場所と記憶

18KN6076.jpg

ジャストフィットなニコ




18KN5986.jpg

「愛染かつらじゃないのよ〜
ノウゼンカズラのなのよ〜(笑)」
高齢の夫婦の会話が聞こえてきた。
三軒茶屋にほど近い住宅街を歩いた時の記憶です。

僕は
この花はノウゼンカズラだ、といった
花の名前は(も)よく忘れてしまう。
けれど、エピソードがあり
印象深いと覚えていられる。
自分の人生の中でも
妙に覚えているそういったシーンがある。
ついでに
そのエピソードがあった場所も
記憶について来る。
花の名前を覚えておくのを意味記憶、
物語性があるのをエピソード記憶というらしい。
どっちも言葉で表現できる陳述記憶。

書き言葉がまだなかった時代は口頭伝承。
覚えておくために物語にしたり、唄にして
韻を踏んだりリズムをつけたのかもしれない。
書き言葉はそこから始まったのだろうか。

18_DSC1390.jpg

過日、国立科学博物館に行ってきた。
展示してある場所と内容が写真とともに
記載してあるガイドブックを求めた。
映画館のプログラムみたいな感じですが、
自分で歩いた場所と内容というのは
いくらか記憶に残りやすいかもしれない。

美術館や博物館を歩いていると
あっと言う間に時間が経つ。

何かが繫がる「へぇ〜」は面白い。
片っ端から忘れてしまうのですが、
また、「へぇ〜」と思えるのだから
まっ、いいか。



hakuchou18.jpg
ハクチョウソウ



梅雨の中休み

18IMG_8997.jpg

梅雨の中休みは気持ちも晴れる。
お気軽にできるトロ舟行水でもなんでも
きっかけがあれば動きまわる。

18KN6113.jpg

自らバシャバシャするアグリ

18KN6117.jpg

ギボウシの花を食するために
トロ舟を通過するニコ

アグリが走ったことをきっかけにして
ニコが追いかけ始めた。

IMG_9012.jpg
スピードも機敏さもアグリに軍配が上がる
IMG_9013.jpg
「追い詰めたんだわ」
18IMG_9014.jpg
ブルブルの後にワン
18IMG_90151.jpg

アグリがまだいない頃
ニコとドッグランによく行っていた。
他のワンちゃんに追いかけられるとすぐに
小さい空間に逃げ込んでいた。
アグリは
グレートデーンのような大きな犬にも
お腹を見せて挨拶をしていた。
性格は対称的です。

ニコ! アグリがいてよかったね。
僕にはアグリの心遣いに見えてしまう。
「ニコしゃん、元気ね」ってね。


18KN6122.jpg
ギボウシ(ニコが食べる直前)





W杯日本対コロンビア戦が
あるので早めにアップしました。




ハスの花

18KN6068.jpg

ハスの花はグラフィックな色と形が特異だと思う。
ピンクから白へのグラデーションとピンクの筋
その花びらも点対称っぽく並んでいる。
色紙で作ったような黄色い円形オブジェに
規則的な突起の配置がある。
観念的造型とも思える不思議な花です。

ニコとアグリは傍観者のように歩いて
いるように見えますが、
僕の意図を知ってか、サービス精神で
待っていてくれてます。

18KN6072.jpg

水中の根っこはぐちゃぐちゃですが、
水上部はきれいに整っている。
努力をみせない美学なんでしょうか、
そんな風にもみえてしまう。

18KN6066.jpg





18KN6063.jpg
アザミ




35分ゆーっくり走った



肯定したくなる空気

家人はときどきブラッシングをします。

18IMG_8980.jpg

今日はニコとアグリのブラッシングした毛で
ニコの頭に白髪のカツラ。

家人が撮った写真ですが、

hetae180617.jpg

アグリが後から見ていました。
お姉さんのカツラに興味津々のようす。

1816hetae180617.jpg

僕はそれを見ていたのですが、
(自分を外から俯瞰してみても)
微笑ましい光景だったと思う。

記憶はあやふやになる。
ちょっと記録しておきたかった。



18KN6073.jpg
ヒメジョオン




ゆーっくり1800m泳いだ



ごくふつうの光景

18KN6038.jpg

カメラを持ってニコのソファに座る。
犬も家の中にいる時間が1番長いけれど、
ごくふつうの光景を記録しておきたいと
思ったからです。

18KN6040.jpg

後でアグリは専用ベットで、
これもものすごくふつうの光景。

18KN6041.jpg

犬の寝返りは立ってからすることが多い。
「抱きたい背中」です。

18KN6042.jpg

↑ 外に出たいという意思表示ではない。
ご褒美への期待です。

18KN6043.jpg

↑ アグリがデッキの流しで
小に向け何度もトライ、頑張っている。

18KN6046.jpg

戻ってきたアグリへの
ご褒美はシェアするもの
そういう取り決めになっている。
ちなみに、ニコへのご褒美も
アグリとシェアすることになっている。

18KN6047.jpg

家人がアグリをかまっていると
ニコはやきもちを焼く。
例えば僕がニコをかまっていても
アグリがそばに来ることはあっても
自ら意思表示をすることはない。
平穏に暮らすルールを知っている。
アグリは気を遣ってくれる子です。



ときどき「お祭り」もあるけれどね。

18KN6052.jpg

なんかないかな〜、

18KN6053.jpg

と思いながらぼーっとしている
まどろんでいる時間が一番長いかな。






18KN6032.jpg
アジサイ




18ima2.jpg 1万メートルゆーっくり走った



やり過ごす

6月の梅雨らしい天気

18KN5868.jpg

外に出られないのは分かっている。
諦めて「やり過ごす」というのも
生きる技法のひとつ。

犬は喋らないけれど、
感じたり思うことは、人が思うより
人に近いという直感がある。
思えば思い返してくれるし、
うそはない。
安心して溺愛してしまう。




18KN5857.jpg
ハナショウブ



今朝の曇天散歩

18KN6013.jpg

今年もハスの花が咲き始めた。
工場の道路際、コンテナに植えられている。
ハスの原産はインド、そのイメージがある。
花の写真も出来れば犬と撮りたい。
↑ ともかくワンショット

雲天の方が白とびしないで撮れるみたいだ。

18KN6015.jpg

いつもの3分で登れる崖線に行きます。

18KN6016.jpg

モニターも見ず、オートにしたまま
手を伸ばしレンズをこっちに向け
適当にシャッターを押しています。

18KN6017.jpg

少し暗かったので露出時間が長くなった。
ぶれぶれのカメラで撮ったら
周りが回転しているみたいになった。

18KN6022.jpg

やみくもに撮ったぶれぶれ写真も
リアリティーがあって面白い。

ニコが付いて来てくれるのを
確認しながら歩いています。
・・ちょっと感謝しながらね。

18KN6020.jpg

アグリのお座り、ニコの立ち姿 が
三者の了解事項ですが・・・。
先入観にはもれなく例外がついてきます。




hasu061418.jpg
ハス



45分ゆーっくり走った



ほぼ毎日ルートで

18KN5991.jpg

ハルシャギクが縁石のわずかな隙間から
逞しく生え、道を彩っている。
積み重なったブログで
昨年の今頃とかもっと前の今頃をみると
毎年花が増えているのがわかる。

18KN6004.jpg

この辺は市街地調整区域になるので
一応宅地が広がるのが抑制されている。
中学への通学路になっている。
河川敷へ向かう散歩道はほぼ毎日ルートです。

18KN6005.jpg

今日は朝も夕も
「ハルシャギクと犬」で
モデルしてもらった。



jiroukarafutokeb.jpg

南極で生き延びた樺太犬のジロ
当時の先生が「偉いね」と
褒めていた・・・怪しい記憶がある。
科学博物館に剥製が展示されていた。

渋谷のハチ公と樺太犬のタロとジロは
僕ら子どもでも知っている偉い犬だった。




18KN5997.jpg
グラジョウラス



25分ゆーっくり走った





おはようございます

18KN5981.jpg

やっぱり外を歩けるのはいいね。

朝だと知らない人に
「おはようございます」と
言えるけれど、
昼に「こんにちは」と言ったら変です。
夜に「こんばんは」と言ったら
警察に電話されます。

知らないと思っているのは僕であって
ラブを2犬連れているので目立っているのか
「今日は早いのね」とか声をかけてくれる。

男の人はブスッとしていることが
多いけれど、ー実は僕もそうなのだけれどー
せっかく朝なのだから
「おはようございます」は
なるべく言ってみよう・・・と
日記には書いておこう。

18KN5983.jpg

メッシュフェンスごしに咲くアジサイ

18KN5985.jpg



今日はシャンシャンの1歳の誕生日

18_DSC1344.jpg

動物園には入らずに

18_DSC1359.jpg

国立科学博物館の常設展に行ってきた。
リピーターの券を購入しようとしたら
そもそも65歳以上は無料だそうです。



hatikou181.jpg
ハチ公


18_DSC1362.jpg
縄文人と犬






kinnsibai18.jpg
キンシバイ


デッキでがんばるアグリ

アグリのはかなりガマンできてしまう。
ガマンしているのになかなか出ない。

18KN59741.jpg

出る予感があると出入り窓に立ち
「出してね」と知らせてくれる。
デッキに出て、外流しで
ぐるぐるまわり、途中で諦めて
またトライしてぐるぐるまわる。
何度か繰り返し、出始めると大量にでる。
あれだけ出たら気持ちいいだろうな、と
思うほどたくさんでる。




18_DSC1245.jpg
ヒスイカズラ
18_DSC1246.jpg





18_DSC1298.jpg
過日、神代植物園に行ってきました。




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター