白ラブ

P5310253.jpg
うちのカメラ、
露出をアンダー気味にしないと、周りの色に影響されて、
↑のように黄ラブが白ラブさんに写る。
実際にはもうちょっと色があります。
いちいち調整すればいいのだけど、つい億劫になって、
そのままの設定で次の写真で失敗することもよくあります。
にっこにっこ写真が撮れることを一応の目標にしてます。
遊びですけど、
デジイチもう一台、フルサイズのデジイチもいつかね。
この手の話、きりがない。





ラブって黒と黒でも黄の子どもができる。
(コニーがそうだでしたから、確かです。)↓
profile011.jpg

これって、東洋人同士の子どもが青い目をしている、
よくよく考えてみればそれ位不思議なことじゃないかなぁ~。
黒あり、チョコあり、黄あり、そのなかでも、濃い黄土色から白っぽいのも、
色に関していえば、同じ犬種とは思えないほどバラエティーに富んでいます。

アジサイの花の色はどんどん変化して、「七変化」という別名もある位です。

ちなみに、ニコは黄と黄の子どもです。



映画

今、見えているもの
今、聞こえているもの
これが映画だとしたら
どうだ
もっと、面白くならないか
もっと、いろいろないのか
そんな気持ちにならないか
悩んでいたとしても
映画の終わりから思えば
それもまた、映画なんだよな



P5310255m.jpg

Life is A Carnival



ほんの一瞬

たぶん、この夕方の散歩で

P53102591.jpg

この一瞬だけだと思う、
(あとは、無視されています。)

こんな瞬間が増えればいいんだけどね。



ご先祖様

ひーじいさんとかが中心になって、こんなに子孫も恵まれています。
例えば、日系のブラジル移民の一族、そんな画像をテレビでをみることがあります。
焦点をそのひーじいさんに絞ればそうなりますけど、
そこに映っているちっちゃな子どもから見たら、どうなんだ?
その子どもには、父さんと母さんで2人、
その父さんと母さんにもそれぞれ父さんと母さんがいるから、
じいさんばあさんは合計4人いる、
同様にひーじいさんとひーばあさんは合計8人いることになる。
だから、生きていればその8人4組の組み合わせがあり得、
その1組の写真ということになる。
ともかく、誰でも、特別なことがない限り、
ひーじいさん、ひーばあさんは合計8人いたはずである。
子孫もいっぱいだけど、実は先祖もいっぱいいるんです。
先祖が多すぎると相続とかいろいろ問題が起こるので、
苗字、家といった制度を考えたんだろう。
まあ、それでもいろいろ民事的なもめごとは、
これからもずーと続くんだろうけど。

P51099013.jpg

ぼくは、小さい頃、3代前で一人だけ存命であった
ひーばあさんに呼び止められて話を聞いたことがある、
それは、「死んだら、な~んもない、と思うよ。」ということである。
自然に帰る~♪ 千の風になって~っといったところなんだろうか。
記憶の中のお瑠偉ひーおばあさんは、とても笑顔が素敵な可愛い方でした。
なぜか、そんな遠い昔のことを思い出します。

父も、父の両親も、父の祖父母も一緒に入っています。

ただただ、ありがとうございました、感謝の気持ちに満たされる。

E-620

E-510オリンパスのデジイチを買ってから、約2年。
2年も経てば、AFの性能とか、白飛びがしやすいとか、
高感度の時、画質が粗いとか、・・・・・
新しいカメラが欲しくなる。
お散歩一眼カメラというコンセプトはいい。
マイクロフォーサーズというシステムもでてきているけど、
とりあえず、梅レンズが4本、竹レンズが1本あるのでパス。
6/2にE-620を買いました。
まだ、写してませんので、
明日土曜日から撮るのを楽しみにしてます。



2年前はコニーが重い病だとわかった頃。

P7220038.jpg

カメラで遊んでみたいという気分ではなく、
「残さなければ・・・」
どこかに、そんな気持ちがあった。

でも、
E-510で撮ったコニーの写真は少ない。

~5日は月命日なんです。~


休みの日ぐらい晴れてくれ

贅沢は言わない、月曜から金曜はいいから
休みの日くらい晴れてくれ

_6040007.jpg

新しいカメラ、とりあえずピント合焦が速い、
白飛びも少なそう、
ライブビューも格段に使いやすくなっている。

_6040011.jpg
後にみえるのは歯みがき用のクロスです。
(決して使い古した穴があいた靴下ではありません。)

晴れている日に犬が走っているのをどれくらい撮れるか?
それがそれなりに撮れていれば、いいんですが、どうだろう?

_6040035.jpg

まあ、きりないですけど、
物欲って適当にあったほうがいいです、よね


初泳ぎ

暑くなってきたし、天気もいいし、「じゃあ、行くか」
10時半に出かけ、11時半に着きました。

P6070048.jpg

まだ、夏休み前なので、人間のいないところもあり、

IMG_00251.jpg

ジュリーちゃん8歳と付かず離れず遊んでもらいました。

何をしているかというと、
P6070107.jpg
水中でも撮れるカメラで、撮ってます。
カメラを水没させるのに抵抗ありました。

今日初めて、うちの犬が水中に顔を沈めて水の中を見ていました。
その写真を撮りたいんですけど、1回だけでしたし、
ちょっと研究しないと、難しい。

P6070052.jpg

これから、お彼岸の頃まで、できるだけ川で泳がせてあげたい。

ラブラドールレトリーバよりも速く走る犬種はたくさんいるけど、
競泳があるわけじゃないけど、
ラブラドールレトリーバよりも泳ぐのが、
好きな犬種はそれほど多くない。(多分)
レトリーバ犬のDNAのどこかに、
「泳ぐのが好き」はあると思う。



ニコニコのエルちゃん

川から上がって持参したポリタンクのぬるま湯で身体を流し、
タオルドライのあと、このまま自然乾燥でもいいけど、
なんだかんだで、シャンプーした方が良さそうなので、
一眠りしたあと、散歩後にすることに決定。

_6070091.jpg

愛しのエルちゃんにご対面。

_6070088.jpg

同じカメラを持っていたので、
いろいろ教えてもらいたかったんだけど、

_6070099.jpg

シャンプーが待っているニコと、お買い物のエル家は
橋のたもとでバイバイ。
別れまいとして腰を落とすエルちゃん。

「いや~、すごくうれしいです。」


ごほうびを待つ犬

シャンプー後のバスローブ、
とっても廉価だったので買ってみました。
サイズはぴったし。
しっかりしたパイル地でできてます。
敷物がぬれなくていいかも。

        <Wan day より>

ということで着ています、バスローブ。
夏はドライヤーしないので、あんばいがいい。

x6070108.jpg

シャンプー後のごほうび、
誰が決めたか
うちもルールになっています。


気持ちええの~

ここの場所を覚えていて、
車から降りると、引っ張る引っ張るで、
この渓谷を降りるのに一苦労。

P60701070.jpg

ライフジャケットと、

P6070055.jpg

水遊びで使うおもちゃを虎カラーでコーディネイト。

まあ、この色しかうちにはないけどね。



くせ

ケージで留守番させて帰ってくると、

_6110115.jpg

この位置で左前脚の肉球をメッシュに差し込んでいます。
毎回なんです、かなり前から続いてます。
右前脚でもなければ、下から2段目のこのコーナーで位置は不変。
まるで、お約束の姿です。

_6110118.jpg

例えば、明日も同じ写真を撮ろうと思えば撮れる。

いつの間にか、身につけている不思議なくせ。


もっとも、ニコから見れば、
父こそ不思議なくせだらけの生き物なんだろうな。



帰ったらごはん

うちの犬、ドアから出るときも引っ張りますけど、

P5310266.jpg

入るときも引っ張ります。

♪ 帰ったらごはん、サトウのごはん ってね。

あっ! うちはサトウじゃないですけど。。。。

(これから、父はちょいと山小屋の例会にいってきます。
 ニコや、留守をよろしく。)


男たちの運動会

昔、NHKでそんなタイトルのドラマがありました。
山小屋は9人の男たちで共同所有になってます。
もう30年弱続いています。
この中には、保育園からの付き合いというのもあるんです。
だいたいは、高校時代の友人たちです。
今回は、階段の手すり取り付け等の作業が中心です。

P6130117.jpg

いろんな職業の人がいて、同世代の本音の話ができるので、
といっても、たあいもない話ですけど、貴重です。


ポールポジション

犬の飼い主さんの足元から、その犬をうかがう。
誰もそんなことを教えた覚えはないのですが、
お散歩に出かけるようになってからのかなり早い時期から、
その位置が有利だということに気がついていたようです。

_6140124.jpg

↑ クーちゃんとお父さんの足元

_6140128.jpg

↑ クーちゃんとお母さん
「おいおい、クーちゃんのあごがはずれちゃうぞ!」


甘えること、ニコは、このことにどん欲です。



見る前に跳べ

ボールを投げようとするだけで走り出す犬。
走る犬を追いかけるように弾むボール。
どうでもソファーにジャ~ンプ。

_6150142.jpg

↑ 跳んでいる途中で振り返って初めて見るボール。

わんぱく と言うのか おてんば と言うのか
3日続いている夕刻から夜にかけてのスコールの中でも、
1歳9ヵ月のうちの犬、元気です。

これはいい。


神田川

いつも、風呂上がりを待つ。

_6150158.jpg

たとえ爆睡していても、のこのこ起きてきて洗面所で、
なぜか、父の風呂上がりだけを待つ。

_6150156.jpg

お湯を出すまえに、犬のため息が聞こえます。

「わっかんないなぁ~」 
 でも、
「かわいいなぁ~」です。


釣られる犬

10日前の初泳ぎのアルバム(フォルダー)から、

IMG_0049.jpg

落ちていた枝で遊んで上げてます。

IMG_002553.jpg

魚みたいに、釣り上げられてきます。
(食いつきがいい。)

そーいえば、昨年、初めて泳ぎにチャレンジしたときも、
落ちていた枝を投げただけだった。


・・・・・・・・・・・・

むしろ、
遊んでもらっているのは人間の方なんだろうね。




一生犬命

ひとっところに命を懸けるという意味で、
一所懸命が正解らしいが、
(武士が、生活のすべてをその所領にかけること。)
命懸けでで自分の一生を生きるということで、
(命がけで物事をすること。全力をあげて何かをするさま。)
一生懸命で、こっちの方がしっくりする。

ご存じの通り、犬はいつも一生懸(犬)命。

_6150140.jpg

↑ 口の中が乾いて、口の内側が歯に引っかかって、
半開きになっている。
そのことに、全く気がつかずにボールに集中しているうちの犬。

ひたむきな所、犬は年をとってもありますからね。

こういう、分かり易いところも含めて、
犬はいいです。すきです。最高です。


なんちゃってカヌー犬

これから、夏休みになると子ども連れで賑わう川、
真夏の頃はむしろ時間帯が制限されるので、
今の時期、ちょっとでも晴れたら川へ GO !
途中のカヌーのお店が気になっていたので、
「カヌーに犬をのせてもいいですかー?」

P6200129.jpg

浅いので、犬は
カヌーに乗ったり、降りたり

P6200145.jpg

自由です。
Q 何を目標に泳いでいるか?
A 浮かんでいる葉っぱを食べるので、それが目標です。

P6200138.jpg


↓ コニーにも一度だけカヌーに乗せたことがある。
 

swimming04.jpg

日付を見るとほぼ10年前。
父の方を向いて大人しくお座り。

↓ 今日のニコ

IMG_0021.jpg

改めて見ると、犬人ともに、
どっちも頑張って遊んでいるんですね。

この2枚の写真からも性格の違いが窺えます。

どっちにしろ、うれしいもんです。



水泳部

犬に泳ぎ方を教えた人、誰もいないですよね。

P6200197.jpg

でも、犬かきで泳げます。
ただ、ばたばたさせているだけでは、前に進めないと思います。
脚を前にもってくるときはゆっくり、かくときは素早く。
バランスよく泳がないとまっすぐ進めない。
犬かきはちゃんとした泳法です。

P6200199.jpg

手首を曲げて水をキャッチして、
口の中に水が入ったらそれを出し、
鼻息をたてながらすいすいと、
犬かき
誰も犬にそこまで教えた人いないと思います。

P6200217.jpg

身体のことを考えたら、犬は犬かきしかできないだろうけど、
人間ってすごい、オリンピック種目の4種類以外にも、
古式泳法その他、いろんな泳ぎ方ができますから。
つまらない話ですけど、・・・




僕が考案したしたつもりになっている泳法があります。

それは、背面平泳ぎと呼んでいるものです。
クロールにしても。背泳も、
あの不自然きわまりない泳ぎ方のバタフライでも。
手を前に戻すときは空中です。
ただ、平泳ぎだけは、水中で手を前に戻します。
その動作が水の抵抗にあうので、
タイムが4種の中では一番遅い。

この欠点を補うのが、背面平泳ぎです。
脚はかえる脚の裏返しで問題ない、
空中で手を戻せるので抵抗がないので、
合理的に速く泳げるハズである。

背泳のバサロスタートってありますけど、
ぼくは、あれは背面バタフライだろって思っています。

ホント、
どうでもいい話でお付き合い頂きありがとうございます。




犬が前脚を水面から空中に出してクロールで泳ぎ始めたら、
すっごいだろうなぁ~。

誰か犬に教えてみてください。


超広角レンズ

超望遠、望遠、標準、
レンズを一番下のランクですが、一応持っています。
世によく言われるレンズ沼、揃えたくなる超広角レンズ。

_6200180.jpg

このレンズは広い範囲が撮れるのと、
遠くのものがより小さく強調されるのが特徴です。
なので、小さいものが大きく見えたりします。

ニコが中に入れと催促してます。
はい、はい、わかりましたよ。
その超広角レンズで玄関の外と内を撮ってみる。

_6210216.jpg

穂高の社長さんにイラスト展のときに、
パネルにしていただいたものを、玄関に飾りました。




プリントしてあるものは、パソコンの中にあるものとはまた格別。
10年半、一緒に暮らした家に飾る。
リアリティーがある、いや、あり過ぎる。
とにもかくにも、イラストにしたことで、
決して客観的ではなく、主観そのものの印象なので、
強烈なインパクトを感じています。
ぼくにとって、刺激のある玄関になっています。

彼がいなくなってから、イラストにしたものが2点ありますが、
こればっかりは飾れませんでした。

しばらく、このまま飾ります。
社長さん、ありがとうございました。


キャンドルナイト

テレビで夏至の夜はキャンドルナイトと紹介されていたので、

_6210225.jpg

お付き合い。
冬至の頃はクリスマス、春分の日、秋分の日、
というように祝ったり、休日になったり、ですが、
夏至は恵まれない。

_6210219.jpg

僕としては、祝日であってもいっこうに構わないんですが、、、、


迷惑なカメラ

お食事前のニコを激写

_6190169.jpg

舌を出せば届きそうな位置まで寄ってカシャッ!

握手も撫でることも何もかも、
食べる前には迷惑ですかぁ?

そういう顔だやね。



いつもの河原で

_6200175.jpg

ニコは、「うおっ、仲間の犬だ」とは思わずに、
「うおっ、仲間の犬の飼い主さんだ!」と思っている。

バティーちゃんも、おとうさんを引っ張り引っ張り
僕のところへまっしぐら。

いつもの朝のごあいさつ。

その、脇では、
_6200173.jpg
いわゆる、ホームレスの方でなく、朝まで飲んで、
ちょっと仮眠中、と思われる若い男子4人。


1_6200198.jpg

やっぱり、河原で伏せをするのは犬のほうが似合っている。



ニコ、吊り橋を渡る

6月には祝日がなく、しかも、うっとうしい梅雨。
昔から、6月の末の頃に休みを取って、
しかも晴れていたら、どこにいっても空いているだろうし、
気分も晴れるだろうし、
いいぞっ!って意識して狙っていましたが、
これまで、なかなか、そうは問屋は卸してくれませんでした。

今年は、たまたま、ばっちり休暇と晴れが一致。

お出かけ先は、

_626025621.jpg

甲斐駒ヶ岳のふもとの↑です。
甲斐駒ヶ岳は、花崗岩で出来ているといっても過言でないそうで、
そこに流れる川の水のきれいさは天下一品。
南アルプス天然水。
いつか、行ってみたいと、奥さんが
木曜日の夜に言ってました。
で、金曜日の早朝に、おでかけです。

_6260246.jpg

↓ この吊り橋は、竹宇駒ヶ岳神社↑の裏手にあり、
町営の無料駐車場から10分位のところにあります。
金曜日なので、えらく空いていました。

_6260259.jpg

モデルにもだんだん慣れてきたようです、
だ~れもいない吊り橋で記念写真。
でも、
なにか、後のほうで気配が・・・・・・

_6260258.jpg

「渡っていいですかぁ~?」
・・・・・・・
何やら、許可がいただけたようなので、
気をつけながら、無鉄砲なニコと無事に渡り終えました。

_6260264.jpg

この時点ですでに、泳ぐ気まんまん。

川が見えている、渓谷沿いに犬と歩くには、
普段から、運動していないと苦労することになる。
・・・ダメ親父なりに少し反省。



無鉄砲というガンドッグ

川が見えている、渓谷沿いに犬と歩くには、
普段から、運動していないと苦労することになる。
・・・ダメ親父なりに少し反省。

リードをしっかり持って渓谷沿いの道を歩く。
水に入りたい一心のニコは、その気持ちのまま、引っ張る。
しかも、岩場の崖のようなところを思いっきりに向けて。
負担がかかり、腰に軽くきたので、これ以上は自主性に期待し、
人もいないので、リードをオフに。

_6260266.jpg

10メートル位下の川に、義経の鵯越の逆落としのごとく、
岩と岩を跳び降りる。
「あんた、跳んでいるあいだに、次の着地点決めているんかい?」

ドッグランではベンチの下に逃げ込むわんこなのに、
無鉄砲もきわまりない、
あっ!
無鉄砲というガンドッグだったのかぁ~。

ほれ、行くよ!

_6260272.jpg

駆け上がって来たと思ったら、

_6260276.jpg

先導し、振り向きざまに首を傾げる。この動作、2、3回繰り返してました。
犬っていいです。

崖を飛び降りられるくせに、

IMG_001250.jpg

グレーチングの階段やブリッヂでは、腰が引けてます。
・・・こういうところもいいです。

_6260278.jpg

神社から10分位の行程で、今回の目的地、千ヶ淵に着きます。



お出かけの途中ですが、

金曜日の午前中から、日曜日にワープします。
穂高ドッグランでイエローラブ集まれっ!

_6280512.jpg

誕生が1日違いの風羽太君とツーショット
ゴールデンの風格をうかがえるようになってきましたね。

_6280547.jpg

ムサシ君とツーショット。
ムーちゃんオンリードにさせられちゃいましたけど、
うちの犬、そばから離れないとこをみると、
散歩以外の時間にお出かけしようとすると
鬼ごっこになってしまうのと同じようなもので、
複雑な心理があるということだと思います。

ムーちゃんハンサムですね。(by Nico)

_6280558.jpg

リリーちゃんとツーショット。
双子のリリーズとか思いましたけど、
目とか耳とかパーツでは似てますけど、
全体では、ニコのほうがズングリしている感じ。
いい笑顔ですね。

_6280560.jpg

うれしそうな犬の顔で、
それがたくさん見られて、
人間もうれしそうでよかった、よかった。

写真で紹介していないわんこがこの何倍もいます。
ごめん。



腰痛の直し方

○朝から何度も湯船に浸かる。
○朝の通勤電車でつり革のパイプを、
 万歳をするように両手で持つ。

今回は2日位でおさまった。
その程度の腰痛で、
穂高さんで、おっさんがひーじいさんのように歩いてましたけど、
今では、おっさんがおっさんのように歩いてます。



犬に負けない鋼のような、腹筋、背筋もいいけど、
場合によっては、伸縮リードもありか?
でもやはり人間の筋肉か?
はたまた、服従訓練か?
短くてもリードをつけたまま、手から離すと、
犬はリードが付いているだけで、態度が違うという報告もあり、

いろいろ、でも一番楽な方法から試してみようか。


犬のパラダイス

尾白川 千ヶ淵

_6260300.jpg

上流にもまだ見応えのある滝があるようですが、
今回の目的地です。
後から2組ほど見に来た人がいましたけど、
殆ど独占状態です。
↑ 上の岩が下から照らされているように見えるのは、
上部にも白い泡の流れになった滝があって、光が反射させているため。

写真だと、南アルプス天然水の水質がわかりずらいですけど、

P6260285.jpg

山の殆どが花崗岩なので、川底に土がありません。
あっても、粗い白い砂が少し、なので濁りません。
藻も生えておらず、滑りません。
(この間、某川で転んで携帯を水没させた事件現場に遭遇)

しばし、清らかな気分。

P6260261.jpg

水の中では望遠側になる、一方で、遠くなると
光が不足気味。

P6260291.jpg

カメラだけを水に入れているので、
見もしないで適当に撮っていることになる。
人間も水中メガネとシュノーケルで潜ったほうがいい。
今度、覚えていたらそうしてみますかぁ。

P6260290.jpg

重力から解き放された宇宙遊泳のように自由です。
犬が一度覚えた泳ぎを遊びとして夢中になる理由は、
この自由感覚なんだろう。

           <犬のパラダイスから>



サントリーの白州工場でプランターの樽を物色しようとしましたけど、
食品を扱うので犬は入れません。
暑い時に行くのであれば、車のキーを二つ持って、
エンジンをつけ、クーラーをまわしたまま、
犬を車の中で待たせておき、
ダッシュで見て来る方法が考えられますが。。。


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター