外にでる

17IMG_4705.jpg

↑ 昨日の台風への備え
埼玉県南では目立った被害もなく去っていった。

17CIMG3421.jpg

風が吹くと道路の乾きがはやい。
いつものように並んで朝散歩。

17CIMG3422.jpg

昨日は1日外に出られなかった。

外には、様々なノイズもあれば、匂いもある。
足の裏の感触、風、光、温度
特に意識しないでも感覚の全部を使っている。
動くには運動系の全部とフィードバックの感覚がいる。

意識しても、意識しないでもできる
「呼吸」が生きることの基本であるなら、
外にでるのは生活の基本ではないだろうか。

犬と暮らすとその機会は増えますね。
楽じゃないけれど、楽しい。







inusafura17.jpg
イヌサフラン



ヒガンバナ

17KN2713.jpg

3連休に台風が列島を直撃するようだ。
散歩時間は不定期でも雨の有無を優先する。
玄関ドア下部はビニールを張って
その前に土嚢を積んで、
「大水は来ないように」って神社にお願いしてきた。

17KN2705.jpg

この間の大雨で事故現場になった川の土手
彼岸花は例年どおり咲いている。

17KN2719.jpg






17KN2721.jpg
白花の花茎は黒っぽく
赤花の花茎は明るい緑のグラデーション。
なかなかセンスがいいですね。
17KN2720.jpg
ヒガンバナ




swim 1500m



笑う犬がいる生活

17KN2694.jpg

朝の散歩コースは決まっている。
ニコとアグリが大小を終え、
車の往来が少ないこの辺りで写真を撮る。

17KN2693.jpg

口角をあげてみせてくれるこの表情は
スマイルだと思う。
霊長類でない犬は笑わないと書いてある本もある。
「かわいい」と話しかけてくれる人には
そばに寄って愛想を振りまく。
そうすると、
「笑いかけない人に犬は笑わない」
ということがいえるかもしれない。

僕は犬になめられることが割合多い。
その時脳内の「ご褒美物質」分泌を感じる。
だから「ありがとう」が自動的にでるみたいだ。




17keitou.jpg
ケイトウ





動物的直感でわかる

17KN2657.jpg

ニコの目の周りの茶色は白髪が増えて
色的にはアグリに近づいてきた。

睫毛までそっくり。

17KN2661.jpg

意識しないでいると
ニコを「アグリ」と言い間違えたり
その逆もあったりする。

でも、そこはニコもアグリも心得たもので
「あ、また間違えている」と思っても
「あたしに言っているんだわ」と
聞いている犬が訂正してくれている。
動物的直感は正しいことが多い。
人間の場合、
大体、男の勘は鈍いけれどその中でも
僕は鈍い方なので周りを
白けさせているのかもしれない。



17KN2658.jpg
タチアオイ



諦める、忘れる

ニコとアグリが最接近するのは

17KN2642.jpg

くんかくんか、匂い探索の時。

17KN2655.jpg

頭がぶつかっても
「それどころじゃないのよ」
と、いわんばかりに
両犬とも凄く集中している。

これだけ夢中になっていても
時間が経って、「さあ行こう」で
すーーっと切り替えて歩き始める。

「諦める」とか「忘れる」というのは
消極的にとらえがちだけれど、
ストレスを貯めずに暮らしていくための
能力なのかもしれない。

諦めるな! 忘れるな!
そうした面は否定できないけれど、
その反対も知恵なのだ、と思う。
いろいろと諦めないで忘れなかったら
実際にはそーとー不自然だと思う。






tororoaoi17.jpg
トロロアオイ




彼岸花をバックに

17KN2695.jpg

墓地のまわりにヒガンバナ。
モグラなどが寄りつかない、と聞く。
あちこちの墓地で散見する。
彼岸の入りには一週間早いけれど、
曇天に赤、
一層鮮やかに引き立っていた。

17KN2698.jpg

ニコは顎の関節も柔らかい。
「キーーン」
という声でない音がでてくる。
このあくびは
「えー、またー?」
なんだろうな。

17KN2699.jpg

ま、まあ、気を取り直して
「ニコ」「アグリ」
の合図で帽子を振って
今日のベストショットになりました。





17KN2670.jpg
ヒガンバナ



黄緑色に染まる草地で

17KN2671.jpg

草刈り後の空地(くうち)。
メタセコイヤとケヤキが
伸び伸び育っている
黄緑色のじゅうたんに大木の
取り合わせは異国の雰囲気がある。

17KN2674.jpg

眩しいのはニコアグの方かな。

17KN2689.jpg

スズカケノキの切り株にアグリ。

17KN2691.jpg

数秒の内に1回は目線をくれる。
カメラ目線というより、
僕を気にしてくれているのだと思う。
(ま、思うのは自由ですから)
「イイコダネ〜 アリガトネ」
意識しないでも声はでている。





yurizuisen.jpg
アルストロメリア(ユリズイセン)





下り坂

17KN2635.jpg

今日はいい天気。

17KN2637.jpg

1年も後半だなぁ、とわかる夕日と影。

人生、上り坂より下り坂の方が楽しい。
いつからいつまでがピークだったんだか?
僕はあんまり登っていないので
「下り坂」はゆるやかな・・はず。
ゆっくり歩いて行こう。





17KN2640.jpg
マリーゴールド




崖線の小径で笑う

最後の嘔吐から一週間、
アグリはすっかり元気になっている。

17KN2646.jpg

僕はニコとアグリと一緒に散歩する。
どちらかが本調子でないと、
それはもう片方に伝わるらしく、
自分だけが
「もっと行きましょうよ」
とはならないみたいだ。

17KN2650.jpg

秋晴れの崖線の小径で
ニコらしくアグリらしく。

アグリがぐいぐい登ると
(とはいっても2分位で頂上)
ニコも付いて行く。

17KN2652.jpg

記念写真は休憩時間。

僕が先に行って写真を撮ると不安そうですが、
犬が後を振り返るように撮ると安心みたいだ。
・・気のせいかな。

2分を半分にしてゆっくり登る。





17rantana.jpg
ランタナ




swim 1500m



涼しくなると

うちの子たちは適当な距離でいる。
付かず離れずといったところです。
だからたまに ↓

17CIMG3354.jpg

↑ のようになっていると
「おー、かわいいのー」
と喜んでおります。

17CIMG3352.jpg

寝ているのか。
寝ているふりをしているのか。
ともかく
涼しくなると触れあう機会が増える。

17IMG_4569.jpg

新聞を広げるとアグリが来る。
新聞より楽しいやね。





17CIMG3350.jpg
ニラ



プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター