これからもきっと!

17KN3510.jpg

今日の朝日新聞によると
8000年前のサウジの砂漠の遺跡に
犬と人の壁画が発見された。記事の
写真をみると猟を手伝ってくれている
多くの犬が描かれている。

日本でも縄文時代から
犬の埋葬がみられることから8000年以上
前からの歴史が積み重なっているそうだ。

昔の人は犬にどう接していたのだろう。
死がもっと身近にあった厳しい時代でも、
余裕はなくても、情は移るし、
抱きしめて涙を流す時もあったはずだ。

これからもきっと。


kiku17.jpg
キク



「の〜んびり」は願望?

50Kmコースの前半の前半は
都幾川に沿って歩きます。

17KN3432.jpg

くらかけ橋という沈下橋を渡ります。

17KN3436.jpg

都幾川の桜並木の土手はカーブが
シンプルで美しい。

17KN3442.jpg

木曾義仲公産湯の清水、
鎌形八幡神社の社殿。

17KN3452.jpg

川沿いを歩くときはニコとアグリの
泳ぎに適した場所探しもしています。

17KN3455.jpg

絵に描いたようなのんびり風景です。
皆さんのリュックに付けたゼッケンには
「お先にどうぞ」とか
「ゆっくり楽しく完歩」とか
記載してますが、実際のところは
違います。「はやっ」です。
「お先に失礼」って書いたら・・。

17KN3456.jpg

歩いている人にはいろんな人がいます。
腰が曲がって前傾しながら歩く人。
髭ダンスのように手を上下させ
腰をかばいながら歩く人。
身体が左右に傾きながら歩く人。
事実は小説よりも奇なり。
個性的な人はお年寄りに多く、
皆さん、速いのです。

の〜んびり、
とはいってもそうはならない。
歳月を重ねても、の〜んびりするのは
意外と難しいのかもしれない。





スリーデーマーチ3日目

17KN3429.jpg

日本スリーデーマーチの最終日の3日目に
無謀にも50Kmコースを歩いてきた。
9時間歩きっぱなしで疲れました。

17KN3430.jpg

スタートは6時ゴールは15時で同じ場所ですが、
アップダウンのある50Kmコースを終えた時は、
足が棒、硬くなって動かすのがたーいへん。
本当に疲れました。
では。


日本スリーデーマーチ

愛媛県に全国ブランドの松山があるので
埼玉県の松山は松山となっている。
でも学校名は市の名前の
東松山市立がついても松山小、松山中
高校も埼玉県立でも松山高、
松山女子高となっている。

(埼玉の)松山という地名が正統なようだ。
府中市はそのまま広島と東京にあるのになぁ、
なんて思いながら歩いて来た。
東松山市を中心に行われている
日本スリーデーマーチに参加してきた。

17KN3367.jpg

昨年では3日間で9万人弱の人達が歩いた。
今年は40周年ということで盛大でした。

出発時には中学生がハイタッチで送り出してくれる。

10Kmから50Kmまで5コースに分かれています。
僕が参加したのは丁度中間の30Kmコースです。

17KN3372.jpg

始めのうちは混み合って歩いていますが、
だんだんばらけて歩きやすくなってきます。

17KN3375.jpg

吉見の百穴の前もコースになっているので
この日は自由に入れるとお誘いもあって
久しぶりに見て来た。

17KN3387.jpg

途中の休憩ポイントでは
ボランティアの方々が梨をむいて切って
爪楊枝に刺して配ってくれていた。
たくさんの人が支えていてくれる。

17KN3390.jpg

途中には
富士山をあしらったグランドアート。

17KN3395.jpg

次のポイントでは蒸かしたサツマイモと
和太鼓で「ガンバレ」、励ましてくれる。

17KN3399.jpg

17KN3402.jpg

森林公園内もコースになっている。

17KN3404.jpg

鷹を手に乗せたまま
20Kmコースに参加している方がいた。
様子から、確実に鷹が人に、
何か伝えているのがわかった。

17KN3408.jpg

森林公園の南口では
10Kmコースの人達とも合流する。
全部のコースが合流するので
ゴール地点まで混み合う。

この辺で左右の靴底が壊れ歩きづらい。

17KN3409.jpg

ゴール地点でも中学生が
ハイタッチで出迎えてくれた。
いろいろとありがとうございました。

30Kmを5時間で歩いた。
まあまあかとも思うのですが、
ウォーキングに慣れているのか
速く歩くお年寄りがたくさんいて
どんどん抜かれたという印象でした。

・・疲れた。でもご褒美感もある。

17KN3411.jpg

このビッグイベントに合わせて
東松山市では、よさこい連が繰り出していた。

17KN3413.jpg



今が大事

17KN3221.jpg

家からの徒歩圏には
幼稚園、小学校、中学校、高校、大学まで
特に高校、大学は複数ある。
田舎なので自転車通学の子が多い。
ニコとアグリに話しかけて来る確率は
中学の女の子が一番高い。
高校生は自分のことで一杯で
余裕がないという感じがする。

17KN3225.jpg

どうだったんだろう、自分は?

「大人になるまで学校にいていいよ」
なんて近代になるまで
普通じゃ考えられなかった。
これだけでも、時代は進んできたと
いっていいんじゃないだろうか。

あの時、もっとああすれば
少しは取り柄ができたのかもしれない。

今になって愚考することはできても、

17KN3223.jpg

やっぱり、自分に余裕はなかったと思う。

可塑性が減り、可能性も限定されていても、
ニコとアグリと暮らせる今が大事、
そんなふうに改めて思うのでした。




cosmos17.jpg
コスモス




運慶展

ウイークデーだし雨も降っているし
「空いているのではないか」
そう思って

17KN3159.jpg

以前からチャンスがあれば行ってみようと
思っていた上野の国立博物館の運慶展に
行ってみた。
大型ポスターの左側、無著菩薩立像
をTVで見て本物を見たいと思っていたのです。

鎌倉時代の人々が「本当に菩薩様はいる」
と思えるだけの
人間的リアリティーを求めたのか、
こめかみや、手の甲の血管まである。
表情が自然に動きそうな一瞬を
捉えたものなのか、宗教的な
超自然的なものというよりも
「今にも言葉を発しそうな菩薩様」
そんな印象を持った次第です。

17KN3164.jpg

鎌倉時代は
武士(農場主)による封建制がはじまり、
浄土真宗などの新しい宗教も生まれた。
運慶達も仏師というプロの中で力量を
見込まれ求めに応じて仕事をしている。

文物の輸入、その影響があっても、
日本が大陸や半島と違った歩みを
始めたのはこの頃からなのだろう。





猛烈に激しい雨

「蓼科」の番組の途中ですが、
ここで臨時ニュースです。
NHK夕方7時のニュースで
報道されていたのですが、
家の近辺では猛烈に激しい雨がありました。

昨年も8月下旬に同様のことがあり、
近所数軒の駐車中の車があっという間に
冠水し買い換えを余儀なくされたことがあった。
家の車も危ないところでぎりぎりだった。

昨年被害に遭った隣人達は車を避難させ、
家人もまた車を避難させた。
道路も冠水箇所があり
そこを走ったのでその後の心配は
残りますがエンジンは動くようです。

17IMG_4486.jpg

↑ 雨が止み車で戻ってきたところ。
だいぶ水は引いている状況。

17IMG_4483.jpg

冠水する勢いが強かったらしく
植木鉢が高い方に流されてきている。




とまあ、さんざんな今日の午後でした。
僕は雨のない所で仕事中でしたけれど・・。

ところで、この2〜3日アグリは嘔吐が続いていた。

17IMG_4477.jpg

昨日の夕方、急遽、動物病院へ。
「アグリにしては元気がないね」
と先生にいわれた。
注射と薬で様子見となった。

雨について今日の一区切りつけて、
ガッテンを見ながら
くねくね、がにがに体操をしていると、
「遊んでくれるの?」
とばかりにアグリは飛び上がる。

回復中であれば・・、と思う。

追記
・・今また嘔吐してしまった。



試しに履き歩き

17IMG_3945.jpg

来週に剣岳に登ろうと計画しています。
5年履いてきた靴も傷んで来たので新調した。
先月買った靴を試しに履き歩いてみる。

17IMG_3947.jpg

指をぎゅっと踏ん張れる感じを残して
サイズ的にはいい。
重さ的にも履き慣れた靴とほぼ同じでいい。

17IMG_3949.jpg

あとは天気次第ですが
初めての剣岳を楽しみにしている。

17IMG_3941.jpg

3日間会わないのは初めてになるのかな。

出たとこ勝負もいいけれど、
「計画して実行する」というのは
頭に刺激になりボケ防止にいいのかもしれない。





musitorinadesiko17.jpg
ムシトリナデシコ



swim 1500m


真夏の夜の眠り

17KN1950.jpg

濡らして乾くと気化熱を奪うメッシュ服で
短い散歩、特に不満はないようだ。

17KN1963.jpg

33℃ 埼玉の夏も暑い。
休日に身体を横にしているのも必要で
それでも体調を崩すこともある。

17KN1962.jpg

最近寝るときもクーラーを29℃の温度設定にして
寝ています。センサーが室内上部にあるようで
時々作動するのでうつろながら音を感じる。
エアコンの温度変化はギザギザで
自然の穏やかな変化とは違う。

夜がもう少し涼しければいいのだけれどね。



sunflower17.jpg
ヒマワリ


読んでくれてありがとうございます。
真夏の夜の睡眠など
体調管理に気を付けてくださいね。



swim 1500m



楽しいけれど趣味ではない

17KN1925.jpg

ニコとアグリが体調を戻すと
何処かへ連れて行ってあげたい、
と思う。
自分のことよりニコとアグリが
優先だとも思っている。

17KN1926.jpg

でもそうシンプルに美しくはいかない。

夏に2回、後ろ髪を引かれつつ
ドッグファミリーから離れて山に登る。
1年の目標があるとすれば、これ。
今は動画情報もあるので、
いろいろシミュレーションしたりしている。
登らなくてもいいのにね、、、、、
だから趣味なのでしょうね。




17KN1639.jpg
ユリ



読んでくれてありがとうございます。
犬と暮らすのは楽しいけれど、
「趣味」ではないですね。


プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター