安全地帯

って云たって玉置浩二さんじゃありません。

_9233133.jpg

テーブルの下です。
追いかけっこになってしまい、
結局、一番楽しいのはいたずらということになります。
これでいいのか。


遊び相手

_9233131.jpg
犬は人間のことを<主人>とは思っていないようです。

_9233130.jpg
多分、<遊び相手>

いいんです、お互いに楽しんで暮らせれば。








言葉はどうも極端に振れる傾向があり、
「どちらかというと」とか「やや」とかいう
程度を表す表現を省略する。
多分、分かりやすいからなんだろう。
でも、そうしないと
「何いってるんだか分からない」状態に成りかねない。
実際には中間が無数にあるんだけどね。
そこに、誤解もあれば悲劇も生まれる。
やっかいなもんです。


日没寸前の桜草公園

ここへはそんなに頻繁に来てはいないので
毎回「初めてまして」のワンちゃんに会うことになります。

_9233286.jpg
ニコはたいていのワンちゃんと遊びたガールのです。

まだまだ幼いと思ってましたけど
ニコの同胎犬が、なんと
お母さんになっていることがわかりました。
1歳と1ヵ月になっていないんです。
びっくり!

秋桜

_A043327.jpg
コスモスのはなはピンクや赤できれいですけど。
ニコのはなはまだ黒のままです。
お腹はコスモスのピンクのようですが、
なかなか直らないハゲもピンクなんです。

気にしすぎてもいけないけど、やっぱりちょっと気になります。
ハゲが。


犬も聞くライブ

_A053422.jpg
穂高ドッグランで石井完治&近藤ナツコライブ
ちょっと久しぶりに穂高さんに言って来ました。

犬連れでない方もいらっしゃいますけど、
だいたい人間の数と同じ位犬もいます。

ちゃーんと聞いているんです、犬も。






毎月5日はコニーのことに

I0000053.jpg

穂高さんで、のっし、のっしと歩いているコニー。
初めて行った時は7歳なので、7歳から10歳までお世話になりました。
ここをホームグランドのように思っていたようです。


犬なのに猫っかわいがり

_A053336.jpg
後部座席の2席分はニコのスペースです。
いつもは、まるまって寝ているんですけど、
半身を乗り出して母に甘えています。(後ろ足は後部シートにあります)
時々こういう姿を見せます。

やっぱり、女の子なんだなと思います。
男犬は犬っぽく、女犬は猫っぽいというのは
ぼくの偏見だろうか。

甘える仕草は他にもたくさんありますけど、
うちでは、そのたんびに猫っ可愛がり。
これは、いい。


わからない

081005.jpg
確かに、初めてニコを連れてきた時は3ヵ月の時だったから
安全地帯に避難するのもわからんでもない。
その後、何回か穂高ドッグランに来てますが、
まだ、椅子の下にいることが多い。

頭隠して尻隠さず 状態がいい。
まだ、自分の身体の大きさを自覚していないよーです。

でも、
ニコや、今日で、13ヵ月にもなっているんだぜ。


ドッグランは大賑わい

a81008.jpg
「始めまして」のワンちゃんも
「お久しぶり」のワンちゃんも
おなじみのワンちゃんも
ワンさか、ワンさか、ワンさか、ワンさか
イェーイ、イェーイ、イェイ、イエー



イタズラっぽい目が

IMG_0025n.jpg
とーてもすてーきよ  (←これ歌詞です。)


呼べど、叫べど

この連休はしっかりお休みを頂けそうと、
3日位前にわかったので、
いつもの蓼科に行って来ました。

_A113472.jpg
ここまでは普通にありそうな光景です。
鼻を付き合わせ興味津々な犬と牛。
事件はこの直後。
「はいはい、車に乗って頂戴と、」キーにを取りだそうとした瞬間に、
脱走、リードをつけたまま
ついに、柵をくぐり、放牧地内に


_A113482.jpg
ホント、写真を撮っている場合じゃない。
呼べど、叫べど戻って来ない。
いろいろやってみたけど、普段の甘やかしのためか
すっごく楽しかったらしく、

牛の糞を食するは、
めちゃくちゃ走りをするは
平和な牛さんに遊びをしかけるは
で、
恥ずかしかったです。

3分位だったと思いますけど、
周りにいた観光客は喜んでいましたけど、
本当に反省してます。

帰ってから会ったイギリス人のシーバちゃんのお父さんに
話したら(日本語で)
「ニーコ、スティル バット ガール」
「訓練をした方がいいよ」

なんにもいえねぇ~

何とかしなくっちゃ



これな~んだ

_A113528.jpg


水鳥のオブジェのようにも見える
いろんな形になってかなりおもしろい

ご主人に聞いたら、木蓮の木の実だそうです。

で、ここはどこか
といえば、蓼科に来たら必ずよらせてもらう
お菓子な茶店ちゃいぶです。

_A113505.jpg
何気にすました顔でいるのは、
牧場で平和な牛さんに場違いな遊びをしかけて来たばかりの
ニコです。少しは「反省しろ!」と伝えたいです。

_A113516.jpg
今年は山栗が豊作でしたので、栗の皮むきと裏漉しがたいへんでした。
でも、おかげで100パーセント無農薬・天然のマロンクリームが作れます。
という山栗のマロンケーキです。
どんなデパ地下のケーキよりここで食べるケーキの方がうまいのです。

_A113519.jpg
わが家犬のカフェスタイルはこうなっています。


長い夜、そして朝

_A113543.jpg
山小屋の夜は長い。
なんたって、なーんもすることない。
犬も人間も同じだね。

ベランダに出てみる。

_A113546.jpg
笠木の上にカメラをのせ15秒露光
よしよし、なかなかよく撮れている。(自己満足)

下の方から、ガサゴソガサゴソ動物の動いている音がする。
短く高い鳴き声で、「ヒョウ」
多分、鹿がそばにいるんだろう。
姿は見えない。

前前回来たときは、ずーと雨で、雷が一発落ちたのです。
犬は、一瞬テーブルの下に逃げ、すぐ
父に向かって怒って吠えた。
多分、雷を落としたのは父だと断定したんだろう。
なんか、おかしかった。

そんなこんなで夜が更けて、

アサ~
_A123561.jpg
南アルプスから中央アルプス(多分)
が展望できる、絶好の天候
1年に何度かしかお目にかかれないと思います。
ラッキー


紅葉

蓼科横谷渓谷 王滝付近の紅葉です。
午前中の天気は最高

_A123595.jpg
どうやら、枝の先端の方の葉から紅葉するということがわかりました。

_A123604.jpg
いろいろな色の葉があるけど、
黄色や茶色でなく赤色の紅葉を見ると得した気分になるのはなんでだろう。
近くにいたカメラを持ったおじさん(あ、自分もそう)にそのことを話したら、
どこどこの高原は赤でなくて黄色が多いとか言ってました。
むーぅ、奥が深そう。

_A123600.jpg
すっごく美しい光景でした。





写真を撮ることには、撮った後にそのものを見なくなるマイナスと
後の楽しみというプラスが含まれているよーに思います。


おいしそうな色=収穫の秋だからね。

寒くなると暖色に変化するなんて粋だね。


王滝へ

_A123612.jpg
横谷観音で、
わが家と同じように白駒池に犬連れではNOで言われたリクちゃんに
「こににちわん」

_A123657.jpg
滝のビューポイントまで約15分の下り道。
木が邪魔してますけど、いいポイントは一眼三脚のカメラ親父で満席。

_A123662.jpg
当然帰りは登り。
ぐいぐい引っ張ってくれるんで、
人間は楽に登れます。


2日目の午後

081012.jpg
有名なお蕎麦屋さんです。
しっかし、待った、待った、待った、我ながらエライ。
でも、もう、エラクならないぞっと。

0810121.jpg
デザートは、このお蕎麦屋さんから近いお菓子な茶店ちゃいぶ
2日連チャンです。

0810123.jpg
山小屋のある別荘地内を散歩。
人にも車にも滅多に会わないけど、それ以外の理由で
ノーリードはまだまだ早いという教訓を得ました。

_A123802.jpg
おやすみなさい なのだ。


今日もいい天気ー

まだしつこく蓼科です。
どこかに行くっていうのはいいです。
それも、いい天気だとすごくいいです。
これからは犬にもいい季節。
春より秋のほうが何となくいい。

_A133804.jpg
春はゴールデンウィークに集中し過ぎるからかな。

あ、泡みたいな雲が山の向こうの朝日が下から照らしている日の出前です。
こんな時間から起きちゃうんです、お休みの日は。
僕自身の老化現象か、まだ、修正可能だと思っているのが落とし穴。

_A133820.jpg
この山小屋、同年齢の仲間9人で持っているんですが、
2週間前にみんなで防腐塗料を塗ったりしたばかり。
自分のことは余りわからないけど、周りを見ればわかっちゃうんです。
ぅん~ん、年取ったことがね。
あ、まだニコは若すぎるけど。

_A133826.jpg
寒くなって、葉っぱを落とす前に、暖かい色に変わってからなんて
科学的には説明ができるんでしょうけど、
何とも粋というか、いい終わり方だね。
ちょっと、しんみり。
(白樺湖畔で)


女神湖音楽堂

_A133896.jpg
よく手入れされた、人が殆どいない。芝生の広いフィールド、(野球場位ある)
犬にとっては一番ではなかろうか。
というわけで、蓼科に来るたんびに寄らせてもらってます。
後ろの山は蓼科山

_A133854.jpg
ぶんぶんボールの紐のほうをくわえて、
自分だけで、ボールをぶらぶらさせて遊んでます。
まだ、投げる前ですけど、すでにハイテンション。

_A133913.jpg
い~ぬはよろこび(庭)かけまわり
という歌があるくらいですから、
思いっきり走る姿を見れるのは、人間にとってもいいです。



次は、ゴンドラリフトに乗って、御泉水自然園です。

_A133931.jpg





長門牧場

今回のお出かけで撮った、
写真の枚数は546枚で、そのうち約300枚は3日目の午前中に集中してます。
フィルムでこんなに撮って現像したらいくらかかちゃうんでしょうね。
デジタルは、各種メモリーも安くなっているので、
その点気兼ねなく撮れるので、助かります。
お天気が良くて、ふだんとちがう背景になるし、
下手でもいい記念になります。

_A134083.jpg
ニコは山羊に会うのは、初めて。
ちょっと、おとなしそうな大きい仲間の犬と思っているんでしょうか。
「こにちちは~」

夏に来たときより、
ハエとか蚊とかうるさくまとわりついていなくて
牛や馬にとっても秋の方が良さそうでした。

_A134088.jpg
今回のお出かけは、牛さんに始まり、牛さんに終わります。

度胸がいいのだけは認めてあげますよ。


コスモス

_A184208.jpg
清瀬市金山公園にコスモスを見に行く。

_A184232.jpg
ニコは花の香りを楽しんでいるのではありません。
食べようとしているんです、コスモスを。

_A184219.jpg
ウィンクしてニコニコ

父が言うのも変だけど、なかなかいい表情でR。



秋の夕日はつるべ落とし

_A134103.jpg
山小屋から帰って、シャンプー、お得意の一眠り後、ホームグランドへ。
シーバちゃんと少し遊んだ後に、
ニコ、何か発見です。

_A134111.jpg
エル子さんです。
喋るような声をあげて、喜んでいます。

_A134128.jpg
秋の夕日はつるべ落とし、あっと驚く為五郎

_A134136.jpg
橋の街灯の下で、
「早くお腹なでなさいよ~」
のニコでした。

おはようございます、なんだわ~

_A184179.jpg
おとうさんが「おすわり」とか「ま~て」とかうるさいんで、
はしってやったんだわよ~

_A184180.jpg
「いけない」とか「こら~」とかいっていたけど、
わかっているのよ~
カシャカシャやってよろこんでいるんだわ~


ねえってばー、みたいな

_A043321.jpg
手を前に出して、「あ~らいやだ、ちょっと、奥さん!」
みたいな表情。

だんだんに個性が表れてきているようにも見えます。

_A281547.jpg
約1年前は、、、、、
同じ犬とは思えませんが、、、、、、、
つながっているんですよね。


想像力の彼方へ

今となっては、夏の思い出といったところだろうか。

_A254385.jpg
これ、スチール缶です。

夜中にどこぞから持ち出し、自分のベッドにぶちまけていたんです。
ホント、うちの犬、何をしでかすか、わかりません。

「舐めたらいかんぜよ、でも、噛んだらもっといかんぜよ。」


突撃マッキーバー

_A113480.jpg
犬には最高の、家人にはとぼけたくなる
秋の思い出。

牧羊犬ではないし、使役犬でもないし、
厳しい農場の生活について行けるわけでもない。

でも、単純に牛を追っかけていく事自体は、
犬には最高に楽しいんだろね。


は はし はしれ

_A194323.jpg
秋が瀬公園で人がいないのを見計らってボール投げ。

フライングで走り始めるので、ボールを力一杯遠くに投げないと
ニコの手前に落ちてしまう、それほど速いです。
(人間の加齢のせい?)

_A194336.jpg
いわゆるスポーツタイプの子ではないのですが、
パピーの時から、途中から加速するような走りをしていました。

_A194320.jpg
なにより走るのが大好きで、その点はよかった。

_A194333.jpg
疲れてくると、ボールを持って来るのが遅くなる。
わかりやすい犬です。




スーパードッグはきらい

_A274472.jpg
余裕でスーパードッグになっているように写ってますけど、
実は、きらいなようです。
中腰のまま、座りもしません。。。
「あなたの布団を買っいるんだけどなぁ。」

途中で自分から飛び降りちゃいました。

大きなスーパーの中を走り廻らなくて、
ああ、良かった。
ホント、想定外が多いですから。


ハロウィン

_A274443AA.jpg

いつだっていたずらしてるんだけど~~

プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター