ちゃいぶさん

17IMG_3170.jpg

今年になって初めての
大好きな「ちゃいぶ」さん。
僕らにとって蓼科で1番ほっとする所。

17IMG_3181.jpg

ハンナちゃんのお庭で
遊ばせてもらっている。

17IMG_3174.jpg

影はほぼ真下に落ちる。
アグリのシッポの影はどこだ?

17IMG_3176.jpg

新しくおろした頂き物の
サイさんのおもちゃ、
いい音を立てニコがはみゅはみゅする。

17IMG_3193.jpg

蓼科、いい天気、外でケーキとコーヒー。
ショートケーキの苺は切ってある。
苺がケーキに馴染むような気がする。
・・すっ、すいません、生意気で。

17KN1583.jpg

ニコとアグリにとっては夢の世界。
ラブは食いしん坊ですからね。




hitotuba17.jpg
ヒトツバダコ
17nanjamon.jpg
別名ナンジャモンジャノキ
ちゃいぶさんの店先で見事に咲いていました。
17KN1568.jpg




須栗平の陶仙房

17IMG_3092.jpg

女神湖と白樺湖の間にある陶仙房は
割合よく行く所です。
茅野市須栗平にある陶仙房には初めて行く。
スマホとカーナビでどこにでも行けるけれど、
場所がわかりにくいので電話してうかがう。
「犬は大丈夫でしょうか?」
「混んでいるときお断りすることもありますが
今は大丈夫です。」
小学生以下と団体様はお断りという、
静かな環境を大切にしているお店ですから
犬連れは電話してからの行った方がよさそうだ。
はい、うちの子は静かにできます。(えー)

17IMG_3101.jpg

1間半はあろうかという深い軒の出。
垂木受けの横梁を
それを登梁のような材で支え、
またそれを受けた梁を長い腕木で支える。
積雪地域でありながら
そこまでして軒の出を確保している。

17IMG_3158.jpg

古民家の再生だという。
海外の民家のことは知りませんが、
民家を含めた日本建築の特徴の1つは
外を内の間のにある、と思っている。
外でもなく内とは言い切れないスペース。

17IMG_3108.jpg

縁側があったり、

17IMG_3130.jpg

雨の日でも作業ができる軒下がある。
室内でも

17IMG_3124.jpg

土間的な空間があって内がある。
自然をうまく取り入れている。
厚い石壁とドアで仕切られた西洋建築には
パティオがあったり、
ベランダがあったりもするが、
内は内、外は外、と仕切っている。
外と内をうまく融合しているのは
日本建築の特徴の1つではないだろうか。

畳を敷いて、床の間があるだけで
「日本間」というのはどうも・・・。
外と内の間のあいまいなところに
日本建築の魅力があると思っている。

さてさて犬連れが案内されたのは

17KN1539.jpg

こぢんまりとした離れ。

17KN1531.jpg

開店したばかりで独占状態だったので、
見応えのある建築を感心する余裕があった。

17KN1535.jpg

ニコもアグリも静かにしていた。
僕らにとっての蓼科の魅力が1つ増えた。



6月の木洩れ日

17KN149517.jpg

標高1300mの山小屋は涼しいより寒い。
密集してストーブを付けて丁度いい。
少しの気温変化で
「暑いだの寒いだの」
そこだけは感受性が高いみたいだ。
(キャパが小さいともいう。)
内でぐだぐだしてもしかたない。
外はいいよ〜。

17KN1496.jpg

昨年、右から2つめの赤岳から
白い雲が後に見える硫黄岳まで登った。
全部一望できるいい天気だ。

17KN1510.jpg

農業調整池と野球場のある岳麓公園を散歩する。

17IMG_3082.jpg

くどいようですが、いい天気です。

17IMG_3076.jpg

17IMG_3068.jpg

ルノアールじゃないけれど、
木洩れ日には幸せなイメージがある。

17IMG_3084.jpg

事実「ああ、いいなぁ」と感じて歩いていた。
6月の木洩れ日は
強いコントラストでほぼ真上から。



次回は

17IMG_3127.jpg

↑ っなお店に突入します。



17KN1571.jpg
カルミア


時をかける

17CIMG9274.jpg

↑ 12年前

17KN1413.jpg

↑ ついこの間
づるづると記憶の糸をたぐり寄せると

17KN1414171.jpg

こんなシーンも合成できる。
バックの12年間本棚が変わらない。

CIMG9278.jpg
12年前

17KN1429.jpg
ついこの間
メニューも値段も殆ど同じ。

なかなか凄い。




miyako17.jpg
ミヤコワスレ



佐久から小諸方面へ

17IMG_2956.jpg

17KN1410.jpg

「佐久にぴんころ地蔵がある」
ということは聞いていた。
よく通っている所なので
お参りしたいと思っていた。

17KN1408.jpg

健康長寿に関する情報はあふれていて、
24時間では実行不可能なくらいだ。
運動と栄養と睡眠、
特に「何を食べると・・」
については次から次とどんどん出てくる。
身体は自然のことなので
「こうすればああなる」と
単純に言い切れるわけないのに、
情報のインパクトの為か
言いきっているものが多い。
・と冷ややかにみているつもりでも
ビタミンなど気にしているものもある。
健康長寿・・
若いときは気にしなかったけれどね。

17IMG_2935.jpg

薬師寺にニコアグともに参拝する。

17IMG_3021.jpg

佐久から小諸方面へ向かう。
起伏がある農地は大変だと思いますが、
車から見る風景は「あー、いいね」
移住する人の気持ちが分かるような気もした。

17KN1450.jpg

おそらく、アグリカルチャーの
アグリをひらがなにしたと思う。
「えー」と思ったので撮ってみた。

17KN1413.jpg

読書の森は書斎を公開している
茶房といった感じだ。

IMG_2974.jpg

10数年前に来ている記憶のまま、
時をかける爺さん気分になった。

17KN1418.jpg

↑ 上からカメラを向ける。

17KN1420.jpg

↑ 下から覗かないで撮ってみる。
犬の表情は常に動いている。


そとには

17KN1448.jpg

ゲルがあり、

17IMG_3016.jpg

外国人が泊まったりもするそうです。

17IMG_3012.jpg

梅雨の蝶、
梅雨の中休みというより
あとで訂正される梅雨入り宣言なのか
湿気も少ないまぶしい天気だった。




17kodemari.jpg
コデマリ
緑が濃くなると、
みどりの影、緑陰も濃くなる。


蓼科1泊

17IMG_2951.jpg

佐久にある「ぴんころ地蔵」
願いを込めてお参りして来た。

家人曰く
「アグリがあなたを向いて写る確率が高い」
内心喜んでおります。

IMG_296917.jpg

10数年ぶりに訪れた小諸にある
「読書の森」
タイムスリップしたように
コニーと来た時の記憶のまま。

17IMG_3040.jpg

いつもの広場に立ち寄り、
たっぷり犬まみれの睡眠。
あさーーーっ。

17IMG_3069.jpg

公園を歩く。
陽は高く強烈でも空気はカラッとして
気温も真夏の頃に比べてかなり低い。
1年の頂上だ。

17IMG_3117.jpg

茅野市の陶仙房。
民家を改造した味わいのある建物の茶房。

17KN1589.jpg

大好きな「ちゃいぶ」さんに寄り
昼寝のち

17KN1617.jpg

いつもの広場経由で帰宅した。

途中2回交通事故の渋滞に遭遇。
渋滞は疲れますね。
高速道路だけでも自動運転の車が
早く一般化してもらいたい。


odamaki17.jpg
オダマキ
17odamaki.jpg


梅雨の蝶

17KN1287.jpg

niko and ...

17KN1289.jpg

アグリ

17KN1346.jpg

「ケンとメリー」とか
分からないネーミングコピーもあったけれど、
・・・はどうしたってアグリです。


むかしむかしあるところで
「なんていうなまえなの?」
小さな女の子が尋ねました。
「アグリっていうんだよ」
「ふぅん〜」と言ったあと
「ラブリー」って
呼びかけたのでした。
・・誤解です。美しい誤解です。

17KN1306.jpg

「梅雨の蝶」
今日プレバトで知りました。
今年はその蝶々がたくさん飛んでいます。



17KN1298.jpg
アジサイ


感謝して継続します

17KN1338.jpg

梅雨らしい日。
ブログの管理ページに
アクセス出来ない状態が続いている。

IT関連の、
暗証番号やメールアカウント等
悪用する人がいるので仕方ないけれど
複雑だしつながらないし、電話で話せないし
昔のメモはぐちゃぐちゃだし、
鬱陶しさも倍増です。

17KN1276.jpg

これは繫がったときに備えてJeditに
6月13日分を書いているものです。


こんな下手なブログでも書いていたい。
人が聞いたらお笑いだと思う。でも、
読んだり書くことで、前頭前野といわれる
目の後からおでこの裏あたりの脳を
使うことになるそうだ。
この部分はアイドリング状態でも
当面生きるのに支障はないという。
時々でもギアを入れないと
どんどん劣化するともいう。

そんなボケ防止ということもあるけれど、
やっぱり我が愛犬を記録に残して置きたい。




昨日は悪戦苦闘して今日なんとか
これまでどおりこのブログを
継続することが出来る状態になった。

見てくれる方に感謝して続けます。

今日6月14日分はお休みします。



よろこばれたい

17KN1339.jpg

この路の突き当たりは中学があり、
その向こうに柳瀬川。
河原はニコにはホームグランド
といっていい位当然に行く場所だった。
最近は当然でもなく、手前で
「帰りましょう」と
立ち止まる。
「さあ、行こうよ」と動けば

17KN1344.jpg

諦めよく付いては来ます。でも
3回に2回はニコの意見を尊重してます。

その昔、
ニコがひとりっこの時代、
ここにラブ犬さんと人が3組いました。
ニコが地響きをたて爆走する度に
「ウォー」という歓声が
聞こえたのを思い出す。すごかった。
はっきり言って自慢の子なのでした。

「よろこばれたい」で犬は走るのではないか。
「たぶんそうだ」、そんな気がおおいにする。

17CIMG3206.jpg

今は元気でいてくれれば十分です。



プールでお世話になっている
ご近所の立教大学。
そこには野球グランドもある。
日本一おめでとう!



毛呂山のドッグプールで

僕はいつの間にか朝型人間になっている。

昼休み時間は眠くて夕方はふつう。
シエスタと言えば聞こえはいいけれど、
スペイン人と違い夜もふつうに眠い。
犬の生活パターンに近い。
犬からはいろいろ影響を受けている。
えっ、じいさんだからじゃないの?
歳のことは言わないのが正解。
ときどき間違える。

17IMG_2895.jpg

今日の午前、うちから車で小1時間、
毛呂山にあるプライムランドでひと泳ぎ。
このプールは周りから徐々にまん中が低い。
犬でも足が着くスペースが大きく出来ている。

17KN1370.jpg

プールでありながらスロープ状というのは
上がって来るのに苦労するなら
泳がないと決めているニコにはありがたい。

17IMG_2880.jpg

バーニーズさんがまん中で立ち泳ぎ?
もしかして2本足立で底にあるオモチャを
ゲットしようとしているのか
深い所でがんばっている。

17KN1358.jpg

喜々として泳ぐのはアグリ。
それでもボールをプールの縁に近いところに
投げるとプールサイドを走って行く。
「ゲットする」、
遊びであっても目標があって泳ぐ。
「健康のために」なんて関係ない。

17KN13721.jpg

いつも遊んでくれるお母さんと一緒で
楽しい、シッポはそう言っている。

17IMG_2884.jpg

水の中と外では音が違う見えるものも変わる。
呼吸ができないなど環境が一変する。
何より浮遊感がある。
宇宙のようではないけれど、
重力からしばし解放された気分もある。
気分転換に水に浮く。

17KN1380.jpg

ニコは休みながら少しでいい。
ゆっくりすれば足の問題はない。
ゆったりのリズムを人間が
身につけ、一休さんのように
「慌てない慌てない」ができたら・・。
なかなかできないけれど、
できたらいいなと思うことの1つです。




17IMG_2909.jpg
マンゴジュース



プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター