5時半の散歩

17IMG_5671.jpg

「あっ、お母さんだ」
「暗くてもすぐわかるんだわぁ」

17IMG_5675.jpg

顔を拭いてもらうのは大好きみたいだ。
アグリは待ちきれない。

雨が降らない限り、通勤前、
朝ご飯までの時間、毎日のルーティンだ。
ぼーっとしても、半自動で動いている。
こういう時間は案外好きなのかもしれない。



ネオテニー

17IMG_E5605.jpg

1週間前に撮ったアグリです。

17CIMG0083.jpg

3年前に撮ったアグリです。

4歳から7歳になっている。
大型犬の人間換算では33歳から54歳に
なったということになる・・らしい。
2歳半上のニコがいるせいか、
「年取ったなぁ〜」
という感じはまだない。



狼が早く大人になって自立しているのに対して
犬は無邪気さ、好奇心、環境に適する柔軟性、
「愛くるしさ」を持ち続け人と接して来ている。
犬は狼のネオテニーだとも言われる。
野生を忘れ、幼児性を残したまま人との
共存、関わりの中で進化してきた犬。
「人間もちゃんとしなくちゃーーー」
頼ってくれるお返しにそう思うとしたら、
犬がいるいい影響なんだろう。







17Kjinia.jpg
ジニア



時代の進歩

このお寺の前の道は広くはないけれど、
鎌倉街道、昔からあった道です。
その頃、東京の中心地は干潟だったはず。

17KN3482.jpg

「昔は良かったね」と
聞くこともあるけれど、
昔だったら統計的には
僕なんぞは死んでいる確率が高い。

17KN3504.jpg

水道、電気、ガス、テレビ、下水、電話、ネット。
どんどん暮らしが便利になってきたのと
同時並行の半生だった。
そのせいか、僕は
「その程度に時代の進歩はある」
って思ってしまう方です。

800年前からここの前の道がある。
800年後ってどうなっているのか見てみたい。


17KN3480.jpg
コスモス

wintercosmos17.jpg
ウインターコスモス


秋の夕暮れ散歩

17CIMG3490.jpg

春に「葉桜になってしまったね」
なあんて言われる葉ですが、
晩秋なのか初冬なのか、今は主役。
花も葉も桜は散る直前が華々しい。

17CIMG3493.jpg

河原を歩いていたら、↑ な枝。
顔が鯨っぽい?犬が伸びをしている。

17CIMG3497.jpg

夕暮れの河川敷は静かだ。

17CIMG3495.jpg

夜がまだ残っている朝はブルーっぽく、
昼がまだ残っている夕はオレンジっぽい。
なんとなく、そんな気がしている。

17CIMG3498.jpg

なぜか同じ方向を向くことが多い。

17CIMG3499.jpg

もう何年も玄関からの出入りはしていない。
水場のあるデッキからの出入りにしている。
でも、まだ玄関から出入りしようとする。
いきなり外に開くドアの方が「劇的」なのか
遠回りは性に合わないのか
身についた習慣で直し難いのか
「玄関から出入りましょう」と
アピールするのが習慣になっている。




かっこいいニコ

河岸段丘の下端は湧水が集まり
川の源になっている。

17KN3488.jpg

水の映像は黄色と青の
コントラストが鮮やかだった。

17KN3490.jpg

寒がりのニコには服を着せ
アグリはそのまま。
当分このパターンでいいみたいだ。

17KN3493.jpg

DOGAHOLIC 「犬大好き」

17KN3495.jpg

「犬が西向きゃ尾は東」とか、
でもニコの場合、
尾と頭が同じ方を向くこともある。
柔軟体操しなくてもニコの関節は柔らかい。

17KN3499.jpg

アグリは身体を左右に振り
足を前に出して歩く。
ニコは身体を上下に弾ませて歩く。
地に足を着け重たいアグリの引く力は強い。
今、耐久性こそなくなったけれど、
ニコにはアスリートの美学があるようだ。


17KN3500.jpg
キク



両膝枕にニコとアグリ

冬型の気圧配置なのか、北風が強い。

17IMG_5609.jpg

でも、晴天が続くのはありがたい。

17IMG_5612.jpg

ガラス越しの陽差しは暖かい。
アグリは遠慮がちに隙間に入る。

17IMG_5635.jpg

低い背もたれの付いたベッドを出し
ホットカーペットも下に敷いた。

I17MG_5632.jpg

体勢も放熱型から蓄熱・保温型に。

17IMG_5636.jpg

同じ温度でも暑苦しかったり、
暖かかったり、周囲の気温で左右される。
犬がひざまくらを求める今頃がいい。
行動が気持ちを変えることもある。

唐突ですが
例えば、2人がたまたま吊り橋の
高所でドキドキしているとき、
「好きです」と告白したとする。
相手はドキドキしているので、
「自分も」と思う確率が高くなる。

そんな例が本にあった。
そういうこともあるような気がしている。




このブログ長く続けているのだけが取り柄です。
今月を終えると10年分溜まることになる。
過去の特定の月だけをみることができる。
10年というのはなかなかの分量になっている。
「老後の楽しみ」の「老後」はいつからなんだろう。
自分が見えていないだけなのだろうか。
気にしないのが正解。




毎朝再会を祝す

17IMG_5625.jpg

朝はニコとアグリの歓迎挨拶から始まる。

17IMG_5630.jpg

とうせんボードを外して触れあい。
何時間会っていなかったということじゃなくて
朝が来て新しくなったよ、よろしくね。
みたいな、そう、新年の挨拶みたいなもの。
ア ハッピー ニュー デー
また一緒に暮らせるね。

と言っているんだかどうだか。

犬たちに1週間1月1年の区切りが
あるのかどうか、わからないけれど、
朝明るくなる1日の区切りははっきりある。
そのはじまりに歓迎される朝。
再会を祝す・・毎朝。




swim 1500m

偏向レンズの自分メガネ

17IMG_5617.jpg

今年の紅葉はあまり鮮やかではない。

17IMG_5594.jpg

例年だと12月に紅葉するメグスリノキは
紅くなる前に茶葉し落葉している。

夏からの長雨が原因だと思う。
それだけに青空への歓迎指数が高い。

17IMG_5595.jpg

板塀よりも太陽高度は低くなり
スリットから差し込む日差しになっている。

17IMG_5598.jpg

この気持ち良さ、
人間にも伝わります。

主観を抜きにものを見ることはできない。
・・・たぶん。
ニコとの10年の蓄積がある
偏向レンズの自分メガネを通せば
何気ないニコの右手のしぐさも
自動的に、かわいいと感じるのです。



IMG_E5614.jpg
ブラックベリー
なぜか今頃1つだけ実をつけている。
今年もまた、家人がジャムを作ったり、
そのまま洗ってニコとアグリのデザートになった。




接近する11月

17CIMG3462.jpg

ご近所散歩でっす。
服を着なくても、歩いている時に
寒そうにしていた記憶はない。

17CIMG3463.jpg

北の国から 来た犬種ですからね。
特にアグリの柔らかく細かく密集した
アンダーコートは熱を逃がしません。

そのせいか、
ニコは素直に服を着るけれど、
アグリは逃げる。人間は時々諦める。

17CIMG3450.jpg

↑ ニコがアグリを見守っているように見える。

寝るときは身体の代謝が落ちて
体温が少し下がるのか
暖かくして寝るようになる。

お互いの距離を縮める11月



楽しそうにハアハアしている

17IMG_5563.jpg

エッホ、エッホ

17IMG_5577.jpg

それぇ! 持って来るんだわ〜。

17KN3468.jpg

エッホ、エッホ

17IMG_5583.jpg

持って来たんだわ。
自分でもなぜだかわからないけれど、
投げたら持って来るんだわ。

17IMG_E5572.jpg

ニコはラテックスのサイさんを放さない。
走るのはほんの少しだけ。

ハアハアしているだけ?
楽しそうにしている?
・・どっちもある と思う。




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター