FC2ブログ

犬の楽しみ

19KN9699.jpg

写真ではわかりにくいですが、
相変わらずニコの目から
うっすら赤い涙が出ています。

人間の何倍もの速さで生きているワンちゃん。
それだけに、ニコとアグリのことは
気になります。

19KN9700.jpg

神社にはリュウノヒゲがたくさんあります。
なぜかここだけは毎回といって良いくらい
ニオイ嗅ぎポイントになっている。
いろいろなニオイが混ざっているのか
読み解くのが面白くて仕方ない、
といった風です。

19KN9702.jpg

人間は視覚が感覚器官の中心といって良いくらい
脳内のニューロンの多くが視覚を処理している。
嗅覚は他の動物に比べて相対的に低い感覚だろう。
嗅覚まで高いレベルのままでは脳のキャパがもたない。
全体像としては人間はよく見えている動物だろうし、
ニオイには鈍感な動物なのだろう。

人の場合、ニオイはすぐ好き嫌いに直結する。
脳の構造もそういう風にできているらしい。
犬にとってはそこに留まらない
もっと深い感覚なのかもしれない。




5000m弱走った。



2月18日

2月18日はコニーの誕生日。

19PC240013.jpg

19P10100281.jpg

1997年2月18日〜2007年9月5日
大きくてやさしい子だった。



5000m弱走った。


幸・不幸は短いスパンで

19KN9693.jpg

ニコの目を気にしながら散歩している。
じーっとしているとピンクの涙は止まっている。
しかし、歩くと何かが刺激になるのか
ピンク色の涙が出てくる。

19KN9696.jpg

夕方散歩も同じだった。

ニコの歩き方は
(右前足と左後足)と(左前足と右後足)
をセットにして少し跳ぶように
軽快だけれど遅く進む。



着地するとき若干の振動がある歩き方です。
僕はこのニコの歩き方が好きですが、
まぶたには少し刺激になっているようだ。


19IMG_2396.jpg

↑ 今日のアグリ。
同居人としては「かわいい」と
笑みがでてくる。

19KN964012124.jpg

あまり長いスパンで幸、不幸を
考えない方が良さそうです。
ぬか喜びという警戒感もあるし、
「もっと」という欲もある。でも、
その日その時に小さくても喜びを感じたら
「幸せだな〜」と思った方が良さそうです。



5000m弱走った。




っな今日ごろごろ

19KN9687.jpg

ニコの目は心配です。
時間が経つとうっすら赤い涙が出ている。
処方された薬を塗っています。
でもニコ自身は痒がってもいないし、
何事もないがごとく振る舞っている。

19KN9689.jpg

散歩の時もふだんどおり
お猿のかごやのようにエッホエッホと
少し跳ぶようにリズムにのって歩いている。

19KN9691.jpg

河原でもこのあたりは鴨の糞が多い。
なぜか好物になっている。
こればかりは否定して糞の少ないエリアに移動する。

19KN9684.jpg

っな今日ごろごろ。





5000m弱走った。




ニコの目

19CIMG5350.jpg

時々上野に行って美術館や博物館を見て歩く。
65歳以上になると
暇もあるけど、入館料も安くなる。
平日は子供と高齢者が多いようだ。

19CIMG5356.jpg

ときおり雪が舞う寒い日でした。
仲がいいと暖まる。
「心温まる」という喩はここから・・?

19CIMG5357.jpg

シロクマには昼寝するのに丁度良い気温なのかな。

19CIMG5364.jpg

上野公園のカンザクラ

アメ横のスポーツ用品店で買い物をして

19CIMG5365.jpg

御徒町の吉池食堂で食事する。
数ヶ月に1度の定番コースになっている。






19IMG_2390.jpg

帰るとニコの目から血が出ている。
動物病院に行く。

19CIMG5366.jpg

元々、右眼瞼にマイボーム腺腫がありました。
そこへ霰粒腫も出来てました。
そこからの出血でした。
眼軟膏抗生剤を塗って、出血を抑えます。
来週再度みてもらい、手術の可能性も含めて
判断することになりました。

・・しんぱい・・


無理をしないという知恵

19KN9647.jpg

ここがスキー場なら短めのリフトで頂上。
足りないコースしかない。

19KN9627.jpg

----ニコは無理をしなくなった。
ハル君とアグリが駆けっこのタイミングを
さぐっている。
見ているけれど参加しないニコ。
----そこが偉い。

19KN9674.jpg

なだらかな下り道に入った。

19KN9675.jpg

歩き始めて1時間位だろうか
この辺でニコの足元が弱くなっている。

19IMG_2365.jpg

人とのリードは手をつないでいるようなもの。
犬にとってリードで結ばれている時には
自由や責任がないぶん安心感がある?
復路でゴールが見えてきたことと
併せてニコはシャンと歩き始めた。

19IMG_2374.jpg 

帰りに義妹夫妻と遅い昼食を食べて
高速に乗り2時間ちょっとで家に着いた。

ニコは足に負担がかかったとき起きしなに
ピョコタンピョコタンすることがある。
今回はそれもなく普段どおりにしています。



1万m走った。



雪が大好き

19KN9669.jpg

アグリはお腹を見せて
場を和ませるのが特技。

19KN9635.jpg

雪があるときは
その感触、冷たさ、滑りやすさなど
全部を味わう。

19KN9638.jpg

歩いていて突然ひっくり返る。

19KN9646.jpg

何度も何度もひっくり返る。

19KN9649.jpg

何処でもひっくり返る。

19KN9664.jpg

背中で滑りたいのかな。

19IMG_2328.jpg

登っている最中でもひっくり返る。
今回のベストショット ↓
19IMG_2323.jpg
「アハハ」
「あんた昔から変わらないね」(ニコ)



7年9ヶ月前、アグリ1歳、ニコ3歳の時

19_5148564.jpg

19_5148562.jpg

19_5148599.jpg

19_5148575.jpg

19_5148616.jpg

なかなか逞しい子たちだった。



5000m弱小走りした。



浅間牧場 1

19KN9619.jpg


19IMG_2340.jpg

浅間牧場まで出かけた。
雪は思ったほどはなかったけれど、
気持ちのいい空と眺望が迎えてくれた。

19IMG_2313.jpg

ハル君とアグリは7歳と8歳。
好奇心と体力がある。

19KN9654.jpg

道路のデジタル温度計は氷点下を示していた。
でも日差しと無風で
春を感じる体感温度だった。

↑ 写真の犬はポーズ中。
なので、笑っていないけれど、
歩いている時、犬は「エへッ」。
口角が上がっていた。


どんより空から冷気

19KN9615.jpg

風はないけれど
どんより空から冷気が降りてくるような
寒さだった。

19KN9616.jpg

ところで
自分のパソコンが壊れて2ヶ月がたつ。
幸い、写真などのデータは
バックアップしておいたので
昨年の11月分以外は残っていた。
コニー、ニコ、アグリの写真を
後の楽しみで見ることはできる。
画像ソフトは一般的なものを2つ購入し
なんとか凌げる程度にはなった。
しかし慣れた環境からやり直すのは
メンドーなもんです。
メールの設定も難渋した。
これからもスマートフォンやパソコンは
勝手に進化していくのだろう。
進化しないのはこっちの方なので
しかたないけれど、困ったもんです。

201902113.jpg

「こっち向いて」で写真を撮るとき
ニコは最小限に上半身だけを動かす。
アグリは身体が柔らかくないので
4本の足でこっちを向く。




5000m弱スロージョギング。
はじめて10分位を過ぎれば後は楽。
帰って着替えてニコを抱く。



今日も寒かった

19cimg53413.jpg

起きたらデッキにうっすら雪があった。

19CIMG5335.jpg

久しぶりにニコがアグリを
追い詰める姿を見た。
雪は犬をハイにさせるようだ。

19CIMG5336.jpg

クールダウンさせるために
ちょっとニコは室内で待機。
アグリを自由にする。

野原でも山でも遊べるけれど、
やっぱり雪と水面は犬にとって格別なもの。
時々でもハイになると満足度は上がるようだ。

19CIMG5343.jpg

路面が凍結しているところもあるので
昼近くになって散歩に出る。
日差しが高く春の光です。
寒かったですが・・・。

19CIMG5345.jpg

今日は日曜。
建設が始まったばかりの現場もお休み。
出入口ゲートもまだきれいで屏風のようだ。

19CIMG5347.jpg

寒いので、ニコの様子を見ながら
超スロージョギングで散歩してみた。
案外人間のまねをするんですよ。





5000m弱走った。




プロフィール

Ken (こに父)

Author:Ken (こに父)
ニコ(Nico) ♀
2007年9月7日生まれ

アグリ(Aguri) ♀
2010年3月24日生まれ

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター