄さんだよ、大きかったんだよ〜」

CIMG9065.jpg








今日の花
CIMG8935.jpg
コスモス


二コにとってアグリは

オオバコという草は人家のそば、人の歩く所によく生えている。
ホントはオオバコだって踏まれたくないに違いない。
けれども、踏まれなかったら他の植物に取って代わられてしまう。
そこに生きる術を身につけて植物界の生存競争を戦ってきている。

P1030071.jpg

雑草という植物名はない。





二コはアグリが来て以来他のワンちゃんとなかよしになろうとしない。
アグリがいるから他のワンちゃんはもういい、という感じだろうか。
犬への愛情とか友情の量の全てをアグリに持って行かれているかのようだ。

CIMG8939.jpg

ごめんね、ハンナちゃん。
ハンナちゃんの庭で遊ばさせてもらっているのにねぇ〜。

CIMG8952.jpg

対外的にはアグリが営業部長の役割を引き受けている。









今日の花
P1030010.jpg
ハイビスカス




「ウッ!」と言ったまま泥のように寝入った山小屋での昼過ぎ

はらの上に二コが不意を突いて乗ってきた。「ウッ!」

CIMG8960.jpg

こんなかっこのまま1時間くらい寝ていた。
夕方起きてから車山高原へドライブ。
晴れているといいね、いろいろできて。
秋雨もいいんですけど、休日の昼間だけは止んで欲しい、と思う。


↓ 今日行って来た、雨のさいたまスーパーアリーナ

CIMG9084.jpg

犬は留守番、
夫婦で犬用品以外のものを物色するのは随分と久しぶりのような気もする。
・・とは言っても、
シュラフを買ったのは山小屋用で・・・やっぱり、犬と関係するなぁ〜。





今日の花
P1030212.jpg
ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)
ヒガンバナ
カレンダーを持っている花、不思議なくらい正確に咲く。



アグリは幸せものです

埼玉県ではこの土日休むことなく雨が続いていました。
散歩でしかうんちもおしっこもしないワンチャンも多いとおもいますが、
いかがお過ごしでしょうか?

思い出すのは先代犬コニー君です。台風の日でもカッパを着て散歩しました。
今はデッキをつくったので外に出やすくなったので、
アグリはガマンをしつつも敷地内の外で用を足し、
二コは原則室内でしています。

P1030202.jpg

(↑ 先週)
季節の変わり目、雨が多いのは仕方ないっすね。




二コはアグリにどう接してきたか、昔の動画で好きなものを再掲します。
ヒマだったんで見ていたんです。



↑ 巴投げがきまってしまって「しまった」と思う二コとめげないアグリ
かなりやさしい保護者です。 ↓



改めて見ると、アグリは幸せな育ち方をしてきたと思います。







今日の花
P1030207.jpg
ハギ

犬は西東

ことわざに「犬が西向きゃ尾は東」とあるけれど、

P1030036.jpg

役割分担してお母さんを捜しているときもある。
この場合、アグリはあさっての方向を向いている。






今日の花
hotarufukuro.jpg
ホタルフクロ


近頃気になった新聞記事から

近頃気になった新聞記事から

健康寿命
一生のうち介護が必要だったり、日常生活に支障が出るほどの
病気にかかったりする期間を除き、健康に日常生活が送れる期間を示す。

単に寿命を延ばすのではなく、生活の質を重視する考え方に基づき
世界保健機構(WHO)が2000年に提唱した。厚労省は今回、世帯ごとの所得、
家族の健康状況などを調べる「国民生活基礎調査」や日本人の平均寿命などのデータ
などを基に算出した。

自立し長生き「健康寿命」
男性70.42歳、女性73.62歳。
ちなみに平均寿命
男性79.55歳、女性86.30歳。

CIMG9034.jpg

僕も含めて、人間は自分は違うと楽観的に考える性質があるらしい。
しかし、データでは健康寿命はあと10年。
なぜか、なにをか、わからないけれど溜息がでる。

CIMG8971.jpg

明日、初めて人間ドックなるものに行ってくることにした。

「一病息災」という言葉があるように
あまり神経質になる必要もないと思っていますけどね。










今日の花
mukuge.jpg
ムクゲ



今日の二コアグ

昔の青春ドラマ、学園ドラマのエンディング映像に使われるようなシーン。
夏木陽介、竜雷太、森田健作、中村雅俊・・僕は見なかったけれどなぜか知っている。
当時の青春期の人間を前向きに引っ張っていくキャラクターイメージは今でも強烈だ。
結局そのイメージに戻ってしまうのは、ある意味不自由なところもあるんだろうと邪推します。

犬は気持ちの上で、青春期より先にはいかないような気がしている。
犬のいつも前向きなところには、大昔から人間は励まされてきたに違いない。
犬の持つキャラクターイメージに僕も励まされて来ている。


CIMG9125.jpg

小田急バスの横についている犬の走る姿(今でも時折観光バスで見かける)(ローカルですいません)
のような二コとがむしゃら走りのアグリ。
ようやく涼しくなってきました。助かります。



F10926014.jpg

↑ 浜離宮公園で見かけました。 ↓

120926x.jpg

仕事を休んで人間ドック、ついでに公園めぐり。
割合と健康なようで一安心といったところでした。(ありがたい、二コアグのおかげかも)








今日の花
seri.jpg
セリ



あっ! 二コだ! アグリだ!

新宿駅の構内を歩いていても

F1209271.jpg

街を歩いていても

P103001325.jpg

「あっ! 二コだ! アグリだ!」と思っているのはやっぱりへんか。


P1020006.jpg

特にコメントはないようです。









今日の花
CIMG8737.jpg
フイリヤブラン



芝離宮庭園にて

勤め先の隣には小学校があり、校庭から子どもたちの甲高い声が聞こえてくる。
23区内といっても、そこはいわゆる住宅地にあるので、
港区の竹芝あたりに行くとお上りさん状態になる。

芝離宮庭園

F1000033.jpg


F10h4031.jpg


F1045027.jpg


F103w030.jpg

この辺に来るのはずいぶんと久しぶりだった。
まるで海外旅行に行ったような目新しさである。

F1r40013.jpg

東京タワーも随分とお小さくおなりになってしまいました。
映画「3丁目の夕日」の頃、東京タワーが晴れがましく高かった風景を知っている。
50年余りの時が過ぎ
おじいさんもおばあさんもおじさんもおばさんもみんないなくなってしまった。
マイラというシェパードのような雑種の賢い犬もいた。
今だったらテレビ局が何度も取材に来るくらい(多分)本当に賢い犬だった。
みんなが好きな犬だった。

P1030226.jpg

今の僕に繋がっているのかも知れない。








今日の花
kibana.jpg
キバナコスモス(浜離宮庭園)



ヒガンバナをバックに

P1030244.jpg

↑ アグリはいいけれど、二コの目線がそっぽを向いている。

P1030246.jpg

↑ 二コはいいけれど、アグリの視線がそっぽ。
だいたい写真を撮る時はこんなケースが超普通である。
道行く人は多いし、待ってられない。

なかなか

gosei1209.jpg

↑ な風にはならない。(合成してみた)








今日の花
P1030269.jpg
マリーゴールド





今年最後かも知れない水泳

今日の午後の降水確率は高く、なにしろ台風が近づいている。
でも細かく見ると3時くらいまでは晴れている予報。
川は空いているに違いない。
(ぶる〜ん)
お一人釣りの方がいらした。
「大型の犬を連れてきています。ここで泳ぎたいのですがいいですか」
「ちょっと下流に行きますから、いいですよ」
「すいません、ありがとうございます」

CIMG9175.jpg

そんなお願いをしている最中、
上では行きたくてどうしようもないニコが川に向かって
「ワン! ゥワン!」
同じ気持ちでも、アグリは見ている。

P1030304.jpg

泳ぐことに対してはアグリにかなわないと諦め気味の二コが、
今日は積極的に動きまわっていた。

CIMG9266.jpg

↑ さっき写真を見ていて「これはアグリだな」と思っていたら
「早く投げて下さい」は二コだった。
しかも「ボール持って来い」で持ってこない二コがボールを持って来る。
「今日だけ」とは思うけれど、そんなことでも嬉しくなってしまった。

CIMG9242.jpg

天気まで晴れて来た。

帰りぎわ、釣りをしている人と気持ちよく挨拶も出来たしね、
今年最後かも知れないけれど、いい気分で帰路に着いた。






今日の花
serosia.jpg
セロシア



プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター