これからも程よく仲良くやってくださいね

一緒に暮らしているからといっても、仲がいいとは限らない。
良い場合も悪い場合もそれぞれある。
ただ保護者の都合からすれば仲良くしてもらいたい。
お互いの意志疎通もしっかりしてもらいたい。

CIMG7650.jpg
↑ 先週、いつもの神社の夏祭りの日の朝

いろいろ問題も課題も多いうちのわんこ達ですが、
その点だけは悪くないと思っています。

P1m000802.jpg

うちの二犬、同じ親族といえばそうなのですけど、
おとなになった動物どうしってどうなんでしょうね。
「親を敬え、先祖を敬え、兄や姉を敬え」っていうのは
人間界でも歴史的には後に出てきたんじゃないでしょうか。
何か教えのようなものを加える必要があったということじゃないでしょうか。
仲の悪い親子や兄弟は世間にたくさんいますもんね。

そういうことを超えて
これからも程よく仲良くやってくださいね。





今日の花
P1010245.jpg
ワルナスビ



今年のピークはもう充分です

CIMG7703.jpg

獲物を狙う冷酷そうな目と鼻で口を開いてパクッといくかどうか思案中。
この時は「まだ、酸っぱそうだ」と判断したようだった。

二コの右目のマイボーム腺腫手術あと、
ちょっと見ただけではわからない位に回復してきました。



僕は暑さにはどちらかといえば強い方だと思っていた。
でも、犬と暮らし、ほんの少し犬の気持ちを察するようになってきて、
夏の暑さがかくも厳しいものか、と実感しています。
この暑さは1年のうちでピークで、これを超えると秋、冬と下っていく。
そんな風に思ってきた。
だから冷夏だと、
ピークをトラバースして中腹から山麓で終わってしまう感じでもの足りない。
でも、今年のピークはもう充分です。
これは年のせいじゃありません。犬のせいです。(うそつけ)








今日の花
P1010168.jpg
キバナコスモス



2犬の会話

P1010653.jpg
(↑ 今日、埼玉の家に帰って)

「楽しかったわね」
「ええ、とても」

涼しかったいつもの信州から帰って来て、
クーラーの真下でまどろむ二コとアグリ。
僕らからこの姿をを見るとそう会話しているように見えてしまう。(希望的観測)

うちの2犬、基本的には付かず離れずで暮らしている。
いつもではないけれど、
付くときもあり、それを片方が拒否するということもない。

P1010608.jpg
(↑ 昨日、山小屋で)

2犬で何か会話しているように見える。
言葉が通じない異国人同士だって分かり合える。
犬同士通じ合えるものはある、
それは内面のことばとして存外深いのかも知れない。










今日の花
P1010526.jpg
ヤグルマソウ
(打ち上げ花火のイラストのように見えません?)





小さくてもうれしいことの積み重ね

P1010399.jpg

白い川の中州の木の下で空を眺める。
青い空、白い雲、みどり。
アルファ波、副交感神経、ドーパミン、ともかく「あー、いいなぁー」です。

P1010391.jpg

↑ 突然視界を遮る我が愛犬二コ
水をしたたらせながら、もっと遊べと言いに来たようだ。

CIMG7784.jpg

↑ 白い川

P1010375.jpg

↑ 水中から見た水面に川底の砂が映っている。わが愛犬の足もね。
つまり白い川は白い砂と透明な水でできている。

P1010347.jpg

川は泳げるくらい深くなったり浅くなったりする。
堰の上は5cmくらいの水が流れ、藻もなく滑らず走りやすい。








「うちの犬が喜ぶならそれがいい」
そう思っているので何度も行くことになる。
なるべく犬が喜ぶところに連れていきたいと思いますよね。
小さくてもうれしいこと。
オリンピックでメダル取れなくてもうれしいことは沢山ある。
小さくてもうれしいことの積み重ね、それはいい。





今日の花
P1010555.jpg
アザミ


一旦便利さを手に入れたら戻れない

信州に山小屋を9人で建てて28年。
この間、道路が便利になった。
始めの頃は中央高速がまだ完成していなかった。
ビーナスラインは有料だった。
長野オリンピックを経て
既存の道路は拡幅されてきたし、スーパー農道、林道が整備された。
この度、エコーラインがビーナスラインにつながった。
これによって蓼科方面から八ヶ岳南麓への移動が便利になった。

P1010454.jpg
↑ Mint Gardenで ↓
P1010449.jpg




P1010569.jpg
↑ Pop's Cafe で

僕らが小さい頃は高速道路なんていうものは1本もなかった。
その後の経済発展、インフラ整備
おかげでこうして犬連れであっちこっち移動できます。
しかもカーナビで電話番号を入れれば案内してくれる。
一旦便利さを手に入れたら戻れない。
産業革命以降から近年の情報通信の進歩まで、もう戻せません。

P1010591.jpg
↑ いつもの”ちゃいぶ”さんで ↓
P1010597.jpg

信州の高原は一番暑い時間帯でも木陰に入ると涼しい。
埼玉の今の気温からは想像しづらいけれど、明け方は寒い位だ。
あるお店のご主人から、
「犬のためにもこっちで暮らしたら」と強く薦められた。








今日の花
P1010491.jpg
ホタルフクロウ



わかる、そして可愛い

しばらく考えた後、それでもアグリは

P1010455.jpg

ソファの上に乗った。
多少窮屈でも床に寝ることもできてもそこに居たかったようだ。
わかる、そして可愛い。

P1010432.jpg
御柱街道から見た阿弥陀岳、赤岳






今日の花
P1010511.jpg
コスモス


山小屋のこと

31年前に。
今の20代の人に訊いたら「31年なんて気が遠くなるほど遠い将来のこと」と思うだろう。
でも、31年後は来る。  ともかく、そんな昔に、
吉祥寺のビアガーデンに集まった男4〜5人で「10人くらい集めて山小屋をつくろう」
まったく雲をつかむような話で盛り上がった。
1週間後には銀行口座をつくり、毎月酒を飲みつつ夢を語り、
3年後には建設にこぎ着け、
紆余曲折、11人いたメンバーは9人になっているけど、
ちゃーーんと今でも存在している。
僕はけっこう中心的役割を果たしてきてきている。多分。
良くも悪くも、我が人生にはもう二度とないできごとです。

P1010618.jpg

全部セルフサービスだけど、チェックイン、チェックアウトの時間もない。

♪ いいぬはよろこび にわかけまわり

P1010606.jpg






今日の花
P1010589.jpg
ヤマユリ




生まれ持って来た性格

P1010313.jpg

談合坂のドッグランから世界中を見張る。
そう言えば、生まれた頃から上に居たがっていたなぁ〜。

_4mn188704

アグリは。
生まれ持って来た性格というのはある。
二コにも

_A15m1298.jpg

ボール命という性格?があったのかなぁ〜。







今日の花
P1010441.jpg
インカノカタバミ



パラダイス

あるいは他のワンちゃんもそうかも知れない。
うちのはその傾向が強過ぎるのかも知れない。

CIMG7885.jpg

特にウインカーの音やら、カーブで揺れたり、減速の時、
つまりそれは目的地に近づいたサインになるから、
犬は、期待爆発、好奇心そのものになる。


いつものパラダイス

CIMG7898.jpg

あえて、”白い川”がアグリのパラダイスだとすれば
ここは二コのパラダイス、といったところか。


CIMG7901.jpg

この顔が見られれば「エーンヤコラ」。
ほんとにそう思う。

P1010488.jpg

冷やして走って、走って冷やして、走って冷やして
他に人や犬がいない時だけ楽しんでいる。居たら諦める。
この日は30分だけ。







今日の木
CIMG7856.jpg
ネングドカエデ




人の読書と犬のそれ

シラカバやブナの林から覗ける空。
緑の縁取りと白雲、これが僕が目指している夏なんだ。

P1010559.jpg

持って来た本を読み始めていると、
犬も読書に”行きたい”、とアグリ。

CIMG7934.jpg

犬の読書は歩きながら・・、時々感想文を書きながら・・。




あんまり早く寝てしまうので、夜中に起きてしまう。
外がぼんやり明るいので窓を開けじっと見る。
目の前に迫ってくる森は、月明かりに照らされている。
木々の幹、端が垂直線のように照らされいる。
目が慣れてくるつれ奥の方までどんどん数が増えてくる。
目線より上にある無数の葉っぱは黒い影となり、
目線より下にあって月光が届く葉は、
かすかに青く殆どモノクロの光で暗く照らされている。
これらがモノトーンのレイヤーが幾つも重なっているように遠近感をつくる。
ハクビシンや鹿はこんな時間に動いているんだろうか。
残念ながら写真には撮れない。








今日の花
P1010492.jpg
ツキミソウ



そういう決め事なんです

ロンドンオリンピックも終わりまだメディアは余韻を残しているけど、
急速にいつもの夏に戻って来ています。
今日はお盆の入り。
夕方の散歩では提灯にロウソクを灯して大通りまでお迎えの姿を見かけました。

P1010629.jpg

↑ 一週間前
曾祖父、曾祖母、祖父・祖母、父、他にも一族の方々が納骨されている。
ここで気がつきました。
父、母は2人です。父方も母方も入れれば、
祖父母は4人です。
同様に曾祖父、曾祖母は8人です。(めぐり会えているのは1人だけですけれど)
私たちは実に多くの祖先を持っている。
とにもかくにも、大昔、父方またその父方、という風に整理して一族と決めている。
そうしなければ訳が分からなくなってしまう。
別に分からなくってもいいのだけれど、その方が都合がいいことがあった。
なのでそういう決め事をつくった。
本当はそんなもんだろう、と僕は思う。


あ、二コはアグリの母方の親族なんです。
お互いにどう思っているのか、
人間の言葉(できれば日本語で)で教えてもらいたい。


P1010528.jpg

湖畔の木陰から








今日の花
P1010679.jpg
エンゼルトランペット



む〜〜〜〜、埼玉は暑い

昨夜、アグリは僕のベッドの上で一晩を過ごしたらしい。
たまに職場で宿直があるんです。
あともう一回やれば今年度以降、つまりこれからずーーーっと解放される。
そういう予定になっている。

今日帰って来ると、アグリは食事の時以外はひっつき虫になって、
今も机の下から覗くようにじーーっと僕を見ている。
溺愛というのは親の子に対する接し方のことをいうのだろうけど、
その気持ちがわかるような気がしている。
いいんです、犬はいくら溺愛しても・・。

P1010646.jpg

今日も暑かった。

P1010639.jpg

P1010641.jpg

小まめにに給水。人間以上に気を使わなくてはいけない。
車の中では保冷剤を下に置きながらの、今回の外出からの帰宅となった。
む〜〜〜〜、埼玉は暑い。






今日の花
P1010304.jpg
マリー・ゴールド




やっとわかった

アルミのクールボード。
これまでアグリ専用だった。

120816.jpg

「これ、冷たくて気持ちいいじゃないの」(二コ)
やっとわかったようだ。
2年かかった。





今日の花
_806n0060
マツバボタン



♪ 同じアホなら遊ばにゃソンソン

4年半くらいブログを続けていると、
「去年の今頃どうだったかな」とういうのが分かる。

P1010702.jpg

8月の中旬の昨年のブログも一昨年のもキツネのカミソリがでている。
まるで、カレンダーをみて「せーの」って声を掛け合ってでてくるようだ。
去年も一昨年も殆ど違わずお盆の頃に花芽がでてきている。
あとひと月もすればマンジュシャゲの花芽がでてくる。
年が束になって過ぎていく。
時は、こっちの事情なんて一切お構いなしに過ぎていく。

♪ 同じアホなら遊ばにゃソンソン(今日の結論)






今日の花
P1010700.jpg
キツネノカミソリ






「アグリは二コに甘え、二コはそれを許す」の図

つい最近、
アルミのクールボードが冷たくて気持ちいいことを見つけた二コ。
アグリからすれば占有していたボードに二コが進出してきたようなもの。
いきなり、アグリが二コの腕を枕にする。

12081801.jpg

二コは振り払うこともできる。
少し思案し、

12081802x.jpg

自分も腕枕。
平和的、実に平和的。
二コが、初対面の他のワンちゃんにも
そんな気持ちで接してくれればなあぁ〜。







今日の花
P1010688.jpg
ペンタス

いや〜〜〜、うれしいっすね〜〜

アグリはオッパイを吸うようにある種の犬の小さいおもちゃを吸う。
口の中に入れたままチュパチュパ吸いながら寝てしまうこともある。

P1010736.jpg

うちの奥さんは
「だいたいアグリがどういうおもちゃならそうするか」
分かっているようで、その通りになった。
見苦しくてすいません、我が左足が写っています。

P1010739.jpg

その足の上でうつらうつらし

P1010738.jpg

こっちに向かって寝返りをした。
「いや〜〜〜、うれしいっすね〜〜」



今日の夕方散歩、草むらで
アグリのうんちをビニール袋に入れた手でダイレクトキャッチ中、
僕の腕に4〜5匹の蚊が止まっている。
アグリはもう始めている。
想定外、想定外。
ふだんはダイレクトキャッチなんてやらない。たまたまなんだけどな。
こういう時に限ってなかなか終わらない。
・・・・・・・・・・・・・・
今日の教訓:草むらには蚊がたくさんいる。かゆい!













今日の花
P1010689.jpg
ニチニチソウ


We Love Dogs ! にて(大好きな犬好きな人)

大好きな犬好きな人だと分かったら二コは足元で、
お腹をだして「きれいなピンク色でしょ、撫でて 撫でて」
とばかりにひっくり返る。
アグリが来てから気を許して甘えることは減ってきた。(保護者の自覚)
でも、大好きな犬好きな人に会えたうれしさは隠せないようだ。
何度もひっくり返っていた。
アグリは犬と人が仲良くしていると、その間に入る。

P8193910.jpg

甘える権利を行使するかのようだ。

P8193911.jpg

そういう”うばい愛”劇を見せられたソウイチロウ君、
惑星のようにぐるぐるしていた。


_8193898.jpg

↑ 平泳ぎも出来るアグリ



突然ですが、
P1010732.jpg
早朝のメタセコイア











今日の花
CIMG8048.jpg
ヒャクニチソウ 






深い意味はなさそうだけど、なんでだろ?

今朝河原では、2m位まで伸びていた草がラフに刈られていた。

CIMG8116.jpg

一晩経って、草が乾きはじめ青畳のにおいが一面に漂っている。

CIMG8122.jpg

今週末には柳瀬川の花火大会が予定されている。
それに合わせて毎年今頃、年に3回行われる草刈りのうち1回がされる。
うちの犬はカットしてある少し水気がないサラダもお好みのようだ。

猛暑、酷暑の8月下旬、それでも早朝は幾分涼しくなってきた。

今、気がついた。
2犬が並んだ写真、かなりの確率で二コが向かって右で、アグリが左。
ちょっと調べてみると8割くらいの確率でそうなっている。
僕は意識したことはなかったんだけれど、なんでだろ?









今日の草
CIMG8123.jpg
ハツユキカズラ





今朝の散歩から

夏至から2ヵ月、あと1月もすれば秋分の日。
8月下旬の日の出時刻は5時5分くらい、日の入りは18時23分位。
日中の暑さは相変わらずだけど、それでも朝夕は少し、ほんの少し
過ごしやすくなってきている。

CIMG8141.jpg

堤防の斜面や刈った草の処理など、昨日より随分と草刈りも進んでいる。
床屋さんに行ったようにさっぱりした気分になる。

CIMG8144.jpg

従事されている皆様へ
日中の暑いところご苦労様です。ありがとうございます。

犬連れもそうじゃない人も土手の上は
駅の改札に向かう人の流れのように混んでいます。
新築の家の青畳のようなにおいの中、ここを歩けるのはいい気分。








今日の花
CIMG8153.jpg
アサガオ



よく間違える

_8193891.jpg

タイル3つ分の身体の長さ、同じような姿勢、この角度からだと
一瞬、どっちが二コでどっちがアグリなのか迷う。

_8193881.jpg

よく間違える。名前を呼ばれた犬が反応する。
「いいこだね〜」ごまかすけれど、
すぐに横を向く。犬は分かっているようです。



まあまあ、

_8193896.jpg

ご機嫌を取り直してくださいな。








今日の花
CIMG8136.jpg
ヒマワリ




八ヶ岳リゾートアウトレットで思ったこと

P1010846.jpg

「ねえ二コしゃん、こういうときはどうしたらいい?」

P1010848.jpg

「つぎからつぎに「さわっていい」ってくるじゃないの」
「どうしたらいいの、べつにいやじゃないけど、
ただ「どうしたらいいのか」わからないのよ」


そうか、

P1010849.jpg

おとしゃんのあしもとにいればいいんだわ。





P1010851.jpg

頭隠してなんとやら。
・・・・・申し訳ない。
「かわいい、ちょーーーーかわいい」

P1010855.jpg

犬と出かけるとこういう展開もあるからね。
小さいうちから「感情はループするもの(例外もあるけど)」
ということを知ってもらえたらいいんだけどなぁ〜。

犬は無意識のうちにそのことを知っているんじゃないか、と僕は思っている。




今日の花
_6233771.jpg
バラ



いや〜〜、たのしいっすねー〜

"白い川"で

P1010794.jpg

水しぶきを上げる犬の姿をみるとうらやましくなる。
なので、

堰の上を1年ぶりに走ってみる。
ヒマそうにしていた二コがついて来た。

CIMG8197.jpg

アグリはひとり流木と遊んでいた。

CIMG8198n.jpg

遅れをとったアグリは必死になって「まてー〜」 追いかける。

CIMG81925.jpg

犬は僕を見ながら走っているだけで、ふつうに走ればずーっと先にいるはず。
けっこう犬は一緒に走るのを楽しんでいたようだ。
僕もそれなりにうれしそうにしていたらしい。(家人(談))
いや〜〜、たのしいっすねー〜



家人もブログでアップしています。・・・Wan day








今日は
P8253926.jpg
花火
P8253949.jpg





8月最後の日曜日

P1010872.jpg

犬は人間同士が話をしていれば、彼らなりの緊張感もほぐれる。
犬と犬の関係も微妙に人間と人間の関係を反映しているのだろう。
運営をしている社長をはじめとするスタッフの皆さんのおかげと思いますけど、
穂高ドッグランの雰囲気は犬も人もいい、と思う。

P1010866.jpg

二コは川や湖では泳ぐ、しかしプールに関心を示すものの、
「プールの縁から上がってこれなかったらどうする」ということが
克服できない。
これはこれで生きてゆくための知恵ということ。
無理をさせても・・、とは思っていない。









今日の花
CIMG8260.jpg
ヤマハギ




なんでだろう?

僕は考えていた。

CIMG8204.jpg

なんでそんな昔の歌詞を憶えているのか?
なんで二コはボールだけより、ロープだけより、
一緒にくっ付いているだけで何倍も執着するのか?

P1010748.jpg
(双葉サービスエリアから)

なんでアグリは二コよりも速く泳げるようになったのか?

CIMG8224.jpg

なんで二コはあんなに執着しているロープ付きボールをアグリには渡すのか?

CIMG8189.jpg

アグリは何をしようとしているのか?

CIMG8211.jpg


家人ももう一つ別のブログでアップしています。・・・日々雑感






今日の花」
CIMG7965.jpg
ボルトニア



犬は愛犬

完全無防備、すっかり安心して眠る犬たち。

P1010859.jpg

これだけ人に寄り添ってくれる動物は他にいまい。

今日読んだ本から(抜粋)

・犬の種類は数百を数える。
・外見も性格も多様だけどいずれも先祖はオオカミ。
・ユーラシア大陸とアメリカ大陸ではオオカミは遺伝的に大きく異なる。
・不思議なことに犬は遺伝的には案外と均一な集団である。
・650もの犬種からミトコンドリアを採取し調べた。
・どうやら1万5千年ほど前に東アジアのオオカミから分岐して生まれたらしい。
・人類は10万年前であることを考えると随分と新しい種である。
・犬は誕生以来ずーっと人と共にいた。
・実際、人といることをこれほど好む哺乳類はいない。
・犬は人の意図を察する特別な能力を獲得し、人と暮らすことを選んだ。(実証実験あり)
・オオカミは出来ないけど、子犬でもその能力はある。
・誕生してすぐに人に愛されたに違いない。
・1万年前にアジア民族がベーリング海を渡ってアメリカ大陸へ到達したとき
既に人類は犬を連れて旅をしていた。
・世界中の犬が遺伝的に近いのも頷ける。

「ゆらぐ脳」(池谷祐二、木村俊介)P.63より

オオカミと犬の違いはウィッキペディアにも記載がある。
動物の中でも、犬は特別なんですね。

人が犬と暮らしているつもりであっても、
犬から見ても人と暮らすのが当然になっている。

犬が誕生して以来、犬は愛犬であり、愛犬の友は人であった、
そして、人類は昔から犬から愛を教えてもらってきたに違いない。





今日の花
CIMG8147.jpg
ヤマブキ





真夏の昼の夢

記憶は定かではないけれど、ずいぶんと雨がない。
今朝の散歩でも畑にじょうろで散水している農家の方を見かけた。

CIMG8365.jpg

理想を言えば、
夜に降って日中は作物が日の光をしっかり浴びるのがいいのかな。
よく分からないけれど。

CIMG8364.jpg

週間予報でも雨マークはない。
例年の18%位の降雨量らしい。

CIMG8367.jpg

アグリは

P1010776.jpg

↑ を白昼夢なのかな。









今日の花
P1010254.jpg
アサガオ



それはちょっと照れくさそうに一瞬で終わる

朝の散歩から

CIMG8392.jpg

よくバティー君と遭う。10年来の友だ。
バティー君は僕を目がけて来てくれる。
二コとアグリはバティー君のお父さんを目がけて引っ張る、強烈に引っ張る。
いつもの挨拶が終われば ↑ こうして一緒の歩くのだけど、
バティー君はときどき二コ、アグリの顔をペロッとする。
それはちょっと照れくさそうに一瞬で終わる。
「雄犬の可愛さ。飼ってみて初めてわかった」
以前、聞いたことがある。
二コアグは嫌がるわけでもなく、それが当然のようなそぶり。

わんこ達は人間も含めて群れのように歩いている。






今日の花
P1010878.jpg
ニラ





さらば8月

_8264012.jpg

犬と暮らしはじめてからは「これからがいい」と思うようになった。
8月は暑すぎる(特に犬にとっては)。涼を求めたところで何処も混んでいる。
9月になればだんだんに下っていく感じがしている。
ピークは越した。
あと定年までの7ヵ月なんてあっという間に過ぎるんだろうな。
その後も働けるなら働くつもりだ。

CIMG8401.jpg

あんたたちのエサ代も稼がなくっちゃね。







今日の花
nekonohige.jpg
ネコノヒゲ



↓ 新聞記事のメモ。「へぇ〜」と思ったので書き留めて置いたもの。


ハダカデバネズミ・・・
人間なら800歳に相当する28歳くらいまで生きた記録がある。
ガンにならない。

ベニクラゲ・・・
ストレスを感じると数㎜の花のような身体が芽吹く。
自分の生まれ変わり。確認しているだけで9回。多分死なない。

クマムシ・・・
乾燥すると石のように干からびる。
宇宙空間に10日間さらす実験でも生き残った。
水一滴垂らすと生き返る。「地球最強」とも。





プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター