アグリの外形的特徴

17KN2025.jpg

いきなりで恐縮ですが、
アグリの外形的特徴は
おでこから背中全体まで、柔らかく
毛の長いビロードのような滑らかさがあること。
耳たぶの毛が少し長めになっている感じだ。
オーバーコートが殆どなくアンダーコートの
細かい毛がたるたるの皮膚と一体になっている。
パピーっぽい感触といったらオーバーだろうか。

17KN2026.jpg

ニコの毛並みはスタンダードで
オーバーもアンダーも適当に混ざっている。
多分アグリの毛並みがめずらしいのだ。

17KN2024.jpg

アグリの顔は小さめに出来ている。
体重は32.2Kgでやや太り気味でも
小顔のせいか印象としてはさほどではない。
食事量を減らしても体重は減らないタイプだ。
中長期的にはもっと減量しなくては、ね。




jinia17.jpg
ジニア



気になるアグリ

いつでも元気なアグリなので
ちょっとお腹の調子が悪いだけでも
気になる。
これまでニコの調子が悪いことはあったけれど
アグリだけが調子を崩すのはおそらく初めて。

17IMG_3766.jpg

早く治って昨日のように

17IMG_3774.jpg

17IMG_3772.jpg

素っ飛んでおくれ。

ひとりっ子だった7歳のコニー、
お姉さんの7歳のニコ、
妹として7歳のアグリ。

理由はともかくアグリが1番元気だ。
僕はいつまでも元気が続くと思っていた。
それは願望なのかもしれないと気づいた。





agapansasu17.jpg
アガパンサス




swim 1500m


アグリはあまちゃん

17IMG_2728.jpg

アグリは家中で1番居心地のいい
場所を見つけるのがうまい。
ところで、このブログでは
時々、You Tubeで動画をアップしています。
自己満足の記録にすぎませんが、
テレビの大きな画面で見ることができます。
最近のは映像が割合いいので見てしまいます。
今日も暇なので2時間くらい見た。
コニーとニコをもっと記録しておけば・・
写真を多く撮ってもそんなことを思う。


↑ 大きいけれどアグリはまだパピー
こんな風にアグリがニコに甘える映像が多い。

17KN1230.jpg

パワーはアグリの方が上でも
いつまでも甘える相手がいて欲しいのか
この頃の気持ちのままなのか
アグリはあまちゃんです。

17KN1196.jpg

あまり車は入っていないけれど
砂利敷きの駐車場に咲く黄色い小花が
一面に咲いている。




wakaran1717.jpg
名前はわかりません。
踏まれるのは嫌だと思いますが、
他よりも踏まれ強いことを売りにして
生き延びる植物もいる。
なかなか生存競争はきびしい。





7歳になりました

アグリは今日7歳になりました。

17CIMG2907.jpg

初めて犬舎で会った時から
みんないい子だけどこの子がいいね。
僕と家人の意見は一致していた。

17CIMG2909.jpg

あれから7年経つ。
あの時の理由のない予感は正しかった。

〜このまま元気でいてくださいね〜

17CIMG2916.jpg

おめでとう!



誠実なお付き合い

DNAで人間に一番近いのはチンパンジーだという。
けれど人間に一番近い動物は犬だと思っている。

17IMG_1403.jpg

動物間で目をそらすのは
「敵対してませんよ」
と言う意思表示が普通なのだろう。
見つめ合ってなお親愛の情を感じるのは
かなりなコミュニケーションだ。

ホントかどうか知りませんが、
言葉に関する遺伝子では
チンパンジーより犬の方がヒトに
近いという。
犬にMRIに入ってもらい実験すると、
左脳は単語に反応し、
右脳はイントネーションに反応するという
研究結果もあるそうだ。
それもヒトに似ているのだそうだ。

誠実に付き合わないとね。




crokkasu17.jpg
クロッカス



バッシャーン

まさかニコが飛び込むとは

17IMG_1153.jpg

思っていませんが、
なりゆきで飛び込み台まで来ました。
ちょっとハイになっているニコでした。

17IMG_1156.jpg

「アグリ、いくよ」

17IMG_1179.jpg

「それっ」

17IMG_1180.jpg

空中から水中へ

17IMG_1188.jpg

バッシャーン! 
心の中ではヤッホーと言ったにちがいない。
飛び込みが大好きみたいだ。

僕は今日もプールで泳いでますが、
安全のため飛び込み禁止になっています。
それはそれでよくわかりますが、
アグリをみて僕も飛び込んで
空中から水中へのバッシャーンが
どんなもんだったか、
追体験したい気分です。




抱くと幸せな気持ち

シャンプーすると改めてわかる。
ニコにはアンダーコートとオーバーコートが
標準的に混ざっているけれど、
アグリはアンダーコートが大部分で
柔らかい細い毛がたっぷり。

ブラッシングのとき落ちた毛は
玉になって床を柔らかく転がる。
ラブラドールと暮らして20年、
これまでいろいろなラブに触れてきている。
アグリほど柔らかい感じのラブは
ほとんど記憶にない。

17KEN99794.jpg

アグリが服を着たがらない理由の1つは
毛皮と皮膚下脂肪で寒くないからだろう。
体温を保つエネルギーがさほどいらないので
ニコより若干少なめの食事でもコロコロな身体に
なりやすい。そんな感じがする。

17KEN99818.jpg

抱くと幸せな気持ちになれます。



pinkmusukari17.jpg
ピンクムスカリ



1人と1犬で歩く

17KEN99862.jpg

ニコがワクチン接種を受けた日、
別メニューの軽めの散歩になり
アグリは僕と長めの散歩に出かけた。

17KEN99864.jpg

強風の中ダンボの耳になって
少しだけ長距離の散歩になり、

17KEN99870.jpg

いつもと違う少し自由な感じがあった。
そのかわり聞こえないふりはできません。

17KEN99874.jpg

犬どおしの会話がないのでダイレクトに
「おまえだけだよ、いいこだね」
とニコがいたら怒られそうなことを
いいながら速めに歩いてみた。

考えてみれば、
ニコにはアグリがいないの時代があるけれど、
アグリにはニコがいない状況は殆どない。
たまにはこうして1人と1犬で長めに
歩いてみるのも、いいのかもしれない。


フォローアップ
家人は毎日1犬ずつの散歩をしている。
「まるで私がやってないみたい」と
ブツブツ言ってます。
僕が・・ということです。


記憶は連想

16P1080876.jpg

「な〜に、なんかあやしい」

16P1080878.jpg

「そばにいってニオイをつけるんだわ」

冬タイヤに履きかえてノーマルタイヤを
ラックにしまった。
ギンギラギンのカバーでは目立ちすぎなので
黒の寒冷紗でカバーしている。
奥にあるのはこの夏の浸水騒ぎで
市に要望した土のう袋。

ご近所の自家用車は「床上浸水」で
買い換えを余儀なくされた。
うちはあと数センチだった。

16KEN98213.jpg

新車にして3ヵ月ではきつすぎる。
危なかったのでした。

こんな具合に
頭の中も年末モードになってきた。

今年、水泳を始めたのはいつだっけ?
新車に乗り換えたのはいつだっけ?
記憶はどんどん曖昧になるようにできている。
そうでないと困ることもある。
ちょっと知りたくなるときもあるわけで、
ブログはこういう時には便利、
芋づる式に記憶の中の情景も出てくる。

クリスマスイブ、メリークリスマス。
今夜の水泳はお休み。



意識的でない計画と自動的な行動

山と階段、どちらも
登ったら降りなけりゃならない。
僕の場合、階段はともかく
山の下りには時間がかかる。
一歩一歩足の置き場を
考えてしまうからだ。

16P1080538.jpg

↑ アグリが階段の踊り場で
下をみる。
この時多分、頭の中で
どう降りるかをイメージできている。
詳細な計画が無意識のうちに出来ている。
意識的には始めスイッチのタイミング、
後は無意識ルーチンの動物的な部分が
オートマティックに、それでも
感覚からのフィードバックを確かめながら

16P1080539.jpg

怒濤の如く降りてくる。

事故が心配なので階段の昇降は御法度。
それなりの対策もしてあるけれど、
ついおろそかになってしまうこともある。
例外的な一コマです。

動物だと言われればその通りだけれど、
人も動物。
こんなに親しい動物はいない。





16CIMG2297.jpg




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター