雨の紅葉

17KN3356.jpg

雨の日の紅葉は赤や黄が
しっとり鮮やかに見える。

17KN3355.jpg

光が葉を透けて発色する青空の
紅葉とは違い、曇天の拡散した光が
葉についている細かい水滴に乱反射する。
スライド写真とプリント写真があるけれど、
雨の日はプリント写真的発色に見える。

とはいっても、
パソコンやスマホでみれば、
バックライトがあるので、どちらも
スライド写真的にはなりますけれど・・。

17IMG_E5292.jpg

ニコも

17IMG_E5293.jpg

アグリも
いい表情を見せてくれました。

こんな顔を見るのも何処かへ行くことの
楽しみのひとつなのです。




2日目は雨

アグリの方が体温は高い。
抱いて寝ると暑く感じるらしく離れる。

17IMG_5371.jpg

ニコの方が寒がりでフリースを着せている。
それでも暖を求めて首を上下にして
僕の寝袋に入り込もうとする。
小さい寝袋なので勘弁してもらい、
抱擁すると、寝息をたて始める。

予報より早く朝9時頃から雨になった。

17IMG_5374.jpg

仕方ない。
帰り支度をすませ、
ニコとアグリにレインコートを着せ歩く。

17KN3346.jpg

ちゃいぶさんには
センスのいい室内もある。
あまりいい子で
待っているわけではないけれど、
犬達は車内でお留守番です。

17IMG_E5381.jpg

地元の栗を使ったモンブランケーキ。
これ、おいしいです。

17KN3357.jpg

幅の狭い裏道で蓼科湖に出る。
こういう時小さい車は便利です。
雲の上は北横岳。


17IMG_5388.jpg

いつもの広場で
ショー タイム。

ワイパーの単調なリズムの中
犬は寝ている。
ゆっくり帰宅した。



itii17.jpg
イチイ


故郷みたいに

17KN3301.jpg

観光バスのコースになっている横谷観音。

17KN3310.jpg

駐車場の脇に
茅野の市街地が望める展望テラスがある。
バックは霞んでいるけれど高遠方面。

17KN3313.jpg

森の秋祭りもそろそろフィナーレ。

17KN3306.jpg

観音堂の脇にある
モミジは散り終え落ち葉もない。

17KN3305.jpg

1点透視、線上のニコとアグリ
標高約1600mの山道で起伏もゆるい
全長約500mの直線道路。




次は御射鹿池、
ここも観光スポットになっている。

17IMG_5348.jpg

ニコとアグリは車内に残し

17KN3330.jpg

大勢の観光客に混じってパシャパシャと。

17KN3334.jpg

オフのちゃいぶさんに遊びに行った。
アグリの生まれながらの特技も
ここまで親しくしてくれたら得だねぇ!
「特技は得技」なんちゃって。

17KN3336.jpg

標高2900mの凛々しい山々が近くにある。
30年余り来ていると故郷みたいに感じる。



陶仙房で

17IMG_5328.jpg

犬連れにとってカフェに行くのは
かなりのくつろぎ加算になる。
そのお店に引かれるものがあると
(犬も安心できるのかもしれない)
リピーターになってしまう。

17IMG_5282.jpg

お店の奥が深いなんていうことは
実際に入ってみなければわからない。

17IMG_5327.jpg

暖炉のCafeや

17IMG_5319.jpg

陶芸やアンティークの家具の
ギャラリーの小さな建物が併設されていて

17IMG_5322.jpg

陶芸教室の建物もある。
なかなかの雰囲気を醸し出している。

17KN3283.jpg

一番奥にはテラスがある。

17KN3289.jpg

17KN3290.jpg

青空をバックに葉を透過した秋の光。

17KN3274.jpg

水面をバックに紅葉が楽しめる。

17KN3279.jpg

空いているというのは
犬連れにはありがたい。

17IMG_5296.jpg

ゆっくり食事ができる。
食事には雰囲気も空気もついている。

17IMG_5308.jpg

我が家の場合、犬もついている。




雨境峠からいつもの広場へ

17IMG_5243.jpg

アグリにはシートベルトを掛けても良さそう。
とはいってもジーッとしているのが苦手です。
座席から落ちても10センチ位。
下に柔らかいクッションが厚く敷いてあり、
そこの方が安定するはずですが、
高い所から外を眺めていたいのは
人と同じみたいです。
スピードを控えめにし、車間距離をとり
余裕をもって運転するように心がけています。

17IMG_5248.jpg

標高1580mの雨境峠付近の
牧場から佐久方面を望む。

17IMG_5246.jpg

反対方向には蓼科山。

17IMG_5264.jpg

進化したY字バランス。
・・誰も相手にしてくれない。

17IMG_5274.jpg

ラテックスのオモチャを咥えたまま
少しだけ走るニコと、
ボールを追いかけるアグリ。
人の機能回復にリハビリが大切なように、
犬も動いてときどきハアーハアーするのは
健康維持のために必要なのだろう。
二コには走ろうとする気持ちだけでも
持ち続けてもらいたい。




17KN3294.jpg
ハウチワカエデ




swim 1750m

貴重な秋晴れ

17KN3239.jpg

「お天気のいい日に行こう」は
ごく普通のこと。
今年の夏以降に限れば、
休みの日と好天が重なる確率は
かなり低く、いいお出かけは難しかった。
でも、
今週は晴れマークが続く予報だった。
なので、
休みのローテーションを変えてもらい
金土日で行くつもりが、
どんどん悪くなった。
土曜日(今日)から雨なので
変更して1泊で帰って来た。
それでも昨日は秋晴れに恵まれた。

17KN3246.jpg

女神湖で。
イエローラブというよりホワイトラブ。
オートで撮る写真のラブが白とびしてる。
でも、露出補正する余裕はない。

17IMG_5255.jpg

家人のスマホカメラの方がよく写る。

17IMG_5258.jpg

天候のせいか、カレンダー的に遅いのか
紅葉のピークは過ぎていた。

17KN3252.jpg

ヤマモミジの下で。
今年の立冬は11月7日だそうですが、
貴重な秋晴れということになりそうです。

17KN3257.jpg

いつもの広場ですっごい青空、
それだけで
記念に残したくなるのでした。



17KN3342.jpg
モクレン




ゆっくり帰る

17IMG_4411.jpg

ジョギングのようなことをするだけで
ゼーゼーしてしまう。

17IMG_4403.jpg

スローであっても走るのは
歩くことに比べたら3倍はエネルギーを
消費するらしい。
確かにハーハーすると
身体が起きているなぁ、という感じはする。

17IMG_4415.jpg

伴走のアグリにとっては
「走っているんだか、速歩きなんだかぁ」
といったレベルなんだろうと思う。

17KN2534.jpg

ニコはいつものように
お気に入りのサイさんを
フニャフニャ、ピーピーしている。

17KN2545.jpg

アグリは隙あらば小川に飛び込む。
もうニコは行かない。
慎重なくらいな方が
お年頃のニコにはいい。

17KN2529.jpg

これでいい。

17_8051502.jpg

↑ 0歳11ヵ月のニコ。
同じ広場で。

佐久に向かうと天気はもっと良くなる。
久しぶりに長門牧場に寄ってみた。

17KN2550.jpg

バックは美ヶ原方面

IMG_4444.jpg

ウイークデーでも8月。
駐車場もほぼ一杯、画像フレームの外は
夏休みを楽しむ親子連れで賑わっていました。

17KN2559.jpg

深呼吸をしたくなる空 と愛犬。
2017年8月の蓼科記を終えます。




ryukyuuasa17.jpg
リュウキュウアサガオ





8月の貴重な晴れ間

晴れるといいことを
思いつくままに。

17KN2492.jpg

外のデッキで記念写真を撮れる。

17KN2501.jpg

木洩れ日がパラソルに落ちる。
川の流れや風を感じる余裕ができる。

17KN2493.jpg

バカ親なので言います。
「アグリー、ラブリーだね」

17KN2498.jpg

色が鮮やかに見える。

17KN2503.jpg

室内だって日の光と影で
時間の変化が楽しめる。
(陶仙房にて)

17KN2523.jpg

犬も人も

17IMG_4382.jpg

「気持ちいいね」を共有できる。

今年の8月の晴れ間は貴重で
本当にラッキーだった。



ominaesi17.jpg
オミナエシ



ニコと水遊び

身体のことには「必ず」はない。
どうなるか、
アグリの具合は見守るしかない。
でも、今日僕が帰ると
いつものように出迎えてくれた。
元気になってきていると感じる。

17KN2454.jpg

ここは2年ぶりになる。



寂しいことだけれど、
ニコにはもうあまり泳ぐ力がなくなっている。

IMG_4267.jpg

頭の中のイメージは
「アグリより速く泳げる」
だとしても身体の衰えはある。

17IMG_4272.jpg

アグリが泳ぎ始めたら
競うようには泳がない。



ニコは時々ボールがどこにあるのか
見失っていることもある。

17IMG_4285

ふたり並んで泳ぐ姿は、これからは
あまりないのかもしれない。

17KN2474.jpg

水遊びの締めに
アグリだけで2〜3回ボールの持来。



一緒にいるだけでも楽しいのに
「若いときのまま」
と願うのは贅沢というモノでしょうね。




17KN2518.jpg
キバナコスモス


祝 サッカーW杯出場決定



ゆったり、ゆっくり「蓼科」

蓼科に行くというのは我が家には普段の延長、
すこしは違うところへとも思うけれど、
気楽に行けるというのもいいものです。

17KN2427.jpg

8月最後の土日で天気がいい。
ちゃいぶさん、は賑わっていた。

17KN2429.jpg

屋外で、ゆったり、ゆっくり。
この雰囲気が「蓼科」のいいところ。

17KN2431.jpg

忙しいのにハンナちゃんのお庭で
遊ばさせてもらった。

17KN2434.jpg

アグリはボールを、
ハンナちゃんはアグリを
追いかける。

17KN2437.jpg

深い愛情とすばらしい環境に
恵まれてハンナちゃんはしあわせだね。

17KN2441.jpg

前線の南下に伴って
秋のような空気を感じた。
行きつ戻りつ季節は変わる。


miyakowa17.jpg
ミユコワスレ


17KN2452.jpg
この日の夕方から夜にかけて
山小屋にて





プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター