7歳になりました

アグリは今日7歳になりました。

17CIMG2907.jpg

初めて犬舎で会った時から
みんないい子だけどこの子がいいね。
僕と家人の意見は一致していた。

17CIMG2909.jpg

あれから7年経つ。
あの時の理由のない予感は正しかった。

〜このまま元気でいてくださいね〜

17CIMG2916.jpg

おめでとう!



犬家族の散歩

17KN0128.jpg

ニコの尻尾が上がっている。
1人で2犬と散歩するときは
ニコもリーダー的になるのか、
一家総出の散歩になると心強いのか、
気楽になるようだ。

17KN0130.jpg
写真の右側にベンチはあるのですが、
「ベンチ」って書いてないと
わからない人がいるという意味なのかな?
・・わからん。

17KN0133.jpg

ニコは長女、アグリは次女の定位置で
犬家族をアピールしながらの散歩なのでした。

その次女も今日で6歳最後の日。

17IMG_1572.jpg

アグリの誕生日にメッセージを添えた
お祝いをいただき、

17IMG_1575.jpg

ありがとうございました。




17musukari17.jpg
ムスカリ


「さがせ」ゲーム

教えなくても「さがせ」はわかる。
何を捜すのか?を廊下で確認する。
後はモノを適当に隠し「さがせ」と言うだけ。



ニコもアグリもこのゲームは好き。
人間の声は収録しないように静かにしてますが、
実際には人の「さがせ」の声で
「さがさなくっちゃ」
のやる気スイッチがはいります。

0701063.jpg

コニーも好きだった。
「レトリバー」は回収する犬。
そんなことも思い起こさせてくれる。
ご褒美は拍手だけ。


himeodori17.jpg
ヒメオドリコソウ


誠実なお付き合い

DNAで人間に一番近いのはチンパンジーだという。
けれど人間に一番近い動物は犬だと思っている。

17IMG_1403.jpg

動物間で目をそらすのは
「敵対してませんよ」
と言う意思表示が普通なのだろう。
見つめ合ってなお親愛の情を感じるのは
かなりなコミュニケーションだ。

ホントかどうか知りませんが、
言葉に関する遺伝子では
チンパンジーより犬の方がヒトに
近いという。
犬にMRIに入ってもらい実験すると、
左脳は単語に反応し、
右脳はイントネーションに反応するという
研究結果もあるそうだ。
それもヒトに似ているのだそうだ。

誠実に付き合わないとね。




crokkasu17.jpg
クロッカス



菜の花畑で

17CIMG2929.jpg

毎年同じでも、行かないと気が済まない。
仕事や学校じゃないのだから
行かなくてもいいのだけれど、
その場所との相性がいいのかな。

17CIMG0932.jpg

↑ の写真は前のスマホの
スクリーンに使っていたもの。
職場の人に見せて、呆れ返られた。

17IMG_1506.jpg

17IMG_1532.jpg

17IMG_1528.jpg

17CIMG2936.jpg

もう一度チャレンジです。



kobusi17.jpg
コブシ

ooinu17.jpg
オオイヌノフグリ


オカメザクラの下で

17KN0112.jpg

ソメイヨシノはまだだけれどいろんな花が
一斉に咲き出しました。
おかめ桜は2月下旬から咲き出して
そろそろクライマックスを迎えている。
本番の春到来といったところでしょうか。
服を脱いだり着たり、ワンの抜け毛も増えてきた。

17KN0124.jpg

バックの桜並木はもうすぐ
白っぽいピンクに染まる。

夕方も神社を通り抜けたので

17KN0126.jpg

パシャっと記念写真。
今日も元気だ。ありがたい。


今朝、ニコが大きくワンワン吠えるので
指をさして「うるさい!」と言ったら
ニコは後を見ていた。むぅ〜〜。




kusaboke17.jpg
クサボケ


彼岸の入り

17_3184241.jpg

ニコのいつもの姿です。
クンカクンカしているのは

17_3184244.jpg

ういろうでした。
昨日から彼岸の入りしたので、
義父義母のお墓参りに鶯谷下谷のお寺まで。

17CIMG2885.jpg

帰りに池袋で求めたものでした。
写真はともかく
「あ、そうそう」
どこか懐かしい感じがある
粘りと柔らかさのある食感がした。

17_3184238.jpg

今日引き出しの奥にしまい込んである
デジ一を引っ張り出して撮ってみた。
10年前のこのカメラはピント合わせに
やや難点がある。
最近はスマートホンでビックリするくらい
よく撮れる。
撮るために、意図があって操作ができる
手になじむというのなら
一眼カメラがいいと思うけれどだんだん
「スマホカメラでOK」が増えると思う。
アウトプットの写真だけをみると
さほど変わらないレベルです。

目が(も)悪くなっているだけなのかなぁ。


太陽の揉みほぐし

17IMG_1256.jpg

少し走ってたくさん泳いだ後は
疲れきってどこでも寝られるのに
来てくれた。
「なんもいえねぇ」
ずーっと保存しておきたい時間。


大型犬の9歳は人間換算では高齢者。
ニコは運動(今回は水泳)後しばらく
前足が筋肉痛のようになる。
難しいところだけれど、それでも
運動は適当にしてもらいたい。
治るまで静かにする。

17CIMG2871.jpg

始めは痛そうだけれど歩ける。
日曜日はいい天気だったので
自ら太陽に揉みほぐしてもらっていた。

月曜日にはいつものニコに。

いつまでも元気でいてもらいたいから
適度な運動は必要なのです。
どこからがハードになるのか、
ニコの気持ちはどうなのか、
様子をみながら答えをだしてゆきたい。




山中湖のお宿で

犬連れの宿泊は「あんまりねぇ」より
「やっぱり」が付いても
「よかった」を選びがちなもの。
3年連続でカーロ・フォレスタ・エルフォに泊まった。

17IMG_1348.jpg

共用部分を介さずに部屋に入れるのは
犬連れには向いている。

17CIMG2785.jpg

専用庭スペースも直に出られるので
気兼ねない。

17IMG_1248.jpg

17CIMG2777.jpg

17IMG_1226.jpg

17CIMG2776.jpg


夕食は部屋に運んでくれるペースに合わせ
ゆっくり食べる。

yamanaka316.jpg

yamanaka3.jpg
骨はニコとアグリがバリバリっと

17IMG_1301.jpg


3月の山中湖はアグリのお祝いも兼ねている。

17CIMG2808.jpg

2週間前ですが、ハッピーバースデー。
犬用に甘さ抑えたクリームが大ヒット。
もう一度食べたいショートケーキになりました。

17CIMG2817.jpg

床暖で直に寝ると犬には暑すぎる。
ふとんを敷くとさらに暑い。
床暖を最小にしてソファの上で寝る位で
丁度いいみたいだった。
寝た時と起きた時と殆ど同じ体勢。
走ったり、泳いだり
疲れ切って泥のように寝ていたようだ。


朝食後、ドッグランで自由時間。

17CIMG2833.jpg

ゆっくりチェックアウト。
「きらら」に寄って帰宅したのでした。



山中湖の「きらら」で

富士山を犬とゆったりみることができる
山中湖の「きらら」には何度も行っている。
千円札の富士山は本栖湖からの眺めで、
山の稜線がきれいだとされている。
山中湖からの富士は伸びやかな
裾野が広く見渡せる。

17CIMG2761.jpg

反射する波は湖畔に
控えめな音を添えている。
雪面にも氷面の照り返しのように
光っているところがある。

17CIMG2719.jpg

ここには今回3回訪れている。

17CIMG2728.jpg

始めは毛皮姿。

17CIMG2754.jpg

↑ 2回目はボアの服。↓

17CIMG2764.jpg


17CIMG2857.jpg

↑ 3度目は紺の服。↓

17IMG_1367.jpg

衣装が変わらなければ同じに見えるくらい
いい天気に恵まれたということかな。



17CIMG2866.jpg




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター